パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【デジタルカメラ】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「デジタルカメラ」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
デジタルカメラ のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






ネットワークカメラがインターネットに繋がらない原因は?
ネットワークカメラ』 (network camera)は、レンズに映した映像をインターネットに接続して
リアルタイムの中継や録画ムービー、スナップ写真として閲覧ができる電子機器です。

ネットワークカメラ

カメラが設置された場所を遠く離れた場所からいつでもデスクトップパソコンや
ノートパソコンやなどのコンピューターで状況を確認したり、
機能を遠隔操作する事もできる、大変便利なハードウェアです。

主に防犯カメラや、業務での顧客に向けての中継用カメラとして用いられて、
個人・法人を問わず近年ではネットの発達とともに普及が始まっています。

付属のハードディスクレコーダーでインターネットに接続してリモート機能を使い、
パソコンなどに専用のユーティリティーをインストールして開き、
外出先でいつでもカメラの映像をリアルタイムで中継して閲覧できます。

また、防犯カメラなど各製品によっては、以下のように便利な防犯機能が数多く搭載されています。

・オート・手動で警告音(警報)を鳴らす。
・スナップ写真を撮る。
・ビデオ映像を録画する。
・赤外線モードで夜中も鮮明に映像を撮る。
・動体感知や人体感知の機能で反応して、画面の前で動きがあったら
 写真付きメールを管理者宛てに自動的に送信する。

その分、設置する際に最初はインターネットで見れるようにするために
少しばかり複雑な設定を行って、それらをすべてクリアする必要があります。

自分自身で市販のネットワークカメラを購入してみたけど
リモート監視機能などの設定を実際にを行うと非常に複雑で難しい、

または前に防犯監視カメラの取り付け工事を行ってもらった際に、インターネットの設定もすべて
代行で行ってもらっていたので、急に繋がらないトラブルが出た時に自分自身では何が原因であるか
よくわからないと、いった疑問について、下記にて一例を記述していきます。

※ネットワークカメラの製品やサービスの提供元によって仕様が異なります。
 特に英語版の機材はインストール時のセットアップを慎重に行ってください。

※先に付属の取扱説明書やインターネット上のオンライン解説書を確認して、
 何か設定をし忘れている操作が残っていないか見直してください。
デジタルカメラ | カメラ機材
デジタルカメラのバッテリーの寿命が近づいたら交換
デジタルカメラ[digital camera]は撮像素子の技術によって
デジタル上で静止画の写真やビデオムービーを撮影して保存する電子機器です。

デジタルカメラのメーカー一覧
  • Canon(キャノン)
  • Sony(ソニー)
  • Panasonic(パナソニック)
  • Olympus(オリンパス)
  • AGFAPHOTO
  • aigo
  • easypix
  • EXEMODE
  • GE
  • MINOX
  • YASHICA
  • カシオ
  • キングジム
  • グリーンハウス
  • ケンコー
  • コダック
  • シグマ
  • ゾックス
  • ニコン
  • ペンタックス
  • ポラロイド
  • ライカ
  • リコー
  • 三洋電機
  • 日立
  • 富士フイルム


バッテリー

デジタルカメラ本体には、ノートパソコンやタブレット端末などの他のモバイル機器と同じく
ケースの内部に専用の「バッテリー」(battery)が搭載されています。

そのため電源コンセントからコードを繋げて電気を供給しなくても、
電池からの電力によりワイヤレスの状態で持ち歩きながらの使用ができます。

またバッテリーはケースの蓋を開けてから簡単に抜き出す事もできます。

電池の残量メーターが減少してきたら付属の電源コードをコンセントに繋げて充電するか、
または予備のバッテリーに交換する必要があります。
デジタルカメラ |
デジカメのバッテリーの時間を長持ちさせるには?
観光旅行や仕事などで、長時間デジタルカメラを持ちながら写真やビデオの
撮影をしていくうちに、バッテリーがあっという間に無くなる事も多いです。

近年では数十GBあるSDHCメモリーカードやコンパクトフラッシュ、xDカードなど
大容量の記録メディアが多く撮影枚数も増やせる分、長い時間電源を付けて
いろいろ撮っていくうちに、バッテリーがすぐ無くなる事も多いですね。

デジカメの電源をずっとオンにしていると、たとえ写真やムービーを撮る枚数が
少なくても、液晶画面がオンになっている状態であると電力をどんどん消費して
電池の減りが早くなるため、液晶画面示をオフに出来るカメラの場合はOFFにして、
または使わない時にはなるべくこまめに電源を切るのが電池の節約になります。
デジタルカメラ |
コンパクトフラッシュ(CFカード)のデータを復元するには?
デジタルカメラやハンドヘルドコンピュータのデータ保存用カードとして
使用されている、SanDisk社のコンパクトフラッシュ【CF・CompactFlash】に
保管していた写真画像等のデータファイルを間違って削除するなどで
消えてしまったら、どうすれば復元できる?という疑問について。

コンパクトフラッシュメモリーカードはカメラの写真現像取扱店やコンビニのコピー機で
現像される方も多いのですが、UBSカードリーダー/ライターなどの専用接続機器を通して
パソコンからCFカードの内部フォルダを読み込むことも可能です。


CompactFlash内ファイルの修復


接続語デバイスドライバに正常に認識された後にマイコンピュータ上では
リムーバブルディスク(E,F,G,H,I~のいずれか)として表示されます。

ハードディスクドライブの外の記憶領域であるため『システムの復元』では
コンパクトフラッシュの消去ファイルは復旧できないのですが、

そのかわりに株式会社ジャングルの『完全復元プロ』や
AOSテクノロジーズの『ファイナルデータ特別復元版/乗換優待版
といったデータ復元ソフトを購入/セットアップして修復を試みる事が出来ます。

