パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコン修理とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「パソコン修理とは?」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
パソコン修理とは? のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






パソコンの修理対応の保証期間が切れた後で直すには?
メーカー製のパソコン(BTO PCを含む)を普通にコンピューターショップや電気店、通信販売などで
購入する際には、基本的にメーカーか店舗での修理対応保証のサポートサービスが付帯しています。

このサービスは、必ずしも最も古いコンピューターすべての製品が現在でも修理の受付を
常に行なっているわけではなく、いつの間にかサポートが終了していたらどのような理由で、
またそのあとはどのように直せばいい?という疑問について。

ノートパソコンの内部

パソコンのメーカー製品の一例


・富士通(Fujitsu):D5260 新Core 2 Duo 2.83GHz メモリ4GB HDD 160GB
・Dell(デル):デスクトップパソコン Inspiron 3250 Core i5モデル 17Q12 8GB 1TB Windwos10
・Asus(エイスース):デスクトップパソコン All-in-One PC ET2231IUK ET2231IUK-I34005U
・Acer(日本エイサー):デスクトップパソコン Revo M1601-H12N 2G 32GB Windows10
・NEC:Mate MB-A MY30D B-A Core i3-540 メモリ2GB HDD160GB Windows7 Professional 32bit
・Panasonic(パナソニック):Let's note(レッツノート) N10 CF-N10EWHDS
・Apple(アップル):iMac 21.5インチ MK142J/A 高性能Intel Corei5 1.6GHz 8GB 1TB
・東芝(TOSHIBA):Dynabook Satellite PB35RNAD4R3AD81 Windows7 Pro 32/64Bit Celeron 4GB
・HP(ヒューレット・パッカード):pro6000 Windows7pro(64bit) Core2Duo2.93GHz メモリ2G
・マウスコンピューター:NM-I76081G95X-ZN Windows 10 i7 6700 8GB(DDR3) 1TB GTX950



パソコンの製品の発売後に10年以上、とある程度の年月が過ぎると、より高い性能のパーツや
搭載されたオペレーティングシステムのバージョンアップなどによって、
同じメーカーからも新製品が次々と登場します。

そのため以前の型番の製品は次第にスペック不足で自然と需要も下がっていき、
最終的には生産終了などの理由につき、
メーカーでのサポートもそれに伴ってOSと同じく数年後あたりに終了していくことがあります。

また、購入後の保証サービスも通常での有効期間は1年~、長期の延長サービスで5年~、ほどで、
その時期が来ると無効になり、そこから先はメーカーでも有償での修理対応になります。 

製造メーカー先の会社での製品の生産終了などに伴うサポート切れの後では
一部の例外を除いて、そのパソコン本体やパーツが故障した時の修理の注文もできなくなります。

そのため それを機に、より性能の高い新しいパソコン本体に買い替えをする、
というケースも、各ユーザーによって多いです。
パソコン修理とは? | 問題と解決
パソコンの修理を出張訪問で依頼する時に相談する内容は?
筆者も最初にパソコンを使い始めてからもうかなりの月日が経ってきました。

しかし初めの頃はデスクトップパソコンのパーツの性能や容量が低く、
OSも今のWindows7や8、10、Mac OS X v10.7やx10.8ほどの安定性はないものでした。

メーカー製品も、自宅で組み立てたマシンも、BTOで部品を選んで発注したPCも、
当時はOSやハードディスクやマザーボードがたびたび壊れて止まっていたので、
よくメーカー先のカスタマーサポートセンターや修理サービス店の業者
電話で相談をして、時には出張訪問で自宅まで来てもらって直してもらいました。

自宅や自社へ出張修理サービスで訪問してもらう場合、主にパソコンを分解する工具や
新しい部品を載せた業務用の自動車で来てもらうことになります。

内蔵電源ユニット

ですが宅配便などの郵送で壊れたパソコンを事業所のラボや工場に送って修理してもらう時とは
また違い、持ってきてもらえる部品や設備、工具がやはり限られてくるので、事前に電話やメールで
相談をする際には、なるべく具体的に問題が出ている部分や症状を伝える事も重要です。

