パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【キーボード操作】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「キーボード操作」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
キーボード操作 のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






キーボードが効かない時にパソコン側の故障を修理する方法とは?
パソコンを使っている際に、キーボード(keyboard)の入力が正常に効かなくなってしまった場合、
キーボード自体の故障ではなく、パソコン側でインストールされているオペレーティングシステムや
デバイスドライバに問題が発生していたり、ほかのパーツに故障が起きているケースもあります。

そんな時には、どのような箇所を修理してみればよい?というご質問について。

まず、キーボードで特定のキーが勝手に入力されてしまい、
キーボードの問題かと思い掃除をしたり、キーボードを変えたりしても同じ症状が起こる場合は、
ウィンドウズのパソコンの場合はコントロールパネルのデバイスマネージャーを開きます。

キーボードの項目にありますデバイス名に何かのエラーマークが表示されていましたら、
名称を選択して、右クリック→「デバイスのアンインストール」(削除)を実行します。

キーボードのアンインストール

デスクトップパソコンの場合はUSBポートなどからキーボードのコネクタを取り外します。

マウスかタッチパッド、ペンタブレットでパソコンを再起動します。

再びキーボードを接続して操作してみて、正常に入力できるかどうかを確認します。

それでも操作が効かない場合は、次に、コントロールパネルの「回復」を開き、
「システムの復元」を開きます。

もしキーボードが効かなくなる前の日付でパソコンの状態の「復元ポイント」が
ありましたら、そちらを選択して、コンピューターを以前の状態に巻き戻します。
キーボード操作 | キーボード
キーボードで文字が勝手に連打で入力される状態を直すには?
パソコンで日々キーボード(keyboard)を打ち込んで使っている際に、
入力欄で特定の文字のみがひたすら『自動的に連打』するように
勝手に延々と入力され続けてしまうトラブルが起きた、という状態を直す方法について。

文字の連打入力

この状態になってしまう主な原因としてまず、パソコンを起動している時にキーボードの上に
うっかり何か物を置いていると、特定のキーのみがずっと押されっぱなしの状態になりやすいです。

そのために文字がひたすら止まらずに打ち続けられたり、
EnterキーやEscキー、Shiftキー、Ctrlキー、スペースキーなどの
重要な入力キーが押され続けてパソコンの操作がうまくできない事もよくあります。

ひとまず、突然文字が自動的に連打され始めたりアプリケーション上での操作などが
おかしくなり始めた時は、まずキーボードの上にいつの間にか何かが乗っていないか、
またはうっかり腕を乗せたりしていないか見直してみてください。

何も物が乗っていないのになぜか文字が連打されたりひらすら改行や終了ばかりの
動作がされてしまう、という場合は、文字などが該当するキーが他のキーよりも
少しめり込んで、押しこまれたような状態になっていないか見てみましょう。
キーボード操作 | キーボード
キーボードカバーを取り付けて防塵対策
デスクトップパソコンに使用する「キーボード」は、
使った後で閉じるノートPCのキーボードと違って机の上のディスプレイ前あたりに
ずっと置いたままで普段から使う事が多いので、どうしても汚れやすくなりますね。

手の指の脂が付きやすいだけでなく、何もしなくても空気中の埃や小さな塵、
机の上の細かいごみなどがキーの間部分や溝に付着していきます。

なので定期的にキーボードは掃除しなければならないのですが、
キー一つ一つの間にくっついた汚れを取っていくのは割と大変な作業で、
またキーの溝の下部分に落ちたごみや埃は除去しづらい点もあります。

キーボードカバー

また、うっかり飲み物をキーボードの上に零してしまうと故障するおそれがあり、
壊れなくても色素や臭いが定着してしまったり、不衛生な状態になりがちです。
キーボード操作 |
デスクトップPCでキーボードが反応しない時に修理するには?
デスクトップパソコンを起動したところ、付属のキーボード、または
新しく購入したキーボードの入力でなぜか反応しない、という場合の修理と解消の方法について。

