パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【電源ユニットが壊れた】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「電源ユニットが壊れた」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








電源ユニットを交換して修理するには?
デスクトップパソコンの「電源ユニット」(power supply unit/パワーサプライユニット)が
過負荷や製品の寿命などで故障して電源が入らずに動かなくなった時、
新しい電源装置に交換して修理するにはどうすればいい?という疑問について。

電源ユニット

主な電源ユニットの製品一覧

・ANTEC(アンテック):80PLUS BRONZE認証電源 ANTEC NeoECO 550Wモデル NE550C2014
・SilverStone:Strider Essential 電源 500W SST-ST50F-ES
・オウルテック:80PLUS HASWELL対応 ATX電源ユニット FSP RAIDERシリーズ 750W RA-750S
・玄人志向:STANDARDシリーズ 80 PLUS 600W ATX電源 KRPW-L5-600W/80+
・ENERMAX:ブロンズ 電源 1000W Triathlor ECO ETL1000EWT-M
・CORSAIR:HX750i 80PLUS PLATINUM 750W PC 電源ユニット PS546 CP-9020072-JP
・CoolerMaster:80PLUS GOLD認証 650W電源ユニットV650 Semi-Modular RS650-AMAAG1-JP



まず、新品を購入する前に、現在お使いのデスクトップパソコンに内蔵されている
電源ユニット措置のワット数を確認して、基本的にはその数値以上のワット数の製品を購入します。

パソコンケースの蓋を外して、電源ユニットのそれぞれのコードが
どのコネクタに差し込まれているか、デジタルカメラやメモにて記録します。
電源ユニットが壊れた | パソコン分解
電源ユニット交換の取り外し作業前の注意点
パソコンの中に搭載されている内蔵パーツのひとつ
「電源ユニット」(電源装置・power-supply unit)は、
コンピューターに電気を通すための入力から出力の機能を行う回路です。

電源ケーブルとプラグでコンセントに繋がっているため
電流・電圧の負担を受けやすく、仮に停電や落雷などのアクシデントがあった場合
過剰に流れる電気の対策を取っていなければ破壊されてしまう事があります。

また、長く使っていると老朽化していきますし、
一回電源を閉じた直後に間をおかずに急に起動ボタンを押すと、
ごく稀になのですが負荷が掛かって損傷してしまう危険もあります。

一般には「スイッチング電源」が使われているのですが、
このスイッチの部分が強い衝撃で割れたり外れたりして押せなくなると
壊れてしまうおそれもあります。

もしも電源ユニットが故障してしまった時はパソコンケースを開いて
マザーボードから取り外し、新しく交換して直す必要があります。

PCケースの手入れ


電源ユニットもPCパーツの中ではそれほど交換自体は難しくはなく、
簡単な手順で取り外しができます。

まずはデスクトップパソコン本体(またはノートパソコン)の
電源コンセントやUSBケーブル、LANケーブルなどのコードを
感電や破損の防止のために必ず全部、先に抜きます。

ケースの上部や通気口に溜まった埃や小さなゴミを拭き取って除去します。
電源ユニットが壊れた |
電源が入らないPCトラブルの対処法
電源装置(power-supply unit:パワー・サプライ・ユニット)とは、
パソコンやサーバー、周辺機器などのコンピューター(電子計算機)を
動かすための電力を供給するための大事な部品です。

電源ユニットのメーカー製品一覧


・KEIAN BullMAX 520W電源 KT-520RS
・サイズ 高信頼・静音電源 剛力3プラグイン 600W 80PLUSブロンズ GOURIKI3-P-600A
・ANTEC 環境に優しいGREENカラーの高効率650W電源 EA-650-GREEN
・GIGABYTE(日本ギガバイト)80PLUS STANDARD認証取得お買い得500WPC電源 GE-N500A-C2
・CORSAIR HX 850W 電源 ATX JP Version CMPSU-850HXJP
・玄人志向 電源 80PLUS Bronze 630W プラグイン KRPW-P630W/85+
・POWEREX ATX電源ユニット TURBO GRITTER 550W AP-550PG
・AQTIS AP-420CKMV2.3 アクティス 420W ATX電源ユニット 小錻力(こぶりき)v2.3
・SilverStone 電源ユニットSST-PP05

ですが、ある日普段通りにPCの電源スイッチボタンを押すと入らない、
何も動かず反応しない、といった急なトラブルが発生する場合があります。
そんな電源が入らない緊急事態での適切な対処方法について。

