パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2014年01月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
Windows8.1でシステムの復元ポイントを手動で作成
マイクロソフト社からリリースされた新しいオペレーティングシステム
Windows 8.1」(ウィンドウズエイトポイントワン)は、
[Windows 8]をWindows Storeでアップデートする形で使用する事ができます。

Windows 8.1

(ウィンドウズ7以前のバージョンからアップグレードする場合には
 リテールパッケージを新しく購入する事で実行します。)

普通にパソコンを使っている分にはウィンドウズ8とそれほど変わりはなく、
インストールなどで拡張したアプリケーションのほとんどは互換性を保ったまま使用できます。
(一部の未対応のユーティリティーは「互換性のトラブルシューティング」 を使って
Windows8.1でも起動できるように設定します。)

またOSのアップデートを行ったつもりが何かの途中のトラブルで正常に行われていなくて
Win8のままだった、という事がありますので、しっかりと変更されているかを確認するには、
以下の画面を開きます。

コントロールパネルを開いて「システム」を開くと「Windowsのエディション」の項目が
「Windows 8.1 Pro」と表示が変わっています。

Windowsのエディション

また、アップデートの後にはデスクトップ画面の下にあるタスクバーの左端に
スタートボタンにあたる白い長方形のようなマークが加わります。

Windowsはシステムの中身が頻繁にアップデートされていくのですが、
特に新しいOSは上書き更新(アップデート)の量も多くなりやすいです。

また、これまでインストールしてきたアプリケーションの方も
互換性を高めるためにWindows8対応のものに少しずつアップデートされたり、
新しいバージョンのユーティリティーを購入する必要が出る事もありますね。

そんな中で、ある時OSやアプリケーションのアップデートの際に、
何かのエラーやバグが突然発生して、システムに不具合が出る可能性もあります。

そのようなトラブルに備えて深刻な問題を回避する方法として、
「システムの復元」というバックアップの標準搭載機能を有効にして
後からリカバリーできるポイントのデータを作成しておくと安心です。
ウィンドウズ 7/8/10 | Windows8

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201401.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.