パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2011年10月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
海外のホテルでインターネットを利用する時に必要なことは?
日本からノートパソコンやスマートフォンを持って飛行機や船舶を使い
海外の国々に旅行やスポーツ、転勤、出張、ロングステイなどで渡航し、
現地で宿泊するホテルやコンドミニアムでインターネットを利用する予定の時、
出発の前にいくつか確認しておく必要がある注意点もあります。


ノートパソコンを持っていく場合


まずは海外の滞在先ホテルでネットを使う際に持参が必要な物について。

  • ノートPC本体
  • 電源アダプター・コード
  • マウス
  • 変圧器
  • 変換プラグ
  • LANケーブル

上記のうち、アメリカ合衆国など電源コンセントの形が日本とほぼ同じ国は
変換プラグを持っていかなくても大丈夫な地域もあります。
またLANケーブルもホテルのルームに用意されているなら持参の必要はありません。

スーツケースや鞄に入れて持ち運ぶの時にかかるダメージから守るため、
必ず衝撃を吸収するカバーやビジネスバッグに入れて持ち運びましょう。

次に、日本国内から旅行会社の経由や個人の申し込みでホテルの予約をする時、
宿泊する予定のリゾートホテルやコンドミニアムにインターネットの接続環境が
サービスとして用意されているかどうかを必ず確認しましょう。

旅行代理店の窓口でもらえるパンフレットや説明書に、インターネットサービスの
アイコンに有りのマークが付いているかどうかでも判別できます。
ただ、ネットが使えるといっても国や宿泊地によって様々な使用方法があります。

・ホテルの各室内にLANケーブル(有線)での接続環境があるかどうか、
・無線LANカードがないと使えない、ワイヤレスのサービスであるか、
・そこでのネット接続は別に料金がかかる有料のサービスか、
・有料の場合、何百MB、または何時間、何日おきにいくらかかるサービスか、
・各部屋にはなく、フロントにおいてあるパソコン機材のみでのサービスか、

など、様々なパターンがありますので、現地に実際に行ったら何らかの理由で
自分の持参したノートPCでは使えない、というトラブルがないように、
なるべく予約の確認の時にネット環境について細かく訊いておかれる事を推奨します。
ネットワーク |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-201110.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.