CFカードの規格自体が損傷していなくて正常に読み込みできれば、
中身のフォルダをスキャンして、痕跡からソフトツールが復元を行います。
デジタルカメラ |
xD-Picture Cardの写真データ復旧を行うには?
データ保存用カード規格の一つ、xD-Picture Card(xDピクチャーカード)は富士フイルムにより
開発・販売されています、デジタルカメラ専用のメモリーカードで、FUJIFILMをはじめとする
デジカメ製品の写真画像ファイルの保存用として普及しています。

以前は16GBと今現在で見ると最大容量は低かったのですが、
近年では1GB・ 2GBと記録できる容量が大幅に上がっています。

xDピクチャーカードは完全にデジカメ専用の媒体なのでSDカードやUSBフラッシュメモリほど
広く普及はしていないのですが、他のメモリーカードと同じくPCのカードリーダーや写真屋の
自動注文機械、コンビニのコピー機など様々な媒体を通して読み込む事が出来ます。

もしファイルのコピー移動と間違えて写真画像ファイルをうっかり消去してしまったり、
デジタルカメラの操作中にxD-Picture Cardの画像データを誤って削除してしまっても、
抹消直後の時点でしたらまだパソコンや専門リカバリーサービスを通して元に戻すことも可能です。
デジタルカメラ |
microSDカードに記録していたデータファイルを復旧させる方法
microSDカード[読み:マイクロSDカード]はデジカメやケータイ・デジタルオーディオプレーヤーで
保存したデータファイルをコピー・移動による移し変えでバックアップして保存するための
フラッシュメモリ型の保管メディアです。

規格のサイズは11mm×15mm×1mmと、miniSDカードよりも更に小型化され、
256MB~6GBと、データの容量も多く保存できます。

microSDカードはデジタルカメラや携帯電話で撮った写真画像ファイルなどを
頻繁にパソコンに移動させる動作や、持ち運びの機会が多くなりがちなため、
コピーと間違って削除操作やフォーマットをしてしまったり、物理的な損傷で
内部データがデバイスから読み込めなくなるトラブルが発生するケースもあります。
デジタルカメラ |
壊れたデジタルカメラを修理するには?
お使いのデジタルカメラをうっかりコンクリートや高いところから落としてしまい割ってしまったり、
水の中に落としてしまう、また強い圧迫でレンズやシャッターボタンが割れてしまうなど、デジカメは
持ち歩いて使う分、デスクトップパソコンの周辺機器等よりもやや破損が起こりやすい点もあります。

また、ほとんどのデジカメ製品がすでに完成して出荷されている商品なので、自作PCのように
誰でも簡単に分解してパーツ交換ができるハードウェア機器、というものでもありません。

カメラ本体の分解をするには専門の知識がそれなりに必要になりますし、
メーカー独自のパーツが無ければ直らない時もあります。

また、個人で分解をすると保証修理の期限が無効になる可能性が高いため、
無理に自分自身で部品をバラしてしまうのは控えましょう。
デジタルカメラ |
デジタルカメラの削除した写真画像データを復元するには?
デジタルカメラや携帯電話のカメラ機能で撮影した写真は通常、アナログカメラと違い
ネガフィルムではなく、パソコンの拡張子ファイル(IMG・JPEG等)の画像データとして保存されます。

保存した撮影画像ファイルはデジタルカメラに差し込むUSBメモリーカード
すなわちSDカードやxDピクチャーカード、CF(コンパクトフラッシュメモリーカード)、
スマートメディアといった種類のカード媒体に記録され、これらをカメラ屋さんに
持っていって短時間で写真に加工してもらったり、また自宅のPCから
カードリーダーを通して読み込んで自分でプリンターを使い印刷する事もできます。

しかし、もしパソコンにコピーしてファイルを移し変える時に間違えて削除を
してしまったり他の同名のファイルに上書きをしてしまったりした場合、
またはカードを誤ってフォーマット(初期化)して画像データごと全て
抹消してしまった場合はどうすればデータを復元できる?という疑問について。

まず、ローカルディスク内のフォルダに保存してある写真データでしたら
『システムの復元』機能を使ってHDD全体を少し前の状態に戻す事で修復できるのですが、
SDカード等、外部接続媒体の方のデータの場合は、
専門の画像復元ソフトウェアをインストールして読み込んで直す方法があります。

・『フォトリカバリー・ファイナルデータ/Finaldata』
・『デジカメ消去画像かんたん復活』
・『完全データ復元PRO』
・『完全メモリーカード復元』
・『MediaRescue.R3』

など、画像ファイルやメモリーカード媒体専用のデータ復活ソフトが多数販売されていますので、
お手軽に写真画像を復旧したいという際にはそれらを使用されてみてください。
デジタルカメラ |
カメラレンズを清掃して手入れするには?
デジタルカメラ(DIGITAL CAMERA)は
名称の通りデジタル方式で素子から写真を撮影して保存するカメラです。

コンパクトサイズの小型カメラから本格的な一眼レフデジタルカメラ、
または携帯電話やPDA、スマートフォン、タブレット端末に搭載された
写真撮影機能など、近年では幅広くさまざまな種類の製品が登場しています。

カメラレンズ

カメラは[写真レンズ]に蓋をしていない時、外で持ち歩きをしたり写真を撮って使っていくうちに
次第にホコリや脂汚れ、小さなゴミ、水滴などが付着して汚れていきます。

これらの異物がレンズ部分の表面に付着したままだと
写真にも影が映ってしまうため、こまめに清掃して除去する必要もあります。
デジタルカメラ |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-46.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.