パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【RAID構成の変更】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「RAID構成の変更」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








RAIDケースの故障は修理できる?
複数のハードディスクドライブに同時にデータを書き込んで、
HDの物理障害による故障のリスクを抑えたり高速化に役立つ補助記憶装置
『RAID』(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disk)の外付け装置をお使いの際、

急に正常に動かなくなってうまく使用できなくなった場合、
個人でディスクアレイのRAIDケースを修理する事はできる?という疑問について。

RAIDケース

[主なRAIDケースの製品一覧]

・BUFFALO(バッファロー):外付型 HDドライブ DriveStation-Pro HD-QH12TU3/R5 12TB
・I-O DATA:USB 3.0/2.0接続 RAID対応 2ドライブ搭載外付ハードディスク HDS2-UT4.0 4TB
・玄人志向:HDDケース3.5インチHDD2台搭載可能 USB3.0/2.0 GW3.5AX2-SU3/REV2.0
・Logitec:HDDケース 3.5インチ RAID HDD4台用 USB3.0 +eSATA接続 ガチャベイ LHR-4BRHEFU3
・WD:デュアルドライブ外付けハードディスク MyBook Duo 4TB RAID0,1対応 WDBLWE0040JCH-JESN
・ラトックシステム:USB3.0/2.0 RAIDケース HDD2台用 RS-EC32-U3R
・Synology:DiskStation DS215j デュアルコアCPU搭載多機能2ベイNASキット CS5029 DS215j
・ノバック:RAID0/1/JBOD対応 USB3.0接続HDDケース 2SATA HDD RAID Data Keeper NV-HSR223U3
・STARDOM:6G USB3.0 2ベイ RAID0/RAID1/JBODスリムRAIDケース SOHOTANK ST2-B3-6G
・MARSHAL:MAL355EU3R RAID対応 SATA3.5&SATA2.5インチHDD5台ケース



まず、パソコンやサーバなどのコンピューター装置に内蔵された
ソフトウェアとしてのシステムで構成されたディスクアレイ(disk array)は、
空きのドライブベイなどの箇所にHDDを差し込む形で組み込まれています。

なので、RAIDを設定する『記憶域プール』といったアプリケーションソフトで
構成されているミラーリングシステムは、システム的に問題が起きた時は
RAIDモードの変更や初期化を行えば、大抵の場合は以前の状態に修理ができます。

接続する部品も、マザーボードにつなぐSATA/IDEケーブルと
電源ユニットから延びる電源ケーブルの中間コネクタのみなので、
このコネクタが正常にインターフェースに差し込まれているかを確認します。

(マザーボードや電源ユニットが故障している場合は交換をする必要があります。)

ハードウェアとしてRAIDケースを用いている外部デバイスの製品をお使いの場合は、
修理のためにはケースの方にどういった故障の問題が出たかを把握していく必要があります。

※こちらの事例では、BUFFALOのDriveStation(ドライブステーション)での場合について
解説いたします。


まず、まだパソコンでのデバイスの認識自体は一応できているけどエラーが発生していて
中身のフォルダーが開けない、という場合は、

コントロールパネル→デバイスマネージャーにある[ディスクドライブ]の項目を開きます。

お使いのRAID製品の名称がありましたら、そこに「×、!、?」などのエラーマークや
「不明なデバイス」といった表記が出ていないかどうか確かめます。

その名称を選択して右クリック→削除と操作して、一度USBコネクタを取り外します。

パソコンを再起動してからもう一度USBポートに接続すると、正常な認識が戻る事があります。
RAID構成の変更 | ハードウェア
RAID1でHDDのミラーリングをしてデータを守る対応策とは?
RAID1(Redundant Arrays of Inexpensive Disks 1 - レイドワン・れいど)とは、
ハードディスクドライブを2~10個ほど複数台を繋げて動かすRAIDシステムの一つで、
別名『ミラーリング』(Mirroring 読み:みらーりんぐ)とも呼ばれています。

RAID0(ストライピング)と違い、DDのグループおきに同じデータを保存するため
どこか1台のハードディスクドライブが故障して動かなくなっても
システムが飛んでしまう事は無く、残りのハードディスクで運用できます。

そのため機器の耐故障性が普通のパソコンやストライピングよりも高く、
HDDの短所でもあるヘッドクラッシュ障害発生からデータを守るのに役立ちます。

また、レイド 0と組み合わせたRAID1+0やRAID0+1を作る事も出来ます。

ミラーリング関連の販売製品


アイ・オー・データ
『I-O DATAミラーリング/ストライピングRAID対応USBハードディスク2TB HDC2-U2.0』
『I-O DATA RAID0・1対応USB 2.0/1.1ハードディスク1.0TB RHD2-U1.0T』

バッファロー
『BUFFALOミラーリング機能搭載USB2.0/IEEE1394用 付けHDD2.0TB HD-W2.0TIU2/R1』
『BUFFALO HD-W500IU2/R1USB&IEEE1394ミラーリング外付HD』

ロジテック
『Logitec SDA-MR120S外付型ミラーリングディスクシステム120G』
『LAS-MR300V BOX型NWストレージシステム』
『ロジテック ネットワーク接続型WSS2003+ミラーリング機能搭載NAS500GB LSV-MR500W』

