パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【2009年08月】の日付ページです。ハードディスクドライブの故障やPCサプライ・周辺機器関連製品の損傷アクシデント。
障害発生時の解消方法や、お役立ちの修理サポートサービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうる
システムエラーの修復手順、OA機器や各種機材の本体・パーツを購入・メンテナンスする際のポイントなど様々な知識を紹介しています。
microSDカードに記録していたデータファイルを復旧させる方法
microSDカード[読み:マイクロSDカード]はデジカメやケータイ・デジタルオーディオプレーヤーで
保存したデータファイルをコピー・移動による移し変えでバックアップして保存するための
フラッシュメモリ型の保管メディアです。

規格のサイズは11mm×15mm×1mmと、miniSDカードよりも更に小型化され、
256MB~6GBと、データの容量も多く保存できます。

microSDカードはデジタルカメラや携帯電話で撮った写真画像ファイルなどを
頻繁にパソコンに移動させる動作や、持ち運びの機会が多くなりがちなため、
コピーと間違って削除操作やフォーマットをしてしまったり、物理的な損傷で
内部データがデバイスから読み込めなくなるトラブルが発生するケースもあります。
デジタルカメラ |
ハードディスクの容量が埋まるとトラブルが発生する?
普段お使いのパソコンの内部に搭載されています内蔵のCドライブ(ローカルディスク(C:)は、
たとえばWindowsのオペレーティングシステムでは、エクスプローラーの画面の
「PC」(マイコンピューター)の項目で、ローカルディスクのアイコンを右クリックすると、

使用領域(青色)と空き領域(桃色)の円グラフが表示されて、
現在の空き容量を一目でチェックすることができます。

しかしこのドライブC(ハードディスク)の使用量がほとんど埋まっていた場合は
すぐに、いらないファイルやアプリケーションを削除するなどの処置が必要です。

WindowsのOSではプログラムの実行時にメモリの容量が不足した時、
一時的にハードディスクの方へデータを記録するシステムがあるのですが、
HDDの空き領域が足りないとアプリケーションプログラムの実行作業に支障が出てしまい、
ツールの動作停止や書き込みエラーの原因になりえます。
ハードディスクドライブ |
サポート期間が終了したWindowsのOSを最新版へ更新
Microsoft Windows(マイクロソフトのウィンドウズ)のオペレーティングシステム-OSは
Windows95⇒98⇒ME⇒2000⇒XP⇒Vista⇒7⇒8⇒8.1、とバージョンアップを重ねていきまして、
そしてMicrosoft Windows10(マイクロソフト ウィンドウズ・テン)が開始されました。

しかし新しいOSの登場に伴い古いバージョンのOSは次第にサポートが終了し、
95、98、ME、Win2000、WinXP、WinVistaはメインストリームサポートが終了しました。

ウィンドウズを古い種類のまま使っていきますと、Windows 7、8/8.1、10以降に作られた
新しいアプリケーションソフトウェアに動作環境が対応できなくなることがあります。

また、プログラムのアップデートやセキュリティ以外のサポートサービスの更新を
受けられなくなり、パソコン作業や安全性の面でも十分とはいえません。
Windows OS |
石川県のパソコン修理・ネットワークサポート会社
石川県内に事業所を設定されていますPC修理サービス・ネットワークサポート等の
ITシステム関連の会社の一覧リストです。

金沢市・石川郡をはじめ県内と付近の北陸地方にお住まいの方、お勤めの方に、
コンピューター関連のトラブル解消にぜひご参照にいただけましたら幸いです。

石川県の市町村


金沢市・七尾市・小松市・輪島市・珠洲市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・川北町・野々市町・
津幡町・内灘町・志賀町・宝達志水町・中能登町・穴水町・門前町・能登町
全国都道府県別業者(東) |
物理的に損壊したPC機器内部のデータを取り戻すには?
パソコンの内蔵ハードディスクや外付けHDDがヘッド吸着クラッシュを
引き起こしてシステム上ではな物理的に破損がしてしまったり、
USBフラッシュメモリやSDカード・CD/DVDディスクが割れてしまった、

またメディア本体に引っかきキズが付いたり水濡れして壊れてしまう等の理由で
パソコン上から認識ができなくなると、市販のデータ復元ソフトウェアでは
読み込みができず、自力でのファイル復旧はほぼ不可能になってしまいます。

CD/DVD/MO/MDなど一部の媒体はディスククリーニングキットを使って
多少の裏面修復も行えるのですが、USBメモリやHDD、SDDなどの媒体は
壊れてしまったら自力で直すことは残念ながらできません。
ハードウェアの不調 |
コンピュータウイルスの感染はスキャンしないと気づきにくい?
使用されているパソコンのシステムにコンピューターウイルスが感染して
ローカルディスクの全体に増殖・蔓延してしまうといずれOSや各ユーティリティーの
動作に支障が出てくるのですが、一個や二個侵入されてすぐにプログラムが
おかしくなるわけではなく、大抵はある程度感染して増える事で異常が発生します。

他のコンピュータへの蔓延のトラブル


大量に増殖してもシステム自体は正常に動いてなかなか気づかない場合も多く、
他にトロイの木馬など、さらに発見が困難なタイプのファームウェアも存在します。

マクロ・ウィルス(macro virus)などはソフトウェアの
マクロ機能に寄生して増殖したりと特殊なタイプも数多くあります。

ウイルスが感染していることに気づかないと、インターネットや電子メールにアップロードした
添付ファイルやUSBフラッシュメモリ・MO・外付けHDDにコピーしたデータの中に感染したファイルが
紛れ込んでいた場合、そちらの媒体にもウイルスが増殖してしまい、下手をすれば共有パソコンや
サーバ、会社内のPCにまで蔓延してしまうおそれもあります。
ウイルス・スパイウェア |
パソコンの内部に専用カードを差したままでも大丈夫?
ノートパソコンには、インターネット通信を行うためのLANカードや外部データ保存用の
メモリーカードアダプタ、外付け機器用のインターフェースカードなどが入っています。