また、そのついでに部品をもっと性能の高いものに交換してもらったり、
新しくパーツの増設やシステムの拡張などを行ってもらいたい時には、
それらのご希望も事前に、問い合わせで具体的に依頼を行ってください。


故障の様子を把握する時の主なチェックポイント


・例えば、パソコン本体の電源を入れた時に
 ビープ音が鳴っていたりエラーコードが表示されている事がよくあります。

 それらの反応からどの領域が問題を引き起こしているかが把握できるので、
 事前に電話で相談を受ける時に具体的にアドバイザーの方に知らせてください。

・トラブルシューティング関連の取扱説明書が同梱されていれば、
 そちらの目次ページを開いてエラーの参照表を探してみてください。

・インターネットがつながらないトラブルでお困りの場合はパソコンの本体ではなく
 モデムやコア・ルータ、LANケーブルが壊れていたり、天候や障害物、災害などの影響で
 回線の一時的な混雑による負荷や電波障害が起きている可能性も高いです。

 その場合には先に、インターネットの契約をされている会社の受付窓口に
 電話をして、状態の確認と対処方法についての相談をされてみてください。

・Windows+Linuxなど二つ以上のOSをブートセレクタ(boot selector)で
 切り替えて使っている場合は、どちらのOSに問題が出ていて、
 どちらかを安全に残すように作業をお願いしたい、など事細かに伝えます。

・スイッチボタンやソケットやコネクタのポートにくぼみ(へこみ)があったり、
 あるいは割れて壊れた場合のようなまだ軽い症状でも、
 電源ユニットやPCケースを丸ごと交換しなければならない可能性も出てきます。

・電源の立ち上げ(startup boot)の段階でもうすでに反応しないでBIOSやOSの自動実行が始まらず
 画面が真っ黒で起動の音も出ない時は、 一応、パソコンの電源ユニットの配線(ケーブル)などの
 部品が割れていたり焦げ臭くなっていないか、少し見回してみてください。
パソコン修理とは? | パソコン修理
Windowsは別のPCやUSB外付けHDDケースで起動できない?
Windows XPやVista、7、8』などマイクロソフトのウィンドウズの
オペレーティングシステムをインストールしているパソコンが何らかの障害で、
パーツのどこかに異常が出てしまったとします。

Windowsのシステムそのものには異常がなさそうなものの、マザーボードから出るビープ音や
ディスプレイの表示の変化から判断して、メモリやCPU、グラフィックカード、モニターといった
重要な部品が壊れて替えの部品の交換などの作業が必要になり、すぐに直しにくいこともあります。

緊急で使わなければならない用事があるので、ひとまずWindowsだけ
何とか一時的に起動したいけど肝心の本体が壊れているため、

そこでパソコンの中の「Windowsが入ったプライマリのハードディスク」を、
一度本体から抜き取って、別のPC本体に交換や増設で組み込むか、
外付けハードディスクケースなどに取り付けてUSB接続してから
BIOS設定を変更して、一時的に立ち上げることはできる?という疑問について。

HDD取り外し

まず結論から書きまして、実行しようとすれば起動できる場合もあるのですが、
パソコンやOSの状態によっては正常に立ち上がらないケースが多いです。

また、Windowsの入ったパソコン本体を購入した時点で大抵はすでにハードディスクに
プリインストールされていて、OSの起動ディスクも同梱されているために最初は間違えやすいのですが、

LinuxのUbuntuやKnoppixと違ってフリー配布のオペレーティングシステムではなく、
Windowsもあくまで有償の基本ソフトなので、1ライセンスで使用ができるのは
1台のコンピューターにつき製品1つまで、という決まりになっています。

基本的に2台以上のパソコンで使うと使用の際の規約事項の違反になるため、別のパソコンで
同じWindowsディスクのプログラムを使う場合は、前のPC本体ではもう使わずに削除して、
新しく読み込む方のパソコンに改めてインストールして使い直す事が原則として必要です。

