パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2017年01月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
Windows10をトラブルシューティングの機能で修復するには?
Microsoft(マイクロソフト)からリリースされていますプラットフォーム
「Windows 10」(ウィンドウズ テン)がセットアップされたパソコンを日々ご使用の際、
フリーズが多発したり、深刻なエラーが発生した時のトラブル対策として
どのような修復するための機能がある?という疑問について。

まず、Windows 10にはWindows 8/8.1以前のシリーズと同じように、コントロールパネルや
設定画面から入って使用できる、様々な修復機能が搭載されています。

またWindows 10には、コントロールパネルと、オプションの選択画面にそれぞれ
「トラブルシューティング」(Troubleshooting)の項目があります。

コントロールパネルの方は、デスクトップ画面の左下にあります
「何でも聞いてください」と表示された検索バーに「トラブルシューティング」と
入力すると、ギア状のマークの項目が一覧に表示されますので、これを選択します。

システムとセキュリティ

左のメニューにある「設定の変更」を開くと、トラブルシューティングの設定を一部、変更できます。

「システムとセキュリティ」を開くと、「Internet Explorer」や「電源」、
「検索とインデックス作成」「Windows Update」といった各種項目の機能で
問題が発生している場合はそれらの原因を問題を検出して解決できます。
ウィンドウズ 7/8/10 | Windows10
パソコンが黒い画面のまま起動しない時に修理するには?
新しく買った完成版のパソコンやパーツを組み立てて作ったPC、または普段お使いの
PCの電源を付けた際に、真っ黒い画面のままでOSなどが起動しない時には
どうすれば修理できる?という疑問について。

※こちらの一例では、Windows 7などのOSでの操作について解説いたします。

まず、電源自体が付かない場合は、付属の電源コードがしっかりと本体とコンセントに
差し込まれていて、デスクトップPCの場合は電源のスイッチがオンになっているかを確認します。

自作組立パソコンや、パーツ交換後のパソコンの場合は、内部の各種電源ケーブルなどが
マザーボードやハードディスクドライブとしっかり接続されているか、取扱説明書を開き直して確認します。

Windowsのオペレーティングシステムが開かない場合は、ロゴ画面の時にF8キーを押して、
黒い画面と白文字の「詳細ブートオプション」のメニューを開きます。

Windowsを通常起動する」を選択してパソコンを再起動させます。

詳細ブートオプション

それでも起動が出来なかったら、今度は「セーフモード」を選択して縮小機能でOSを立ち上げてみます。

やはりオペレーティングシステムが全く開かずに黒い画面のままの場合には、
Windowsの深刻な破損か、ほかの理由も考えられます。
起動しない状態を直す | 問題と解決

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201701.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.