パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【InternetExplorer】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「InternetExplorer」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








IEやOSのバージョンアップ後に一部のページが見れなくなったら?
Microsoft社から提供されているウェブブラウザの
『Ineternet Explorer』(インターネット・エクスプローラー)は、
WindowsのOSとともに、定期的に新しいバージョンがリリースされています。

IEは新しいバージョンが登場した後でいつでもインターネットから手動で
IE10⇒IE11という具合にバージョンアップする事ができます。

また、「Windows 8」から「Windows8.1」にアップグレードしたりと、
オペレーティングシステムの方でバージョンを更新する際にも
IEの方も一緒にアップグレードする、というケースもあります。


しかしブラウザが更新された後で、
稀に一部の特定のウェブページが突然、表示できなくなってしまう事があります。

特殊なコンテンツの含まれるページや自動生成される動的ページ、
またログイン(サインイン)して入るページやIPアドレスのページなど、
少し特殊なタイプのウェブページでたまに起こります。


まず、「Webページが見つかりません」と表示された時は、
パソコンがインターネットに繋がっているかどうか、別のページを開いて確かめます。

Webページが見つかりません

次に、URLアドレスの入力ミスがないか、確認してください。

または、そのサイトや個別のページが閉鎖されてなくなっていないか、
ドメインのトップページやサーチエンジンの結果表示などを見てチェックしてください。


お使いのブラウザでは対応されていません。」といった表記が出た時は、
IEを一旦、前の閲覧できていた時のバージョンに
ダウングレードして再度開くと、再びページが見れる可能性があります。


または他のIT企業にて提供されているウェブブラウザ

・「Google Chrome」(グーグルクローム)
・「Safari」(サファリ)
・「FireFox」(ファイアフォックス)
・「Opera」(オペラ)


などをインストールして、そちらでネットのページ開いてみると閲覧できる事もあります。


InternetExplorer | IE
ページのウィンドウが勝手に複数表示される時は?
インターネットを開いてホームページを閲覧していくと、たまに
特定のサイト・ページを開いた時に、縦長、横長のウィンドウや
小さな小窓のページが同時にいくつも表示される事があります。

これらのページは何かの掲載のプレビューだったりする事が多く、
ウェブ宣伝のための窓枠であるものが多いです。

ただ、見たいページ本文とはあまり関わりが無かったり、中には
一般向けでない悪質なページへの誘導の危険が潜んでいるものまで存在します。

特に、コンピューターウィルスやスパイウェアが仕込まれている
危険なページに飛んでしまう悪質なものまでありますので十分にご注意下さい。

同時にいくつか表示される小窓のウィンドウページは、基本的には
関係がないものと見られる場合は何もせずに全て、ウェブブラウザ画面
右上の赤い『×』マークか、下のタスクの『×閉じる』を押して
順に全て閉じて、本文のページだけ残して閲覧を続けるのがセオリーです。
InternetExplorer |
インターネットサイトを開けません。操作は中断されました のエラー
パソコンのブラウザでインターネットに接続中、どこかのウェブサイトに
アクセスしようとした際に
『インターネットサイト(URLアドレス)を開けません。操作は中断されました』
というエラーメッセージが出て、ページが閲覧出来ない場合について。

IE8への変更


この問題の原因はホームページのHTMLやXMLの方よりも、
Internet Explorer6や7(インターネット・エクスプローラー6/7)など、
お使いのバージョンの古いウェブブラウザの方でエラーが出ている場合が多いです。

まずは、マイクロソフトのサポートで推奨されている
Internet Explorer8(またはIE9)にバージョンアップを行い、
新しいアプリケーションソフトの仕様にしてHPを閲覧されてみる方法をお薦めします。
InternetExplorer |
IEのツールバー表示が多すぎるとネットが重くなる?
インターネットを閲覧できるパソコン搭載機能:ウェブブラウザには
画面の上部や左側にいくつかの便利なメニューバー・ツールバーを
表示させる事が出来ます。

主なツールバー一覧
  • アドレスバー
  • お気に入りバー
  • コマンドバー
  • ステータスバー
  • Google Toolbar
  • Yahoo!ツールバー
  • Trendツールバー

Yahoo!JapanやGoogleなど、検索窓機能やメール受信の表示、
ブックマークボタンや翻訳ボタンなど、ツールバーには数多くの
便利なボタンをカスタマイズで表示させることが出来ます。

