パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2009年10月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
CHKDSKコマンドでハードディスクのエラーを修復するには?
Windows OS画面がパソコン起動時にすぐに表示できないエラーが頻繁に発生したり、
セーフモードや回復コンソールの使用でなければ直らないといった場合、
内蔵ハードディスクドライブの方に何らかのエラーが発生していないか、
一度CHKDSKコマンドの手順を用いて、チェックと問題の修復を行ってみましょう。

Chkdskを起動するにはまず、スタート⇒[ファイル名を指定して実行]で
[chkdsk]と入力してOKを押し、起動します。

すると、Chkdskの黒い画面が展開されますので、自動的に各ファイルシステムをチェックして、
各ファイルの検証や不良セクタの検出、エラーの修復を行ってくれます。

またはコマンドプロンプトで[cmd]と入力し、Enterで起動します。
(他のプログラムなどが開いている時には、Yと入力してEnterを押し、
次回の起動時にボリュームがチェックされます。)
ハードディスクドライブ |
故障HDDのデータ復旧のためのソフトウェアRAID構築手順
RAID-(読み:レイド)とは複数台のハードディスクドライブを組み合わせて一つの
大きなHDDのように構築する手法で、そのうち1台、2台が物理的に故障して動作不能になっても、
他のHDDが正常であれば内部データを失わなくて済む事が可能です。

直接、壊れたハードディスクドライブそのもののデータ復旧や修理はできずとも
残りの無事な数台には保存プログラムファイルやシステム設定が
共有されていますので、そこから救出する事ができます。

WindowsのOSでは、ソフトウェアRAIDを作成する機能が付いていますので、
このツールで構成する方法を下記にて記述いたします。


WindowsでのRAID-5作成技法


まずは数台のHDDを用意してデスクトップパソコン等の電子機器に接続、スタートメニュー
⇒コントロールパネル⇒管理ツール⇒コンピュータの管理⇒ディスクの管理で、
複数のハードディスクの準備を行います。(ディスク0の下に、ディスク1・2・3・・・と表示されます。)

使用するディスク全てをそれぞれ、右クリックで
ダイナミックディスクへアップグレード】を選択して設定します。
RAID構成の変更 |
パソコン教室の講座でトラブル対策方法も学べる?
パソコンのトラブルを少なくするには、マシンの性能を良くするだけでなく、
その使い方や仕組みをよく知る事も大切です。

どのように操作していけば上手くPCを動かして作業していけるのか、
また逆にどのような事で故障が起きてしまうのかを熟知できれば、
アクシデントの発生やその被害も極力抑える事ができるようになります。


PCスクールで習得できるスキル


主にパソコン教室では、初心者向けの講座がまずメインに行われています。

設置の仕方から電源の付け方、周辺機器の接続の仕方、ソフトの開き方、と
ビギナーユーザーの方にやさしい基本的な動作から学んでいきます。

Microsoft Office ExcelやWordの使い方など中級者向けの講座、
さらにプログラミングやグラフィックの作成など、上級者向けの講座も
スクールのカリキュラムによって受講する事が出来ます。
コンピュータートラブル |
カスタマー・サポートセンターに電話が繋がらない時は?
パソコンやサーバ・プリンター・スピーカー・キーボード・ソフトウェア・マウス・
液晶モニター・オーディオ機器・その他OA製品など、あらゆる電子機器は
その大多数に、開発・販売元の会社にてカスタマーサポートサービスが実施されています。

電話や電子メール、窓口にてお問い合わせをされる事で、
機器の故障やシステム上の不具合が発生した際にどう対処すればよいかを聞く事ができるのですが、

回線の混雑により電話をしてもなかなか繋がらなくてすぐに対応が取れない、
というケースもよくあります。

Microsoftやアップルサポート・SONY・東芝・日立・富士通・NEC・Acerなど
大手企業のカスタマーサポートセンターでは特に混雑が激しく、
平日の日中時間ではなかなか係員の方へ繋がりにくい事が度々あります。

自動音声で「しばらくお待ちいただくか、しばらく後でお掛け直し下さい。」
といった録音メッセージが流れます。

朝方や夕方以降の時間帯でしたら比較的空いているため、
多少後でも構わない場合はこのあたりの時間帯で電話を掛け直してみましょう。
PC修理サービスセンター |
Vistaの詳細ブートオプション画面が表示される時は?
Windows Vista OSパソコンの電源を入れた後に出るはずの起動画面が表示されず、
またはその途中で中断して再起動されてしまい、かわりに【詳細ブートオプション】という
黒い背景と白文字の画面が表示されてしまう場合について。

