パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【セキュリティ保護】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「セキュリティ保護」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
セキュリティ保護 のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






使わなくなった古いパソコン機材を処分する時は?
パソコンとその関連の機材を買って何年も使っていくうちに、
使わなくなる機材が次第に自宅、自社内にだんだん増えていきます。

特にパソコン本体を買い換えると前に使っていたマシンの付属品の多くを
使わなくなりやすく、1~3年おきに繰り返し買い換えていくと、
古いPC本体も何台かたまって、そのうち置き場に困るようになってしまいます。

デスクトップパソコン用のモニタも、はじめは15インチで表示解像度が1024×768の
ディスプレイを使っていて、そこから20インチの大きなモニタに買い換えて、
更にしばらくしてから24インチのモニタに買い換える、という具合に入れ替えると、
前に使った15インチのモニタが不便に感じて使わなくなる、という場合もあります。

また、一昔前の最大容量が低いUSBメモリやSDカード、xDピクチャーカード、
マルチメディアカード、スマートメディア、メモリースティック、MOなどの装置も、
新しく容量の多い記録メディア製品を買っていくうちに使わなくなるかと思います。

他にも、使い込んでだいぶ汚れたキーボードやボール式のマウス、電源コード、止め具、
付属のスピーカー、説明書、古いバージョンのアプリケーションソフトのCD/DVDディスク
など、色々な機材関連の付属品が次第に増えていきます。
セキュリティ保護 |
古いパソコンを使わなくなった時の保管方法とは?
パソコンは日々性能の進歩を続けていて、容量の大型化や読み込み速度の速さ、
グラフィック表示の向上、OSやアプリケーションの使いやすさに機能の充実性など、
ほんの数年の差でも目覚しい進化を遂げる時代です。

日常的にパソコン機器を使って仕事や趣味を行う人なら特に、スペックが良いほど
作業効率がはかどるので、1年~3年単位で定期的に新しいPC本体を購入して
デジタル環境を入れ替える場合も多いでしょう。

今まで使っていたパソコンがまだ故障してなくても、スペックが世代的に古くなって
不便になってきたので新しい高い性能のPCに買い換える場合も多いと思われます。

それでは、それまで使っていた古いパソコンをもうしばらく使わなくなったら
故障しないように安全に保管をするにはどうすればいい?という疑問について。


OSの整理


まずは古いパソコンの方は、小さな不具合や読み込み速度の遅延が少しずつ
出始めてきたとしても、まだ一応普通に電源が起動できてOSのデスクトップ画面が
開ける状態でしたら、ひとまずそれまでの中身の整理整頓を行ってみましょう。

手始めに、新しいPCに移行したソフトウェアや、いらなくなったアプリケーションを
「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムの追加と削除」でアンインストールしていきます。

また、デスクトップ左下のタスクバーに表示されているアイコンも、負担がかかる
ツールは無効にしていきましょう。
セキュリティ保護 |
外付けHDDのパーティションも分割できる?
パソコンの中に直接内蔵されているハードディスクドライブ(Cドライブ)は
OSをインストールして使えるようにする際に、データの領域を
パーティション(partition)で分割して仕切りをして記録する事もできます。

Cドライブのほかに、Dドライブ、Eドライブ、Fドライブと、同じHDDの区画を
2~4個に区切る事で、例えば一つずつ、オペレーティングシステム用、
アプリケーションソフトウェア用、データ収納庫用、バックアップ用、と
分割して使うと読み込み速度も速くなり、ファイル消失のリスクも抑えられます。

ですが内蔵のドライブだけでなく、外付けのUSBリムーバブルハードディスクも
パーティションを分割して使用していく事も可能です。
(※組み込まれているOSとそのバージョンによって、作業手順が多少異なります。)


パーテーション設定の一例


Windows XPの場合、まずはPCを起動してデスクトップ画面を開いてから
外付けHDDをUSBコネクタから接続して、デバイスドライバに認識させます。

タスクに「新しいハードウェアが見つかりました」とメッセージが表示されて、
マイコンピュータに『HD-EBU2(F:)』といった名称の新しいアイコンが出たら、
まず「スタート」のマイコンピュータを右クリックして『管理』を選択します。

次に【コンピュータの管理】バルーンの左側の項目一覧にある、記憶域の『ディスクの管理』を
押すと、(C:)すなわち内蔵HDDと外付けハードディスクの二つのメディアについての詳細が表示されます。

ディスク0がローカルディスクで、ディスク1が外付けHDDなのですが、最初はまだ未フォーマットの
状態なのでディスク1は『不明』と書かれています。
まずは初期化して使えるようにする前にパーティション分割をする必要があるため、
この項目を右クリックして「初期化」⇒[OK]を押します。