またデスクトップパソコンにも、用途によって、ビデオカードやサウンドカードといった、
パソコンの機能を拡張するためのPCカードを挿入するための差込口がマザーボードにあります。

これらはUSBメモリやSDメモリーカードなどのリムーバブルメディアとは少し違いまして、
USBポート用ではなく、基本的にはずっと差し込んだままにしても機能に問題はありません。

よほど大量につけている場合は別として、専用カードの差し替えが
面倒な場合は付けたままでも大丈夫です。
ノートパソコン |
ネットワークトラブルの被害を予防する対策手段とは?
近年ではインターネットやパソコン、モバイルコンピューティングの急速な普及と発達により
生活や仕事のデジタル化が進んでいく一方で、ハイテク犯罪またはネット犯罪と呼ばれる
コンピューター上におけるトラブルの被害が問題となっています。

IT上での被害は主にネットワークや共有パソコン・モバイル機器などを通して発生しますので、
それらの事例とセキュリティ方法をよく知って事前に準備されることが、
一番の予防するための対策手段になります。

まず、基本としてネットワークからの被害発生を防ぐためには、
トレンドマイクロ・ウイルスバスターやノートン・アンチウイルス、マカフィーなど、
強力でセキュリティ対策機能の豊富なアンチウイルスソフトウェアをインストールすることです。

またファイヤーウォールもしっかりと設定します。

次に、迷惑メールフォルダーに入っているようなおかしな受信メールは
開かないようにして、特に迷惑メールの添付ファイルは開封しないようにしましょう。

また、SNSでもおかしなメッセージと、そこに書かれたおかしなURLは開かないように心がけます。
セキュリティ保護 |
PCシステム機能のチューンナップ方法とは?
パソコンの処理速度を高速化してスムーズに動作が行えるようにしたり
エラー・故障の発生をおさえるようにカスタマイズする方法は、
性能の良いパーツや容量の大きいHDD・メモリを導入するだけでなく、
システム的なチューンナップを行う事でもずいぶん快適なPC環境に適合できます。

不要なプログラムの削除


まず、市販のパソコンにはメーカーにより数多くのアプリケーションプログラムや
体験試用版の常駐ソフトウェアが予め購入時の段階でインストールされています。

これらのアプリケーションのうち、ほとんど使わない使用頻度の低いものを
『コントロールパネル』の『プログラムの追加と削除』からアンインストールして
消去したり、各操作画面から動作を無効にする、などのチューンナップを
実行する事でCPUやメモリ、HDDの使用量が大分減って、動作も軽くなります。
高速化,最適化,快適化 |
WEBのページやプログラムが壊れて表示されない時に復旧するには?
インターネットで閲覧できるウェブページやネット上のプログラムサービスを自分で
作成・運営・管理していくには、HTML(HyperText Markup Language)のウェブページや
PHP: Hypertext Preprocessor、CGI(Common Gateway Interface)のソースコードなど
プログラムファイルを作成して、ウェブサーバー上のファイルマネージャーに
アップロードすることで行うことができます。

しかしウェブページが正常に表示されなくなったり、検索エンジンシステムや入力フォームなどの
ツールが動かなくなってしまうトラブルは、特に自身で一から作成されるプログラムの場合、
割とよく発生してしまいます。

WEB上のページやプログラムが壊れて表示されない時は、どうすれば復旧できる?という疑問について。

プログラミングはかなり専門の知識が必要で、正確に作ったはずでも例えば『;』と『:』の文字を
一つ間違えただけでもぜんぜん違う意味としてコンピューターは読み取ってしまいます。
ネットワーク |
Windows OSの再セットアップ作業が中断してしまう場合は?
Windowsパソコンのファイルシステムが壊れてしまい、セーフモードなどの
起動方法を試しても直らず、どうやってもOS画面を開く事ができない時は
再インストール用CD(Windows OSのディスク)をCD/DVDドライブに挿入して、
PC起動と同時に再セットアップ作業を行い初期化させる事で修復できます。

しかしコンピューターの損壊がひどかったり、旧式のパソコン本体である場合は
その再セットアップ自体が途中でフリーズして止まってしまうケースもあります。

このパターンは特に困ってしまうトラブルで、ハードディスクドライブ内部の全データを消去してまで
行うのに、肝心の再セットアップが中断されてしまい結局パソコンが直らないどころか
HDDのファイルまでが消える上に、かえってシステムの症状が悪化してしまう事態に陥ってしまいます。
インストールできない |
ソフトウェアのアップデート後に動作異常が発生したら?
Windows OSやウイルス対策ソフト・IEをはじめ、パソコンのシステムや
ソフトウェア・ツールは製作元のメーカーで新しいプログラムが作られた時、
インストールしたプログラムをインターネットを通して自動的にアップデート(更新)
するようにセットされている優秀なものが多くあります。