ニューテック
『DK-MIRROR 250GB×2台ミラーリング装置』

Accusys
『SATA to SATA2ベイ内蔵型ミラーリングRAIDボックスACS-75170-W』

Accordance Systems
『ARAID99-1000L HDDミラーリングユニット内蔵型IDE-HDD対応黒プラスチックベゼル』

こういった専用ケースにHDDを2台以上組み込み、記憶装置を二重化して
ディスクミラーリングを行いますので物理障害に大変強く、
バックアップ作業と同じくデータの喪失を防止できます。
RAID構成の変更 |
故障HDDのデータ復旧のためのソフトウェアRAID構築手順
RAID-(読み:レイド・れいど)とは複数台のハードディスクドライブを
組み合わせて一つの大きなHDDのように構築する手法で、
そのうち1台、2台が物理的に故障して動作不能になっても、
他のHDDが正常であれば内部データを失わなくて済む事が可能です。

直接、壊れたハードディスクドライブそのもののデータ復旧や修理はできずとも
残りの無事な数台には保存プログラムファイルやシステム設定が
共有されていますので、そこから救出する事ができます。

WindowsのOSでは、ソフトウェアRAIDを作成する機能が付いていますので、
このツールで構成する方法を下記にて記述いたします。

WindowsでのRAID-5作成技法


まずは数台のHDDを用意してデスクトップパソコン等の電子機器に接続、
スタートメニュー⇒コントロールパネル⇒管理ツール⇒
コンピュータの管理⇒ディスクの管理で、複数のハードディスクの
準備を行います。(ディスク0の下に、ディスク1・2・3・・・と表示されます)

使用するディスク全てをそれぞれ、右クリックで
ダイナミックディスクへアップグレード】を選択して設定します。
RAID構成の変更 |
データ高速化のRAID0システム(ストライピング)とは?
パソコンの内部データを安全に管理できるように、
ハードディスクドライブを複数使用して書き込みを行う技術:
『RAID』(レイド-Redundant Arrays of Inexpensive Disks)をご存知でしょうか?

HDD(読み:はーどでぃすくどらいぶ)を分割させて使用する事で
読み書きを高速化させたり、一台が故障しても他のHDDで読み込んで
内部ファイルやシステム設定の損失を免れる事ができます。

そのうちの一つ、【RAID0】(読み:れいどぜろ)-通称:ストライピングとは、
ハードディスクを2台使用して書き込みを早くするための、
最も簡易的なRAIDシステムです。

レイド0の利点


RAID-1(ミラーリング)やRAID-5(パリティデータ)と違い、
RAID-0の場合は一台でもHDDが破損してしまうと
システム全体のファイルが読み込めなくなってしまいます。

しかし、プログラムファイルを2台に分散して書き込む事で、
一台のみの時よりもデータを二分の一に高速化して
作業させる事ができますので、ファイルサーバやWebサーバなど
大容量かつ常時稼動するシステムを運営するのに大変効率的です。
RAID構成の変更 |
Raid レイドのトラブル障害を直すには?
HDDの物理障害対策や容量の大規模化に非常に有効とされるRAIDシステム
[Redundant Arrays of Inexpensive Disks](読み:レイド、れいど)。

レイドにはRAID0・RAID1/RAID0+1・RAID1+0(10)RAID5・また2.3.4.6など
ディスクアレイ構成の組み合わせ方やHDの数によって種別や性能さ、用途も
変わってくるため、同じRaid装置でも障害への耐久性には個別差があります。

HDが複数ある通り、ヘッドクラッシュなどの物理的故障には強いのですが、
一度に内部二台以上のドライブが故障したり、またウイルス感染やアクセスエラー、
ファイル構造の損壊など論理的(システム的)な障害に対しては普通のパソコンと
大して変わりない、という難点もあります。

マイコンピュータにリムーバブルメディアのアイコンが表示されない時は
まずデバイスマネージャ画面を開き、「不明なデバイス」や「!・?・×」などの
おかしな項目がないか確認されてみて下さい。

一時的なエラーかもしれないのでもう一度起動し直したら元に戻る、
という場合もありますが 何度起動しても直らないようでしたらデバイスの
デバイスマネージャの正常でない項目を一度削除して、再接続を試みて下さい。

コンピューターウイルスやスパイウェア、トロイの木馬など有害ファームウェアに
感染してしまったら、ウイルスバスターやノートンアンチウイルスをはじめ
有料かつ性能の優れたセキュリティ対策ソフトのアプリケーションを使用し、
パソコンを通してRaid内を全検索して隔離・駆除を行う必要があります。

論理障害の重度によっては初期化しなければ直らない事もあります。
RAID構成の変更 |
パソコンデータを安全に管理するRaidとは?
パソコンには通常一台につき一基のハードディスクドライブが搭載されています。
HDDは最も故障を起こしやすい精密機器であり、過熱や老朽化に弱く、また
一度破損してしまうと修理するのがほぼ不可能である事から、内部に
保管していたデータやシステムの損失トラブルがしばし起こってしまいます。

特に企業・法人で使用しているPCやHDDのデータ管理は極めて重要である
ため、これらの破損トラブルを回避するためにRaidという方式の技術・装置が
多くの企業で導入されています。

Raid(レイド-Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は複数のHDDを
一つのハードディスク装置のように組み合わせて接続運用し、そのうちの
一台、二台がヘッド吸着や熱暴走などで突然壊れても他のHDDにより
データファイルやアプリケーションが継続して使用できるようにする技術です。

別名でデュアル・ディスク・ドライブ(dual disk drive)、
ディスク・アレイ(disk array)とも呼ばれている、HDDの集合体です。

企業向けパソコンやサーバー、ワークステーションといった
ディストリビューテッド・コンピューティング(distributed computing)
という、ネットワークに接続して分散処理を行う機器など、
様々なコンピューター機器に使用されています。
RAID構成の変更 |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-36.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.