パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【インストールできない】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「インストールできない」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








ソフトウェアのライセンス認証を破棄してアンインストール
パソコンでは、古いマシンから新しいパソコン本体へ買い換えたり、
新しいハードディスクやSSDに交換してオペレーティングシステムを
コピーやインストールのし直しで、入れ直す機会もよくあります。

その時に以前のOSにインストールしていた有償のアプリケーションソフトを
別のドライブでも引き続き使う場合、「ライセンス認証」について
注意しなければならない点があります。

コンピューターにインストールして使う有償のユーティリティ製品は
基本的に一つの製品・アカウントにつき、一台のパソコンのみ、
または2台~3台まで
、と、制限付きでの使用が許可されています。

そのため、パソコンを買い換えたり一時記憶装置を交換して
オペレーティングシステムやハードウェアを入れ替えた時に、
使用できるパソコンの制限をよくオーバーしてしまいやすいです。

ライセンスの使用制限を確認する認証プログラムのところで
使えるパソコンの台数を超過しているためにそのPCでは使えない、
というケースもたまに起こります。

そんな時、どうすれば以前のライセンスの認証を解除して
新しいコンピューターでソフトウェアを使える?という疑問について。


まず、トレンドマイクロ・ウイルスバスターなどのアンチウイルスソフトウェアは
2つ~3つのパソコンでライセンスを共有して使える製品が多いですne

そのため、まだ一台のみしか使っていない場合は
まだ一、二台のパソコンに同じウイルス対策ソフトを
CD/DVDディスクからインストールしてもセットアップ自体は大丈夫です。

ですが4台目以降くらいになると、以前のパソコンのライセンス認証を解除して
かわりに新しいPCのライセンス登録を行う必要があります。

この作業はインターネットを接続していれば、
古いPC本体の電源を入れてそちらでわざわざアンインストールして
ライセンス破棄の転送を行わなずとも、新しいPCから直接操作できる物も多いです。

ですが、プログラムの仕様や何かのエラー、アクセス制限などの理由で
もしも別のパソコンからライセンス認証のコントロールができない場合は、
以前のコンピューターのOSをもう一度開いて、そこから操作してみてください。
インストールできない | アンインストール
OSアップデートの更新速度が遅い時は?
パソコンやモバイル端末に購入時の段階ですでにインストールされている
「オペレーティングシステム」(Operating Syetem)は、
日々使用している間に定期的にインターネットに接続して、
開発元から提供される新しいプログラムを自動更新し、最適化を施す必要があります。

機能のバージョンアップを行うとセキュリティが強化されたり、
より効率的で使いやすいシステムやアプリケーションを
新しくコンピューターに追加していく事ができるようになります。


[Windows、Mac OS X、Linux、iOS、Android]など
コンピューターによって様々なオペレーティングシステムが使われます。

そして、開発元から一定期間おきに各種のサービスパックやアップデートプログラム、
または上位互換の「アップグレード版」などをインストールしていきます。

ですがOSの更新にはシステム全体の書き換えや一部のアプリケーションの変更、
これまでのデータ分のバックアップ等の作業が同時に行われるため、
数十分~数時間ほど更新に時間がかかります。

時には何時間か経ってもアップデート進行中の画面ゲージが
100%になかなか届かず、ある場所でずっと止まったままでフリーズして、
結局アップデートが完了できず中断してしまう事も少なくありません。

そんな時には何が原因で、どう対処すればOSの更新が
途中で遅くなったり止まったりせずにスムーズにできる?という疑問について。



まず基本として、接続しているインターネット回線の速度を見直して下さい。

CAケーブルや光ファイバーなど優先のLANケーブルとモデムを使って
高速で接続できるプロバイダのサービスなら、
そうそうダウンロード時間が遅くなる事もありません。

