パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

[廃棄処分]のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。


ページ案内

こちらは「廃棄処分」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。





使わなくなった古いパソコン機材を処分する時は?
パソコンとその関連の機材を買って何年も使っていくうちに、
使わなくなる機材が次第に自宅、自社内にだんだん増えていきます。

特にパソコン本体を買い換えると前に使っていたマシンの付属品の多くを
使わなくなりやすく、1~3年おきに繰り返し買い換えていくと、
古いPC本体も何台かたまって、そのうち置き場に困るようになってしまいます。

デスクトップパソコン用のモニタも、はじめは15インチで表示解像度が1024×768の
ディスプレイを使っていて、そこから20インチの大きなモニタに買い換えて、
更にしばらくしてから24インチのモニタに買い換える、という具合に入れ替えると、
前に使った15インチのモニタが不便に感じて使わなくなる、という場合もあります。

また、一昔前の最大容量が低いUSBメモリやSDカード、xDピクチャーカード、
マルチメディアカード、スマートメディア、メモリースティック、MOなどの装置も、
新しく容量の多い記録メディア製品を買っていくうちに使わなくなるかと思います。

他にも、使い込んでだいぶ汚れたキーボードやボール式のマウス、電源コード、止め具、
付属のスピーカー、説明書、古いバージョンのアプリケーションソフトのCD/DVDディスク
など、色々な機材関連の付属品が次第に増えていきます。
廃棄処分 |
動かないコンピュータの再活用法とは?
パソコン本体が故障する原因はまず、ハードディスクドライブにヘッド吸着などの
物理的な回路の破損がいつか発生してまともに起動できずに動かない状態になる
ケースが多いです。

他にもメモリが壊れたり、マザーボードや電源ユニットもよく故障する事は多く、
またCPUファンの止め具が割れてCPUが冷却できなくなる、という場合もあります。

どこかのパーツが老朽化や破損で壊れて動かなくなる場合、パソコンの場合なら
PCケースのカバーを螺子を外して空けて、新しい部品に自分で交換するか、
もしくはメーカー先か私設のPC修理サービスに出して換装してもらえます。

しかし新しいパソコン本体を買ってもう古い方のマシンは使わない場合なら、
まだ壊れていない部品を予備のパーツとして取っておいて、
もしもの時のために保管しておく活用法もあります。
廃棄処分 |
パソコンを捨てる前にハードディスクを破壊する処分
大分古くなった使わなくなったパソコン本体や、故障が激しくなって
使用できなくなったPCやサーバ、ワークステーション等の機器を捨てる時は
データセキュリティ上の安全のために、内部のハードディスクドライブ
(HDD: Hard disk drive)を別の方法で処分することが大事です。

PCがほぼ完全に故障していても、HDDのデータの記録部分(プラッタ)に
書き込まれているOSやファイル、フォルダに損傷がない場合、
パソコンごと廃棄処分した後で、万が一それを悪意ある第三者に拾われて
内部の貴重な個人情報やパスワードを読み取られる危険あるためです。

また、近年ではデジタル機器や家電製品は不燃ごみではなく
リサイクル処分に出す事が義務付けられていますので、こっそり
燃えないゴミの袋に混ぜたりしないようにきちんと分別を心がけましょう。

有料でのリサイクル回収で使わないハードウェア製品を廃品回収してもらうのが
主な処分方法なのですが、ハードディスクドライブや外付けHDD、SSDなどの
記憶装置は、データの完全削除作業や物理的な破壊をしてもらい、
確実に読み込めない状態にしてもらって処分してもらうのが安全です。
廃棄処分 |
故障しているジャンク品のパソコン機器も買取ってもらえる?
パソコン機材の中古買取販売店は今や誰でも耳にしているほど有名な
市場で、コンピューター社会の現在では高い需要と供給があります。

古くなって買い換えるため使わなくなったPCやプリンター、ディスプレイなどの
各種製品やそれらの周辺機器は中古店などの買取り受付カウンターに
持って行って、ほぼ即日すぐに査定をしてもらえます。

壊れたコンピューター製品の査定


そこで、まだ問題なく使えるマシンだけではなく、故障して動かなくなった
いわゆる、ジャンク品のパソコンやその他のジャンクパーツも
見合ったお値段で引き取ってもらえるサービスもある事をご存知でしょうか?

