パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2012年02月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
小さいアプリケーションでもDLを繰り返しすぎると遅くなる?
今、インターネットでは生活に役立つ、家計簿や会計などの計算ソフトから、
エラーチェック、データの引っ越し、ウイルス対策、ファイルの圧縮解凍ツールまで、
非常に様々な「アプリケーションソフト」があります。

電気店や通信販売サイトで販売している有償のソフトだけでなく、
インターネットの様々なダウンロードサイトから入手できるフリーソフトウェアも数多く出ています。

特に、容量が数百KB~数十MBくらいの低い、軽いアプリケーションが多いので
いつでも気軽に沢山のソフトのフォルダをダウンロードしてインストールできます。

これらのソフトは容量が小さいものなら一個一個はほとんど変わらないのですが
勢いでほとんど使わないものや使うかわからないソフトを何百個と大量に
ダウンロードしてプログラムをセットアップしていくと、やや違ってきます。


簡単に書きますと、ソフトウェアを一個パソコンに加えるたびに
「レジストリ」という格納データベースが書き換えられて、
ハードディスクの中身も変わって容量も少し増えて複雑化していきます。

そして製作元の違ういろいろなアプリケーションが数百個と入っていくと、
必要のないプログラムも増えて、中には常駐稼動の自動的なツールも何個か
動いていき、一つ一つのツールを読み込むのに時間がかかって負荷が出始めます。

また、あまりない使い方なのですが、同じソフトウェアをフォルダごとコピーして、
コンピュータの中で何十回かコピーペーストや削除を繰り返していくと、
だんだんパソコンの読み込み速度が鈍くなっていく事があります。

削除したフォルダはごみ箱にいくのですが、ごみ箱を空にして再起動しても、
インターネットが急になかなか開けなくなったりと、感覚の差が明らかに
出る場合があり、かなり重く負担のある操作をしていた、という事がわかります。
ソフトウェアの問題 |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201202.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.