パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【高速化,最適化,快適化】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「高速化,最適化,快適化」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
高速化,最適化,快適化 のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






Windows XPを軽量化するには?
マイクロソフト社より提供されているオペレーティングシステム
「Windows XP」(ウィンドウズ・エックスピー)は、現在もまだ世界中で多くのユーザーに愛用されています。

Windows XPの起動ディスク

今現在では[Windows 7、Windows8、Windows 10]と後継となるOSが登場し、
またパソコンのメモリやハードディスクの容量の拡大化、CPUやマザーボード、拡張機能カードの
性能の向上で、それらで取り扱うアプリケーションも日々性能が上がってきています。

そのため、近年登場してきているユーティリティを使用するためにある程度の高い性能の
PC本体が推奨される動作環境である場合も多く、Windows XPが登場した当時の
やや古いパソコンの状態のままでは十分な速度で使用できないケースもよくあります。

なので、最近のパソコン環境でWindows XPを快適に動かしていくために、
パーツの高性能化や容量の拡大化、そして軽量化を施していくのがおすすめです。

まず、近年の性能のPC本体でWindows XPを使いたい、という場合は、
ハードディスクが1TB以上あってメモリ容量も4GB以上あるくらいのスペックの本体を
新しく購入する際に、BTOパソコンショップやPC修理センターなどのサービスで
Windows XPのOSをセットアップしてもらう方法があります。

またはWindows 8か7、Mac OS Xと、Windows XPのデュアルで使う手段もあります。

WindowsOSブートマネージャの画面やBootCampコントロールパネルで
2種類のOSをマルチブートとしていつでも切り替えて使っていくこともできます。
高速化,最適化,快適化 |
ユーザーアカウントを追加して読み込み速度上昇
Windowsのパソコンでは1台のコンピューターを複数の人が使う時に、
それぞれ各個人独自のプライベート的な設定を行うための
『ユーザーアカウント』という、環境設定の機能が搭載されています。

このユーザーアカウントは複数人のパソコン使用以外にも便利な使い道があります。

一つのアカウントを長い事使っていくとそのうちWindowsやアプリケーションの基本設定が
保存されている『レジストリ』(Registry) の規模が大きくなっていきます。

そうなると読み込み速度が重くなって動作がスムーズに進みづらくなり、
だんだんパソコン作業も遅くなって使いにくくなってしまいます。

そこで新しいユーザーアカウントを設定して追加し、そちらをメインにして使用すると、
レジストリもPCの購入初期と大差ない白紙設定の状態から始められるので、
読み込みの速さをまた取り戻して使っていく事ができます。
高速化,最適化,快適化 |
レジストリエラーを修復するには?
レジストリ[registry]とは記録・登録という語源の意味で、パソコン上では主に
Windowsのデータ構造の事を指します。

Windows95のバージョンからソフトウェアの設定に使われるようになり、
OSを動かすための重要な保存場所となっています。

そのため、長い間パソコンを使っていてアプリケーションソフトが数多くインストールされていくと、
このレジストリに書き込まれた容量は少しずつ肥大化していき、
いつかはシステムの動作が遅くなったりエラーや不具合を起こしやすくなっていきます。

PCにフリーズや動作遅延などのシステム的な障害がよく発生するようになったら
レジストリエラーが出ている場合も多いため、それらを修復することで直せる可能性が高いです。

レジストリエディタ[REGEGIT.EXE]を用いて自分で編集する事も可能なのですが、
レジストリはもしも編集中にヒューマンエラーの原因で破損すると、
OSが壊れてソフトウェアやWindowsがまともに機能しなくなる危険も高いため、
基本的に専用のソフトウェアを使うか、専門の修理センターで行ってもらいましょう。
高速化,最適化,快適化 |
パソコン処理速度を上げて軽くするには?
お使いのパソコンのスピードがいつも遅く、頻繁にフリーズや動作遅延が発生していたり、
時々急にキーボードやマウス指示の動きが鈍くなってアプリケーションソフトウェアの画面が
重くなって使い心地が悪くなっている理由には、主に以下のような一例があります。


PCの動作処理能力が遅い原因


・CPU(中央演算処理装置)の型番が古いもので、性能が低いため。
・メモリユニットに挿入しているメインメモリ1個または2個の容量が低い。
・ハードディスクドライブの最大容量が少ない。
・CPUクーラーや電源ユニット冷却ファンの排熱が十分足りていない。
・OSのフォルダ内にアプリケーションソフトウェアを多く入れすぎている。
・常駐稼動型のソフトウェアツールをいくつも同時に起動させている。
・低スペックのパソコン本体にWindows7など最新のOSをインストールしている。
・ビデオカードやサウンドカードといった補助デバイスを取り付けていない。
・長い事使用していてセクタの断片化や不要ファイルの蓄積が出始めている。
・インターネット回線の接続速度が遅いタイプの料金コースに設定されている。
・USBポートにリムーバブルメディアを常に多数接続して認識させている。

