パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2013年04月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
iPhoneを別のWi-Fiでネットに繋げる活用法
米国アップル社から開発・販売されています多機能型携帯電話『iPhone』(アイフォン)は、
電話を使う以外にもメールをしたりインターネットを開くなど、便利な機能が多数搭載されています。

しばらくiPhoneを使い続けていて、ある時に他の電話会社に契約をして新しい携帯電話や
スマートフォンに機種変更をしたり、少し前の世代のiPhone3Gs等からiPhone4やiPhone5の
新しいバージョンの製品に買い換える事になった時は、
それまでに使っていた機種ではもう電話を繋げない場合が多いかと思います。

ですがiPhoneはiPadと同じタブレット型のモバイル・コンピューターで、契約を止めて電話や
メールを使わなくなっても、他の数多くの機能は大半を引き続き、使用していくことも出来ます。

[連絡先]や[メモ]、[計算機]、[カメラ]、[写真]、[時計]、[iPod]などの機能は
電源ボタンを押してホーム画面を開く事ですぐにそのまま使用できます。

ですが、[Safari]や[YouTube]、[iTunes]、[App Store]、[天気]、[マップ]
といった機能は、インターネットの回線を別のWi-Fiから新たに接続して
ネットワークにアクセスして使う必要があります。

そのためには、これまでに契約していた電話会社のサービスとは別に、
無線LANルーター等を経由したワイヤレスのインターネット回線を新しく契約します。

そして自宅や自社から無線でモバイル・コンピューターに
インターネットを繋げられるように環境設定を整える必要があります。

もしすでにWindowsのノートパソコンやMacBook、またはiPadやXperia Tab、ARROWSなどの
タブレット端末をお使いであれば、そのコンピューターに接続している無線LANのサービスと
ルーターを経由して、iPhoneを新しく対象の機器に加える事もできます。

iPadやiPodを持っていないのでiPhoneでiOSやAppleのサービス、
iTunes等の便利な機能を引き続き使いたい、という際にとても便利です。


Wi-Fiへ接続する手順


まず無線LANサービスに接続する場合は、ルーターの電源を入れて、
アクセスランプを見て電波が繋がる状態になるのを確認します。

iPhoneを起動してメニュー画面を開き、「設定」⇒「Wi-Fi」と進み、オフの状態を「オン」にします。

「ワイヤレスネットワークを選択」の項目に、ルーターの「SSID」の文字コードが
表示されているのを確認したら、PIN(パスワード)を入力します。

ルーターごとのSSID(アカウント名)とPIN(パスワード)は
ルーターの蓋を外してバッテリー付近に貼ってあるシール等を見て確認します。

Wi-Fiの接続状態

モニター画面の上部にWi-Fiの通信マークが表示されるのを確認します。
(電話の契約を切っている状態だと、一番左は「圏外」と表示されます。)

そしてSafariのブラウザを開いて、インターネットが繋がっている事を確認します。
ハードウェアの不調 | iPhone
ウィンドウズ8にスタートメニューの機能を追加
去年の秋にMicrosoftの最新のオペレーティングシステム
[Windows 8 Pro](ウィンドウズ・エイト・プロ)を購入して、
デスクトップパソコンの一つをWindows7からアップグレードしてみました。

その後しばらくは特に複雑なカスタマイズを行わないままWindows 8の新しいスタート画面や
従来のデスクトップ画面を併用で使って覚えて、新しい設定環境での操作方法に慣れていきました。

しかしある日、ウィンドウズ8でもこれまでのXPやVista、7と同じようにパソコンを起動してから
スタート画面(メトロスクリーン)を最初から省いて直接、デスクトップ画面をすぐに表示できる
ソフトウェアを発見しました。

スタートメニューの操作も慣れてくるとPC上でも便利なのですが、
Windows 8で過去のOSと同じような環境設定にして見たらどうなるかと思い、
そのアプリケーションをインストールして実践してみました。

『Classic Shell』(クラシック・シェル)というアプリケーションで、用途としまして主に、
Windows 8のデスクトップ画面下のバーにWindows 7までにあった[スタートボタン]を追加することができます。

また、OSの起動後にメトロスクリーンを表示せずに直接デスクトップ画面に移行できる機能もあります。

これによって、XPやVista、7から8にOSを移行させた時に、新しいスタート画面が個人差で
どうしてもぎこちなくなってしまう場合に
今までのWindowsとある程度同じような設定にカスタマイズできます。

