パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2012年06月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
ホテルのロビーでインターネットを使うには?
出張や旅行などの用事で遠くの地域に行ってリゾートホテルやビジネスホテルに
宿泊する際に、ロビーのフロア内でインターネットを使う場合について。

日本全国、世界各地のホテルのインターネット回線の事情によっては宿泊するルーム内に
無線LANの回線が届いていなかったり、有線のLANケーブルが設置されていない所もまだまだあります。

その場合、1階のロビー(エントランスホール)の
特定の場所でのみインターネットが使える所もあります。

まず、無線LANサービスがロビー内でのみ使用可能な場合は、受付の人にそこでの
ネットワーク回線の接続に必要なアカウント名とパスワードを聞いてメモ用紙などで教えてもらいます。

次に持参したノートパソコンをロビーに持って、ロビーで空いているテーブル席やソファーに座ります。

電源を付けてOSを立ち上げたら、タスクバーのインターネットのアイコンをクリックして、
その名称の回線に接続します。

電源コンセントがあるとは限らないため、あらかじめルームの室内で
ノートパソコンのバッテリーの充電は済ませておきましょう。

また、音は小さくするかイヤホン、ヘッドホンを使いましょう。
無線LANルーター |
メモリを最大容量まで増設して搭載するには?
パソコン内部のマザーボードに装着されている一時記憶装置の「メモリ」(memory・ストレージ)は、
容量の大きさによってコンピューターの処理速度が決まる一つの要素でもあります。

パソコン一台に搭載できるメモリには「最大容量」という限度があるのですが、
この容量の規定値以内ならどれだけ大きな数値でも大丈夫です。

容量が大きいほどコンピューターの処理速度も速くなって快適に使用できます。

各PCで現在搭載しているメモリの容量をチェックするには、スタートメニューの
「PC」(コンピューター・(マイ コンピュータ)を右クリックしてプロパティを開くと、
実装メモリ(RAM)の項目に数値が表示されます。

パソコンを購入した時よりもこの数値が低ければ、その差し引き分だけ
メモリを交換したり増設をして増やす事が可能です。
メモリ容量の解消 |
ユーザーアカウントを追加して読み込み速度上昇
Windowsのパソコンでは1台のコンピューターを複数の人が使う時に、
それぞれ各個人独自のプライベート的な設定を行うための
『ユーザーアカウント』という、環境設定の機能が搭載されています。

このユーザーアカウントは複数人のパソコン使用以外にも便利な使い道があります。

一つのアカウントを長い事使っていくとそのうちWindowsやアプリケーションの基本設定が
保存されている『レジストリ』(Registry) の規模が大きくなっていきます。

そうなると読み込み速度が重くなって動作がスムーズに進みづらくなり、
だんだんパソコン作業も遅くなって使いにくくなってしまいます。

そこで新しいユーザーアカウントを設定して追加し、そちらをメインにして使用すると、
レジストリもPCの購入初期と大差ない白紙設定の状態から始められるので、
読み込みの速さをまた取り戻して使っていく事ができます。
高速化,最適化,快適化 |
無線LANルーターが接続できない原因と解決方法は?
無線LANルーター(router)とは、コンピューターからネットワークに接続するための装置です。

無線LANルーター

モデムとの違いは、有線のLANケーブルで直接パソコン等のLANポートと繋げて接続するか、
携帯電話のように電波の回線を検知してワイヤレス(無線)で繋げるかの点です。

無線LANルーターを使えば、ノートパソコンやiPadなどのタブレット端末と一緒に
どこでも持ち歩けて、電波の届く場所ならどこででもネットワークを使用できます。

また、ノートパソコンまたは無線LANカード付きのデスクトップPCとタブレット型コンピューターを
複数同時に家の中の別々の場所からワイヤレスでインターネットに接続する、
といった使い方もできます。

また、携帯電話などに良く使う小型端末の「モバイルルーター」という装置もあります。

しかし無線LANルーターの方はモデムのように有線ケーブルで常時接続をせずに
電波を拾って繋げるタイプの通信機器なので、たまに接続が不意に途切れてしまったり、
何かの原因で繋がらない場合も、時々どうしても発生します。


ネットワークが接続できない時の対処法


まず、自宅の自室などいつも同じ場所でインターネットを使っていたのが
急に繋がらなくなった場合の主な原因と簡単な解決方法について。

よくある原因の一つに、ご家族の誰かが別の部屋で違うコンピューターでネットを使っていて、
使い終わった後に無線LANルーターの電源をオフにして接続が遮断されていた、
という事が多いです。

また、違う部屋に普段置いてあるルーターが、少し見ないうちにバッテリーが切れていたり、
電源がいつの間にかオフになっていた、というパターンもあります。

まずはルーターの電源が今オンになっているかどうかを確認してみて下さい。
無線LANルーター |
ノートパソコンでデスクトップ用モニターの画面を表示するには?
ノートパソコンにディスプレイコネクタ用の接続ポートが付いていれば、
デスクトップパソコン用の液晶モニターを変換コネクタ(コード)で接続して、
大型の液晶モニタで画面を表示できる方法をご存知でしょうか?

例えばお手持ちのノートパソコンを使って自宅や会社内で作業をする時に
本体のモニタよりも大きな画面で見ながら便利かつ効率的に作業をしたい場合や、
ノートパソコン本体のモニタが割れてヒビが入ったり液晶パネルの部分が
壊れてまともに映らなくなった場合に、臨時として使う事もできます。

ディスプレイコネクタ

今のノートPC製品の多くには、ケース左側の側面部分にディスプレイケーブルを
差し込むためのアナログ接続端子用の差込口が付いています。
液晶ディスプレイ・モニタ |
動かないコンピュータの再活用法とは?
パソコン本体が故障する原因はまず、ハードディスクドライブにヘッド吸着などの
物理的な回路の破損がいつか発生してまともに起動できずに動かない状態になるケースが多いです。

他にもメモリが壊れたり、マザーボードや電源ユニットもよく故障する事は多く、
またCPUファンの止め具が割れてCPUが冷却できなくなる、という場合もあります。

どこかのパーツが老朽化や破損で壊れて動かなくなる場合、パソコンの場合なら
PCケースのカバーを螺子を外して空けて、新しい部品に自分で交換するか、
もしくはメーカー先か私設のPC修理サービスに出して換装してもらえます。

しかし新しいパソコン本体を買ってもう古い方のマシンは使わない場合なら、まだ壊れていない
部品を予備のパーツとして取っておいて、もしもの時のために保管しておく活用法もあります。
初心者向けの使い方 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201206.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.