ビスタのログオン画面が表示されないため、そのままでは正常なOSの起動が出来ません。

そのため、まずはいくつかある項目のうち『前回正常起動時の構成』を
↑↓キーで選択してEnterを押してみましょう。
Windows OS |
愛媛県のパソコン修理サポート業者一覧
愛媛県内のパソコントラブルサポート会社・店舗の一覧リストです。

松山市・宇和島市・今治市・西予市をはじめ、県内と四国地方にご在住・ご在勤・ご在学の
皆様に、コンピューター機器のトラブル解決の際にぜひご活用頂けましたら幸いです。

新規掲載のご希望も随時承っていますので、お気軽にお知らせ下さい。

愛媛県の市町村一覧

松山市・今治市・宇和島市・八幡浜市・新居浜市・西条市・大洲市・伊予市・四国中央市・西予市・
東温市・上島町・久万高原町・松前町・砥部町・内子町・伊方町・松野町・鬼北町・愛南町
各地方別業者一覧(西) |
ウイルスバスターのソフトが重い・遅いと感じた時に直すには?
トレンドマイクロ・ウイルスバスター:【Trend Micro Internet Security】と言えば
ウイルス対策ソフトウェアの代名詞の一つとも言える、
トレンドマイクロ株式会社より開発・販売されているセキュリティソフトです。

約一年周期で最新のバージョンアップ版が登場し、その間もオンラインよりアップデートが
自動的に、頻繁に行われます。

また、家庭向けソフトは、一本のシリアル番号につきパソコン3台まで導入することが
できるのも大きな特色です。

ですが時々、ソフトウェアの機能の影響でパソコン全体が非常に重くなる傾向が出ることもあります。

その際には次のシリーズで大幅に快適化がなされて容量も半減されることもあります。

主なパソコン防御機能
  • ウイルス対策
  • スパイウェア対策
  • パーソナルファイアウォール
  • URLフィルタリング
  • 個人情報漏洩防止
  • 迷惑メール判定
  • セキュリテイレポート
  • ホームネットワーク管理
  • オンラインユーザー登録

ウイルスバスターにはこのように数多くの優秀なセキュリティ機能が
搭載されているためこの一本でほぼ十分、といえる程の安全性があります。
高速化,最適化,快適化 |
多機能型プリンターで故障が発生した時に修理するには?
近年のデジタル/プリンタ複合機と呼ばれる、多機能型プリンターには
画像ファイルやテキストデータの紙媒体への印刷、・スキャナによる画像の読み取り、
ファックス(ファクシミリ)と、いくつかの便利な機能が搭載されています。

しかし、その分、突然イメージスキャナで読み込みができなくなったり、印刷用紙へのコピーが
できなくなる、などどこかの機能でエラーや故障が起きてしまうことが多い、という点もあります。

個人用の複合プリンタ、オフィス向けの大型事務機器ともに例として、紙詰まりや
インクジェットの不足など軽度のエラーをはじめとして、内部の読み込み・書き込みの機能が
動かなくなってしまったり、インストールしたソフトウェアプログラムが破損してしまうこともあります。

たとえばプリンターの中に異物が入り、知らずにプリンターを使用していた際におかしいと思い
中をのぞいたところ、異物混入に気づき取り出したのものの、その後で紙を吸い込まなくなった、
という場合は、Windowsのスタートからコントロールパネル⇒「プリンタとFAX」をクリックして、
お使いのプリンタのアイコンを⇒クリックして「プロパティ」を押してください。

プロパティの「ユーティリティ」のタブを選択して、項目の中の
「給紙ローラークリーニング」を押して、用紙送りの問題を改善してみてください。
プリンター・複合機 |
運営サーバのパフォーマンスの異常発生に対応するには?
サーバーを企業や自宅にて運用されていて、24時間365日、と一年中稼動させているIT環境を
お持ちの場合、いつ突然、パフォーマンスやその他システムに異常が発生してサーバーダウンが
起こってもすぐに気づいて対処ができるように、常時、稼動状態が正常であるかどうか監視する
システム、またはマネジメント運用管理のサービスを活用されてみると安全です。

サーバシステムの各構造:ノード・ポート・リソース・プロセスなど、
随時監視を行う必要のあるシステムは数多く存在します。

常に負荷のかかっているサーバー機器が論理的・物理的に破損を
起こしてしまうのはよくある事のため、時間や予算を惜しまず
運用管理をしっかりと行われる事で、いざというときにも慌てずに済みます。
サーバー障害の解決 |
回復コンソールでウィンドウズXPを修復するには?
Windows XP-OSのシステムファイルが壊れてしまい、パソコンの電源ボタンを押してから
起動がしなくなった時は、

Windows XP CD-ROM (ウィンドウズのインストールディスク)に
搭載されているツール:【回復コンソール】を使用してシステムの復活を行う方法があります。