(※間違えてドライブ0に変な変更を加えてしまったり、すでにデータファイルを
書き込んで使用している外付けHDDをフォーマットしないようにご注意下さい。)

次に表示が【未割り当て】となりますので、今度は右クリックで『新しいパーティション(N)』を押して、
「新しいパーティションウィザードの開始」というバルーンで『次へ』を押します。

次に拡張パーティション(E)を選択して『次へ』⇒そして新しく作る領域の
容量(サイズ)を好きなように決める事ができます。

パーティションサイズを適当な使いやすそうな数値に設定するのですが
まずは最大ディスク領域と同じ数値を設定します。

『次へ』を押すと、そこで自動的に作成されますので、最後に『完了』を押します。
セキュリティ保護 |
パソコンを捨てる前にハードディスクを破壊する処分とは?
大分古くなった使わなくなったパソコン本体や、故障が激しくなって使用できなくなったPCや
サーバ、ワークステーション等の機器を捨てる時は、データセキュリティ上の安全のために、
内部のハードディスクドライブ(HDD: Hard disk drive)を別の方法で処分することが大事です。

PCがほぼ完全に故障していても、HDDのデータの記録部分(プラッタ)に書き込まれているOSや
ファイル、フォルダに損傷がない場合、パソコンごと廃棄処分した後で、万が一それを悪意ある
第三者に拾われて内部の貴重な個人情報やパスワードを読み取られる危険あるためです。

また、近年ではデジタル機器や家電製品は不燃ごみではなくリサイクル処分に出すことが
義務付けられていますので、こっそり燃えないゴミの袋に混ぜたりしないように
きちんと分別を心がけましょう。

リサイクル回収で使わないハードウェア製品を廃品回収してもらうのが
主な処分方法なのですが、ハードディスクドライブや外付けHDD、SSDなどの
記憶装置は、データの完全削除作業や物理的な破壊をしてもらい、
確実に読み込めない状態にしてもらって処分してもらうのが安全です。
セキュリティ保護 |
パーティションをC・Dと分割すると安全?
皆さまが普段お使いのパソコンは、ご存知ハードディスクで
全てのデーターやプログラムシステムが家禄・管理されています。

正確には、通常の状態だとHDDのうち、マイコンピュータ画面で
確認ができるローカルディスク(Cドライブ)に保存されています。

購入してから特に領域を変えていない普通の状態だと
パーティションはCドライブ一つのみで、全ての領域が入っているため、

もしもこのCドライブ内部でシステムエラーやプログラム破壊がおきると、
パソコンのハードディスク全体が故障してしまうも同じ事態になります。

しかし事前に、このパーティション(パーテーションとも呼ばれています)を
Cドライブ・Dドライブ、と領域を2分割しておけば、
普段使っている片方のパーティション内部に不具合が発生しても、

もう一つの領域にある予備ファイルを無事に残しておけるので安全性の面で大変助かります。

以前のハードディスクは100GB前後くらいの容量しかなく、
パーティションを分割できるまでの余裕がなかなか得られない点もありました。

しかし今現在でしたら500GB(ギガバイト)、1TB(テラバイト)とはるかに大容量のハードディスクが
標準でパソコンに搭載されている位ですので、パーティション分割の余裕があると言えます。
セキュリティ保護 |
セキュリティホールの欠陥を修正する対処方法とは?
コンピューターのソフトウェアプログラムにはセキュリティホール【security hole】と呼ばれる、
システム上の穴とも呼べるバグや欠陥・安全性的な盲点などが存在します。

これらの穴を通して悪質ユーザーから勝手にネットワークを介して
侵入されたり、ウィルスプログラムやスパイウェアを植えつけられて、
運が悪ければ重大な被害の発生しかねない攻撃に遭う可能性もあるのです。


セキュリティー上の安全対策手段


これらの被害を防ぐためにはセキュリティ対策を強化するだけでなく、アプリケーションソフトウェアや
OSのアップデートを日々、頻繁に自動または手動で行っておく必要もあります。

例えばWindows XP OSの場合、SP2にアップグレードをされると
セキュリティが強化され、危険の回避能力が向上します。

またそれまで発見されていたシステム上の不具合も数多く修正され、
起動時に出る警告画面の表示も少なくなります。

ウイルス対策ソフトウェアやネットワークに直接関わるアプリケーションは
特に頻繁に最新版へのアップデートを行いましょう。
セキュリティ保護 |
コンピュータが危険にさらされています、と表示されたら?
Windowsパソコンのオペレーティングシステムにコンピューターウィルス対策のための
セキュリティソフトがしっかりとインストールされていないか、
またはツールの稼動が停止している場合、デスクトップ画面右下のインジケータなどの場所に
『コンピューターが危険にさらされています』という警告メッセージと、赤い×アイコンが表示されます。


セキュリティの無効な状態とは?