自作で組み立てたパソコン本体などにご自身で店舗で購入された
パッケージ版のWindowsのインストールディスクを使用されている場合は、
別のパソコンでインストールし直して再認証して使う、という具合になります。
パソコン修理とは? | Windows 全般
ASUSのEeePCの故障を修理するには?
「EeePC」は台湾:台北市のパソコン関連メーカー
「ASUS」(アスース・エイスース)から開発・販売されているパソコンの製品です。

ASUSのブランドはデスクトップパソコン本体だけでなく、ノートパソコンや
廉価版で小型なネットブック、携帯電話、タブレット端末など一通りの製品が出ています。

EeePC

Eee PCも日本製の他のメーカーのパソコン製品と同じく基本的な構造は大体同じです。

CPUやマザーボード、電源ユニット、メモリなど基本的なパーツが搭載されていて、
ノートパソコンならキーボードやバッテリー、モニタが一体化しています。

オペレーティングシステムはWindows 7~などです。
ネットブックの場合、Windows7スターターが搭載されているため機能が限定されています。
パソコン修理とは? |
パソコントラブルの出張修理に訪問してもらう時は?
自宅や自社内にてご使用のデスクトップパソコンやノートブック型PCの
製品本体が何かのシステム障害や内部部品の破損を引き起こして壊れてしまい、
ヘルプやトラブルシューティングの解説を元にご自身での修理を試みても
直せないので急遽、専門スタッフの方に来てもらいたい、という場合について。

電話連絡の前の準備


まず、メーカーのカスタマーサポートセンターか私設のパソコン修理サービス店に
営業日の日の受付時間帯の間、例えば朝9時から夜8時までの間あたりに、
指定の電話番号に電話をして、出張訪問の注文を行いましょう。

電子メールやFAXでも主張訪問やサポートのアドバイスは多くの店舗で
受け付けてもらえるのですが、なるべくでしたら口頭で詳しく伝えられる
電話を通すか、直接店舗のカウンターまで赴いて依頼をされた方が良いでしょう。

コンピューターのメーカーやOSのバージョン、搭載パーツ、故障の状態などを
できるだけ詳しくお伝えする必要があるため、電話の前には製品の仕様が書かれた
用紙や保証書、ガイドブック、プロダクトキーのシールなどを一通り揃えます。

どこかどのように調子が悪くなっているのかを具体的にメモで記しておくと、
出張スタッフの方への説明もスムーズに進みます。
パソコン修理とは? |
パソコン修理代金の見積もりサービスとは?
部品の一部が壊れたり、OSの破損や不具合が出て故障して動かなくなったパソコンや
サーバー機器を直してもらえるパソコン修理サービスは、日本全国の専門サポート店舗や
製品のメーカーで実施されているカスタマーサポートで行ってもらえます。

ただ一口にパソコンの故障、といっても様々な障害の種類がありまして、
それらの改善にかかる作業の時間や交換する部品、使用する設備などの
要素によって修理代行にかかる費用もまた変わってきます。

PC修理の主な作業内容一覧
  • ハードディスク交換
  • 電源ユニット換装
  • CPUの取替え
  • マザーボードの掃除
  • 冷却ファンの清掃
  • OSの再インストール
  • キーボードの修理
  • 液晶モニタの修繕
  • コンピューターウイルス感染の駆除
  • 削除データの復旧
  • 破損したシステムファイルの修復
  • パソコン読み込み速度の高速化
  • セキュリティ対策の強化

基本的にこれらの修復作業にかかる代金はある程度、一律で決まっていまして、
機材の破損状況を調べる初期診断の後でどことどこの部分がどのように故障していて、
修理をするには総計でいくらくらいかかる、という大まかな代金の計算を
事前に見積もりしてもらえるサービスも多くの店舗で実施されています。
パソコン修理とは? |
DELLl(デル)のパソコンを修理するには?
米国のPCメーカー企業『Dell Inc.』(デル) のパソコンは
世界的にも非常に大きなシェアを持ち、今や多くの人々が名前を知っている程の
メジャーなパソコン関連ブランドの一つとして認知されています。

