パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【デスクトップ画面】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「デスクトップ画面」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
デスクトップ画面 のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






セーフモードの起動方法で立ち上げて修復するには?
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで
電源を押した後にオペレーティングシステム:OSが立ち上げできず、
Windowsが表示されない場合は、一度シャットダウンしてもう一度電源を入れた後に
F8キーを数回押して、拡張オプションメニューのセーフモードを選びます。

これで無事にパソコンのデスクトップ画面が一度無事に立ち上げできたら
良いのですが、この状態は『セーフモード』という、最低限の機能のみ
使えるように節約された状態で開いている事になります。

そして、ある程度のエラーや不具合は、自動的に修復されていきます。

そのままでは各ドライバやシステムの設定をしっかりと使いきれないのと、
画面が普段と違って表示されたりして使いづらいため、状態を直す必要があります。
デスクトップ画面 |
ソフトウェアを起動しても画面が表示されない不具合を修復するには?
デスクトップのアイコンやマイコンピュータのフォルダーの画面にあるファイル、または右クリックでの
プログラムから開く」などでアプリケーションソフトウェアを起動した時、稀になぜか
ソフトの専用画面がいつまでたってもデスクトップに表示されない、という不具合があります。

まず理由の一つとして、プログラム自体はしっかり起動しているけど読み込みに
時間がかかっていて、開かれるまでに数分を要するパターンがあります。

CPUやメモリ、マザーボードの性能が低いPC本体だと、一度に複数のソフトウェアを
起動させている状態の時などに動作の遅延や一時的なフリーズ(ハングアップ)が
発生して、起動が極端に遅くなってしまいます。

何分経ってもユーティリティの画面が開かない不具合を修復するには、
ほかで開いているツールを全て閉じて、USBコネクタに接続している周辺機器も取り外して、
また時には、パソコンも一度再起動した後にもう一度開き直してみて下さい。

他の一例として、デスクトップ画面の下にあるタスクバーに表示されていれば
そこを一回マウスで押せば普通はソフトの画面が表示されます。

しかし人的、システム的なミスで画面の位置をWindowsの画面外に
移動してしまっている事もあり、その場合はタスクバーに出ているボタンを
右クリックして『移動』を押して、上下左右の矢印キーを適当に押し続けてみます。

モニタの端の方からアプリケーションのフレームがスクロールされてきたら
マウスで見やすい位置に動かして、完了です。
デスクトップ画面 |
モニター画面がブラックアウトする時の修復の方法は?
パソコンを付けてディスプレイ画面が起動し、デスクトップを表示中、
急にモニターがブラックアウトしてしまう障害が出た時の修復の方法について。

まず、液晶モニターの電源自体は普通に付いたままで稼動音が鳴っていても、
画面だけが真っ黒で何も映らず操作ができないという場合、
最初にパソコンとモニタの点灯しているアクセスランプの色を確かめてみましょう。

普段と違う色が点滅していたりすると異常が出ているサインです。

Windowsのノートパソコンの場合も、
側面のランプを見てバテリー切れなどの状態になっていないかチェックします。

また、ブラックアウトする直前に英語で表記されたエラー文字が出てきた場合も
問題が発生していることになります。

パソコン本体と液晶ディスプレイを二台以上お持ちの方でしたら、別のPCないしモニターに片方ずつ
ケーブルを入れ替えて接続を行ってみて、どちらが正常に機能していないか確認されてみてください。

パソコン本体の方に問題がある時はグラフィックカード(ビデオカード)が
過熱して一時的に不具合を引き起こしていたり、
冷却ファンや他のパーツにごみ、埃が付着して溜まっている事が原因の場合もあります。

また、コネクタとモニタをつなぐケーブルコードが断線しかかっていたり
差込口が壊れている、という破損した状態になっているケースもあります。
デスクトップ画面 |
黒い画面に英数字が表示されてWindowsが起動できない状態
パソコンの電源を押してから少し待った後に、通常はBIOS→Windowsロゴ→デスクトップ、
と画面が順次切り替わってその後でパソコンを使えるようになります。

しかしWindows画面の前辺りのタイミングで黒い画面に白いアルファベット文字が
表示されて、ウィンドウズの起動が阻害されてが開かないトラブルが稀に起こる場合もあります。


フロッピーディスクが入ったままの場合


近年のパソコンはフロッピーディスクドライブは搭載されていないマシンも
多いのですが、FDDが入っていて更にディスクを前回の起動時に差し込んだまま
電源を切っていた場合は、この事が原因である可能性が最も高いです。

InvaLid partition table
Error loading operating system
Missing operating system

という英文のエラーメッセージが出た時は大体これに当てはまります。

BIOS設定で起動ドライブの優先順位がFDに設定されていると
先にフロッピーディスクが読み込まれてしまいます。

すぐにドライブからフロッピーを抜いてキーボードのキーを押すか、
もう一度パソコンを起動し直す事で元に戻ります。
デスクトップ画面 |
ディスプレイ画面が急に真っ黒になった場合の直し方は?
パソコンの起動中に、ディスプレイ(モニタ)画面が真っ黒になって
何も映らなくなった場合は、まず、マウスを少し動かしてみると直る場合が多いです。

