パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【プログラムの機能】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「プログラムの機能」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
プログラムの機能 のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






初期化動作で消したデータの復旧は可能?
パソコンのハードディスクにあるパーティションや外部接続のリムーバブルメディア
(外付けHDD、MO、フロッピーディスク、ブルーレイ、DVD、CD、USBメモリ、SDカードなど)に
書き込んで記録していた全てのデータファイルを、動作ミスで記憶媒体ごと
初期化:論理フォーマットして削除するトラブルが起きた時にデータ復旧はできる?という疑問について。


フォーマット指示の表示エラー


USBケーブル等を通してパソコンにつなげるリムーバブル・ディスクは稀に接続時のエラーで
デバイスドライバに認識がされず、購入した最初の使い始めの時にすでに一度フォーマットを
行っているにも関わらず、もう一度「フォーマットしますか?」と
ダイアログボックスが表示されることがあります。

ここで勢いでうっかり「いいえ」ではなく「はい」を選択すると、
そのまま中身が初期化されて全ての保存データが消えてしまうのです。

初期化ミスのアクシデント事例
  • Windows OSのリカバリーインストール
  • FDやMOを読み込んだ時にフォーマットしますか?と表示された。
  • BD-REの録画タイトルが全部消去された。
  • DVDディスクを誤って初期化した。
  • 他の人が間違えて操作して消してしまった。
プログラムの機能 |
このフォルダには既に同名ファイルが存在します。と出た時は?
PCのハードディスクまたは外部接続メディア(リムーバブルディスク)に
新しくファイルやアプリケーションプログラムを書き込む際、
そのフォルダにすでに同名で同じ拡張子のファイルがあった場合は、

このフォルダには既に○○ファイルが存在します。と、
ファイルの上書き確認の警告ウィンドウが表示されます。

ここで「はい」を選択した場合、もともと記憶装置の中に存在していた
拡張子ファイルまたはフォルダが新しく書き込む方に上書きされて、
データーが消えてしまいますので、勢い余って押してしまうと危険です。

主なリムーバブルディスク
  • マルチメディアカード
  • microSDカード
  • スマートメディア
  • メモリースティック・デュオ
  • CF
  • FD
  • xdピクチャーカード
  • USBフラッシュメモリ
  • CD,DVD-R/RW/ROM/RAM
  • BD-RE
  • ポータブルHD
  • MO

特に外部記憶装置をたまに使う場合、前回の接続の時にうっかり
書き込んでいた分を忘れていて上書きしてしまうミスも発生しやすいです。
プログラムの機能 |
データの読み込み・書き込みができない時の修復の仕方は?
PCに内蔵されているデータ記憶装置の『ハードディスクドライブ』は
MO・microSDカード・USBフラッシュメモリ・CD/DVD/BDディスク・xDピクチャーカード・
マルチメディアカード・スマートメディアといったデータ記録媒体に新しく
ファイルを書き込みしたり、逆に読み込みをして開くことができます。

しかし、HDDのシステムファイルに異常が起こったり、読み込み用のドライブ機器や
カードリーダーが故障してしまったり、デバイスマネージャーに認識されていない
状態になると、この作業が行えなくなってしまいます。


ファイル書き出しエラーの原因


いくつかのトラブルパターンでの修復方法を記述いたします。

まず、外部接続の記憶メディアからデータファイルの読み込みができない場合は、
ドライブ装置やアダプタ・カードリーダーの電源ランプが正常に付いているかご確認ください。

もしランプの色が変わっていたり、消えていたりずっと付いたままの状態でしっかりと
明かりが付いていない場合は、機器の種類にもよるのですが
電源が付いていないか、デバイスの認識エラーが起きている可能性があります。

または一時的な熱暴走でディスクの読み出しができなかったり、
または記憶メディアか接続装置・電源コード等が破損しているケースもあります。
プログラムの機能 |
誤ったフォーマットで消えた保存データは復元できる?
パソコンに内蔵されたハードディスクドライブやSSD、またNAS、RAIDケース、サーバ、MO、
USBメモリ、マルチメディアカード、SDカード、DVD-RW、コンパクトフラッシュ、xDピクチャーカード
などのデジタルデータ記憶メディア(アプリケーションフォーマット)を、
購入時の書き込みしていない状態に初期化することを「フォーマット」(format)と言います。

たまにデータ記憶メディアをパソコンに接続したら、認識エラーで「フォーマットしますか?」
という選択コマンドが出てくることがあります。

ここでうっかり勢いで「はい」を押してしまうとそれまでの全データが削除されてしまいます。

誤ってクイックフォーマットをした場合には、また、誤った操作でリムーバブルディスクを
初期化してしまったなどの場合で必要なファイルやフォルダーを消してしまった時は、
どうすれば保存データを元に戻して復元できる?という疑問について。
プログラムの機能 |
ゴミ箱ツールの削除データを復元するには?
パソコンを日々使っていく中で新しいプログラムファイルやソフトウェアツールを次々と
インストールしていくうちに、Cドライブ(ハードディスク)の空き容量が少しずつ減っていき、
最初のうちはスムーズだったPC全体の処理速度も次第に遅くなってしまう事があるため、
時々いらなくなったファイルを削除して容量を軽くする必要もあります。

マイコンピュータ画面から右クリックで削除したファイルやフォルダーは一旦
ごみ箱ツールに移動されますのですぐには消えないのですが、そのままだと
空き領域も回復しないため、「ごみ箱を空にする」などで消去します。