ですがWi-Fiを通じた無線LANとルーターを使って
ワイヤレスでネットワークに繋げている場合だと速度が有線より遅い事があります。

もし、よりスピードの速い回線をお持ちなら、
そちらから繋げてアップデートやアップグレードをやり直してみて下さい。



次に、ハードディスクや内蔵フラッシュメモリの使用領域と空き領域を
プロパティ画面で確認して下さい。

データの保存量が膨大になっていると、例えばiPhoneやiPadなどで使われる
iOSをiTunesから最新のバージョンにアップグレードした時に、
一緒にパソコンのフォルダ上にバックアップが行われて、その分時間がかかります。

何十GBもデータが残っていてバックアップが遅くなってしまう場合は、
先にこのファイルを手動でコピー&ペースト出保存しておき、、
本体のフォルダから削除してから、改めてOSの更新作業に取りかかって下さい。
インストールできない | バージョンアップ
OS再インストール後にパソコンが変になった時は?
Windows(ウィンドウズ)などのオペレーティングシステムは、
一年以上パソコンを使い続けて様々なアプリケーションソフトウェアを
インストールしていくうちに、レジストリの肥大化やディスクの断片化、
その他システム上の不具合が次第に蓄積されていきます。

そしてだんだん読み込みの速度が遅くなったり、フリーズして止まる場合、
時にはOSが開けなくなる深刻なエラートラブルが起きる事さえあります。

そんな時には一度必要な全てのデータをバックアップした後に、
Windows起動ディスクやリカバリーCDを用いてOSのクリーンインストールを
行い、システムを回復させる事で、元の正常な状態に修復できます。

OSの再インストールは上書きインストール再セットアップを行って
丸ごと初期化(フォーマット)したかによって作業後の対処も
異なるのですが、それまでにインストールしたソフトウェアの一部、
または全部がCドライブの中から消えている状態から始まります。

そのため、PCを購入してから自分でセットアップした専用ソフトウェアだけでなく、
購入前にメーカーの方でインストールして設定されていたソフトウェアまでもが
削除されてしまいます。

最初にパソコンを動かした時の状態とはどこかが違っていて、一部の機能が
使えなくなって困ってしまう、というアクシデントが起こる場合があります。

そんな時にはまず、コントロールパネルにある『プログラムの追加と削除』や
『デバイスマネージャ』表示、またはマイコンピュータの『Program Files』の
フォルダを見て、何かのソフトウェアが消えていないか確認してみましょう。

例えば液晶モニタの解像度のサイズが合わなかったり、グラフィックの読み込みが
前より遅い場合は、以前に設定されていたドライバが、リカバリーによる
初期化の影響で無くなって出荷時よりも変になった、という可能性が高いです。
インストールできない |
ドライバ機器をインストールし直す時は?
プリンターや複合機、スキャナー、ペンタブレット、液晶ディスプレイ、
コントローラー、ディスクドライブ、デジタルカメラ、FAXといった周辺機器を
パソコンに接続してデバイスに認識させる際、プリンタなど特定の装置は
専用のソフトウェアプログラムをインストールして使う物もあります。

これらのデバイス装置を普段使っている最中に、何らかのエラーや
デバイス認識の不能トラブル、またはソフトウェアの障害が起きて
使えなくなった場合、もう一度最初からデバイスにインストールを
し直さなければ使えない、という場合もあります。

一度プログラムを消去


その際はまず、USBコネクタ等のポートから周辺機器へのコードを抜いて、
専用のアプリケーションソフトウェアの方も一旦、
コントロールパネル⇒『プログラムの追加と削除』で
アンインストールして、システム・フォルダ上から消去しましょう。

デバイスマネージャの項目でに不明なマークのアイコン(?・!・×)がある時は、
そちらも無効にします。
インストールできない |
Windowsインストーラーの破損を修復するには?
MicrosoftのWindows OSシリーズのパソコンは、店舗で購入して
基本的なセットアップ設定をしてから先は、
様々なアプリケーションソフトウェアをCDディスクやインターネットから
インストール(プログラムに導入)してどんどん便利機能を拡張します。

もちろんメモ帳やペイント、IEなど最初から付いているアクセサリツールも
役立つのですが、やはり新しいシフトをセットアップしていった方が
パソコンを楽しく便利に使っていく事が出来るでしょう。