まず、パソコン本体に異常が無くても、外部的な電力の供給ストップが
原因で付かない場合がありますのでひとまずは以下のような箇所の
状態確認をしてみましょう。

・屋内の他の家電製品を同時に動かしすぎたためにヒューズが飛んで
 部屋のブレーカーが落ちていないか。
・落雷や強風、台風、洪水などの天候による被害で停電していないか。
・電源コンセントが差込口から抜けていないか。
・ケーブルコードが折れ曲がっていたり断線していないか。
・小さな虫や埃、湿気が侵入していないか。

他の電化製品が問題なく動いているようでしたら、
コードが傷んで、接触箇所や内部の配線が折れている可能性があります。
ノートパソコンの場合は特に持ち運びやコードの差し抜きが多いので
ACアダプターの付け根や接続部分が折れ曲がってしまう事も多いです。
電源ユニットが壊れた |
電源スイッチボタンが奥にめり込んで押せなくなったら?
デスクトップパソコンをはじめとする多くのコンピューター装置は
電源を入れて起動するのに、ボタンを指で奥側に押し込んで
スイッチを入れる形のものが多いですね。

電源ボタンはBIOSの起動やスタンバイモードからの立ち上げのたびに
押すため、購入してから壊れて使わなくなるまでの長期間のうちに
何百回、あるいは何千回とボタンを押していく事になります。

しかしその途中で、稀に内側でボタンが引っかかってめり込んだ状態から
戻らなくなってしまい電源が入らなくなったり、
あるいは余計にひどい破損が出てしまう事があります。

軽い引っかかり程度でしたら指で押し直してみたり、針で隙間を引き出してみて
元に戻る場合もあるのですが、もしもパソコンの外側からではどうしても
スイッチが押し込まれたまま戻せない時はどうすれば直る?という疑問について。

まずデスクトップパソコンの場合は、電源コンセントを抜いてから
『PCケース』(パソコンのカバー)のネジをドライバーで取り外して、
ケースを空けて内側から、スイッチを上手に押し出してみて下さい。

PCケースをひとまずかぶせ直してもう一度電源ボタンを押してみましょう。
BIOS画面やOSロゴ、デスクトップ画面がちゃんと表示されて正常に動き、
またボタンも異常が無ければ、ひとまずは大丈夫です。
電源ユニットが壊れた |
電源が頻繁に切れる障害を改善するには?
パソコン作業中、主に動作の重いアプリケーションソフトウェアや
ウェブブラウザの起動展開中に、
いきなり再起動したり電源が落ちてしまう、またはフリーズ(ハングアップ)が
頻繁に起こってしまう症状の改善方法について。

システムが急に止まってしまうとデータも上書き前に消えてしまいますし、
落ち着いて作業ができなくなってしまいます。

パーツの傷みもひどくなりますので出来るだけ早めに
対処を行われる事が大切です。

ハードウェアの診断


電源が突然切れたりフリーズする症状が出たら、
ハードウェアに不具合がおきていないかをチェックされてみましょう。

CPU(読み:シーピーユー)の真上のファンや電源ユニットの冷却ファンが
しっかりと回転していなかったり、
埃やごみが多量に付着していると熱暴走が起こりえます。
電源ユニットが壊れた |
電源ユニットの冷却ファンに埃が溜まると過熱が起きる?
パソコン本体には電源ユニットやCPUの真上など、いくつかの冷却FAN(ファン)が
設置されています。

この装置はハードディスクドライブやCPU・マザーボード等の各パーツが
PC稼動中に発生する高熱により動作異常や故障を起こしてしまうのを
防ぐために、内部の熱気を排出する役目を持ちます。

しかしパソコンをずっと使っていると、次第に冷却ファンの回転部分や淵を中心に
徐々に埃や細かいごみ、果ては小さな虫の死骸などの異物が付着していきます。

ホコリや塵、湿気は次第に電源ユニットの回りだけでなく、マザーボードなどにも
少しずつ沈殿して埃が積み重なっていきます。

あらゆる隙間からも徐々に入り込んでいくため、パソコンを買って1年~3年
くらいの時間が過ぎるとファンの回転部分あたりはすっかり灰色になるほど
埃が積み重なってしまいます。

この状態だと内部の熱の排出が阻害されCPUやHDDの熱暴走が起こり故障の原因に
なってしまう事も多いため、時々中身は清掃をしなければなりません。
電源ユニットが壊れた |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-48.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.