この警告メッセージが出る状態は、コンピューターウイルス対策のアプリケーションソフトが
オペレーティングシステムのアップデートの作業中の時にも表示される時があります。

この状態の時は基本的に、特に心配は要らず、作業に任せて大丈夫です。

更新が完了したらまた元の上記稼働状態に戻ります。

しかしセキュリティのプログラムが実際に無効になっている場合はコンピューターウイルスや
ハッキング・スパイウェアなどの危機にさらされている、危険な状態と言えます。
セキュリティ保護 |
新しい制限ユーザーのアカウントを追加するには?
ご家庭や会社内で使われているパソコンは、一人の方だけでなく
複数の人数で使用される時、個人用というよりは共有パソコンとも呼ばれます。

共有でパソコンをお使いの時、各個人のプライバシーを守るためや、
各個人の使い方に合わせる為に、新しい制限ユーザーのアカウントを
個別に作成されておくと大変便利です。

まずはウィンドウズのスタートメニュー⇒コントロールパネルの設定画面で
【ユーザーアカウント】をクリックし【新しいアカウントを作成する】を選択します。

次の画面で新しいアカウント名を入力し、『次へ』を押します。
このアカウント名がパソコン起動持のログオン画面で表示される名前になります。

次に「アカウントの種類を選びます」で【制限】を選び、『アカウントの作成』を押します。

これでWindowsログオンの画面で複数のユーザー管理アイコンが表示されます。
セキュリティ保護 |
個人情報漏洩を防止する保護対策方法とは?
パソコン本体はインターネットのアカウントサービスや携帯電話と違い
何もインストールしていない状態だと、ネットワークにつなげた途端に
個人情報や企業データを悪質ユーザーに盗み見られてしまう危険が発生します。

PCに入っている管理データは家庭用・企業用を問わずに膨大な数に
及びますので、これらが不正に使われると大変深刻な被害に遭ってしまいます。

クレジットカードの入力データが勝手に使われたり、個人の名簿が売買される、
電子メールに大量の迷惑メールが送られてきたり、架空請求詐欺や
ネットストーカーの犯罪被害に遭う、とやっかいなものばかりです。

個人情報はコンピューターウイルスやスパイウェアの侵入・また
セキュリティの不十分なインターネットサービスのアカウント情報などから
流出してしまうケースが多く、他にもハッキングやクラッキングなど
高度化した手口でパソコンに第三者から侵入されるケースもあります。

しかしパソコンを使って何かをする以上、個人情報を全く提示せずに行うのは
ほぼ不可能とも言えますので、まずはウイルスバスターやノートンアンチウイルス
といったセキュリティ対策ソフトウェアをインストールする所から対策してみましょう。
セキュリティ保護 |
ネットワークトラブルの被害を予防する対策手段とは?
近年ではインターネットやパソコン、モバイルコンピューティングの急速な普及と発達により
生活や仕事のデジタル化が進んでいく一方で、ハイテク犯罪またはネット犯罪と呼ばれる
コンピューター上におけるトラブルの被害が問題となっています。

IT上での被害は主にネットワークや共有パソコン・モバイル機器などを通して発生しますので、
それらの事例とセキュリティ方法をよく知って事前に準備されることが、
一番の予防するための対策手段になります。

まず、基本としてネットワークからの被害発生を防ぐためには、
トレンドマイクロ・ウイルスバスターやノートン・アンチウイルス、マカフィーなど、
強力でセキュリティ対策機能の豊富なアンチウイルスソフトウェアをインストールすることです。

またファイヤーウォールもしっかりと設定します。

次に、迷惑メールフォルダーに入っているようなおかしな受信メールは
開かないようにして、特に迷惑メールの添付ファイルは開封しないようにしましょう。

また、SNSでもおかしなメッセージと、そこに書かれたおかしなURLは開かないように心がけます。
セキュリティ保護 |
差込口が折れたデータ記憶装置からファイルは復旧できる?
PC本体の内蔵ハードディスクドライブやSSD、USBメモリ、CF、MO、SDカード、xDピクチャーカード
コンパクトフラッシュなどのデジタルデータの記憶メディアは、差込口(インターフェース)を
SATA/IDEケーブルや電源ケーブル、またはUSBポート、カードリーダー、デジタルカメラ本体
といった電子機器に接続して、データを読み込みしたり、フォーマットを行います。