セーフモード画面でも直らなかった場合は、再セットアップ(初期化)を
される前に一度試みてみましょう。
リカバリー・初期化 |
Windowsが起動できないHDDのデータ復元方法とは?
ウィンドウズの画面が起動できなくなった際、ハードディスクドライブ内部の
データを復元するにはどうすればよか?という疑問について。

WindowsのOSが開けなくても、ハードディスクドライブそのものが
物理的に故障していなければ、他の機材などを経由して自分で元に戻す事もできます。

しかし、まずウィンドウズが開かなくなったパソコンには、セーフモードからの起動や
リカバリーCDディスクから上書きインストールを行ってみるなどシステムの修復を試してみて、
それでも起動できなかった場合には以下の方法を試みてみましょう。

まず、Windowsが正常に開ける別のパソコンを用意して、
そちらに【ファイナルデータ】や【完全復元プロ】等の
データ復旧専門ソフトウェアをインストール・セットアップします。

次に、システムが壊れた方のパソコン内部にあるHDDを取り出して、ハードディスクケースに
差し込み、USBポートへつなげて外付けメディアとしてもう一台のPCのデバイスに認識させます。

そして復元ソフトでクラスタスキャンを行い、別の外付けハードディスクやSSD、RAID、NAS、
といったデータ記憶メディアのフォルダなどの場所に書き込みを行うようにして、修復させていきます。

(※MacOSのファイルシステムのには、対応されていないアプリケーションが
多いので、購入・セットアップの前には動作環境をご確認下さい)
Windows OS |
故障トラブルに備えて予め用意すべき物とは?
パソコンのシステムファイルやハードディスクドライブは
いつ急に動作不良や故障を起こしてしまうかわかりません。

実際に突然PCが動かなくなってから慌てて修復に必要な物を用意しようとすると、代わりの
予備パソコン本体を持っていなかったりバックアップデータを取っておらず作業が進ませられない
など、相当に困ってしまうアクシデントも少なくありません。

ですが事前に、緊急のアクシデントを想定してしっかりと準備をされておけば
いざという時に、あまり慌てずに速やかに対応する事が出来ます。

まず必ず用意しておきたい物が、【バックアップデータ】。

今までに作成したプログラムファイルや、システムの設定情報をMOやUSBフラッシュメモリ、
ポータブル・ハードディスク等の外付け装置にこまめにコピーして保管しておけば、
OSを再インストールしなければならない事態になっても安心です。

次に出来る限り備えておきたい物が、予備のPC本体。

新しいパソコンに買い替える際には、今まで使っていたPC本体がまだ十分に使えるようでしたら
予備のマシンとして残しておきましょう。

修理センターに長期間預けなければならない時などに大いに役立ちます。
PCの故障・エラー診断 |
パソコントラブル解決サポートは業者ごとに費用も異なる?
PC本体やその他OA機器が壊れたり不調をきたしたので修理に出したい、
という場合にお役立ちのコンピューターサポート業者について。

東京都や大阪府、札幌市、名古屋市、福岡市など主要都市部には
数十件以上のPC機器修理店が構えられています。

またパソコン工房など日本全国にチェーン店を設置されている会社もあり、他、各都道府県にも
一県あたりに少なくとも10件以上の業者があり、お手軽に修理を依頼することも出来ます。


店舗おきの料金の違い


しかしながら、どこの事業社に直してもらっても料金があまり変わらない、というわけではなく、
基本的に診断・修復作業のお値段は各社おきに、ある程度は個別に設定されています。

そのため、仮に同じマシンの同じ症状を修復してもらうにしても、
A社とB社、C社によってそれぞれ数万円も値段が違う場合があります。
PC修理サービスセンター |
パソコンのトラブルシューティング一覧
パソコンのシステムやハードウェア上で起こりうる様々な問題の
トラブルシューティングの手法について記載した、各ページの目次リストです。

・電源の起動障害、
・デバイスドライバの接続不能、
・OSの再インストール、
・液晶モニターの画面、
・プリンターの不具合、
・初心者向けの解決方法、

といった様々なトラブルの事例と対応策を各個別ページに記述しています。

コンピューター上のシステムやハードウェア面でに発生した問題の原因や
不具合を直す手順がわからない時に、お役立てください。
コンピュータートラブル |
microSDHCメモリーカードのデータ復旧を行うには?
microSDカード 【マイクロエスディーメモリーカード】とはDアソシエーションより発表されて以後、
携帯電話やデジタルカメラなどのデータ保管媒体として普及が始まったSDカードです。

