パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2014年08月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
NASの故障を修理するには?
ネットワークに直接接続して使用できるファイルサーバー型の補助記憶装置
NAS』(Network Attached Storage/ネットワークアタッチストレージ)が
ある時、何かのエラーや破損などのトラブルで故障して内蔵のハードディスクに
アクセスできなくなってしまった場合、正常に直すにはどうすればいい?という疑問について。

LANDISK

[主なNAS・ネットワークHDDケースの製品一覧]

・BUFFALO(バッファロー):リンクステーション ネットワーク対応ハードディスク LS-Y2.0TL 2TB
・BUFFALO:テラステーション ネットワーク対応HDD(NAS) TS-WX2.0TL/R1 2TB
・I-O DATA (アイオーデータ):LANDISK 4.0TB
・センチュリー:シンプルNAS BOX PLUS+ CSS35NASP
・QNAP:TurboNAS TS-469Pro
・NETGEAR Inc.(ネットギア): ReadyNAS 102 2ベイ Diskless RN10200-100AJS
・MARSHAL(マーシャル):ネットワークHDDケース MAL-4725NAS
・アユート:ネットワークHDD(NAS)ケース シルバー MV-NAS25U3-SV
・Synology:DiskStation DS214se NAS サーバー
・DIGITAL COWBOY:DC-MCNAS1 超小型 NAS&メディアサーバー ケース [MOVIE COWBOY]



まず、どのような症状が出ているかによってやはり対処の方法も変わってきます。

ひとまず問題が起きた時はそれ以上は無理に稼働させずに、
一度安全に電源をオフにして、どのような原因で問題が起きているか確認してみます。

LinkStationやTeraStation、LANDISKといった各種NAS製品を購入した時に同梱されている
取扱説明書やトラブルシューティングの手引きの解説書を取り出して、開いてみましょう。
NASに接続できない | ファイルサーバー、NAS
ノートパソコンの内蔵無線LANカードを交換修理するには?
主にノートパソコンなどのパーソナルコンピューターでネットワークへの無線アクセスをして
ウェブブラウザでインターネットを閲覧したり、メールで通信をする際に必要になる装置、

無線LANカード」(wireless LAN card/インターネットカード/内蔵無線LANワイヤレスカード)、
または「NIC」(Network Interface Card/ネットワークインターフェースカード) が故障した時に、
新品に交換して修理する際にはどのような手順で行えばいい?という疑問について。

内蔵無線LANワイヤレスカード

[主な内蔵無線LANワイヤレスカードの製品の一覧]

・Broadcom社(ブロードコム):BCM943228HMB 802.11a/b/g/n WIFI+Bluetooth 4.0
・Broadcom:BCM943224HMS Dell Wireless 1520 PCIe Half-Mini 802.11a/b/g/n対応
・Intel(インテル):Intel WiFi Link 5300 (533ANHMW)450Mbps 802.11a/b/g/n
・Intel:デュアルバンド 高速Wi-Fi通信Band Wireless-802.11 最大リング867 Mbps+ Bluetooth4.0
・HP+汎用:BCM94313HMGB BCM4313 WiFi+20702 Bluetooth 4.0 無線LANカード SPS:657325-001



まず、(Windowsの場合)コントロールパネルでデバイスマネージャーを開き、
「ネットワークアダプター」の項目でデバイスの名前にエラーマークなどが付いていないか確認します。

問題が発生していたら右クリックで「ドライバーソフトウェアを更新」を実行するか、
またはデバイスを「削除」してパソコンを再起動します。

それでも元に戻らずインターネットにアクセスできずに無線LANカードが故障していると思われたら、
新品の無線LANカードを一枚購入して、内蔵されている方のパーツと交換する修理作業を始めます。
パーツ交換・分解作業 | 無線LAN
ノートパソコンのメモリを交換して修理するには?
ノートパソコン(ノートブック型コンピューター:notebook size personal computer)の
内部ケースに搭載されている、CPUの高速アクセスを実現するためのパーツである
メインメモリ」(memory/RAM/主記憶装置/一次記憶装置)が故障してしまい、

本体のケース内部からメモリモジュール(memory module)のパーツを取り外して
新品に交換するには、どのような手順で作業を行えばいい?という疑問について。

メモリモジュール

主なメモリモジュールの製品一覧


・[ELECOM] (エレコム) :増設メモリ DDR3-1333-N/PC3-10600 EV1333-N2GA/RO 2GB
・[Transcend] (トランセンド) :PC3-12800(DDR3-1600) JM1600KSN-4G 4GB
・[Komputerbay] DDR2 667MHz PC2-5300 1GBX2 DUAL 200pin SODIMM デュアル 1GB
・[RamMax] :DDR2 667 PC5300 RM-SD667-D DUAL 200pin DDR-SO-DIMM DIMM デュアル 1GB
・[シー・エフ・デー販売] :200pin PC2-6400(DDR2-800) DDR2 D2N800CQ-2GLZJ 2GB
・[BUFFALO] (バッファロー ) :PC3-10600(DDR3-1333) D3N1333-4G/E 4GB
・[UMAX] :UMAX SO-DIMM DDR3-1333 Castor SoDDR3-4G-1333 4GB
・[シリコンパワー] :204Pin SO-DIMM DDR3-1600(PC3-12800) SP016GBSTU160N22 8GB×2枚組



まず、パソコンのオペレーティングシステムがまだ立ち上がって開けるようでしたら、
(例としてWindows8.1や10の場合)コントロールパネルの管理ツールにある
「Windows メモリ診断」を開きます。

「今すぐ再起動して、問題の有無を確認する(推奨)」を選択して不具合のチェックをします。

Windows メモリ診断

パソコンを立ち上げる時にマザーボードの機能で「ピー、ピー、ピー、」といった音の
ビープ音が鳴っている時も、同じくメモリが故障している、と判断できます。

電源がオフになっているノートパソコン本体を製品の箱に同梱されている
取扱説明書やトラブルシューティングのマニュアルガイド、オンラインサポートなどを参照に
PCケース内のどの部分にどういった形状のメモリが内蔵されているかを調べます。
メモリ容量の解消 | PCパーツ
ノートパソコンでマウスが動かない時は?
お使いのノートパソコンで使用しているポインティングデバイスの機器
マウス」(mouse)で、突然ディスプレイ画面上のマウスポインタが動かない状態になり
パソコンが正常に操作できなくなった、という場合のトラブルの解決方法について。

マウスの故障

まず、光学式マウスの場合は底面にある光学センサーのランプが
正常に光っているかどうかを確認します。

ボール式マウスの場合は、蓋が取れてボールが外れていたり、
球体の付近に汚れが詰まっていないかどうかを確認します。

次に、コネクタを一度ノートパソコンのUSBポートから外します。

※ワイヤレスマウスの場合はUSBカードを外します。 また、ノートパソコンとの間が離れすぎていたり、
 障害物がないか、電池が切れていないか、などもチェックします。

底面の汚れをきれいに拭き取って、ボタンやホイールが正常に押せるか確認します。

USBコネクタに異物が挟まっていないかも一通り見て、今度は別のUSBポートに差し込んでみます。

もしパソコンをもう一台以上お持ちであればテストでそちらのパソコンに
一度マウスを接続して、正常に動くかどうか確認してみてください。

二台のパソコンでどちらもそのマウスが動かない場合は、パソコン本体ではなくマウスの方に
故障が出ている可能性が高いので、修理サービスに出すか、新品に交換されることをおすすめします。
マウスが動かない | マウス

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201408.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.