パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2016年04月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
パソコンが閉じない時に強制終了を行い回復するには?
パソコンでの作業中に、アプリケーションの処理が遅延して停止ししたり、
エラーの発生により動作処理が中断されて、そのまま操作を受け付けなくなってしまい、
アプリケーションソフトだけでなくウィンドウズ自体がフリーズしたり、シャットダウンの操作をしても
いつまでもOSが終了しない時はどうすれば回復できる?という疑問について。

(こちらの一例では、Windows10(ウィンドウズ・テン)のパソコンの場合での例で記述いたします。)

まず、しばらくのあいだ時間を置くと動作処理が終わり正常に回復できるかもしれないので待機をします。

まだある程度マウスやキーボードで操作ができるようであれば、
Ctrlキー+Altキー+Deleteキーでタスクマネージャー画面を開きます。

タスクマネージャー

動作中のアプリケーションを選択して「タスクの終了」で順に閉じていきます。

これで、メモリやCPUの負担が減って、正常に動作が回復する可能性が高いです。
強制終了・シャットダウン | Windows
「○○は応答していません」とエラーが表示された時の修復方法は?
Windowsパソコンで開いているアプリケーションソフトが急に反応しなくなり、
~は応答していません プログラムを再起動したり閉じたりすると、情報が失われる可能性があります
とエラー画面が表示された時にはどのように修復して元に戻せる?という疑問について。

応答していません

まず、このエラーは一時的にアプリケーションの動作が止まっている状態である印で、
メモリの容量不足やCPUの処理能力不足によって起こりやすくなります。

重いアプリケーションを起動している時や、複数のユーティリティー、またはファイルを
同時に開いている時に処理能力に時間がかかり、一時的にユーザーからの
キーボードやマウスの指示にコンピューターが応答しきれない状態です。

アプリケーションそのものが終了しているわけではなく作業は継続されているため、
プログラムの応答を待ちます」を選択します。

多くの場合にはしばらく何も入力をせずに待機していると入力のすべての処理が完了して元に戻ります。

この間にキーボードやマウスをうかつに連打などをしてしまうと重い作業が重ねがけされて
かえってエラーからの回復が遅れてしまったり、誤動作につながってしまうおそれもありますので、
うっかりキーを押しすぎないようにご注意ください。

ほかの同時に開いているアプリケーションを閉じると、リソースが回復してすぐに修復できる場合もあります。
フリーズの対処 | Windows 全般

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201604.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.