パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2015年03月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
Windows7をシステム修復ディスクで回復するには?
[Microsoft Windows 7](マイクロソフト・ウィンドウズ・セブン)の
オペレーティングシステムがインストールされたパーソナルコンピューターで
急に問題が起きて正常にデスクトップ画面が起動できない、といったトラブル時のために、

ウィンドウズ7 のシステムを回復できる「システム修復ディスク」を、
DVDディスクやメモリーカード、外付けハードディスクなどのデータ記憶装置に
事前に書きこみして作成しておく事ができます。

【Windows 7のOSのバージョン一覧】

・Microsoft Windows7 Home Premium 32bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP
・Microsoft Windows7 Home Premium 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP
・Microsoft Windows7 Professional 32bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP
・Microsoft Windows7 Professional 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD
・Microsoft Windows7 Ultimate 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP



まず、正常にWindows7が立ち上がる時にDVD-RやDVD-RWなどの
ディスク型のデータ記憶装置を一枚用意します。

次に、コントロールパネルを開いて、「バックアップと復元」の項目を開きます。

左のメニュー一覧にある「システム修復ディスクを作成する」を開きます。

システム修復ディスク

ドライブDを選択して、「ディスクの作成」のボタンを押すとデータの書き込みが始まります。

ディスク作成

作業が終わったら「OK」を押してディスクをDVDドライブのトレイから取り出します。

そして、ラベルを付けてディスクケースに入れて、保管しておきます。

後にコンピューターのオペレーティングシステムに問題が発生した時に
このディスクを取り出して、パソコンの電源を付けた直後にドライブ装置に挿入します。
ウィンドウズ 7/8/10 | Windows 7

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201503.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.