しかしまれにアップデートの後に急に読み込み動作が遅くなったり、
もしくは画面が開けなくなる、一部のツールが使えなくなる、という場合もあります。

例えばセキュリティ対策ソフトやCGグラフィックソフトなど、有償でかつ大容量な
プログラムの場合、一番新しいバージョンだとCPUやメモリの性能が良くなければ
読み込み速度が非常に遅く感じたり、フリーズの原因になるケースもあります。
動作環境のチェック |
フリーズしたPCを緊急シャットダウンする方法とは?
ソフトウェアのプログラムやインターネットのページ作業が重くなりすぎて、
マウスやキーボードでの操作が一切受け付けなくなり
フリーズ(ハングアップ)が起き、いつまで待ってみてもて回復しそうにない場合、

そのプログラムのみの停止状態でパソコン自体のキーボード操作がまだ行える状態の時は、
WindowsタスクマネージャからPCを緊急にシャットダウンさせる手順を使う方が、
リセットボタンや電源ボタンを直接押すよりも比較的安全です。

まずはキーボードの『Ctrl』 『Alt』 『Del』キー(コントロールキー、オルトキー、デリートキー)の
三つを同時に押して、[Windows タスク マネージャ]画面を表示します。

次にメニューのシャットダウンを選択し、『コンピュータの電源を切る』か再起動』を押して、
システム的に電源をシャットダウンさせることができます。
フリーズの対処 |
滋賀県のパソコン修理・ITコンサルタント事業社
守山市・大津市・長浜市・米原市・近江八幡市・彦根市をはじめ滋賀県内に
事業所・店舗を置かれていますPC修理デジタル化機器関連のITサポート企業の一覧リストです。

県内をはじめ周辺の近畿地方にお勤めの方、お住まい方に、OA機器関連の
トラブル解消の際にぜひご参照に頂けましたら幸いです。

滋賀県の区域一覧


大津市・彦根市・長浜市・近江八幡市・草津市・守山市・栗東市・甲賀市・野洲市・湖南市・高島市・
東近江市・米原市・志賀町・安土町・蒲生町・日野町・竜王町・能登川町・秦荘町・愛知川町・豊郷町・
甲良町・多賀町・浅井町・虎姫町・湖北町・びわ町・高月町・木之本町・余呉町・西浅井町
各地方別業者一覧(西) |
プリンターでドキュメントの印刷に失敗した時に修復するには?
プリンター(複合機)でパソコン上のテキストファイルや画像・ウェブページ等を
印刷しようとしたら『このドキュメントの印刷に失敗しました』とエラーメッセージが
インジケータに表示されて、プリント用紙への印刷作業に失敗してしまった場合、
どのような事が原因でそれにどのように対処して修復を行えばよい?という疑問について。

主な原因として、プリンタに用紙が入っていない、電源が付いていない、
USBコードがポートに接続されていない、紙詰まりやインク切れ、
またプリンターの内部にゴミや埃などの異物が詰まっている、等が考えられます。

印刷に失敗した時はインジケータの吹き出しアイコンを開き、表示画面で
ドキュメントの印刷の取り消しを選択されて一度印刷の実行指定を解除してください。

プリンターまたは複合機に一見異常が見られない場合は一度電源を消してみて、内部を開いて
ゴミを取り除くなどしてから再度電源を起動させて接続して、再び印刷を実行されてみてください。
プリンター・複合機 |
福岡県福岡市のパソコン修理サービス一覧
九州・福岡県内に本社・ないし事務所を設置されている
パソコン修理サポートセンターのオフィス一覧案内表です。

福岡市をはじめ、福岡県、九州地方にお住まいの方、オフィスや店舗・企業に
お勤めの方でしたら、ハードウェアなどのトラブルの際にぜひお役立て下さい。

PC修理関連のホームページ様との提携・記載のご依頼も随時承っています。

[福岡県内の市町村一覧]

福岡市:東区/博多区/中央区/南区/西区/城南区/早良区
各地方別業者一覧(西) |
モデムが故障してインターネットが接続できない時の解決策は?
パソコンをネットワークに繋ぐための変調復調装置:モデム(modem)には、
インターネット提供サービスによりADSLモデム・インテリジェントモデム・
FAXモデム・ケーブルモデム・DSLモデム・ 光モデムなど様々な種類があります。

家庭用パソコンに多いのは外付けのレンタル用モデムで、LANポートに繋げて
接続するブロードバンドインターネット接続のタイプです。

モデムはパソコン本体と違い故障はあまり起こらず、またずっと電源を入れっぱなしの状態でも
そうそう異常が出る事はなく、基本的には問題なく使用する事ができます。

しかし高速通信用の精密機器であり、埃やごみ・湿気・虫の侵入や
水滴や静電気・高電圧といった機械の天敵にはやはり弱く、物理的な面で
損壊を起こしてしまう事もありますので、置き場の環境や衛生面には注意していきましょう。

また、インターネットを使用できる台数が2台、3台まで、と制限が掛かっているために繋がらない、
というケースもありますので、契約会社の方にも一応確認をされてみて下さい。
無線LANルーター |
パソコンのハングアップによる不具合を修復するには?
ハングアップとはアプリケーションソフトウェアの動作が急に止まってしまい
キーボードやマウスの操作が利かなくなるフリーズした状態の事で、
この症状を改善しようにも操作ができないので、そのまま本体のリセットボタンを
押すか電源を一度切る措置を取るケースが多くなります。

しかしこの方法は、稀にレジストリやシステムファイル・ハードウェアの損壊を
招く可能性がありますので、本来はあまり使われるべきではない対処手段です。

まずは、すぐに電源を消されずに暫くの時間そのままの状態で待ってみましょう。

CPUのスペックやメモリの容量が低いPCでは、ソフトウェアの動作に遅延が起こり一定の間操作が
利かなくなり、ある程度経ったら読み込み処理が完了して元に戻るケースはよくあります。
フリーズの対処 |
マウスカーソルの操作がずれる場合に設定を調節して直すには?
パソコンを使っていたらいつの間にかマウスカーソルの表示やボタンの設定がずれていて、
普段通りに使えない場合、どうすれば調節し直せる?という疑問について。