15分~1時間くらい何も操作していないと、自動的にモニタが閉じる設定になっていることが多く、
特にパソコンに異常が起きていなければ、少し操作をした数秒のうちに
再びモニタ画面が映って、真っ黒な状態から元のデスクトップ表示に戻ります。

頻繁にモニタの電源が閉じたり、スクリーンセーバー画面に切り替わるのが
煩わしい場合は、スタート→コントロールパネル→『画面』の
スクリーンセーバー』タブにて待ち時間などの変更を指定出来ます。

一定時間操作を止めていると自動的に休止状態(スリープ)・スタンバイ(待機)のモードに
切り替わるように設定されている場合は電源スイッチボタンを押すことで復帰させることが出来ます。

スタンバイや休止状態の待ち時間や有無を変更したい時は、コントロールパネルの
『パフォーマンスとメンテナンス』→『電源オプション』を開いて各タブ項目から設定の操作を行います。

しかし例外として、いきなり停電や断線、プラグやコードが外れる、といった予期せぬトラブル
が起きて電源の供給が絶たれてパソコン本体ごと、モニタ閉じてしまうアクシデントもあります。

電力の障害を防ぐには、無停電電源装置(UPS)といった予備対策の設備を導入して、
急なシステムダウンを防ぐことも可能です。
デスクトップ画面 |
ごみ箱アイコンが消えた時はどうすれば再表示できる?
Windowsパソコンのデスクトップ画面にはいらなくなって削除したファイルを
一時保管しておくための、ゴミ箱フォルダーのアイコンが表示されています。

しかしこのアイコンをうっかり消してしまったり、
いつの間にか消えてしまった場合、どうすれば復元できる?という疑問について。


ゴミ箱の復元手順


まず、Windows Vistaや7、8、10(ウィンドウズ)の場合、
デスクトップ上にアイコンが一つも表示されない状態の場合は、
画面の何もない位置を右クリック⇒表示⇒「デスクトップアイコンの表示」で復活できます。

ゴミ箱アイコンのみが消えている場合は、Windows 10ではまず何もないところを右クリック
→「個人用設定」→「テーマ」→「デスクトップアイコンの設定」で「ごみ箱」に
チェックを入れて、「OK」を押すと、画面上に復活します。
デスクトップ画面 |
デスクトップ画面のアイコンが多いと動作処理が遅くなる?
PCを起動してOS画面が開いた後、最後に表示されるスクリーンで、マイコンピューターや
インターネット・アプリケーションのダブルクリックアイコン、またスタートボタン・タスクバー・
タスクトレイ・クイック起動ボタンなどが表示された画面を【デスクトップ】(desktop)と呼びます。

この最初の表示画面はいわゆる作業のトップページとも言えるもので、
ソフトウェアツールをインストール・セットアップして追加していくたびに
左並びで新しいショートカットアイコンも増えていきます。

しかしデスクトップアイコンが数十~100個以上と、画面の半分から大半を
覆い尽くすほど増えている場合はその分プログラムを読み込む量も増えて、
OS(読み:オペレーティングシステム)の画面を開いてから動作ができるまでの
タイムラグや、プログラム展開時のスピードが重くなる場合があります。

(液晶モニタのサイズはあまり関係はなく、アイコンが多いと重くなります。)
デスクトップ画面 |
モニタ画面が急に消えて何も映らなくなった時に回復するには?
パソコンを起動中、一定時間操作せずに電源を入れたまま休憩を取っていたら突然画面が
真っ黒になって何も映らなくなってしまう状態になった時には
どのようにコンピューターを回復すればいい?という疑問について。

まず、PCの稼動音が鳴り続けているけど画面が真っ暗になっている時は
マウスかペンタブレットを少し動かしてみてください。

長時間の放置で自動的に画面を非表示にする仕様のスリープ状態になっている場合でしたら、
マウスを動かすなどをすればまた元の作業画面が表示されます。

マウスを動かしても変化がない時はキーボードのEnterキー等を押してみてください。

それでも画面が黒いままの時は、液晶ディスプレイの電源がオフになっているか
正常に認識されていないか、接続コードが外れてしまっている、
もしくはフリーズ(ハングアップ)のシステム異常が起きている可能性があります。
デスクトップ画面 |
電源オプションでデスクトップ画面の明るさを調節するには?
パソコンを使用中、電源プラグを繋ぎ、電源を入れると画面が普通に明るい場合と、
暗くなる場合があり、明るい場合は問題なく、暗くなる場合は、デスクトップ画面になった時、
電源プラグをいったん抜き、すぐ入れると、ポロン、ポロン、といって明るい画面になり、
この繰り返しになる、といった場合、どこに異常がありどうすれば正常に戻る?というご質問について。

まず思い当たる原因としまして、まず電源コンセントを抜いて
バッテリーのみで起動している時は、節電のため画面が若干暗くなります。

調節したい時はコントロールパネル→電源オプションの項目で明るさの調節といった
デスクトップ画面の設定変更を行ってみてください。

Windowsのバージョンによって位置や表記、方法が少し変わる場合があります。

また、キーボードのFnキーと太陽の形のマーク(色が抜けている方)のキーを押すと
画面を明るくできます。
デスクトップ画面 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-9.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.