しかし、これらのHDDやメモリーカードを持ち運びしている最中や、プラグの引き抜きの際に、
誤って曲げてピンやコネクタ部分が折れた場合は、破損したデータ記憶装置から
ファイルは復旧することができる?という疑問について。

まず、内部のプラッタ(円盤部分)やメモリチップ自体が損傷していなくて
ハードウェアが物理的に完全に破損していなければ、基本的にまだ復旧することができます。

無理に何度も読み込もうとしたら、壊れた状態のまま電流が走って内部のディスクやチップに
ダメージが出てしまうおそれもあるため、あまり強引に 折れた補助記憶装置から
データを読み込もうとされないようにご注意ください。
セキュリティ保護 |
故障した電子機器からデータの取り出し作業を行うには?
パソコン内部のファイルデータや外付けハードディスク、サーバー、RAID、USBメモリ、SDカード、
CD-R、DVD-R、MO、SSD、NASなど、データやプログラムを保管している周辺機器の記憶装置が
故障したり物理的に破損してしまい使い物にならなくなってしまった時は、

内部のデータ自体は消去していなくて、また必要なファイルが書き込まれていて
バックアップを取りたい、という際、その電子機器からデータ記憶メディアを取り外して、
別のパソコンなどで読み込みして取り出し作業を行う方法もあります。

まず、たとえばデスクトップパソコンが故障した場合は、PCケースのカバーを開けて、
ドライブベイにあるハードディスクまたはSSDを、固定ネジをドライバーで取り外して、
次にSATA/IDEコネクタと電源コネクタをインターフェースから取り外して、引き出します。

そして別のパソコンの空いているドライブベイに増設するか、外付けHDDケースに差し込んで、
USBポートに接続する形でデータを開くこともできます。
セキュリティ保護 |
PC内部保護のためのセキュリティ対策方法とは?
パソコンやリムーバブルディスクをはじめとするコンピューター機器には
プログラムファイルや個人・企業情報など大量の貴重なデータが含まれています。

これらは何も保護対策をしなければコンピューターウイルスなどに破壊されてしまったり、
ちょっとした事で第三者に漏えいしてしまったりという危険に晒されてしまいますので、
必ず日頃からデータの取り扱いには最新の注意を払う事が
現代ではPCトラブル対策の必須事項とも言えます。

そこで、基本的なデータ保護、セキュリティ対策の手法についての例を
下記にて挙げましたので、ぜひご参照に頂けましたらと思います。


データ保護のテクニック


・データ記録媒体を廃棄処分する時にはファイルの痕跡を残さないために
 完全消去作業を行ってから捨てる。
・ウイルスバスターなど高性能でサービスの良いセキュリティソフトを
 特にインターネットへの接続時には随時稼動させておく。
・ウィルスやスパイウェア感染の摘出チェックを定期的に行う。
・怪しいウェブサイトやメールはできる限り開かないようにする。
・社内のパソコンにはアカウントの暗証番号を設定しておく。
・外付け記憶メディアは失くさないようにしっかりと保管しておく。
・大事なファイルをネットワークを介して転送する前に暗号化ソフトでセキュリティを強化する。
・PCの設置しているルームやオフィスの盗難・侵入対策に予算を惜しまない。
・サーバなど24時間ネットで稼動させる機器を導入される場合には
 システム管理会社に24時間体制でトラブルの監視をしてもらう。
・情報の流出を防止するために第三者にはPCを使わせないようにする。
・データ漏えいやファイル破損トラブルを起こさないよう社員のIT教育を行う。
重要な書類を捨てる際にはシュレッダーにかけてから棄てるようにする。
・パスワードはなるべくクッキー機能に残さないようにする。
・データが破損してしまった時のためにこまめにバックアップを取っておく。
セキュリティ保護 |
データ情報の漏洩・流出アクシデントを防ぐには?
お使いのパソコンや周辺機器に入っているデータのセキュリティ対策は
常時しっかりと設定されていますでしょうか?

