パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【サーバー障害の解決】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「サーバー障害の解決」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








ファイルサーバーのトラブルを修復するには?
法人用の『サーバー』やアイ・オー・データ機器の『LANDISK』(ランディスク)、
バッファローの『TeraStation』、『LinkStation』などファイルサーバーの製品を
日々お使いの際に、急にエラーや故障が発生したらどのように修復すればいい?という疑問について。


ファイルサーバー


[主なファイルサーバの製品一覧]

・BUFFALO:テラステーション 5200 管理者・RAID 2ドライブNAS TS5200D0602 6TB
・バッファロー:40MB/s DTCP-IP対応高速ホームサーバーSSDモデル LinkStation mini LS-WSXS240L/R1 240GB
・I-O DATA:RAID6対応 ビジネスNAS LANDISK XV 4.0TB HDL-XV4.0
・Thecus:NASキット N7700PRO Thecus
・NETGEAR Inc.:ReadyNAS 102 2ベイ Diskless RN10200-100AJS
・PLANEX:無線LANメディアサーバ シンプルシリーズ メモリデータ共有 MZK-SN300N2
・Synology:DiskStation DS414j 4 ベイ NAS サーバー 日本正規代理店品 CS4791 DS414j
・NGX:ギガビット PCI-E LANアダプタ RTL8111Cチップ搭載
・SONY:nasne(ナスネ) for VAIO
・QNAP:TurboNAS TS-469Pro
・センチュリー:シンプルNAS BOX PLUS+ CSS35NASP



アクセスできない場合



まず、主によくあるトラブルとして、急にパソコンなどのコンピューター機器から
ファイルサーバにアクセスできなくなった場合、ひとまず全ての機器の状態を確認します。


まず、ネットワークを接続している無線LANルーター(モデム)が正常に電源が入っていて、
アクセスランプも通常の状態で点灯しているか確かめます。

バッテリー切れになっていたり、高熱でダウン状態になっていたり、電源が入っていなかったり、
エラーが発生してビジー状態になっていたら、起動をし直してください。

また、LANケーブルのコネクタがファイルサーバー(NAS)とルーターに接続しているか、
またはうっかり繋げるのを忘れてしまっていないか、ご確認ください。


パソコンの方でタスクバーのアンテナが経っていなくてウェブブラウザを開いても
インターに接続できない場合は、一度パソコンやルーターを再起動してください。

状況によっては、PIN(パスワード)を再入力したり設定をし直します。


また、LANDISKやLinkStationの本体のアクセスランプにエラーのサインが点滅していたり、
トラブルの発生を示すビープ音が鳴りだしたら、
取扱説明書やトラブルシューティングのページを参考に一通りの対処方法を順に実践します。
サーバー障害の解決 | ファイルサーバー、NAS
運営サーバのパフォーマンスの異常発生に対応するには?
サーバーを企業や自宅にて運用されていて、24時間365日、と
一年中稼動させているIT環境をお持ちの場合、

いつ突然、パフォーマンスやその他システムに異常が発生して
サーバーダウンが起こってもすぐに気づいて対処ができるように、

常時、稼動状態が正常であるかどうか監視するシステム、
またはマネジメント運用管理のサービスを活用されてみると安全です。

サーバシステムの各構造:ノード・ポート・リソース・プロセスなど、
随時監視を行う必要のあるシステムは数多く存在します。

常に負荷のかかっているサーバー機器が論理的・物理的に破損を
起こしてしまうのはよくある事のため、時間や予算を惜しまず
運用管理をしっかりと行われる事で、いざというときにも慌てずに済みます。
サーバー障害の解決 |
HPの『ページが見つかりません HTTP 404 未検出』とは?
インターネットのホームページやウェブログ・などのウェブページを見ていくとたまに
『HTTP 404 未検出 ページが見つかりません』
『サーバーが見つかりません ページを表示できません』
『403 Forbidden』
といった白地に文字だけのコンテンツが無いページが表示される事がありますよね。

