パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2014年09月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
LANDISKのHDDを交換して修理
「I-O DATA」(アイ・オー・データ機器)から開発・発売されています
NAS(ネットワークアタッチストレージ、ネットワークドライブ)の製品
LANDISK」(ランディスク)で、内蔵されているハードディスクドライブがある時急に
故障して読み込めなくなった場合には、どうすれば修理できる?という疑問について。

LANDISKのエラー

【主なランディスクの製品一覧】

・アイオーデータ機器:WD Red搭載RAID6対応 大容量ビジネスNAS LANDISK 4TB
・I-O DATA:LAN接続ハードディスク 1.5TB
・ギガビット対応 LAN接続ハードディスク Giga LANDISK 400GB
・ミラーリング対応超高速LAN接続型ハードディスク LANDISK 2.0TB
・LAN接続型ハードディスク LANDISK Home 1.0TBモデル



まず、LANDISK本体のランプが赤く点滅する形で点灯している場合は、
内部のハードディスクが壊れてしまったか、エラーなどで読み込めなくなったサインを表します。

HDDの故障の原因には「ヘッドクラッシュ」や「コントローラーの破損」といった
いくつかの理由が考えられるのですが、ひとまずそれ以上の損傷の進行を防ぐために、
LANDISKの電源を切って、電源コードやLANケーブルも一旦コネクタから取り外します。

多くのNAS製品では、一般個人でも内蔵ハードディスクを交換できるように、
ケースの蓋を取り外しできるように設計されています。

修理するには、壊れたハードディスクを新しいHDDを購入して交換する必要があります。
NASに接続できない | NAS

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201409.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.