パーソナルコンピューター関連のハードウェアをはじめとする電子機器には
大量の貴重なデータ情報が保存されているため、もしこれらが第三者に
読み込まれたり盗まれてしまったりしたら大変な事になってしまいます。

またインターネットからのコンピューターウィルス感染など、有害なプログラムによって
破損してしまう恐ろしいケースもあり、ネットワーク上にも多くの危機が潜んでいます。

漏えいトラブル事例


:ネットワークを介して悪質ユーザーからのハッキングを受ける。
:危険度の高いスパイウェアプログラムが侵入してしまう。
:共有パソコンに個人情報などを残してしまい、後で第三者に見られてしまう。
:会社や事務所のほかの社員がデータ流出のミスを引き起こしてしまう。
:売却または処分した電子機器からデータをソフトウェアなどで復元されてしまう。
:電子メールの転送時に添付ファイルやテキストを盗み見されてしまう。
:クッキー機能から打ち込んだ情報の履歴を読み取られてしまう。
:共同で使っているPCや記憶媒体が他の誰かに悪用されてしまう。
:空き巣に入られてしまい自宅のPCやサーバを開かれる。
:CD-RやUSBフラッシュフメモリーカードを落としてしまい、誰かに拾われてしまう。
セキュリティ保護 |
パソコンの付属品を廃棄処分する時の注意
デスクトップパソコンの本体一式を一台買うと、
コンピューター製品によくある様々な付属品が付いてきます。

主な付属品
  • キーボード
  • マウス
  • スピーカー
  • OS起動ディスク
  • マザーボードのDISC
  • 取扱説明書
  • 止め具
  • 電源コード
  • 内部パーツのケーブル
  • ACアダプター
  • 保証書

このうち、前に買ったパソコン本体と同じ物が入っていていくつも増えてくると、
中には必要の無くなる物も出てくる事があります。

しかし付属品を廃棄処分する前には念のため、本当にの先必要がない物かどうか、
他の電化製品と同じく再確認をされてみる事を推奨します。
セキュリティ保護 |
PCデータ損失回避のためのバックアップ作業とは?
今までにパソコン内部に保存してあったファイルやプログラムを何かのエラーや
ミスにより失ってしまった苦い経験をお持ちの方も多いかと思われます。

自分もハードディスクやMOディスクの完全的な損壊でそれまで入れていた
大量のファイルを失ったことがあります。主なデータ喪失の原因として、

・ハードディスクがヘッドクラッシュやショート、水害、寿命などで故障してしまう。
・誤ってプログラムファイルを削除してしまった。
・データベースやシステムにエラーやウイルス感染が起きてしまう。
・誤って同名のファイル・フォルダに上書きしてしまった。
・災害などでコンピューターが物理的に損壊してしまった。
・共有パソコンで他の誰かが誤った操作を行ったはずみでデータが消えてしまった。
・MOやDVD、FDなどのディスク面にキズが付くなどの破損が出てしまった。

と、このようにデータ損害のケースはかなり多くありまして、いつどこで
大事なデータが失われても決しておかしくはないのです。

そのためこまめなバックアップが非常に大切な作業になります。例えば
右クリックのコピー等でいつでも簡単に移す事が出来ますので割と簡単に行えます。
セキュリティ保護 |
iPad・iPhone・iPodでNot Enough Strageと出た時は?
Appleから発売されているモバイル・コンピューターのiPad・iPhone・iPodで、
電源スイッチを押してから起動後に「Not Enough Strage」というメッセージが表示されて、

CloseとSettingsをタッチするように出て、その時にどちらをタッチしても動かず、
メインスイッチで長押しして強制終了しようとしても切れない場合はどう対処すればいい?
というご質問について。

まず、こちらの状態は、バックアップ用ストレージのiCloud(アイクラウド)を
使っていて、5GBの最大容量がいっぱいに埋まると、
「Not Enough Storage」のメッセージが表示される仕組みになります。

「ストレージの購入」でiCloudの最大容量を増やすか、設定⇒「ストレージとバックアップ」
(もしくはパソコン)でiCloudの整理をしてみてください。

またiCloudの設定をオフにして解除すると「Not Enough Storage」の表示はなくなります。

iPadやiPhone、iPodの内蔵メモリーの容量の方も全部埋まっていたら、
いらないファイルを削除するか別の記録メディアに移行して整理してください。
セキュリティ保護 |
コンピューター製品を安全に保護して使う方法一覧
パソコン本体をはじめ、キーボードなどの周辺機器やサーバ、NASといった
コンピューター製品を安全に長持ちさせて使っていく方法についての目次ページです。

機材ケースの外部から入り込んでくる埃や小さなごみ、湿気といった異物をできる限り防ぐ
保管の仕方や、コンピューターウィルス感染の防止、セキュリティ状態の設定といった
重要な使い方について、下記リストの各個別ページにて解説しています。

また、コンピュータートラブル関連の質問投稿など、幅広くメッセージを受け付けています。
セキュリティ保護 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-35.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.