日本国内の本社の名称は『デル株式会社』で、神奈川県川崎市に所在地があります。


主なDellのPC製品一例

・デスクトップPC 【Inspiron 545s SI50V-H6】
・Inspiron 580 ベーシックパッケージ 【Windows7/Corei3/4G/320G】
・16インチ:ワイド液晶ノートブックPC 【Studio xps 16 NS75T-KL-BC NX76V-H】
・18.5インチ:ワイド液晶一体型デスクトップ 【AI13T-KL Inspiron One19】
・11.6インチ:ワイド液晶ノートブックPC 【Inspiron 11z CI21T-KL-WH】


よくある問題の事例と解決方法


ある時パソコンの調子が悪くなり、点検した後で起動しなくなった、という場合、
パソコンの中を一回開いて分解してもらう作業が行われた際に、たまに
静電気や湿気が溜まっていて一部のボタンやコネクタが機能しなくなる場合があります。

一回電源コンセントとバッテリーを抜いて、起動ボタンを5、6回ほど
カチ、カチ、と押して、それからまた電源を差して起動を試してみてください。

あるいは、移動中にノートパソコン本体を強打して壊れてしまった、または電源ユニットに
急な電流の負荷がかかって回路がショートしてしまった、という可能性も考えられます。

次に、パソコンの使用中に突然ブルーの画面が表示されフリーズしてしまい、これが週1ぐらいの
頻度で出てきて、強制終了して再度立ち上げると何事も無かったように動くものの、
そのとき作っていたデータは飛んでしまい、どうしたら直る?というご質問について。

この現象はブルースクリーン(ブルーバック)というエラーです。

Windows XP以前のオペレーティングシステムで、性能が低いパソコンに良く起こるトラブルです。

根本的な解決方法としては、メモリ、CPU、マザーボードをより高い性能の製品に換装することが
望ましく、できれば最新のWindowsにアップグレードするのと、
ハードディスクを500GBや1TB以上のものに交換すると、より使いやすくなります。

そのままの状態で引き続き使っていく場合は、レジストリクリーナーや
ディスククリーンアップで、システムを定期的に整理してみてください。
パソコン修理とは? |
パソコンを修理に送る前の準備とサポート状況の確認
お使いのパソコン本体が何らかの故障を起こして動かなくなった時、OSの再インストールでも
直せないような深刻な症状の場合は基本的に、販売メーカーのカスタマーサポートセンターか
パソコン修理サービス会社の営業所に出して診てもらうのが最善策です。

ただ、本体を修理に送る前には色々と事前に確認したり準備を済ませておくと
預けている間や返還後に困ってしまう事態も少なく済ませる事が出来ます。

まず、購入した時にもらった保証サポート期間の証明書を手元に揃えて、
修理の補償を受けられるかどうかを確認しましょう。

PCをメーカー先のサポートセンターに預けると、
輸送中の時間も含めて1週間~1ヶ月くらい掛かる場合があります。

海外製のメーカーで、取り替えの部品が国外にしかない場合では
換装パーツ取り寄せのため更に期間を置かれる場合もあります。

その間は他に一台もパソコンが無ければ全く作業が出来ないため、
場合によっては予備のマシンを購入される事も考慮する必要があります。

事前に電話かメールで症状をアドバイザーの方にお伝えして、
またサポート状況の混雑具合や部品の様子についても一応聞いてみましょう。

しかし別の企業で実施されているパソコンサポートでしたら、
地元でしたら早ければ直接持っていって即日で診てもらえる所もあります。

時間が惜しい場合には非常に助かりますので、状況によって
どの店舗にパソコンを送るか、比べてみても良いでしょう。
パソコン修理とは? |
pasokonnsyuuri・パソコン修理の用語一覧
ウェブ検索サービスのサーチ等から、うっかり間違って無変換でのキーワード
pasokonnsyuuri』 『ぱそこんしゅうり』等の結果表示から来られた方のために
コンピューター修復やトラブルサポート関連の用語一覧リストを作成しました。