これらインストールを行うプログラムを『Windows インストーラ
(installer)と呼びます。

このシステムによって、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」
等からいつでもユーティリティーの追加や変更、削除を実行できます。

ウィンドウズでのアプリケーション起動に失敗


しかし逆にWindowsインストーラーが何らかのシステム障害で破損してしまうと
新しいソフトのインストールが出来なくなってしまいます。

近年のWindowsのバージョンでしたら、壊れたファイル部分をレジストリに
再登録をするリスクもなく、自動修復を行う事ができます。

ソフトウェア上でのインストールパッケージが正常に導入できない場合、

まずはWindowsインストーラの修復オプションを使用して直してみましょう。

スタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリの
項目の『コマンドプロンプト』を開き、パラメーターに
専用のテキスト文字を入力します。(より詳しくはWindowsのマニュアル参照)
インストールできない |
OSを入れ直して立ち上げるリカバリーインストールの作業準備
パソコンのオペレーティングシステム(operating system:略称:OS)は
コンピューターにあるアプリケーションソフトウェアやAPI等のシステムを
効率的に管理して使うために搭載された、全ての総合基本ソフトです。

カーネルやユーザーインターフェースといった中核となるプログラムを
管理するモニター・スーパーバイザとも言えるプログラムのため、
もしシステムエラーやアプリケーションの入れすぎ、ファイル削除、
コンピューターウイルス拡大感染などの影響でOSが破損すると危険です。

Windows(またはMacintosh、Unix、MS-DOS)がPCの起動時に開けなくなるため、
あらゆるコンピューター作業が使用不可能になってしまいます。

OS障害の対策としてセーフ・モードや回復コンソールなど様々な
修復機能も備わっているのですが、これらを試しても直らなかった場合は
リカバリーでィスクをCDドライブに挿入して、一度初期化させた上で
再インストールして入れ直す方法で購入前の状態にまで戻せます。

リカバリーディスクの入手


まず、リカバリー専用ディスクは近年ではWindowsディスクなど、
パソコンを新品で買うと同時にチュートリアルと共に同梱されています。

しかし一世代、二世代前の古いマシンの場合は、購入したメーカー先から
取り寄せなければならない場合もあります。

一昔前の古いパソコン本体に最新のWindows7などのOSに入れ替えると、
部品の性能がシステムの構成に追いつかずに上手く作動しなかったり
動作不良を引き起こす可能性もありますので、スペックについては
事前に確認するのも大事な作業準備の一つです。

またOSの再セットアップ作業はシステム上の破損を消去してから
問題の無い状態に書き直す作業です。

ハードディスクドライブやCPUなど部品の回路に問題が出ている場合は
OSを書き換えても故障を修理できませんので、ソフトウェア障害か、または
ハードウェア障害か、どちらが起きているかも念入りに確認しましょう。

HDDが中途半端に壊れているためインストールが完了できず、
今までのデータだけが消えてしまう重大なアクシデントが
出てしまう場合もありますのでご注意下さい。
インストールできない |
アプリケーションのセットアップが途中で中断されたら?
パソコン/コンピューターに新しくアプリケーションソフトウェアの
CD/DVDディスクをドライブに挿入したり、インターネットからプログラムを
ダウンロードしてインストールを行い、セットアップ【Setup】の手順を
行う事で、通常はソフトウェアの導入が完了できます。

しかし、必要な条件が整わずにインストールが上手くいかない場合もあります。

セットアップ作業失敗の事例


・ハードディスクドライブの空き領域が不足してプログラムが入りきらない。
・別途に必要な対応プログラムがインストールされていない。
・インストールガイドやUSB接続などの手順を間違えてしまった。
・パソコンの動作環境や対応されているOSの状態が満たされていない。
・CPUやメモリでの処理能力が追いつかず失敗してしまった。

まず、インストールウィザードの画面での実行中に、セットアップが完了できない、
といったエラーメッセージが表示されて、何らかの変更や修正を求められたら
それらの手順に従って訂正をされてみて下さい。