突然の操作ミスで、書きかけのデータが飛んでしまうトラブルが発生するようなケースも
ありえますので 誤った上書きや削除、ネットの操作ミスを防ぐためにも、
早めに修復作業を行われることをおすすめします。

たとえば、オペレーティングシステムの修復や再インストールを行ったり、
マウスを買い替えた場合に、設定が変更されたり初期状態に戻っている場合があります。

Windowsのパソコンの場合、まず、コントロールパネルを開いて、「マウス」を開きます。

「マウスのプロパティ」の画面にある「ポインターオプション」では速度を調節できます。
「ボタン」のタブでは、ボタンの役割の設置を決めることができます。

Apple(アップル社)より発売されているMac OS Xのパソコンでは、「システム環境設定」の
「マウス」の項目で、カーソルの速さやスクロールの設定を調節し直すことができます。

また、ペンタブレットや液晶ペンタブレット、デュアルディスプレイなどを使っていると時々、
カーソルの位置がずれていたり、画面外に飛んで表示されなくなりやすい場合があります。

モニターの画面を切り替えると元に戻ることもあります。
マウスが動かない |
レジストリエディタでデータをバックアップするには?
マイクロソフト・ウィンドウズのパソコンに搭載されているハードディスクドライブの
記憶領域である「レジストリ」[Registry]とは、OSの基本的な設定のデータベースです。

このレジストリのデータをバックアップすることで、今後、新しいパソコンへの
データ引越しや、HDDが壊れた場合に別のHDDへレジストリの復旧作業を楽に行うことができます。

Windowsのオペレーティングシステムには『レジストリエディタ』という専用の
アプリケーションツールが用意されていますので、これを使用することでバックアップができます。

まずスタートメニュー⇒『ファイル名を指定して実行』のボックスに「regedit」と入力
⇒OKを押すとレジストリエディタが起動します。
ソフトウェアの問題 |
ハードウェアインタフェースのコネクタが破損した時に修理するには?
ハードウェア同士のインタフェース(境界部分)、すなわち接続箇所となる
USBポートやPS/2コネクタ・LANポート・電源コネクタ・スピーカーの差込口など、

コンピューター機材同士の接続コード差込み部分と、そのコードの先端部分を繋げる時には、
間違った差し込み方をして破損や動作トラブルが起きないように常に注意する事が大切です。

ケーブル・コードの先端を無理やりコネクタに差し込んだり、間違った場所に
差し込んでしまうと金属部分が折れ曲がったり取れてしまったりして
使い物にならなくなる可能性が非常に高く、またそのまま電源を付けると
ハードウェア・ソフトウェアともに何らかの深刻な異常が発生するおそれもあります。

たとえばハードディスクのインターフェースにあるピンや
CPUのマザーボードに差し込みするピンが曲がって正常に差し込みができなくなると、
ほんの一本だけでも深刻な故障で使いものにならなくなることが多いです。

その場合は破損したパーツ自体を直すのは一般個人では難しいため、
新しい部品を購入して取り換える必要があります。
ハードウェアの不調 |
HPの『ページが見つかりません HTTP 404 未検出』とは?
インターネットのホームページやウェブログ・などのウェブページを見ていくとたまに
『HTTP 404 未検出 ページが見つかりません』
『サーバーが見つかりません ページを表示できません』
『403 Forbidden』

といった白地に文字だけのコンテンツが無いページが表示される事があります。

これはパソコンの調子が悪いのではなく、ページを構成するHTMLファイルが
HP先のファイルマネージャ(レンタルサーバー上の保管庫)から削除されているか、
一時的なアクセスエラーで映らないだけで、PCの故障ではありません。

サイトの閉鎖や移転、サーバー先の故障によるデータクラッシュなどの要因で
ページそのものが消えてリンク切れを起こしている状態が大部分なのですが、

どこのホームページサービスでもサーバの整理中やアクセスの集中する時間帯には一時的に
ページが閲覧できなくなる場合があり、数時間~半日ほど時間が経ったら回復するケースもあります。
サーバー障害の解決 |
ネットワークケーブルが接続されていません。と表示されたら?
全壊起動時までは普通にネットワークケーブルが接続されてインターネットが
ひらけていたのに、突然「ネットワークケーブルが接続されていません。」という
メッセージが画面右下にあるインジケータのアイコンを指して表示された場合、

そのままではインターネットに接続ができませんので、すぐに どこかにいつもと違う
状態になっていないかを確認する必要があります。

まずハードウェアの状態やネットの契約について確認すべき事として、

・LANケーブルがPCのLANポートかモデムから外れていないかどうか。
・モデムの電源がちゃんと入っているかどうか。
・コネクタやケーブルコードの接続面に欠損や異物の付着が出ていないか。
ローカルエリア接続の設定が変わっていないか。
・オペレーティングシステムのプログラムがウイルス感染などで破損していないか。
・契約会社への料金支払いが滞っていないか、また契約内容に変更はないか。
・ネットに接続できるパソコンの台数に限度のある加入内容ではないか。

など、特にケーブルやモデムの状態、ローカルエリア接続の設定あたりを
中心にあちこちの状態を再確認されてみてください。
無線LANルーター |
鹿児島県のPC修理・アシスタントサポート業者一覧
鹿児島県内に所在地のある、パソコン修理・デジタルアシスタントサービスの一覧リストページです。