パソコン(パーソナルコンピューター)はHDD、CPU、電源ユニット、メモリ、
マザーボード、PCケース、サウンドカード、ビデオカード、キーボード、マウス
といった多くの高価で精密なパーツの組み合わせにより成り立っています。

そしてソフトウェアと呼ばれるプログラム群やOSにより、様々な
アプリケーション機能を使用することが出来ます。

しかしある程度長時間使っていると、次第にシステム、部品ともに、
調子が悪くなってくるので時々、メンテナンスをしたり、また破損がひどい場合は
備品の交換やOSの修復作業を行うのが必要になる事もあります、


主なPC専門用語の読み書き一覧


 漢字名称・カタカナ名⇔ひらがな読み⇔ローマ字書き 

:アイポッド⇔あいぽっど⇔aipoddo
:アプリケーションエラー⇔あぷりけーしょんえらー⇔apurike-syonnera-
:アンチウイルスソフトウェア⇔あんちういるすそふとうぇあ⇔anntiuirususohutowea
:イメージスキャナー⇔いめーじすきゃなー⇔ime-jisukyana-
:インターネットー⇔いんたーねっと⇔innta-netto
:ウィンドウズ⇔うぃんどうず⇔winndous
:エクスプローラ⇔えくすぷろーら⇔ekusupuro-ra
:エクセル⇔えくせる⇔ekuseru
:ケータイ⇔けーたい⇔ke-tai
:コントロールパネル⇔こんとろーるぱねる⇔konntoro-rupaneru
:コンピューター⇔こんぴゅーたー⇔konnpyu-ta-
:システムダウン⇔しすてむだうん⇔sisutemudaunn
:スピーカー⇔すぴーかー⇔supi-ka-
:セキュリティ対策⇔せきゅりていたいさく⇔sekyuriteitaisaku
:データリカバリー⇔でーたりかばりー⇔de-tarikabari-
:デスクトップ⇔ですくとっぷ⇔desukutoppu
:デバイスマネージャ⇔でばいすまねーじゃ⇔debaisumane-jya
:トラブルシューティング⇔とらぶるしゅーていんぐ⇔toraburusyu-teinngu
:ネットワークケーブル⇔ねっとわーくけーぶる⇔nettowa-kuke-buru
:ノートパソコン⇔のーとぱそこん⇔no-topasokonn
:ハードウェアー⇔はーどうぇあー⇔ha-dowea-
:ハードディスクドライブ⇔ばーどでいすくどらいぶ⇔ha-dodeisukudoraibu
:パソコン修理⇔ぱそこんしゅうり⇔pasokonnsyuuri
:ファイアウォール⇔ふぁいあうおーる⇔faiauo-ru
:ファイアフォックス⇔ふぁいあふぉっくす⇔faiafokkusu
:フォルダ⇔ふぉるだ⇔foruda
:フラッシュメモリ⇔ふらっしゅめもり⇔hurassyumemori
:フリーズ⇔ふりーず⇔huri-zu
:プリンター⇔ぷりんたー⇔purinnta-
:ブルースクリーン⇔ぶるーすくりーん⇔buru-sukuri-nn
:プログラムファイル⇔ぷろぐらむふぁいる⇔puroguramufairu
:ペンタブレット⇔ぺんたぶれっと⇔penntaburetto
:マザーボード⇔まざーぼーど⇔maza-bo-do
:マッキントッシュ⇔まっきんとっしゅ⇔makkinntossyu
:メインメモリ⇔めいんめもり⇔meinnmemori
:モニター画面⇔もにたーがめん⇔monita-gamenn
:ユーザーアカウント⇔ゆーざーあかうんと⇔yu-za-akaunnto
:ユニックス⇔ゆにっくす⇔yunikkusu
:リムーバブルディスク⇔りむーばぶるでいすく⇔rimu-baburudeisuku
:レーザーマウス⇔れーざーまうす⇔re-za-mausu
:ワープロ⇔わーぷろ⇔wa-puro
:液晶ディスプレイ⇔えきしょうでいすぷれい⇔ekisyoudeisupurei
:破損⇔はそん⇔hasonn
:故障⇔こしょう⇔kosyouu
:再インストール⇔さいいんすとーる⇔saiinnsuto-ru
:再起動⇔さいきどう⇔saikidouu
:周辺機器⇔しゅうへんきき⇔syuuhennkiki
:電源ユニット⇔でんげんゆにっと⇔denngennyunitto
:電子メール⇔でんしめーる⇔dennsime-ru
:動作処理⇔どうさしょり⇔dousasyori