Windows8とWindows7/XPのOSをもし両方お持ちで二台のパソコンを所有されているなら、
片方ずつそれぞれのOSをインストールして、
操作の使い分けや機能の見比べをされてみるのも有効な活用方法です。
ウィンドウズ 7/8/10 | Windows8
ノートパソコンでインターネットが接続できない時に繋げるには?
先日、3年ほど前に買ったWindows 7 Home Premiumのノートパソコンと
それより更に前に買ったWindows 7 Starterのネットブックで
調子が良くない部分があったので、ある程度の原因を探して解消してみました。

更にその後でApple社のMacbook AiとiPad、
また今は使用していないiPhone 3Gsの調子もついでに確かめていきました。

それぞれのノートPCやモバイル端末を一台ずつ起動してOSの様子をチェックしたり
最新版へのアップデートの作業をしていくうちに、
たまに1台か2台、インターネットに正常に接続できない不具合が起こります。

無線LANカードなどワイヤレスでアクセスするケースの多いノートパソコンでは
よくあるトラブルの話なのですが、例えばそれまでMacBook Airがネットに繋がっていたのに
久々に起動したら使えなかった、というパターンには以下のような原因がよく出てきます。

まず、モデムの回線から有線のLANケーブルによる接続でプロバイダと契約するサービスの場合、
インターネットに接続するコンピューターの本数に制限が付く場合があります。

モデム

例えば2台までのパソコンしか一度にアクセスできないプランで契約していた場合、
デスクトップパソコンとノートPCをすでに一回ずつLANポートにコネクタを差して繋げていたとします。

この場合、3台目のPCを購入した時は、そのままではネットが繋がりません。

そこで、一度モデムの電源をオフにしてから電源コンセントを抜いて
数十秒~数分くらい待つと、先に繋げていた2台のコンピューターの
アクセスの履歴が解除されて、また一から新しいPCを接続し直せます。

次に、無線LANルーターで一度に複数のコンピューターでインターネットを使用できる
契約サービスに加入されている場合は、新しいパソコンやモバイル端末をWi-Fi等に繋げる時に、
最初にルーターに設定された「SSID」のコードを認識しなければなりません。

インターネット回線の検出をノートパソコンやNAS、タブレット端末で行うと
ルーターの電源が起動していて電波が正常に受信でいる状態であれば、
SSIDのコード名がネットワーク接続の一覧に表示されます。

そしてそのコードの項目を選択して、次に「KEY」のパスワードを入力して
「OK」などのボタンを押すと、そのインターネット回線に接続できます。
ノートパソコン | インターネットの利用
ルーターで接続できない時にケーブルで繋げる方法
複数のコンピューターをネットワークに接続するための通信機器
「ルーター」(router)は、Wi-Fiなどのサービスの電波を受信して
ノートパソコンやタブレット・コンピューターに、契約した回線を繋げます。

しかし、LAN(Local Area Network/ローカルエリアネットワーク)の設定が
なかなかうまくいかずにずっと未接続の状態になってしまったり、
特定のコンピューターでのみ通信ができない不具合がたまに起こる場合があります。

特に、内蔵無線LANカードや専用のデバイスドライバが最初から搭載されていない
デスクトップパソコンやかなり前の古いノートPCではよく起こりえます。

そんな時に、外付けの無線LANカードを購入してからUSBコネクタに差し込んで
ネットワーク設定を行う以外にももう一つ、有線のケーブルを用いて接続を行う方法があります。

無線LANルーター

LANコネクタを確認


まず、無線LANルーターが通常通りのワイヤレスで繋がらない対象のパソコンの
ケースの後部、または側面に「LANコネクタ」が一つ以上空きがあるかどうか確認します。

次に、ルーターの本体か、卓上クレードル(データ転送や充電をするための拡張機器)
の方にも同じ形のLANコネクタ(LANポート)が一箇所あるかどうか確認します。

次に、有線のインターネット回線にモデル等から繋げるための「LANケーブル」(cable)を
一本お持ちでしたら、それをパソコンとルーター、両方のLANコネクタに繋げてください。
無線LANルーター | ルータ

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201304.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.