今までの他のSDカードと比べて、大きさが11mm×15mm×1mmと
かなり小型でありながら1GB・2GBと高い容量を持ちます。

またmicroSDHCメモリーカードには16GBの媒体もあります。

製造・販売メーカー
  • ADTEC
  • ALL WAYS
  • CFD
  • IMATION
  • IODATA
  • KINGMAX
  • PhotoFast
  • PQI
  • SANDISK
  • Silicon Power
  • Team
  • TECIC
  • エレコム
  • キングストン
  • グリーンハウス
  • トランセンド
  • ハギワラシスコム
  • バッファロー
  • パナソニック
  • プリンストン
  • マクセル
  • レキサーメディア
  • 三菱化学メディア
  • 東芝

SDHCカードはフラッシュメモリ型の電子媒体ですので、カードリーダー&専用アダプタを用いて
USBポートからパソコン内部に接続してコピーや書き出しを行う事ができます。

しかしもしうっかりデータをコピーと間違えて削除してしまったり、
フォーマットして全部消した場合はどうすれば復旧できる?という疑問について。


消去ファイルの復元方法


まず、外部接続のリムーバブルディスクであるため、
「システムの復元」や「回復ウィザード」のツールからでは修復できません。

そのため、まずはパソコンショップか販売サイトより、ファイナルデータや完全復元プロと
いったデータリカバリーソフトを購入してPCにインストール・セットアップしてみましょう。
外部接続周辺機器 |
宮崎県のPC修理サービスセンター
九州・宮崎県内のパソコン修理・ITサポートサービスセンターの一覧リストです。

宮崎市・都城市・小林市・日向市をはじめ、県内と近郊の九州地方にご在住の方、
ご在勤・ご在学の方でしたら、PCやOA機器の整備・修復の際にぜひお役立て下さい。


宮崎県の区域


宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・清武町・田野町・
佐土原町・北郷町・南郷町・三股町・山之口町・高城町・山田町・高崎町・高原町・野尻町・須木村・
高岡町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・東郷町・
南郷村・西郷村・北郷村・北方町・北川町・北浦町・諸塚村・椎葉村・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町
各地方別業者一覧(西) |
デスクトップパソコン本体の持ち運び用カバー箱は購入後も必要?
PCショップや通信販売でデスクトップパソコン本体を購入した時、
郵送・持ち帰りともに、マシンを収納する大きな箱が付いてきます。

トラックや手持ちでの輸送中に振動でかかる衝撃を防ぐために、
箱の中には発泡スチロールなどの衝撃吸収の素材が同梱されています。

工場や店舗から出荷された時に包装しているこのダンボール箱は、
購入後も捨てずに必ず取っておきましょう。

お引越しをされる場合や、本体が故障したため修理に出す必要が出た時、外部へ郵送する
際にはこの箱に初めて開いた時と同じ状態に収納して発送する事が一番安全な移動方法です。
本体ケース・カバー掃除 |
セーフモードからOSを正常に起動して修復するには?
Windows OSは、何かのアプリケーションソフトや外部周辺機器をインストール・セットアップを
した後で、たまに次回からの起動時にOSが正常に開けないケースがあります。

ただ、この問題は多くの場合一時的なもので、「セーフモード」という開き方を実行することで、
ある程度のエラーも自動的に修復されて、次からの起動時には直り、解決することができます。

なお、USBケーブルやフラッシュメモリなど外部接続機器とそのコードは
あらかじめ全て抜いて外しておきましょう。

まずはパソコンの電源ボタンを押してからすぐに、キーボードのF8キーを押し続けるか、
あるいは自動的に『拡張オプションメニュー』の黒い背景と白文字の画面が表示されます。

次に、矢印のカーソルで、どのモードで起動するかを選択します。

通常は【セーフモード】か、【Windowsを通常起動する】を押します。

これでウィンドウズが無事に展開されれば、起動成功です。
Windows OS |
パソコン機材一式の手入れと清掃を行うには?
OA機器を配置してある専用デスク上とその周辺には、
長く使うにつれて次第にごみや汚れ・埃などの異物が溜まっていきます。

そのまま放置しておくと衛生上に良くないだけでなく、ホコリの蓄積でパソコン内部の廃熱が
悪くなったり、内部の精密機器に小さなごみや虫の死骸などが付着して
コンピュータを破壊してしまうおそれもあります。

1~3ヶ月に一度はデスクの周辺や機材の清掃を行って全体的なお手入れをしておきましょう。


各種機器の掃除方法


パソコン機材一式の掃除は、ただゴミ落としや空拭きをするだけでなく、
専用のクリーニング用具を購入して使われるとなお良いです。

液晶ディスプレイ(モニター画面)を綺麗にするには
ELECOM:液晶用ウェットクリーニングティッシュ(OAティッシュ)を使用、
キーボードのボタン下部分のごみを取るにはエアダスター、
拭き掃除にはオフィスクリーナー・OAクリーナーなどの専用の洗剤、
といった用品を使用されるのが最適です。
本体ケース・カバー掃除 |
ハードディスクドライブを誤ってフォーマットした時にデータを復元するは?
PC内蔵のHDDやポータブルハードディスクドライブのパーティションを、
バックアップやリストア作業と間違えてクイックフォーマットしてしまい、
それまでのデータが読み込めなくなった場合、どうすれば復元できる?という疑問について。