現在多くの専門店にて、部品の破損しているPCもお値段の付く引き取りが
実施されていまして、しかも持ち込みだけでなく
全国各地対象での配送サポートを備えられている店舗もあります。

買い取り受付の専門用語
査定
ジャンク品の売却を請け負ってもらえるか否か、またその金額を製品の使い込み状態や性能、型番から調査して見積りしてもらう事。
出張買取
ご自宅や自社内にスタッフの方に来てもらい、大型車やトラックで運んで引き取ってもらえるサービス。出張できる範囲は大体が一定の区画内で定められています。
リサイクル処分
お値段の付かなかったコンピューター機器を、かわりにリサイクルで引き取ってもらえるサービス。精密機器にはレアメタルなども含まれているため現在、廃品回収は需要も高い市場です。
データ完全削除
ハード・ディスクなどの記憶装置に残されたデータを痕跡ごと抹消してもらう事。依頼される時は保証書も発行してもらいましょう。
専門店
普通のパソコン販売店では請け負ってもらえない所も多いのですが、IT機器の一般化が進んだ近年では買取りを実施されている店舗も数多くあります。

廃棄処分 |
パソコンや周辺パーツを買い取りしてもらうには?
新しく買い換えてから使わなくなった旧型の古いパソコンや、
完全に故障してしまったPC本体またはプリンターなどの周辺パーツ。

これらのデジタル・OA機器を廃棄処分する時には他の燃えないごみや
粗大ゴミ、資源ごみとは別に、家電リサイクル法に従い、有料で回収業者の方に
引き取ってもらわなければなりません。

しかしまだ使えるハードウェアや、パーツの一部が壊れただけのPCは
まだまだ使用方法がありますので予備パソコンとして取っておいたり、
自分で分解して使える部品だけ残しておく、という使い道もあります。

しかし他にも中古品の取扱店にて買い取りをしてもらう方法もあります。

パソコンをはじめとするコンピューター製品や周辺機器、ユーティリティーは
大手の電気店メーカーの買い取り窓口にて、持込や郵送にて査定を
行ってもらい、中古製品としてそこそこの値段で買い取ってもらえます。
廃棄処分 |
OA機器を廃棄処分する前に行うデータ完全削除作業とは?
パソコン内部のファイルデータや外付けハードディスク、サーバー、Raid、
USBメモリ、SDカード、CD-R、DVD-R、MO、SSD、DATなど、
データやプログラムを保管している記憶装置が故障したり物理的に破損してしまい
使い物ものにならなくなってしまった時は、そのまま廃品回収や家電リサイクルに
出して廃棄処分する前に、セキュリティのために内部のデータを完全に消去して、
また貴重なファイルが書き込まれていた場合はさらに念を押して、痕跡も
全て除去する必要があります。

処分して手放す前に、それまでに保存していたファイルやプログラムを
全て消しておかなければ、万が一 悪質な第三者によって拾われて、
内部に残っていた個人情報や貴重な企業データ等が盗み見られてしまう
危険性があるからです。
廃棄処分 |
パソコンの付属品を廃棄処分する時の注意
デスクトップパソコンの本体一式を一台買うと、
コンピューター製品によくある様々な付属品が付いてきます。

主な付属品
  • キーボード
  • マウス
  • スピーカー
  • OS起動ディスク
  • マザーボードのDISC
  • 取扱説明書
  • 止め具
  • 電源コード
  • 内部パーツのケーブル
  • ACアダプター
  • 保証書

このうち、前に買ったパソコン本体と同じ物が入っていていくつも増えてくると、
中には必要の無くなる物も出てくる事があります。

しかし付属品を廃棄処分する前には念のため、本当にの先必要がない物かどうか、
他の電化製品と同じく再確認をされてみる事を推奨します。
廃棄処分 |
携帯電話を廃棄処分するには?
携帯電話やスマートフォンを電話会社で契約して使用していくと、
数年に一回くらいの割合で新しい機種に変更する機会もあります。

新しいケータイを購入した後、それまでに使っていた古い本体の方は、
新しい機種よりも性能が低く機能が充実していなかったり、
故障して使えなくなっている、といった理由で使わなくなる事も多いです。

しばらくは思い出や思い入れもあるので取っておく事もよくある事なのですが、
最終的に廃棄処分をするにはどうすればいい?という疑問について。
廃棄処分 |















URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-9.html
Copyright (C) 2008-2014 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.