鹿児島市をはじめ、県内と周辺地域にてご在勤の方、お住まいの方でしたら、
コンピューター・OA機器の故障トラブルの解消時にぜひお役立て下さい。

鹿児島県の市町村


鹿児島市・鹿屋市・枕崎市・串木野市・阿久根市・名瀬市・出水市・大口市・指宿市・加世田市・国分市・
西之表市・垂水市・薩摩川内市・日置市・曽於市・三島村・十島村・山川町・頴娃町・開聞町・笠沙町・
大浦町・坊津町・知覧町・川辺町・市来町・金峰町・さつま町・野田町・高尾野町・東町・長島町・菱刈町・
加治木町・姶良町・蒲生町・溝辺町・横川町・牧園町・霧島町・隼人町・福山町・湧水町・輝北町・松山町・
志布志町・有明町・大崎町・串良町・東串良町・吾平町・錦江町・南大隅町・肝付町・中種子町・南種子町・
上屋久町・屋久町・大和村・宇検村・瀬戸内町・住用村・龍郷町・笠利町・喜界町・徳之島町・天城町・
伊仙町・和泊町・知名町・与論町
各地方別業者一覧(西) |
MBR(マスターブートレコード)を修復するには?
ハードディスクドライブの先頭セクタである領域:Master Boot Record(MBR・マスターブートレコード)
はOS起動に必要なパーティション等が格納されているため、
これがシステム障害で破損するとOS画面が開かなくなります。

容量は500バイトほどの微小なファイルですが、最初の読み込みに必要である
重要な部分ですので、もし破損してしまうと動かなくなってしまいます。

しかしこの障害はWindows OSのCD-ROM(シーディー・ロム)から
回復コンソールを起動させる事で修復させる方法が使えます。

まず起動ディスクを挿入して回復コンソールを起動し、[fixmbr]と入力し、
Enterキー(エンターキー)を押す⇒「新しいMBRを書き込みますか?」の項目で
Yキーを押し、もう一度Enterキーを押して、ブートレコードを新しく作り直す事ができます。
リカバリー・初期化 |
ブルースクリーン画面のトラブルが発生した時に修復するには?
Windowsパソコンの起動中に、急にオペレーティングシステムの動作が停止してしまい、
青一色と白い英文のみの画面が表示されて操作不能になる症状を、
ブルースクリーン(ブルーバック・青画面・ BlueScreen)と言います。

この状態は、PCのシステム的なトラブルの中でも特に危険な状態に当たります。

最近の安全性が高まったWindowsのOSのパソコンではあまり起こらないのですが、
スペックの低いPC本体やME以前のOSを使用している場合、細かいエラーの積み重ねや
レジストリの欠如・システムの負荷といった障害が原因でブルーバックの状態が起こりえます。

ブルースクリーンの状態になると、Windowsが開かず、操作ができなくなります。

ひとまずはパソコンの電源ボタンを長押しして、強制終了で電源を切ります。

電源コードを抜くなどして少しパソコンを冷やしてから再度立ち上げます。
リカバリー・初期化 |
ソフトウェアを同時に沢山起動するほど障害が起きやすい?
パソコンに入っているプログラムソフトにはGoogle Chrome、IE、Micosoft Edge、Firefox、Safari
などのウェブブラウザからウイルス対策ソフトウェアなど、容量が大きくメモリを多く使う
機能がいくつもあります。また常駐セキュリティソフトは随時稼動状態にあります。

インターネットを開いた時もそれなりにメモリを使用するため、新しいウインドウをいくつも開いたり、
またソフトウェアの最新アップデート作業中などには特にPCの動作が重くなりがちです。

メインメモリの容量を大きいものに交換したり、増設する事で動作遅延や
エラー・フリーズなどの障害は起こりにくくなります。

しかし古いPCやノートパソコンにはメモリの上限が決まっていて、
それ以上はメモリの大きさを増やせないようにもなっています。
メモリ容量の解消 |
KNOPPIXでPC内のデータ回収を行うには?
パソコンでWindowsなどのオペレーティングシステムが突然開かなくなってしまい、
電源は付いて、BIOS設定画面までは開けるけれど、セーフモードでも起動ができず、
システム修復ディスクも作っていなかったため開けない、という深刻な事態が起きて
一刻も早く内部のファイルデータが必要な時にはどうすれば回収できる?という疑問について。

ウィンドウズのシステムが破損して開けない時には、DVDドライブにCD/DVDディスクから
読み込んでDVDブートで起動できる、LinuxディストリビューションのOSソフトウェアがあります。

Linux(リナックス/ライナックス)のプラットフォームのひとつである
『KNOPPIX』(クノーピクス)をPCの起動時にCD-ROMドライブに挿入して
読み込ませて、UNIX系OSの方でパソコンを開く方法が活用できます。
Ubuntu・Linux |
ハードディスクのエラーチェックで破損を未然に防げる?
PCを稼動させている間、内蔵ハードディスクドライブは常時モーターを回転させながら
数万個ものファイルや数百個以上のプログラムを稼動・記憶・管理を実行している状態にあります。

長く使っていくほど徐々にHDD内部にはシステムファイルのわずかな損傷やキズ・異物の付着などが
徐々に起こり、そのうちいつ故障が起きてもおかしくない状態にまでダメージが進んでいき、
次第に動作遅延といった形で症状が現れ始めていきます。

突然のHDD損壊トラブルを防ぐためには、定期的にハードディスクの
エラーチェックを行う事で回避できる確率が高まります。
ハードディスクドライブ |
パソコンのシステムエラーと故障トラブルは別物?
パソコンのエラー(Error)と聞くと、「故障が起きた」、というイメージが強い部分がありますね。