これはパソコンの調子が悪いのではなく、ページを構成するHTMLファイルが
HP先のファイルマネージャ(レンタルサーバー上の保管庫)から削除されているか、
一時的なアクセスエラーで映らないだけで、PCの故障ではありません。

サイトの閉鎖や移転、サーバー先の故障によるデータクラッシュなどの要因で
ページそのものが消えてリンク切れを起こしている状態が大部分なのですが、

どこのホームページサービスでもサーバの整理中やアクセスの集中する時間帯
には一時的にページが閲覧できなくなる場合があり、数時間~半日ほど
時間が経ったら回復するケースもよくあります。
サーバー障害の解決 |
サーバーシステムの障害に対する防止対策手段とは?
サーバー[Server・さーばー]といえば、大手IT企業より提供されている
ウェブサービスを構築・運営・管理するための大型かつ高性能な
コンピューター群というイメージがありますよね。

ロボット検索エンジンの運営会社など最大手の会社ではそれこそ数千台もの
大規模なサーバー機械によって稼動されています。

しかし近年ではより身近なものとしても進歩していき、中小企業のクライアントサーバから、
自宅で構築できる小規模の個人専用サーバまで幅広く販売されています。

ネットワークやハードウェアの進歩とともに、どなたでも設備を揃えれば
サーバシステムを運営・管理ができるようになりました。

しかしサーバーは熱暴走による負荷やアクセス集中によるダウンなど、
パソコン以上にトラブルが発生しやすいため、しっかりとしたアクシデント対策を
設備前の段階から綿密に行う必要もあります。

まず、よく起こりがちな障害としてはやはりオンラインストレージやブログなどの
インターネット上のサービスでもよく見られる、クライアント(ユーザー)からの
一時的なアクセスの集中により処理能力の限界を越えてしまいダウンによる
アクセスエラーやデータベースエラーが起こってしまうトラブルですね。

ご利用されているユーザーが増加してきましたら、サーバの設置台数を
増やしたり構築を変えてみたりと、常に調整を行う事が必須となってきます。

出来る限り負荷をかけないように安全な使用を心がけるのも大切なのですが、
配置する場所と環境にも注意を配るようにしましょう。

サーバールームには冷却設備を配置して過熱をやわらげられるようにし、
また機械の大敵である直射日光、湿気、水気、電磁波、が当たらないように、
そして埃やゴミ、虫の侵入などもないように衛生面にも気配りが大切です。
サーバー障害の解決 |
ウェブレンタルサーバー先のダウン障害とは?
インターネットで登録できるウェブページの作成サービスには、
ホームページのレンタルドメインや掲示板、ウェブログ、チャット、
ソーシャルネットワーク(SNS)、サーチエンジンなど、数多くの種類があります。

そのほとんどがGoogleやYahoo、MSN、Twitter、Facebook、livedoorをはじめ、
各企業より提供されているサーバーのレンタルスペースにてデータ管理が
行われていますので、自分のパソコンに保管をしなくてもHP等の運営が可能です。

またオンラインストレージや電子メールサービスも提供元の企業サーバーにて
システムやセーブデータの運営・管理が行われています。

これらのサービスは各社において、システム管理会社等を通して24時間、
しっかりと管理がなされているため通常は安定していつでも使用できます。

しかし、稀に多大な集中アクセスなどによりサーバーに負荷が掛かり、
一時的にサーバーダウンまたはデータベースエラーと呼ばれる、
アクセス不可能な状態に陥ってしまう事があります。

システムの急な故障やネットウイルス・不正アクセス・災害による被害など
他にいくつかの要因もありまして、特に小さい規模のネットワークや会社ほど
こういった一時的なトラブルに遭われてしまう傾向があります。

大抵は数時間から数日で回復するのですが、その間にも中途半端な修復状態の時に
下手に更新するなどしていじってしまうと、
一部の設定や記録が変な状態に上書きされてしまう可能性もありますので
なるべく完全にサービスが元に戻るまでは何も動かさないのが一番です。
サーバー障害の解決 |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-32.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.