パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【SSD(ソリッドステートドライブ)のトラブルから回復するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
SSD(ソリッドステートドライブ)のトラブルから回復するには?
最近よく名称が出てくる『SSD』ってどういう製品?
またこちらでエラーが出てきた場合はどうすれば修復できる?という疑問について。

Flash SSD(フラッシュ・エスエスディー)とは[Flash Solid State Drive ]の略称で
ソリッドステートドライブ、フラッシュメモリドライブ、シリコンディスク、メモリディスクと、
現在では様々な名称で呼ばれています。

具体的にはハードディスクドライブと同じ大容量記憶装置で、
磁気ディスクを使用するHDDに対してSSDは半導体メモリを使用しています。

ハードディスクがUSBメモリーカードのようになった新しい記憶媒体であり、
SSDはまず、HDDよりも故障やエラーが起こりにくいという利点があります。

ですがもしSSDにエラーなどの問題が起きたらどのように修復すればいい?という疑問について。

まず、トラブルから回復する具体的な手順は、基本的にハードディスクとほとんど同じです。

たとえば、ウィンドウズのエクスプローラーの画面を開いて、
「PC」(マイコンピューター)のローカルディスク(C:)といったボリュームのアイコンを
右クリックして、プロパティ→ツール→「エラーチェック」でエラーからの回復を実行します。

SSDにはデメリットもいくつかありまして、まず今現在でもまだまだハードディスクよりも
値段がずっと高いこと、フラッシュメモリなので書き込みできる回数には上限が存在すること、
OS(オペレーションシステム)が完全に対応しきれない、という欠点も存在します。

そして容量がHDDに比べてずっと少ないことで、最大容量までいつの間にかデータが埋まると、
動作が遅くなったり、それ以上の書き込みや更新作業ができなくなる可能性があります。

その際には、不要なファイルを削除して容量を減らします。

SSDの進化やハイブリッドHDDの登場など、これらの及第点も日々改善されていきつつあります。

磁気ディスクは長く使っているとヘッド吸着障害(ヘッドクラッシュ)という破損を起こしやすい
難点がありまして、パソコンの故障といえばHDDの障害がかなりの割合を占めています。

しかしFlashSSDは磁気ディスクやヘッド、モーター、アーム等を使用しないためこれらの心配はなく、
また読み込みにかかる時間も短縮できるためよりスムーズにパソコン作業を行える強みもあります。

消費する電力も削減できまして稼動音もHDDより低音であり、
熱暴走も起こりにくく、しかも高温や低音の環境に対する耐性も高くなっています。

このように安全性に関してはHDDよりも数段優れた優秀な媒体であると言えます。

またSSDも精密機器であるため強い衝撃や湿気、日光などの外的要因で破損してしまうことも
ありえるのですが、HDDと同じく拡張子の回復や、削除した内部ファイルの復元も、
プロのデータ復旧サービスにて対応されています。







SSD・フラッシュメモリ |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的に回答を提示できます。






URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-entry-122.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.