しかし対処ができずどうしても一度セットアップを中断しなければならない場合は
一度プログラムの指示に従ってインストーラーの画面を終了します。

自動的に、追加されかけたソフトウェアがアンインストールされる仕組みに
なっているユーティリティプログラムも多いのですが、そのまま何も起こらずに
閉じてしまったら、『マイコンピュータ』と『プログラムの追加と削除』画面で
中途半端にソフトのフォルダが追加されていないか確認してみましょう。
インストールできない |
コンピュータに問題を起こす可能性があります。とは?
インターネット上やソフトウェアのCD/DVDディスクから
新しく何かのファイルやプログラムツールをWindowsパソコンの
コンピューター上にダウンロードしようとした時に、

『ファイルによってはコンピュータに問題を起こす可能性があります。~』
『開く』『保存』『キャンセル』『詳細情報』
という警告メッセージが書かれたダイアログボックスのウィンドウが
実行の直前に表示される事があります。

このメッセージは、ダウンロードするプログラムファイルによっては
スパイウェアやマクロウイルス、トロイの木馬などの悪質なコードが
含まれている可能性をコンピューターが感知して、もしもの時を考えて
警告を促すシステムのものです。

特に問題のない場合が大半なのですが、万が一中にワーム型ウイルスなどが
含まれていたり、他にコンピューターに何らかの問題を引き起こす可能性を
考えて、インストールするソフトウェアやハードディスクに保管する予定の
データは安全な類のものであるか、確認を行って判断した方が無難です。
インストールできない |
周辺機器のインストールができない時は?
Windows XP/Vista/7 のパソコンは、OSの起動中にUSBポートの差込口に
周辺機器のUSBケーブルを差し込むだけで、新しいハードウェアとして
自動的に検出し、デバイスに認識・接続させる事が出来ます。

しかし周辺機器の中にはセットアップ用のCDソフトから先に
専用プログラムをインストールして決められたて順に従って接続を
しなければ正常に使用できない機材もあります。

また、たまに検出されないエラーが起きる場合もありますので、
手動でデバイスの認識を行う以下の方法も知っておくと便利です。

1:まずはスタートメニューからコントロールパネルを開き、
カテゴリの表示画面にある【プリンタとその他のハードウェア】を開きます。

2:左側の関連項目メニューにある『ハードウェアの追加』をクリックし、
【ハードウェアの追加ウィザード】で「次へ」を選びます。

3:周辺機器(ハードウェア)の検索が行われ、次に
『すでにハードウェアをコンピュータに接続していますか?』の
選択画面で「はい、~」を選び、「次へ」を押します。

(この段階で、USBポートへの接続と、専用CDプログラムの
 インストールを済ませている必要があります)

4:インストールされているハードウェアの項目欄にある一番下の、
【新しいハードウェア デバイスの追加】を選び、「次へ」を押します。

5:インストール方法の(推奨)を選び、「次へ」。

6:ハードウェアが検出された場合はそのままインストールを行います。

7:「コンピュータ上では新しいハードウェアは検出されませんでした。」
と表示された場合は「次へ」⇒

8:「共通ハードウェアの種類」の一覧で、希望する項目の種類
(無い場合は「すべてのデバイスを表示」で探す)を選び、「次へ」。

9:次の画面で『ディスクの使用』をクリックし、
ここから各周辺機器のCDディスクのセットアップ手順に従って、
インストールを行います。

10:完了画面が出たら、最後に『完了』を押して、終了です。
インストールできない |
メーカー製パソコンの再インストールをする時は?
世間一般で使用大部分のパソコンは、PCメーカーにて製造されて
パソコンショップや電気チェーン店に販売されているパソコン本体ですね。

自作の組み立てや特注のPC以外はほぼ、出荷時の状態から
OS(オペレーティングシステム)がインストール済みで送付されます。

そのためWindowsのインストールCD/DVDは同根されていなく、
代わりにメーカーオリジナルのリカバリー用CD/DVDディスクが
付属していますので、OSの異常でWindowsが正常に機能できなくなったら
同梱のリカバリーディスクを使って再インストールを行います。
インストールできない |
周辺機器のドライバを再インストールする手順
プリンターやスキャナ・ペンタブレットなど新しくパソコン周辺機器を
購入して接続を試みたところ、たまに正常に動かない、という事があります。