まず、一見するとそれまでの記録ファイルやシステム設定を全部消してしまっていたかのように
見えるのですが、フォーマットした直後の状態でしたらまだ、削除しました、という認識を
与えただけの状態で、パーテーションのデータそのものが消えたわけではありません。
リカバリー・初期化 |
セキュリティホールの欠陥を修正する対処方法とは?
コンピューターのソフトウェアプログラムにはセキュリティホール【security hole】と呼ばれる、
システム上の穴とも呼べるバグや欠陥・安全性的な盲点などが存在します。

これらの穴を通して悪質ユーザーから勝手にネットワークを介して
侵入されたり、ウィルスプログラムやスパイウェアを植えつけられて、
運が悪ければ重大な被害の発生しかねない攻撃に遭う可能性もあるのです。


セキュリティー上の安全対策手段


これらの被害を防ぐためにはセキュリティ対策を強化するだけでなく、アプリケーションソフトウェアや
OSのアップデートを日々、頻繁に自動または手動で行っておく必要もあります。

例えばWindows XP OSの場合、SP2にアップグレードをされると
セキュリティが強化され、危険の回避能力が向上します。

またそれまで発見されていたシステム上の不具合も数多く修正され、
起動時に出る警告画面の表示も少なくなります。

ウイルス対策ソフトウェアやネットワークに直接関わるアプリケーションは
特に頻繁に最新版へのアップデートを行いましょう。
セキュリティ保護 |
無線LANの通信が頻繁に切れる状況を解消するには?
無線LAN(むせんラン)を用いてインターネットに接続したり通信を行う際、
配置場所や周囲の環境などの外部的な影響が大きく、
場合によってはやたらと頻繁に接続が切れて非常に不便な事もあります。

ノートパソコンは自宅では使えるのに、外出先や会社内では
無線LANがまともに使えない、というケースも多いものです。

そんな時にはまず、周囲の家電製品や環境の状態を見直されてみましょう。

WIMAX 無線LANカード


LAN接続設定の確認事項


まず、ブラウザで無線LANルータの設定画面を起動し、チャンネルを自動から
別のチャンネルに手動で何回か切り替えてみてください。

ルータの設定を見直す事で解消できるパターンが多いです。

それでも頻繁に途絶えてしまうようでしたら、次に、現在地の手前などに大きなビルやマンション、
高速道路、山、といった障害物や、電波ノイズ・電磁波を発する機器はないかどうか?
また電子レンジを近くで使って電磁波を発していないか?といった状況を見渡されてみてください。
無線LANルーター |
電化製品の付近にデータ記憶メディアを置くと破損しやすい?
パソコン機材をはじめとするコンピューター製品に限らず、電気で動いていますあらゆる
電化製品からは微弱ながらも電磁波(磁気)が周囲に流れて発生していることをご存知でしょうか?

無論、よほど強いものでもなければ人体や他の機材に
強い影響を及ぼすようなハプニングはそうそうありません。

しかし外部接続型のデータ記憶メディア:特にハードディスクドライブやフロッピーディスクといった
磁気メディアを長期間、電磁波を発する家電製品のそばに置いておくと、
内部に保存してあった書き込みデータに異常が発生してしまう可能性もあります。


電子機器の磁気対策


HDDやFDは磁気ディスク(magnetic disk)ですので、
ごく稀に磁場の影響を受けて、次第に傷んで破損してしまう危険があります。

またSDメモリーカードを差し込んでいるデジタルカメラやデジタルビデオカメラ、モバイル端末
といった小型の電子機器をうっかりそばに置いておいて長時間そのままにするのも
機械にあまりよくありません。

また水や油などがかからないためにも、なるべく台所といった家電製品の多い場所には
置かれないようにするように日々注意することが大切です。
外部接続周辺機器 |
デバイスドライバの追加でシステムが破損した時に復元するには?
パソコンに周辺機器をUSBケーブルなどで接続したら、次回からの起動ができなくなってしまったり
WindowsOS画面が開かなくなった、というケースは意外にも多く出ています。

例えば、USBフラッシュメモリをUSBポートに差し込んだまま再起動したらWindowsが起動せず、
かわりに青い背景と白文字の画面が表示されて止まってしまった、ということはよくあります。