しかしエラーはPCのパーツやシステムが正常な状態でもよく起こりうるもので、インターネットや
アプリケーションのちょっとした動作ミスやメモリの容量不足・スペックの低さなどの要因でも発生します。

すなわち、エラーの発生=パーツやプログラムの損壊ではありませんので、
大抵の場合でしたらそれほど気にされる必要はありません。

しかし一回の起動で何度も同じシステムエラーや動作の遅延が頻繁に起こっている場合は
ハードディスクやCPUに負担がかかり、結果として故障の原因にもなりかねませんので、
念のため不要なプログラムを削除したり、パソコンの最適化を行って負担を軽くした方が安全です。
PCの故障・エラー診断 |
新しいパソコンでソフトウェアプログラムが動かない原因とは?
パソコンをスペックの良い新型に買い換えてそちらをメインに使っていく時、今までの本体で
使っていたアプリケーションプログラム(ソフトウェア・ツール)も移し変えたい場合には、

ソフトウェアのディスクやインターネットのサービスからインストールするか、
USBメモリやMOなどの外部記憶メディアにコピーして新しいPCの
『Program Files』フォルダ内にペーストする方法がありますが、
これだと動かないケースもが多く、動いたとしてもいろいろ設定を失っている場合があります。

基本的にはインストールのし直しによる方法を優先して行って下さい。

しかし今まで使っていた本体では正常に開けていたのに、新しい本体では
なぜか正常に起動やセットアップができない、というトラブルがたまに起こります。


主な起動エラーの要因


・一台に一つ限りの有償ソフトウェアであるため、ライセンスの更新が必要。
・メモリやCPU・ビデオカード・マザーボードなどPCの動作環境が合わない。
・WindowsのOSバージョンが違うため(Vistaに対応できないソフトもあります)
・フォルダをコピーして移し変えた際に中身のファイルが消えたか壊れてしまった。
・インストール・セットアップの際の設定が前と違うか、現在のPCに合っていない。
・OSやシステムファイルの初期設定が前の本体とだいぶ違うため。
・Microsoft Net FrameworkやPower DVDなど起動に必要なプログラムが
 セットアップされていないため、そのままでは開けない。
起動しない状態を直す |
デスクトップ型パソコンが停電で電源切れした時は?
デスクトップ型パソコンの数少ないデメリットの一つに、落雷や台風・洪水などによる
突然の停電(電力の供給ストップ)により強制終了してしまうという難点があります。

ノートパソコンでしたら搭載されたバッテリーにより電源コードからの電力が急に途絶えても
まだしばらくは起動が保てるのですが、デスクトップは電源コードが抜けてしまったり
停電で電気が止まった瞬間に強制終了されてしまい、
上書きしていないデータの損失やシステム損壊のトラブルに繋がります。

自家発電機や無停電電源装置-UPSなどの予備対策をしていれば停電が起きても保護できます。

しかしすぐにデータを上書き・バックアップ保存しておき、停電が回復するまではパソコンを閉じて、
電源コードも抜いておきましょう。

コンセントを指したままにすると落雷の影響や復旧した直後の高電圧がかかり
電源ユニットやマザーボードが焼き焦げて深刻な故障を招いてしまうおそれがあります。
バッテリー・アダプター |
電源オプションでデスクトップ画面の明るさを調節するには?
パソコンを使用中、電源プラグを繋ぎ、電源を入れると画面が普通に明るい場合と、
暗くなる場合があり、明るい場合は問題なく、暗くなる場合は、デスクトップ画面になった時、
電源プラグをいったん抜き、すぐ入れると、ポロン、ポロン、といって明るい画面になり、
この繰り返しになる、といった場合、どこに異常がありどうすれば正常に戻る?というご質問について。

まず思い当たる原因としまして、まず電源コンセントを抜いて
バッテリーのみで起動している時は、節電のため画面が若干暗くなります。

調節したい時はコントロールパネル→電源オプションの項目で明るさの調節といった
デスクトップ画面の設定変更を行ってみてください。

Windowsのバージョンによって位置や表記、方法が少し変わる場合があります。

また、キーボードのFnキーと太陽の形のマーク(色が抜けている方)のキーを押すと
画面を明るくできます。
デスクトップ画面 |
三重県のパソコン修理サポートサービス会社
伊勢市・熊野市・伊賀市・志摩市・松阪市・多気郡等、三重県内にオフィスを
設置されていますパソコン・電子機器の修理サポートサービス会社の一覧です。

県内と周辺の近畿地方にお住まいの皆様、企業の店舗や事業所にお勤めの
皆様でしたら、パソコントラブル関連の解決の際ににぜひお役立てください。

三重県の市町村

津市・四日市市・伊勢市・松阪市・桑名市・鈴鹿市・名張市・尾鷲市・亀山市・鳥羽市・熊野市・久居市・
いなべ市・志摩市・伊賀市・木曽岬町・東員町・菰野町・朝日町・川越町・河芸町・芸濃町・美里村・
安濃町・香良洲町・一志町・白山町・美杉村・多気町・明和町・大台町・勢和村・宮川村・玉城町・二見町・
小俣町・御薗村・度会町・大紀町・南伊勢町・紀伊長島町・海山町・御浜町・紀宝町・紀和町・鵜殿村
各地方別業者一覧(西) |
消えたデータファイルの復活ソフトウェアとは?
パソコンのマイコンピュータ [ローカルディスクや外付けのリムーバブルメディア]の内部に
保存してある拡張子ファイルやフォルダ・プログラムといったデータを誤って削除してしまったり、
ゴミ箱ツールからうっかり必要なファイルまで消去してしまった時、また同名ファイルの上書きや
外部接続ディスクのフォーマットで重要なデータが消えてしまった時に復活させる方法について。

PCやアプリケーションに搭載されている『システムの復元』 『ファイル履歴』といった
リカバリー機能で元に戻せなかった場合でも、データ復活ソフトウェア
(データ復旧プログラムツール)で復元できる事をご存知でしょうか?

