パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Ubuntu・Linux】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「Ubuntu・Linux」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








UbuntuをインストールしてWindowsパソコンを起動
お使いのWindowsパソコンである時、
ウィンドウズのオペレーティングシステムが破損して起動できなくなった場合に、
Linux系のOSを使って一時的に代理としてPCを開く方法があります。

Linux(リナックス)の日本語バージョンのOSは
手軽に入手ができるだけでなくインストールもある程度簡単で、
またCD/DVDディスクやUSBメモリからブートで起動ができる物もあります。


今回のこちらの説明では、ハードディスク(またはSSD)に直接、
Linuxディストリビューションのオペレーティングシステムの一つ
「Ubuntu」(ウブンツ・ウブントゥ)を使う手順について解説します。

ちなみにUbuntuはインストール時にパーティション分けを行えるため、
仮想化ソフトとしてではなく「デュアルブート」でインストールして起動する事で
Windowsのシステムのディスク領域にも影響なく書き込みをする事も可能です。


まずはUbuntuのOSが書き込まれたDVDディスクを、本や雑誌の付録などで入手します。

または別の正常に起動できるパソコンから
Ubuntuの配布サイトにアクセスしてダウンロードで入手します。


Windowsが正常に開かなくなったパソコンの電源を起動して、
すぐに内蔵DVDドライブを開いてトレイにディスクを挿入します。

Ubuntuディスク

DELETEキーかF2キーを押して、BIOS設定画面を開きます。

ドライブ起動の優先順位を内蔵HDDからDVDドライブに変更して、BIOS画面を終了します。

まず最初に、「ようこそ」と出る案内画面が出てきます。

「Ubuntuをインストール」を選択して、
次の画面で動作条件を満たしているかを確認して「次へ」を押します。

「UbuntuをWindows8(または7、Vista、XPなど)とは別にインストール」
の項目を選択して、「続ける」を押します。

インストールするハードディスクドライブの選択と、
パーティションを何GBほどに割り当てて分割するかを決めます。

タイムゾーンを「Tokyo」、キーボードレイアウトを「日本語」に設定して、
アカウント登録の画面で項目を入力して「続ける」を押すと、
Ubuntuのインストールが始まります。

1時間ほどかかるのでしばらく待機して「インストールが完了しました」
と表示されたら「今すぐ再起動する」のボタンを押します。


再起動した時、まずDVDディスクをトレイから抜き取ります。

最初の起動ロゴ画面の後では、デュアルブートを行った際に
黒い画面と白い文字のオペレーティングシステムの選択画面が表示されます。

ここでUbuntuを選択するとホーム画面が開きますので、次に初期設定を行います。

Ubuntu・Linux | ubuntu
LinuxでWindows OSのデータを修復する手法
Linux(リナックス・ライナックス)はWindowsやMacintoshとは違う
UNIX系のOS(オペレーティング・システム)のカーネルです。

これにアプリケーションソフトウェアやインストーラーを付与したものが
Linuxディストリビューションと呼ばれ、OSとして機能させる事が出来ます。

オープン・ソースと呼ばれる、ネットワークで共有した開発手法が
導入されていまして、セキュリティ対策やバグ・エラーの修正が日々
ユーザー間で行われています。

Linuxは誰でも簡単に安価で入手できるものが多く、OSとしての安定性も高いです。

また、フリー配布が許可されているものもあり、CDやDVDディスクに
ディストリビューションを書き込んで入手できる物もあります。

Knoppx(クノーピクス)やUbuntu(ウブントゥ)などのディストリビューションは
ディスクを内蔵/外付けCD/DVDドライブに挿入して読み込み、
直接パソコンにOSをインストールしなくてもBIOSの起動優先度の変更で
開く事が出来ます。

そして、その機能を用いる事で、Windows XPやVista/7/HomeServer2008といった
ウィンドウズのOSが破損して開けなくなった時に、Linuxを代わりに起動する事で
ハードディスクドライブのデータを読み込む手法もあります。
Ubuntu・Linux |
KNOPPIXでPC内のデータ回収を行うには?
Windows OSが突然開かなくなってしまいセーフモードでも起動ができない
深刻な事態が起きてしまい、一刻も早く内部のファイルデータが必要な時には
LinuxディストリビューションのOSソフトウェア:『KNOPPIX』(クノーピクス)を
PCの起動時にCD-ROMドライブに挿入して読み込ませ、UNIX系OSの方で
パソコンを開く方法が活用できます。

まずはKNOPPIXのCDディスクをドライブに挿入し、そのままパソコンを起動します。
Linux OSが無事開けましたら、MOや外付けHDD・USBフラッシュメモリなどの
ある程度空き容量が大きい外部記憶メディアをUSBポートに挿入します。
そして必要なデータをフォルダにコピーする事で内部データの回収が完了できます。
Ubuntu・Linux |
PC/AT互換機で他のOSも動かせる?
PC/AT互換機(Personal Computer/Advanced Technology Compatible Machine)
『パーソナルコンピューター・アドバンスドテクノロジー互換機』とは、
IBM社が1984年に発売したPC/ATのアーキテクチャを導入してソフトウェアの
互換性を含めた仕様のパソコンで、Macintosh製以外のほとんどのPCが
現在ではこれに当たります。
Ubuntu・Linux |
UNIX OS ユニックスの故障トラブルと障害対策
UNIX(ユニックス)系OSとはAT&T社のベル研究所により開発された
マルチタスク・マルチユーザー機能を備えたオペレーティングシステムの一つです。

主にパソコンやサーバなどのコンピューター機器に使用されていて
GNU/linux(リナックス)やFreeBSD、Darwin、Solaris 等フリーで使用できるものや
Ultrix、Tru64 UNIX、DG/UX 、Windows NT系 、MachTenなどフリー以外のものまで
様々なUNIX系OSが派生しています。

UNIX系はCDブートで起動できたり無料で使える事など大変便利に使えるのですが
一方で、派生系のものが非常に多く、
MicrosoftのWindowsやアップル社のMac OS Xのように広く普及して設備や性能が
非常に進歩しているOSとはやはり様々な面で違う、という面もあります。
Ubuntu・Linux |
Linux OSのインストールができない時は?
WindowsやMacに続くOS(オペレーティングシステム)の一種、
Linux(読み方はリナックス・ライナックス・リーヌークスなど様々)は、
UNIX派生のOSの一つで、無料でインストールができてCDにダウンロードして
使用できること等が利点です。

KNOPPIX[クノーピクス]など、CD-ROMやDVD-ROMドライブから外部接続して
Wnidowsを開かずにPCの起動ができるLinuxディストリビューションもまた、
障害が起こって開けないパソコンのデータバックアップ等に大変便利です。

しかしながらいざ、実際にネットワークからダウンロードしてインストールしようと
した時に、Virtual PCなどで正常にインストールできなかったり表示が崩れたり
してしまうトラブルも起こってしまう事があります。

こういったトラブルはLinuxのOSプログラムに異常がある事は少なく、
パソコンの方が対応されていない場合が大多数です。

例えばVirtual PCの場合はLinuxの24bitカラー画面に対応されておらずに
起動画面がおかしくなっったり文字化けが起こる場合があるので、
一度アンインストールした後で16bitカラーに再設定した後に直して
インストールし直す必要があります。
Ubuntu・Linux |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-27.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.