よくあるパターンとして、デバイスのドライバが正しくインストール出来ていない
ためにOSにしっかり認識されていない、というケースです。

Windows OSでは通常、以下の手順でドライバの再インストールを開始します。

まずはスタートメニューのコントロールパネルを押して、
パフォーマンスとメンテナンス⇒システム⇒
システムのプロパティ画面でハードウェア⇒デバイスマネージャ、と進みます。

デバイスのツリー一覧が表示されましたら、【+】を押して
再インストールを行うデバイス名を右クリック⇒[ドライバの更新]を押します。

ハードウェアの更新ウィザード画面で
[一覧または特定の場所からインストールする(詳細)]を選び、[次へ]を選択。

検索とインストールのオプションの選択メニューで
[次の場所で最適のドライバを検索する]を選択し、
リムーバブルメディア(周辺機器)のインストール・セットアップ用CDディスクを
ドライブに挿入して次へを押します。

インストールが行われますので、完了したら再起動をします。
次に無事に周辺機器が正常に動きましたら、無事完了です。
インストールできない |
OSの再インストールは最終手段?
Windows XPやVista・7をはじめとするOS(オペレーティングシステム)は
パソコンのアプリケーションソフトウェアや全てのプログラムを動かすために
必要不可欠な機能です。

これがウイルス感染やファイルの破損で深刻な異常が起きてしまうと、
ソフトの動作にも支障が出てしまい、症状の重い場合にはWindowsの
起動そのものが出来なくなる事も少なくありません。

しかしOSは、PCの購入時に同梱されているインストールCD/DVDを
使えばいつでも再インストール(再セットアップ)して修復させる事もできます。

オペレーティングシステムの状態は買う前の出荷時の状態にまで
戻るため、ほとんどのエラーや破損ファイルを回復できます。
インストールできない |
Windows OSの再セットアップ作業が中断してしまう場合は?
Windowsパソコンのファイルシステムが壊れてしまい、セーフモードなどの
起動方法を試しても直らず、どうやってもOS画面を開く事ができない時は
再インストール用CD(Windows OSのディスク)をCD/DVDドライブに挿入して、
PC起動と同時に再セットアップ作業を行い初期化させる事で修復できます。

しかしコンピューターの損壊がひどかったり、旧式のパソコン本体である場合は
その再セットアップ自体が途中でフリーズして止まってしまうケースもあります。

このパターンは特に困ってしまうトラブルで、ハードディスクドライブ内部の
全データを消去してまで行うのに、肝心の再セットアップが中断されてしまい
結局パソコンが直らないどころかHDDのファイルまでが消える上に、かえって
システムの症状が悪化してしまう事態に陥ってしまいます。
インストールできない |
ソフトウェアプログラムがインストールできない原因とは?
アプリケーションソフトウェアのプログラム、またはインターネットから
ダウンロードしたツールが正常にインストールできない場合について。


まず、ソフトウェアのパッケージや取扱説明書、マニュアルファイルに
記載されている動作環境の項目はご確認済みでしょうか?

最新のユーティリティーの場合、メモリやCPUの性能・容量が不足していると
正常に起動やインストールができない場合があります。

またソフトウェアによってはグラフィックカード(ビデオカード)などの増設したパーツや
「Mircosoft NET Framework」などのプログラムが起動に必要な場合があります。


他に考えられる主な原因として、以下のトラブル状態が挙げられます。

・HDDの空き領域が足りずにローカルディスク内でのDLができない。

・共有パソコンなどでのユーザーアカウントが制限付きアカウントに設定されている。

・一度アンインストールした後でフォルダや前のプログラムが残ってしまって いるために
 正常に再インストールができない。

マイ コンピューターのシステムに問題が発生している。

・アプリケーションにバグが生じている。(初期バージョンによくある原因)

・インストールや周辺機器接続のマニュアル手順を間違えてしまった。
インストールできない |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-45.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.