しかし、これらをIE(Internet Explorer)等のウェブブラウザに
ネットを開くと同時に自動的に表示させるように設定している状態の場合、
容量を若干使い、沢山ツールバーを表示させていると多少遅くなります。

特にメモリmの容量やCPUの性能が低いパソコンでは、デスクトップから
インターネットのアイコンをクリックしてから表示されるまでに
10秒以上の時間がかかる場合もあります。
InternetExplorer |
IE7 InternetExplorer7のエラーを修復するには?
Windowsパソコンのの標準搭載型ウェブブラウザとしてMicrosoft(マイクロソフト)
から提供されているIE:InternetExplorer7[インターネットエクスプローラー7]。

それまでのIE6以下のブラウザと違いIE7はビジュアルが大きく変わっただけでなく、
Tab[タブ]をはじめ様々な機能が搭載されているのですが、パソコンの処理速度や
性能がある程度高くなければネットの表示が遅くなったり、フリーズなどのエラーが
発生してしまう事もあります。

インターネットエクスプローラーの回復


インターネットをもっとスムーズに閲覧したい、という時にはウェブブラウザの
右側のツールのカスタマイズ、または右クリックの表示メニューでタブや
ツールバーなどの機能を一つずつ解除してみると、結構表示が速くなったり
読み込みのエラーなどを修復できます。

IE6はまだ比較的軽いのですが、IE7、IE8ではタブ機能などの
ツールが増えて、スペックの低いパソコンではやや重くなりがちなため、
これらの機能を無効に設定すると大分軽くできる時もあります。
InternetExplorer |
IE:インターネットエクスプローラーがフリーズする時の直し方
Microsoft(マイクロソフト)社から開発・配布されているウェブプラウザ
「Microsoft Internet Explorer」(Version7以降はWindowsInternetExplorer)」は
現在主に6.0と7.0、8、Mobileが主流になって普及されています。

IE6や7、8でインターネットを閲覧中にフリーズが起きてページが開けなくなったり
読み込みが遅くなる、またはどこか特定のページを開いた瞬間に
強制終了してしまう事はよくありまして、書きかけの作業や検索を
頻繁に一からやり直しにしなくてはならなくなりお困りの方も多いと思われます。

まず、WWWプラウザはほぼ全ての種類が極めて優秀なネットワーク閲覧システム
であり、ウェブプラウザのインストールしたプログラムに問題がある事は
あまりないのですが、IE7、IE8のタブ機能やツールバーの標準搭載など、
いくつかの最新機能が付加された事により、少し前の世代のスペックの低めな
PC本体では読み込みの処理速度が追いつかずに、動作の遅延を
引き起こしてしまう例がよく発生しています。

そんな時にはIEのカスタマイズ画面を開いて、タブなどあまり使わない機能を
使用しないように設定をして外していくとネットの閲覧がやや軽くなります。

また同じように他のウイルス対策ソフトのあまり使わないツールを
未使用にしていくと動作が速くなる事もあります。
InternetExplorer |
Internet Explorer IEの起動が遅い時は?
インターネットを閲覧するためのウェブプラウザとして最も普及している、
MicrosoftのWindows Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー・IE)を
起動させるとき、いつも立ち上げるのが遅い場合、または起動閲覧中に、

画像の多いページを開いたり動画の再生、プログラムのダウンロードといった
ちょっとでも重いアクションを起こした途端に何十秒も開くのに時間がかかったり
読み込みが途切れ途切れになってしまう、といったスローペースの障害に
悩まされてしまう場合の原因と対処方法について、簡単にご説明いたします。

ネットが重くなってしまう理由はまず大まかに分けまして、

・Lanやダイヤル回線からの接続環境が遅い
・CPUやメモリ、マザーボード等の性能が低い
・グラフィックカードが搭載されていない
・IE7の場合、タブなどの機能を多く使ってしまっている
・ウイルス対策ソフトやツールバーにプロセスを使っているため
・開いたウェブページ自体がかなり容量が大きく、読み込みに時間がかかる

この中でも特に多い原因が、パソコン本体の性能が低い場合です。

CPUのスペックやメモリ、HDDの容量がある程度高くなければ
処理能力が遅くなってしまい、また動画映像を閲覧する際には
ビデオカード(グラフィックカード)の搭載もできれば必要です。
InternetExplorer |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-31.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.