これらの原因でシステムが破損した時には、どうすれば復元することができる?という疑問について。

デバイスマネージャ画面を確認してもわかるとおり、ドライバには
  • DVD/CD-ROMドライブ
  • IDE ATA/ATAPI コントローラ
  • USB(Universal Serial Bus) コントローラ
  • キーボード
  • コンピュータ
  • サウンド、ビデオ、コントローラー
  • システム デバイス
  • ディスク ドライブ
  • ディスプレイ アダプタ
  • ネットワーク アダプタ
  • ヒューマン インターフェイス デバイス
  • プロセッサ
  • ポート (COM と LPT)
  • マウスとそのほかのポインティング デバイス
  • モニタ
と、非常に多くのデバイスが認識されています。
デバイス接続 |
ビープ音が鳴り出してパソコンに問題が発生した時に修理するには?
電源ボタンを押して起動させたら、いつもの調子ではなく突然「ピーッピーッピーッ」といった
変な音がスピーカーではなくパソコン本体の方から鳴り出してしまった場合。

これはデバイスのエラーやハードウェアの問題発生時に一種のサイレンとして鳴る、
ビープ音と言います。


他の異音との違い


故障の発生したPCからはよく、「カリカリカリ・・・」 「ブーーーーン・・・」 「カタカタ、コトコト・・・」
といった異音が鳴り出すのですが、これらの事例はハードディスクのヘッドクラッシュや
電源ユニットの冷却ファンのゴミ詰まりといった物理的な症状であり、
ビープ音は本体に搭載された専用スピーカーから出る警告音です。

ビープ音の鳴り方のリズムによって、メモリやビデオカードなどマザーボードに接続された
どの部分のパーツに異常が起こっているかが判別できます。
PCの故障・エラー診断 |
山形県のPC修理サポートショップ
山形県内のパソコン修理・ネットワークサポートセンター・PCショップの一覧コーナーです。

山形市・米沢市・天童市・南陽市・鶴岡市・新庄市・寒河江市・最上郡をはじめ県内と
周辺地域の東北地方にお勤めの方、お住まいの方にぜひお役立て頂けましたら幸いです。

山形県の地区


山形市・米沢市・鶴岡市・酒田市・新庄市・寒河江市・上山市・村山市・長井市・天童市・東根市・
尾花沢市・南陽市・山辺町・中山町・河北町・西川町・朝日町・大江町・大石田町・金山町・最上町・
舟形町・真室川町・大蔵村・鮭川村・戸沢村・高畠町・川西町・小国町・白鷹町・飯豊町・三川町・
庄内町・遊佐町・八幡町・松山町・平田町
全国都道府県別業者(東) |
ウィンドウズの起動が途中で止まる障害から復旧するには?
PCの電源を入れて起動中に、Windowsの画面が表示されている際に途中で止まって
電源のストップや再起動が繰り返されてしまうトラブルが発生したときの復旧の方法について。

まずは、電源の起動後にF8キーを押し続けて、セーフモード画面を開きます。

・セーフ モード
・セーフ モードとネットワーク
・セーフ モードとコマンド プロンプト
・前回正常起動時の構成(正しく動作した最新の設定)
・Windows を通常起動する

といった項目を一つずつ選択して起動の実行を試してみてください。

正常にウィンドウズが起動できましたら、以前の起動時にOSシステムの設定を変えたか、
新しく何かアプリケーションプログラムをインストールしたか、
またはコンピューターウイルスに感染したかどうか、確認をされてみてください。

『システムの復元』などを使って復旧を試みてみましょう。
起動しない状態を直す |
コンピュータが危険にさらされています、と表示されたら?
Windowsパソコンのオペレーティングシステムにコンピューターウィルス対策のための
セキュリティソフトがしっかりとインストールされていないか、
またはツールの稼動が停止している場合、デスクトップ画面右下のインジケータなどの場所に
『コンピューターが危険にさらされています』という警告メッセージと、赤い×アイコンが表示されます。


セキュリティの無効な状態とは?


この警告メッセージが出る状態は、コンピューターウイルス対策のアプリケーションソフトが
オペレーティングシステムのアップデートの作業中の時にも表示される時があります。

この状態の時は基本的に、特に心配は要らず、作業に任せて大丈夫です。

更新が完了したらまた元の上記稼働状態に戻ります。

しかしセキュリティのプログラムが実際に無効になっている場合はコンピューターウイルスや
ハッキング・スパイウェアなどの危機にさらされている、危険な状態と言えます。
セキュリティ保護 |
パソコンがウイルスに感染した時の対処方法とは?
コンピューターウイルスはインターネットを閲覧中に突然不明なページで出現したり、
迷惑メールや悪質なソフトウェアプログラムに含まれていたりと感染するパターンは様々です。

しかし、市販で優秀な機能を多数備えたセキュリティ対策ソフトウェアをインストールして、
随時PC全体を監視する機能をオンにしていれば、ほとんどの場合は有害ファームウェアが
侵入してきた瞬間に感知して、警告画面が表示されるためすぐに発見する事が出来ます。