また、CPUはCentral Processing Unitの略称、MOはMagneto Optical Discの略称、
と、他にもアルファベットの略語も数多く使われています。
パソコン修理とは? |
PCの故障状態の初期診断サービスとは?
デスクトップパソコンやノートパソコン、プリンターやサーバー機器など、PC関連の
コンピューター製品やOA周辺機器が故障してしまい、自分ではどうしても直せなかった場合、
専門のパソコン修理サービス、またはメーカー・購入点で行われているサポートセンターに
診てもらう事で修理を代行してもらう事ができます。

でも確実に直るかどうかわからないのに修理に預けてももし元に戻らなくて
お金と時間だけ無駄に掛かってしまったら?という疑問を解消するために、
多くのPC修理センターでは初期診断サービスが実施されています。
パソコン修理とは? |
パソコンの修理サポートのそれぞれのサービスで掛かる代金は?
物理的に故障してしまったパソコン本体を修理に査定してもらったら、見積もり金額が
10万円を越えていた、と、PC本体と同じくらいの値段がかかることあります。

新しく買い換えようか、それとも中身のデータや設定が惜しいので修理に出そうか、
結構迷われてしまうことも多いとか思われます。

しかしながら、PCをはじめとするコンピューター製品は一度損壊してしまうと、
OSトラブルの場合は再セットアップ、パーツの破損の場合は交換でしか
基本的には直せないため、どうしてもある程度の値段はかかります。

まず、一番修理の代金を安く済ませるにはメーカー先の保証期間サポートに診てもらうことです。

(しかし状態によってはそれでも高い修理費が掛かることもあり、
また郵送で時間と費用がかかる場合もあります。)
パソコン修理とは? |
パソコン・OA機器の出張修理サポートサービスとは?
ご自宅や会社内にて使用しているパソコンをはじめ、プリンター・サーバー・液晶ディスプレイ・
RAID・レコーダー・オーディオ機器などの各種ハードウェアがシステムエラーや物理的故障を
引き起こしてしまった場合、自力ではどうしても直せずに修理に出したいけれども、

どの機材が壊れているかわからなかったり、様々なOA機器に接続して稼動させているため
外に持ち運ぶのが難しい、といった状況の場合は、
コンピューターサポート企業の出張修理サービスが大変助かります。

タウンページやインターネットで専門のパソコン修理業者のリストをチェックされてみて、
出張修理に対応されている営業所でしたら、お電話により依頼をしてご自宅またはオフィスへと
修理スタッフの方が駆けつけてくれて迅速に対応してもらえます。
パソコン修理とは? |
中古パソコンとその内部パーツ、周辺機器も修理してもらえる?
近年、パソコン・コンピューター機器関連の市場は新品だけでなく、
中古買取・販売の側面でも大変大きなマーケットに発展しています。

大手の店頭・通信販売店では保障期間付きで購入できますので、
多くのユーザーの方々からの需要があります。

しかし中古のPCですので、開発メーカーからの保証サポートなどは付かないため、
購入した後では店頭での補償サービスがメインとなります。
パソコン修理とは? |
機械の修理は専門業者に頼んだ方が安く済む事も多い?
パソコン機器をはじめとする電子演算機器や家電製品など、機械類の製品が故障してしまい
動かなくなってしまった時はまず、一度電源を抜いてみてしばらく機器の熱を冷ましてから
もう一度電源を付け直してみる、またはしばらく使っていなかった機器が動かなくなっていた時は
しばらく電源コードを差し込んでおく、といった手順を試してみます。