まず、PCケース裏側のUSBポートかPS/2キーボード・コネクタが
正しい位置に差し込まれているか確認して下さい。

プラグが折れ曲がっていたりしないか見て、ゴミや埃が詰まっていたら
それらを針や面貌などできれいに取り除いてもう一度コネクタを差し込みます。

それでもキーが反応しない場合、一度キーボードのコネクタをパソコンから外して、
次はデバイスマネージャをチェックします。
(動かない間はデスクトップキーボードを使って画面から文字入力を行います。)

WindowsのOS画面が開く状態でしたら、マウスかペンタブレットでカーソルを動かして
スタート→マイコンピュータを右クリック→システムのプロパティ画面で
ハードウェアのタブを選び、デバイスマネージャ(D)と進みます。

一覧の『キーボード』の項目の+を開いて、そこにHIDキーボードデバイスといった
項目がなかったり、または黄色や赤色のエラーマークが付いていた場合は
その項目を右クリックして「ドライバの更新」か「削除」を押します。

その後、念のため一回再起動かシャットダウンしてからキーボードを取り付けます。
キーボード操作 |
コンピューターのキーボードが入力できなくなった時の対処法
デスクトップパソコンやノートパソコンをはじめ、コンピューター製品の操作と入力を行う装置
「キーボード」 [Keyboard]には、PS/2キーボードコネクタやUSBポートにコードで接続するタイプ、
ワイヤレスのタイプ、ノートブックPCのように本体と一体化したタイプなど様々な種類があります。

この中で特に、コード接続でデバイスに認識させるタイプの外部接続型の
キーボードはたまに、起動した時に操作が利かなくなる場合があります。

やや古いパソコンやキーボードにはとくによく発生するエラーなのですが、
大抵はそれほど深刻なものではなく、以下の対処で大体はすぐに直ります。

差込みを何度かし直す。
・再起動させてみる。
延長コードを経由せずに直接ポートに挿入する。
・長時間の使用後にある程度の時間、機材を止めて冷ましておく。
・キードー度と差込口の掃除をする。
・デバイスマネージャ画面で不明な項目があったら、一度削除する。
キーボード操作 |
キーボードの一部の文字が打てない時に修理するには?
デスクトップパソコン本体に付属している、または買い替えたキーボードや、
ノートパソコンのキーボードを日々文字入力や画面操作にお使いの際、
特定の文字が打てなくなった、という場合の修理の仕方について。

まず、たとえばRとYのキーが打てない、といった場合は、
コントロールパネルで「キーボード」を開いて状態を確認します。

ウィンドウの右上にあるボックスに
「コンピューターの簡単操作」と入力して「キーボードの動作の変更」を押します。

フィルターキー機能など何かチェックが付いていたらそれを外して「OK」を押します。

または「デバイスマネージャー」のキーボードデバイスを
一度「削除」して、パソコンの再起動をされてみてください。

ファイルの送受信中で待機している時でも、設定次第ではキーボードに
30分ほど触れていないとパーソナルコンピューターにロックがかかります。

これを1時間、2時間、それ以上に延長するには、スタート⇒コントロールパネル
⇒パフォーマンスとメンテナンスの電源オプションなどで待ち時間を変更することができます。

キーボードの製品はよく文字の打ち込みで多用する分、やはり故障修理の頻度は多いです。

PCをはじめとしたデジタル機器の製品が破損してしまった時は、
壊れたパーツの交換が主な解決方法になります。

キーが破損したと思われる場合は、そのキーだけ取り外して交換で修理してもらうこともできます。
キーボード操作 |
ノートパソコンのキーボード故障を修理するには?
お使いのノートパソコンのキーボード(Keyboard)が突然、ボタンを押しても操作できなくなったり
うっかり上に水や飲料をこぼして故障してしまった時に修理する方法について。

まずノートブックPCはご存知、デスクトップパソコンとは違いキーボードが
外部接続機器ではなく本体と一体になっていますので、操作トラブルなどの異常が起きても
予備のものに取り替えればよい、というわけには簡単にはいきません。

そのため、普段から汚れや水分が付着しないように注意して取り扱う必要があるのですが、
それでも長く使っていると次第に埃やごみが付着したり、ボタン操作に支障が出てくることもあります。