ウィルスの隔離・駆除


ノートアンチウイルスやトレンドマイクロウイルスバスターなど、大手の製品で
最新アップデート版に頻繁に更新されているアプリケーションプログラムを使われるのが理想的です。

ワーム型ウイルスをはじめとする有害ファームに感染したらまず、赤い警告メッセージが表示されます。

この段階では隔離・駆除がまだ出来ていないため、すぐに手動でソフトウェアを起動し、
コンピュータ全体のウイルススキャンを実行しましょう。

早い段階でしたら1~10個くらいの感染で済みますのでOS(読み:オペレーティングシステム)
にも影響は特になく、検出・消去さえ実行できれば被害はほぼありません。
ウイルス・スパイウェア |
電源が頻繁に切れる障害を改善するには?
パソコン作業中、主に動作の重いアプリケーションソフトウェアやウェブブラウザの起動展開中に、
いきなり再起動したり電源が落ちてしまう、またはフリーズ(ハングアップ)が
頻繁に起こってしまう症状の改善方法について。

システムが急に止まってしまうとデータも上書き前に消えてしまいますし、
落ち着いて作業ができなくなってしまいます。

パーツの傷みもひどくなりますので出来るだけ早めに対処を行われることが大切です。


ハードウェアの診断


電源が突然切れたりフリーズする症状が出たら、
ハードウェアに不具合がおきていないかをチェックされてみましょう。

CPU(読み:シーピーユー)の真上のファンや電源ユニットの冷却ファンがしっかりと
回転していなかったり、埃やごみが多量に付着していると熱暴走が起こりえます。
電源ユニットが壊れた |
ごみ箱アイコンが消えた時はどうすれば再表示できる?
Windowsパソコンのデスクトップ画面にはいらなくなって削除したファイルを
一時保管しておくための、ゴミ箱フォルダーのアイコンが表示されています。

しかしこのアイコンをうっかり消してしまったり、
いつの間にか消えてしまった場合、どうすれば復元できる?という疑問について。


ゴミ箱の復元手順


まず、Windows Vistaや7、8、10(ウィンドウズ)の場合、
デスクトップ上にアイコンが一つも表示されない状態の場合は、
画面の何もない位置を右クリック⇒表示⇒「デスクトップアイコンの表示」で復活できます。

ゴミ箱アイコンのみが消えている場合は、Windows 10ではまず何もないところを右クリック
→「個人用設定」→「テーマ」→「デスクトップアイコンの設定」で「ごみ箱」に
チェックを入れて、「OK」を押すと、画面上に復活します。
デスクトップ画面 |
ネット経由の踏み台による、なりすまし被害とは?
インターネットの世界にはワーム型ウィルスやスパイウェア・ボット・ハッキング・フィッシング詐欺など
危険が数多く潜んでいますので、セキュリティ対策は絶対必須と言えます。

有名なのがコンピューターウイルス感染によるシステムやデータの破壊、
個人情報の流出といった被害が挙げられます。

しかし他にも、不正なアクセスで侵入されて、ご自身のパソコンが
加害者にされる【踏み台】という、なりすまし的な被害をご存知でしょうか?


自分のPCが加害者にされる危険


ネットワークは日本国内のみならず世界中に広がっている分、どこの場所にどのような目的で
コンピューターが使われているか、その用途は様々なのですが、中には不正な目的で
パソコンやオンラインシステムを使う悪質なユーザーも存在します。
ウイルス・スパイウェア |
ウィンドウズOS画面の起動時に時間がかかる時に速くするには?
PC(読み:ピーシー・ぱそこん)を起動させてWindows画面が自動的に開く時、
内部パーツの性能やシステム設定・空き領域次第では
立ち上げまでに多少時間がかかってしまう事があります。

遅いPCでは電源ボタンを押してからウィンドウズのデスクトップ画面が開いて
操作がちゃんと利くようになるまでに10分以上かかってしまう場合もあります。

こんな時、どの用に修正すれば少しでもOSの立ち上がりの時間を速くして
効率よく作業ができるようになる?という疑問について。

まず確実な対処方法としましては、パソコンのCPUやメモリ・HDD・主基盤の性能を良くするために
買い替えや交換・増設・修理を行ってパーツの面で速くするのが最も有効です。

しかしすぐに買い換えられない、という場合は、今までにOSにインストールした
アプリケーションソフトウェアを全部見直してみましょう。
Windows OS |
システムの高速化でメモリ不足を解消するには?
Microsoft Windows 7/8/8.1/10【ウィンドウズ・セブンやエイト/ポイントワン・テン】の
オペレーティングシステムが入った最近のPCは、ツールの面でも新しいものが多いため、
あらゆるアプリケーションソフトも高い容量が求められる傾向にあります。