デスクトップ型、ノート型、スマートフォン、レコーダー、サーバーなど、
コンピューター機器には今現在様々なタイプの製品が出ています。

しかし処理速度の面では基本的にどれも、パーツの性能と空き容量の要素が
大きな割合を占めていまして、まずはスペックの低い場所を改善する事で
快適化を施し、パソコン動作を軽くする事ができるようになります。
高速化,最適化,快適化 |
新しいパソコン環境の使い心地が良くない時に修復するには?
新しくパソコン機器を買い換えて使用してみたら、前のマシンよりもソフトウェアのセットアップや
操作が上手くいかなかったり、どこか使い心地が良くない感じがする、という場合も時にはあります。

例として、デスクトップパソコンに普段慣れているがノートパソコンを使い始めてみると、
ディスプレイ画面との距離感やサイズ、キーボードの位置とボタンの間隔や基本的スペックが
大分異なり、最初は使い方が上手く慣れずにぎこちない形になってしまうものです。

特にネットブックやウルトラモバイルPCのように小型のノートブックであると、
キーボード入力やタッチパッド使用の感覚がデスクトップの時よりもずれやすくなる場合もあります。

前に使ってたマシンより性能が高ければ高速化で一気に使いやすさを実感できるのですが、
逆にスペックの低いマシンはスピードが遅いために使い心地の悪さを感じてしまうかもしれません。

また逆にノートパソコンからデスクトップ機に変える時も同様ですね。

次に、Windows2000やXPからWindows Vistaや7にアップグレードした場合、メニューの位置や
表示のされ方」が大分変わっていまして、新しいアクセサリツールやセキュリティー機能も加わり、
画面の色彩も一新されていますので、特にXPとVistaの境目は結構大きいかもしれません。

他にも今までWindowsパソコンを使っていて、新しくMacintoshパソコンの
iMacやMacBookを使ってみる時や、LinuxディストリビューションのOSを導入されてみる時にも、
最初のうちはやはり操作のコツに慣れず、なかなか作業が進まないこともあるかと思われます。
高速化,最適化,快適化 |
Windowsコンポーネントの追加と削除でHDを軽量化するには?
パソコンのハードディスクドライブの現在の容量の割合を見るには、
Windowスタートメニューのマイコンピュータ⇒ローカルディスク(C)の
アイコンを⇒クリックしていつでもチェックする事ができます。

しかしここで使用領域の割合が大きく占めていた場合、なるべく軽量化をしないと
PC全体の処理スピードが落ち込んだり、
書き込みエラーなどのコンピュータートラブルも起こりやすくなります。


Windowsコンポーネントウィザードからの操作


Windowsには標準で搭載されているツールも数多くあるのですが、これらもハードディスクドライブの
容量をそこそこ使っていますので、今までに全く使用していないツールを
『Windowsコンポーネントウィザード』の画面を開いて削除してで少しでも軽くしていくことが出来ます。

まず手順はスタートボタンからコントロールパネルの項目を押し、
『プログラムの追加と削除』のアイコンをクリックして展開します。

次に画面の左側メニューに「Windowsコンポーネントの追加と削除(A)」という
項目がありますので、ボタンを押してWindowsコンポーネントウィザードを開きます。

コンポーネント一覧
  • FAXサービス
  • Internet Explorer
  • MSN Explorer
  • OutlookExpress
  • Windows Media Player
  • Windows Messenger
  • アクセサリとユーティリティ
  • インデックスサービス
  • そのほかのネットワークファイルと印刷サービス
  • ネットワークサービス
  • ルート証明書の更新管理とモニタツール

このように、ウィンドウズでおなじみの様々なツールの一覧が表示されます。
高速化,最適化,快適化 |
ウイルスバスターのソフトが重い・遅いと感じた時に直すには?
トレンドマイクロ・ウイルスバスター:【Trend Micro Internet Security】と言えば
ウイルス対策ソフトウェアの代名詞の一つとも言える、
トレンドマイクロ株式会社より開発・販売されているセキュリティソフトです。

約一年周期で最新のバージョンアップ版が登場し、その間もオンラインよりアップデートが
自動的に、頻繁に行われます。

また、家庭向けソフトは、一本のシリアル番号につきパソコン3台まで導入することが
できるのも大きな特色です。

ですが時々、ソフトウェアの機能の影響でパソコン全体が非常に重くなる傾向が出ることもあります。

その際には次のシリーズで大幅に快適化がなされて容量も半減されることもあります。

主なパソコン防御機能
  • ウイルス対策
  • スパイウェア対策
  • パーソナルファイアウォール
  • URLフィルタリング
  • 個人情報漏洩防止
  • 迷惑メール判定
  • セキュリテイレポート
  • ホームネットワーク管理
  • オンラインユーザー登録