キーボード部分を汚さないためには、シリコン製の専用カバーを
付着させておくことで、こまかな汚れや水分をある程度はじくことができます。

汚れの掃除を行われる際には、まず電源を抜いて、上下さかさまに反して
本体に衝撃を与えない程度に軽く揺らしてみてください。

デスクトップ用の製品と同じく小さなごみが落ちてきます。

その後で刷毛で軽く掃いたり、乾いた布で汚れを拭き取ってください。

キーの一つ(キートップ)がタイピング中や持ち運び中に外れてしまった場合は、
はめ込み部分が折れてたりしなければ上からはめ直して元に戻せます。

キーが割れてしまったり外れてしまってくっつかなくなってしまった場合、
または完全に操作が出来なくなったら、メーカーまたは販売店の保証期間内でしたら
そのまま修理・交換してもらうことができます。
キーボード操作 |
キーボードの故障や入力操作エラーを修理するには?
デスクトップパソコンに接続してタイピング操作をする周辺機器キーボード(keyboard)で、
突然文字が入力できなくなるなどの故障が発生した時の、主な修理と対処の方法について。

【主なキーボードの製品の一覧】

・LOGICOOL(ロジクール):ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
・BUFFALO(バッファロー):USB接続 有線スタンダードキーボード ブラック BSKBU11BK
・ELECOM(エレコム):キーボード メンブレン式 USB接続 1000万回高耐久 ブラック TK-FCM062BK
・Microsoft(マイクロソフト):有線 キーボード Comfort Curve Keyboard 3000 3TJ-00030
・Anker:ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード ホワイト
・Ewin Bluetooth keyboard タッチパッドを搭載 バックライト付き 小型キーボード
・Razer:Blackwidow Chroma マルチライティングメカニカルゲーミングキーボード RZ03-01220700-R3J1
・サンワサプライ:USBスリムキーボード ブラック SKB-SL18BK
・FILCO:パンタグラフ式スリムタイプキーボード ExcellioLiteBlack USB 109キー FKBE109/JB
・Sony(ソニー): VAIO キーボードウエア ダークレッド VGP-KBV6/RI



まず、キーボードの入力ボタンを打っていないのに突然同じ文字や改行が突然、
勝手に連打されていくアクシデントが起こった場合は、キー全体をよく見てみると、
どれかのボタンが引っかかって押しっぱなしのような状態になっていないでしょうか?

もしそうなっていたらすぐに指先か爪楊枝で押し上げる事で元に戻ることも多いです。

またはキーの上に何かコードや他のものが乗っかっているとこの状態になってしまいます。

ほこりやごみが詰まって動作に異常が出る可能性もありますので、
時々外してひっくり返したり掃除機や綿棒で定期的に掃除作業を行うことも大切です。

次に、急にローマ字入力ができなくなってかわりに半各自やひらがなが
入力されてしまった場合は誤って変換キーを押してしまった可能性が高いです。

この場合は『カタカナ ひらがな ローマ字』・『半角 全角 漢字』・
『NumLock』・『無変換』・『変換』のキーを押して元の状態に戻せます。

もし元に戻らなかった場合は一度パソコンを再起動する事で直ります。
キーボード操作 |
ワイヤレスキーボードが反応しない時に修復するには?
「ワイヤレスキーボード」(Wireless Keyboard)とは、パソコンのUSBポートに無線の
USBカードを差し込んで送受信を行い、コードを排したかわりに内蔵電池で電源を入れて、
キーの指示を入力する特殊なキーボード端末です。

またワイヤレスマウスとセットになっていて一つのUSBカードだけでキーボードとマウスの両方の
入力指示の送受信を行える製品も販売されています。

しかし無線で動かす分、たまに配置や環境によって、
急に文字が入力できず反応しない、という事が起こる場合もあります。

キーを入力できない主な原因
  • パソコンからキーボードが1m以上離れている
  • 間に障害物がある
  • 近くに強い電磁波が出る家電製品を置いている
  • デバイスに認識されていない
  • バッテリー切れになった
  • キーが折れたり割れて壊れている
  • 専用のUSBカードを差し忘れている
キーボード操作 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-47.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.