メモリの容量は2GB~16GBもあればある程度は問題ないのですが、
256MB、512MB、1GBくらいの容量だと、今のパソコン環境では厳しい事もあるでしょう。

そこでウィンドウズの場合でしたら、【メモリが不足しています】との警告ウィンドウが表示された
場合、USBメモリー機器[ユーエスビー]を用いた『システムの高速化』で補うことができます。


ReadyBoost機能の手順


まずは別売のUSBフラッシュメモリ・またはmicroSDカード、リムーバブルハードディスク、
コンパクトフラッシュといった外部記憶装置をUSBポートに挿入し、デバイスドライバに認識させます。
高速化,最適化,快適化 |
Windowsパソコンの動作遅延の原因を改善するには?
Microsoft Windowsの(マイクロソフト・ウィンドウズ)のOSのパソコンを買ってみたけれど
パーツの容量が足りなかったせいか、動作が思ったより遅い、重い、と思った時、
まずはVista独自の新機能『パフォーマンスの情報とツール』や『問題のレポートと解決策』、
Windows10の『パフォーマンスオプション』などで性能の状態や問題点について改善できます。


Windows Vistaのパフォーマンス診断


まずはパソコンを起動してデスクトップ画面を開き、
スタートメニュー⇒コントロールパネル⇒パフォーマンスの情報とツール、と開いていきます。

  • プロセッサ
  • メモリ(RAM)
  • グラフィックス
  • プライマリ ハードディスク
と各パーツおきのサブスコア・基本スコアの値が確認できます。

次にタスクの【詳細ツール】にて、パフォーマンスを遅くする原因となる
設定が確認できた場合の一覧が表示されます。

この問題点を個別に修正していく事で処理速度は次第に改善されて直っていきます。
Windows OS |
島根県のパソコン修理サポート業者
島根県内のパソコン修理・メンテナンス・トラブル解消サポートサービスの一覧リストです。

大田市・益田市・出雲市をはじめ、県内と周辺地域にご在住の方、ご在勤の方でしたら、
ハードウェア・ソフトウェア関連のトラブル解決の際に、ぜひお役立てください。

島根県の市町村

松江市・浜田市・出雲市・益田市・大田市・安来市・江津市・雲南市・東出雲町・奥出雲町・飯南町・
斐川町・川本町・美郷町・邑南町・津和野町・吉賀町・海士町・西ノ島町・知夫村・隠岐の島町
各地方別業者一覧(西) |
データ高速化のRAID0システム(ストライピング)とは?
パソコンの内部データを安全に管理できるように、ハードディスクドライブを複数使用して
書き込みを行う技術:『RAID』(レイド-Redundant Arrays of Inexpensive Disks)をご存知でしょうか?

HDD(読み:はーどでぃすくどらいぶ)を分割させて使用する事で読み書きを高速化させたり、
一台が故障しても他のHDDで読み込んで内部ファイルやシステム設定の損失を免れることができます。

そのうちの一つ、【RAID0】(読み:レイドゼロ)-通称:ストライピングとは、
ハードディスクを2台使用して書き込みを早くするための、最も簡易的なRAIDシステムです。


レイド0の利点


RAID-1(ミラーリング)やRAID-5(パリティデータ)と違い、RAID-0の場合は
一台でもHDDが破損してしまうとシステム全体のファイルが読み込めなくなってしまいます。

しかし、プログラムファイルを2台に分散して書き込む事で、一台のみの時よりも
データを二分の一に高速化して作業させる事ができますので、ファイルサーバや
Webサーバなど大容量かつ常時稼動するシステムを運営するのに大変効率的です。
RAID構成の変更 |
このフォルダには既に同名ファイルが存在します。と出た時は?
PCのハードディスクまたは外部接続メディア(リムーバブルディスク)に
新しくファイルやアプリケーションプログラムを書き込む際、
そのフォルダにすでに同名で同じ拡張子のファイルがあった場合は、

このフォルダには既に○○ファイルが存在します。と、
ファイルの上書き確認の警告ウィンドウが表示されます。

ここで「はい」を選択した場合、もともと記憶装置の中に存在していた
拡張子ファイルまたはフォルダが新しく書き込む方に上書きされて、
データーが消えてしまいますので、勢い余って押してしまうと危険です。

主なリムーバブルディスク
  • マルチメディアカード
  • microSDカード
  • スマートメディア
  • メモリースティック・デュオ
  • CF
  • FD
  • xdピクチャーカード
  • USBフラッシュメモリ
  • CD,DVD-R/RW/ROM/RAM
  • BD-RE
  • ポータブルHD
  • MO

特に外部記憶装置をたまに使う場合、前回の接続の時にうっかり
書き込んでいた分を忘れていて上書きしてしまうミスも発生しやすいです。
プログラムの機能 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-200910.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.