ほぼすべてのファイルフォーマットは一度記憶メディアから消去してしまっても
まだデータの書かれていた痕跡は残っていますので、この痕跡部分から
専用のシステムにて自分で元通りに修復させる事もできます。
ソフトウェアの問題 |
ノート型パソコンはコストパフォーマンスが良い?
ノートパソコンの長所のひとつに、低電力で稼動できるという点があります。

デスクトップ型パソコンの場合はノートPCよりも大きめの本体に加えてスピーカーや
液晶ディスプレイにもそれぞれ電源コードに接続して使用するのですが、ノート型PCでしたら
これらが一つにまとまっている上に小型であるため、より省エネで稼動させることができます。

また充電したバッテリーでも起動できますので屋外、室内を問わずにどこでも使える上、
デスクトップ型PCの一式を設置するための台座を購入せずとも
普通の机やテーブルの上でも十分に使えます。

コストパフォーマンスはかなり違いますので会社・施設内で使われるPCとしても大変向いています。
ノートパソコン |
外付けHDDドライブケースは故障が起きやすい?
ハードディスクドライブを外部から増設・データの共有・バックアップ等を
行い運用するためのUSB装置:外付けHDDドライブケースがあれば
数十ギガバイト~数百ギガバイトもの大容量データファイルを保存・移動する際に大変便利です。

主にI-O DATA(アイ・オー・データ)やBUFFALO(バッファロー)の製品が普及しています。

ハードディスクドライブは負荷のかかりやすい精密機器という仕様上、PCパーツの
中で最も故障が起こりやすい部品であるのですが、HDDのUSB接続ケースの方も
接続時のミスで部品が壊れる事がありますので取り付けの際にはご注意ください。

外付けハードディスクケースには、HDDを接続する時に差込みや取り外しの手順をしてしまうと
接続部分のプラグがパキッと折れてしまい使い物にならなくなる事故のケースも多くあります。

そのためHDの入れ替えや増設の際にはうっかりケースや
ドライブ本体に傷が付かないように慎重に作業をされる事が望ましいです。
ハードディスクドライブ |
動画映像メディアの視聴を速く読み込ませるには?
YouTubeやニコニコ動画・Yahoo!動画などをはじめ、インターネットでは
動画サイトによる映像コンテンツの提供サービスが大変盛んになっています。

デスクトップパソコンやノートパソコン、携帯電話・スマートフォンなどのハードウェア媒体から
閲覧ができるのですが、コンピューターのスペック(性能)が低かったり
ビデオカードが搭載されていないと、動画が途中でよく止まって途切れ途切れに
ムービーが再生されたり、読み込みまでに非常に時間がかかってしまう、

またほかのウェブブラウザやアプリケーションとの同時展開をすると非常に動作が
遅くなってしまう場合もよくあります。

こういった動作の遅延が頻繁に起こるとPCにも園分負担がかかりやすく、
フリーズが起こりやすくなったりパーツの寿命も短くなってしまいますので
なるべく早めに増設や最適化の処置を施されたほうが良いでしょう。
高速化,最適化,快適化 |
内蔵のCD/DVDドライブ故障の交換修理を行うには?
CD/DVD-R/RW±RAM/ROMやBD-R/REディスクの再生・読み出し・書き込み動作を
パソコンで行うための内蔵のドライブ装置「CDドライブ」または「DVDドライブ」「BDドライブ」が
正常に起動できなくなったり、ディスクを回せずにPCにも認識されていない故障が
発生した時にはどうすれば交換して修理できる?という疑問について。

まず、ディスクが取り出せなくなった時は、正面にある小さい穴の開いた
イジェクトボタン(開閉ボタン)を押したり、針などで蓋の奥にあるバネが
引っかかっていたりしないか、動かしてみます。

CD/DVD/BDドライブは外付けの周辺機器でしたら、買い替えをすればよいので
もちろん簡単に交換が可能です。

しかし、パソコンにデフォルトで搭載されている内蔵ドライブの場合は、
一度PCケースを空けて、ネジを外して、コードをマザーボードから取り外し、
そして新しいドライブと交換する作業を行う必要があります。
パーツ交換・分解作業 |
ペンタブレットがPCに認識されない原因と修復方法は?
ペンタブレット[Tablet]とは、マウスと同じくパソコンのモニタ上に表示される
矢印のカーソルを操作、クリックできるポインティングデバイスという入力機器で、
主にグラフィックソフトなどのデジタル画像作成ツールでの描画に使われます。

専用のボードと電子ペンとのセットで構成されるユーザーインターフェイスであり、
ディスプレイ上で絵や文字を書くようなタッチで繊細な描画線を引く事ができます。
主に Wacom(ワコム)のペンタブや液晶タブレット等が市販されています。