しかしここで もしごみ箱に必要なデータファイルまで混ざっていてうっかりまとめて
消してしまった場合、または抹消したデータが後で必要になってしまったり、
ディスククリーンアップの機能からうっかり一括で削除してしまった場合は
どうすれば拡張子を復元して元に戻せる?というご質問についてお答えします。

ゴミ箱ツール内部の修復はあらゆるデータ復旧作業の中でも
最も簡単かつ、成功率も高い作業で、ウィンドウズの「ファイル履歴」の機能や
市販のデータ復元ソフトウェアを使って誰でも復旧を試みる事ができます。

ゴミ箱内には一度削除した後も大抵はまだ痕跡が残っていますので、
ファイナルデータやファイル復活、完全復元PROなどの各種ユーティリティを
インストールして、ツールの操作に従って回復させる事ができます。

市販のユーティリティーの方がゴミ箱のデータ修復などの成功率が高く、
対応されている機器やお役立ちツールの数も多いです。

復元したいファイルのみを絞る機能がある製品もあり、今まで消してきたデータを
一気に何百と復活できるので一度使ってみると、その高い効果が実感できます。
プログラムの機能 |
削除したデータファイルを自分で復元するには?
うっかり必要な拡張子ファイルやソフトウェアプログラムなどを
間違えてごみ箱やマイコンピュータ内から消去してしまった場合、
またはUSBメモリーカードやSDカード、ローカルディスクをフォーマットしてしまい
全データが抹消してしまった場合でも、後から復元をさせることは可能です。

また、ゴミ箱フォルダーがあるコンピューターやシステムでは、一度削除したファイルは
すぐ消去されずに特定の削除済みフォルダーに移動していることがあります。

上記の喪失例は『論理障害』というパターンでして、HDDが壊れてしまうなどの
物理的な障害よりも高い成功率で修復することができます。

個人でも、専門のデータ復元ソフトウェアなどを用いて元に戻す事ができます。

主なデータ復旧専門のソフトウェアに・AOSテクノロジーズ(株)の『ファイナルデータ』シリーズ、
・(株)ジャングルの『完全データ復元PRO』シリーズ、・Mac PPC Intel Macの『DataRescue』
などがありまして、ゴミ箱内の消去ファイルから、再セットアップしてしまった
全データの回復まで幅広く活用することができます。
プログラムの機能 |
アプリケーションソフトウェアのエラーを防止する手段とは?
IE(インターネットエクスプローラー)やFirefoxなどのウェブプラウザ、
またウイルスバスターやノートンアンチウイルスなどのセキュリティソフトは
メモリの容量を結構多く使うプログラムですので、ある程度高速で稼動させるには
ローカルディスクやメモリの容量が大きいものを選ぶ必要があります。

またPhotoshopをはじめとするグラフィックソフトやWindows Media Playerなどの
動画再生プログラムもマイコンピュータにインストールされる容量が
大変大きく、使用するために必要なパソコンの動作環境が低い場合、

アプリケーションソフトウェアの起動中に突然フリーズしてしまったりシャットダウンや再起動が
起きてしまう、また読み込みのスピードが非常に遅くスムーズに作業ができないという
ケースも大変多く、エラーや速度の遅延に悩まされている方も多いかと思われます。

これらのトラブルは主に、動作環境の不足が大部分での原因となりえまして、パソコンのスペックが
新型のソフトウェアやネットのプログラムに追いついていないというパターンがほとんどです。

例えば、ご自宅のPCでインターネットを開くのが遅くなってしまっている場合、
ネットカフェや電気店にあるデスクトップパソコンでははるかに速く
InternetExplorerが開けて快適に作業できる、という場合も多いです。
(重いページの場合は最新スペックのパソコンでも大差ない事もあります)

主に『CPUの性能』、『メインメモリまたは仮想メモリの容量』、
『ハードディスクドライブの空き領域』、『マザーボードのスペック』
といった要素で読み込み速度やエラーの発生率は変化すると言えます。
プログラムの機能 |
アプリケーションプログラムのエラーが起こる原因と修復方法は?
アプリケーションプログラムとは、Windowsでいえば「スタートメニュー」の
「すべてのプログラム」や「入力欄」から開けるアクセサリやツール、またはソフトウェアのCDから
インストールしたユーティリティーやインターネットでインストールしたツールなど、
パソコンを快適に使うためのあらゆるツールやプログラムのことです。

これらのシステムを開始するためには、どのパソコンでも使えるものから一部のWindowsOSでしか
使用できないもの、パーツにある程度のスペックの高さが要求されるものまで様々です。

最新の高度なプログラムが組み込まれたアプリケーションのように、
何らかの要素が不足しているだけでも正常に起動・稼動ができない場合もありますので、
エラーやシステムダウンを引き起こしてしまう例もまた多いです。

まずよくある例として、「とりあえずは稼動するけど非常に読み込みや動作が遅く、
時にはフリーズや強制終了がおきてしまう」というパターンに考えられる原因には、

・プログラムのバージョンがまだ1.0でシステムバグが含まれていた。
・仮想メモリの容量やCPU(中央演算処理装置)の性能が低め。
・HDD(Cドライブ)の空き領域が埋まってしまっている。
・ビデオカードやNET Frameworkなど必要なパーツやシステムが設備されていない。
・インストール時にセットアップ設定を間違えてしまった、等。

中でも特に多いパターンとして、ソフトウェアのパッケージや取扱説明書に
書かれている、最低限必要な動作環境にPCが達していないために
ユーティリティーの読み込みや動作に支障が出てしまっていることです。
プログラムの機能 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-30.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.