ウイルスバスターにはこのように数多くの優秀なセキュリティ機能が
搭載されているためこの一本でほぼ十分、といえる程の安全性があります。
高速化,最適化,快適化 |
システムの高速化でメモリ不足を解消するには?
Microsoft Windows 7/8/8.1/10【ウィンドウズ・セブンやエイト/ポイントワン・テン】の
オペレーティングシステムが入った最近のPCは、ツールの面でも新しいものが多いため、
あらゆるアプリケーションソフトも高い容量が求められる傾向にあります。

メモリの容量は2GB~16GBもあればある程度は問題ないのですが、
256MB、512MB、1GBくらいの容量だと、今のパソコン環境では厳しい事もあるでしょう。

そこでウィンドウズの場合でしたら、【メモリが不足しています】との警告ウィンドウが表示された
場合、USBメモリー機器[ユーエスビー]を用いた『システムの高速化』で補うことができます。


ReadyBoost機能の手順


まずは別売のUSBフラッシュメモリ・またはmicroSDカード、リムーバブルハードディスク、
コンパクトフラッシュといった外部記憶装置をUSBポートに挿入し、デバイスドライバに認識させます。
高速化,最適化,快適化 |
PCシステム機能のチューンナップ方法とは?
パソコンの処理速度を高速化してスムーズに動作が行えるようにしたり
エラー・故障の発生をおさえるようにカスタマイズする方法は、
性能の良いパーツや容量の大きいHDD・メモリを導入するだけでなく、
システム的なチューンナップを行う事でもずいぶん快適なPC環境に適合できます。

不要なプログラムの削除


まず、市販のパソコンにはメーカーにより数多くのアプリケーションプログラムや
体験試用版の常駐ソフトウェアが予め購入時の段階でインストールされています。

これらのアプリケーションのうち、ほとんど使わない使用頻度の低いものを
『コントロールパネル』の『プログラムの追加と削除』からアンインストールして
消去したり、各操作画面から動作を無効にする、などのチューンナップを
実行する事でCPUやメモリ、HDDの使用量が大分減って、動作も軽くなります。
高速化,最適化,快適化 |
動画映像メディアの視聴を速く読み込ませるには?
YouTubeやニコニコ動画・Yahoo!動画などをはじめ、インターネットでは
動画サイトによる映像コンテンツの提供サービスが大変盛んになっています。

デスクトップパソコンやノートパソコン、携帯電話・スマートフォンなどのハードウェア媒体から
閲覧ができるのですが、コンピューターのスペック(性能)が低かったり
ビデオカードが搭載されていないと、動画が途中でよく止まって途切れ途切れに
ムービーが再生されたり、読み込みまでに非常に時間がかかってしまう、

またほかのウェブブラウザやアプリケーションとの同時展開をすると非常に動作が
遅くなってしまう場合もよくあります。

こういった動作の遅延が頻繁に起こるとPCにも園分負担がかかりやすく、
フリーズが起こりやすくなったりパーツの寿命も短くなってしまいますので
なるべく早めに増設や最適化の処置を施されたほうが良いでしょう。
高速化,最適化,快適化 |
パソコン高速化ソフトウェアで快適に使用できる?
日々パソコンを稼動させるたびにいつもWindows OS画面の起動時間や
インターネット・エクスプローラーを開くのが遅いトラブルや
アプリケーションソフトウェアを稼動させていると動作が非常に重くなる場合。

またウイルスバスターなどの大容量プログラムやツールをインストールを実行した後でPCが
重くなってしまいスムーズに作業ができなくなってきた、ということは大変多いものです。

そんな悩みを解消するための解決手段の一つとして、パソコン快適化ツールの
インストールというPC高速化の方法があることをご存知でしょうか?

Windowsには最初から標準搭載で『ディスククリーンアップ』や『ディスクデフラグ』
といったいくつかのソフトウェアも付いているのですが、
快適化ソフトを使うことでさらにPC全体を軽くする修理を行う事ができます。
高速化,最適化,快適化 |
Windows OSの動作速度を軽くできるアクセサリツールとは?
Windows Vista・XPなどMicrosoft Windows/OSのパソコンがだんだん重くなってしまった、
動作が遅くなってしまった、そんな時はどうすれば今より軽くできる?
という疑問について、すぐに実行できる、アクセサリツールを使う作業方法を紹介いたします。

まずはWindowsに標準で搭載されている「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」
→「アクセサリ」→「システムツール」とカーソルを進めた一覧にある項目が役立ちます。

まずは「システム情報」でOSに関する各情報:「仮想メモリ」の合計数、
利用可能なメモリ、ページファイルの残りの空き容量(GB)などを一覧で
一通りチェックできるので、時々OSの状態を確認されてみると良いです。

ある程度の期間パソコンを使っていると保管されたデータファイルやプログラムが
だんだん増えてきて中にはゴミ箱内の削除予定のファイルなど、不要なデータも多くなってきます。

これらを削除したり普段使わないプログラムを圧縮する事でパソコン動作が若干
スムーズになりまして、この一括で行える「ディスク クリーンアップ」と
ディスク デフラグ」がシステムツール(アクセサリツール)に含まれています。
高速化,最適化,快適化 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-49.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.