ペンタブレット

ペンの方は電池式のワイヤレスで、ボードの方はUSBポートを通してPCに接続します。

しかしタブレットはマウスやキーボードに比べてやや動作不良や認識エラーが
起こりやすいハードウェアでもあり、突然字が書けなくなったり
カーソルを動かせなくなるといった症状が起こる場合もあります。
マウスが動かない |
マウスが認識しない時の修復方法とは?
パソコン作業中、モニタ画面に表示されているマウスポインタ(矢印・指先のカーソル)が突然
止まってしまい、マウスを動かしてもカーソルが動かなくなってしまうエラーが発生した時、または、
PCの起動した時にマウスが認識されずにカーソルを操作できないトラブルからの修復方法について。

まず、PCのマウスにはホイールマウス・レーザーマウス・ワイヤレスマウスといった
複数の種類がありまして、それぞれ接続コードや受信機(レシーバ)により
パソコンに認識されてカーソル移動やクリックを行える仕組みになっています。

しかし長く使用しているうちにマウスの裏面には次第に誇りやごみ、油分などが付着していき、
汚れが障害物となってカーソルの移動に引っ掛かりが出始めたり、正常に認識できなくなる
時がありますので、時々USBコードから外して汚れをきれいに拭き取ることも大切です。
マウスが動かない |
LANポートが反応せずネットワークに接続できない時に回復するには?
少し前までインターネットを使えていて、LANケーブルを抜き差しした覚えもなく、
なぜかLANポートが光らなくなり反応せず、ネットワークの接続ができなくなった、という場合や、

またLANケーブルをつなげていないのに、ランプが点灯したままで、
ドライバーの再インストールやBIOS設定・リセットなどをしても変わらない、という場合は、
どのような原因の可能性があり、どのような方法で接続を回復できる?というご質問について。

まず、新品のノートパソコンを買い、ネットに接続しようとしたところ、
LANポートが光らず、接続できない状態で、他のパソコンでは接続できている、という時は、
新品のノートパソコンでも、LANコネクタ付近で静電気が溜まっている場合があります。

静電気の帯電をなくすには、電源ケーブルを抜いて、電源ボタンをカチカチと
数回ほど空押ししてみると、回復する可能性があります。

次に、起動ボタンを押されてみて、それでも開かない時は、
一つの理由としてたまたま電波の場所が良くない、ということも考えられます。

ノートパソコンの場合でしたら、外でWi-Fiなどのサービスを使ってそちらでは繋がるかどうか
試して、パソコンとネットワーク環境のどちらに問題があるかチェックしてみることもできます。
ネットワーク |
差込口が折れたデータ記憶装置からファイルは復旧できる?
PC本体の内蔵ハードディスクドライブやSSD、USBメモリ、CF、MO、SDカード、xDピクチャーカード
コンパクトフラッシュなどのデジタルデータの記憶メディアは、差込口(インターフェース)を
SATA/IDEケーブルや電源ケーブル、またはUSBポート、カードリーダー、デジタルカメラ本体
といった電子機器に接続して、データを読み込みしたり、フォーマットを行います。

しかし、これらのHDDやメモリーカードを持ち運びしている最中や、プラグの引き抜きの際に、
誤って曲げてピンやコネクタ部分が折れた場合は、破損したデータ記憶装置から
ファイルは復旧することができる?という疑問について。

まず、内部のプラッタ(円盤部分)やメモリチップ自体が損傷していなくて
ハードウェアが物理的に完全に破損していなければ、基本的にまだ復旧することができます。

無理に何度も読み込もうとしたら、壊れた状態のまま電流が走って内部のディスクやチップに
ダメージが出てしまうおそれもあるため、あまり強引に 折れた補助記憶装置から
データを読み込もうとされないようにご注意ください。
セキュリティ保護 |
自作パソコン組み立て時の破損トラブルを解消するには?
自作の組み立てパソコンを製作する際にはなかなかストレートに起動ができず、
正常に稼動しないトラブルが頻繁に起こりえまして、特に初心者の方の場合は
マニュアル通りにやったようでもどこかで接続ミスやパーツの破損を起こしてしまう
ケースが非常に多いので、一つ一つの手順を間違えずに行う必要があります。

精密機器がケースに覆われているハードディスクドライブや電源ユニット・CD/DVDドライブあたりは
比較的扱いやすいのですが、パーツや差込口がむき出し状態になっているマザーボードや
メモリの取り扱いにはある程度気をつけて配置を行われてください。

うっかりCPUやファン・メモリ、マザーボードの装着時にプラグが
曲がったリ折れてしまうともう使用できなくなってしまいます。

管理ツールを開いて、「Windowsメモリ診断」を選択して診断を掛けたら、
PCが再起動して、無事に立ち上がって完全に直る見込みがあります。

メモリの方に問題が発生していた場合は、気づかずわかりづらいこともあります。
自作で組み立て製作 |
誤ったフォーマットで消えた保存データは復元できる?
パソコンに内蔵されたハードディスクドライブやSSD、またNAS、RAIDケース、サーバ、MO、
USBメモリ、マルチメディアカード、SDカード、DVD-RW、コンパクトフラッシュ、xDピクチャーカード
などのデジタルデータ記憶メディア(アプリケーションフォーマット)を、
購入時の書き込みしていない状態に初期化することを「フォーマット」(format)と言います。

たまにデータ記憶メディアをパソコンに接続したら、認識エラーで「フォーマットしますか?」
という選択コマンドが出てくることがあります。

ここでうっかり勢いで「はい」を押してしまうとそれまでの全データが削除されてしまいます。

誤ってクイックフォーマットをした場合には、また、誤った操作でリムーバブルディスクを
初期化してしまったなどの場合で必要なファイルやフォルダーを消してしまった時は、
どうすれば保存データを元に戻して復元できる?という疑問について。
プログラムの機能 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-date-200908.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.