それでも動かない場合は、メーカーまたは購入先の販売店による保証サポートに
お預かりをしてもらう事で大抵は直してもらう事ができます。

しかし保障期間がもう切れていた場合、メーカー先の修理サービスは適用できなくなりますので、
私設の家電修理サービス等に注文をする方法もあります。

自作パソコンの解体やパーツ交換、家電の設備にある程度慣れている方でしたら
自分で修復を試みることもできるのですが、PCパーツの物理的破損やデータ・プログラムの
損壊などは特に難しく、また代わりの部品を新しく購入しなければならない場合も多いので
自力での修理もそれなりと手間と予算がかかってしまいます。
パソコン修理とは? |
パソコン機器が動かなくなったら一時電源を消してみると直りやすい?
普段日常的にお使いの電子機器、デスクトップパソコンやノートパソコン、サーバ、
またプリンター、RAID、外付けハードディスクケース、NAS、CDドライブ、DVD/BDレコーダー、
ほか、あらゆるハードウェア製品が、突然電源を付けても起動しなくなった場合は
急に故障してしまったのか?と誰もが思われることでしょう。

何かしらのシステムや部品が破損してしまった可能性もあるのですが、
前日または少し前の使用の仕方によって一時的に動かなくなっただけ、
という場合も多いので、必ずしも重度の損傷が起きているとは限りません。

まず、ディレクトリの損傷などのエラーメッセージが出ていない時は電源を一度
切って、しばらく置いて機体を一旦冷ましてからもう一度起動されてみてください。

PCの場合、再起動よりも一度ログオフしてからの方が確実な場合もあります。
念のために電源コードも抜いておくとなお良いでしょう。
(クッキー機能や一部の仮保存メモリは消えてしまう可能性もありますのでご注意ください、)
パソコン修理とは? |
パソコン修理をする前に見るべき状態のチェックとは?
パソコンが急に動かなくなった?というアクシデントはPCユーザーの方でしたら
誰でも一度はあるかと思われます。

もし物理的、あるいは論理的に重度の障害が起きていたら自分ですぐに直すのは難しく、
修理センターに出すと2~3週間は預かってもらうためその間は予備の本体がなければ
パソコンが使えないことになり、状況の悪い時は買い換えることにもなりかねませんよ。

本当に故障しているのか一見するとわからないことも多く、すぐ修理に取り掛かる前に、
まず、なぜパソコンが動かないのか、どこが壊れてしまったのかを、
ご自身もある程度把握してみた方が良いです。

・電源コードが抜けていた。
・モニタの電源をオフにしていた。
・他の社員の方が共有パソコンの設定を変更していた。
など、実はどこも壊れてはいなかった、という場合も以外に多いものです。

筆者の場合、以前に新しく買ったデスクトップPC本体がインターネットに繋がらないという
ハプニングが起こった時、障害の原因は不良品だったのではなく、加入した
インターネットプロバイダーサービスでは本体2台までしかネットに繋げない、という契約設定が
あったことでして、購入したPCを一回意味なくサポートセンターに送るというミスをしたことがありました。

とはいえハードディスクドライブのヘッドクラッシュ障害の音が鳴っていたり、
落雷のショートによる電源ユニットの焼き焦げの臭いがする、など、
明らかに物理的に故障しているとわかる場合はそれ以上の起動・稼動は控えて、すぐに
サポートセンターや修理サービスにお問い合わせをされてみることをお薦めします。
パソコン修理とは? |
パソコン各機材の故障の原因と修理・解決方法一覧
パソコンの各種メーカー製品やPCパーツ、モバイル機器、周辺機器といった、
各種コンピューター機材で それぞれよく起こりうるトラブルや故障についての
原因と対処方法、修理方法などの詳細ページを、一覧にまとめた目次ページです。

下記の一覧リストより、それぞれの個別のページにてご参照ください。

(部品の性能やシステム、アプリケーション、パソコン以外の機器についても
 別の記事リストや個別ページにて解説しています。)
パソコン修理とは? |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-8.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.