パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【バッテリー・アダプター】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「バッテリー・アダプター」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








UPS(無停電電源装置)が故障する原因とは?
UPS(ユーピーエス、Uninterruptible Power Supply、 無停電電源装置)は
定電圧低周波を使って給電を行い、バッテリーの充電をして
停電対策のために電源のバックアップをするための装置です。

UPS

落雷や断線の事故で急に街の電力の供給が一斉にストップしたり、
家電製品を一斉に使用したためにブレーカーが落ちた場合、
普通に電源コンセントにパソコンや外付けHDD、レコーダーなどのプラグを
差し込んだままだと急に稼働が止まって起動が強制的に終了します。

そうなると通常のシャットダウンやシステム終了が行えなかったために
PCのオペレーティングシステムに障害が起こったり、
上書き保存していない部分のデータがそのまま消えてしまったり、
回転中だったハードディスクなどの部品が故障してしまうおそれもあります。

そこでUPS(無停電電源装置)を電源コンセントの差込口との間に
中継する形でセットしておけば、急に停電が起こった時に
数分~数十分ほどの間、内蔵バッテリーの電力をそのまま継続して、
パソコンなどの機器を止めずに上書きやシャットダウンを行う事ができます。

ですがこの無停電電源装置は少しデリケートな機材で、
うっかり間違えた使い方をすると、トラブルの際に電力が正常に
供給されなかったり、負担が掛かり機器が故障してしまう場合があります。



まず、大抵のUPS製品には電源ボタンがあるので、
これを必ず「オン」にして起動します。

複数のコンセントの差込口がある製品では、
普通の差込口と、停電時のバックアップ用の差込口とで
分かれている物もあります。

デスクトップパソコンや外付けHDD、RAID、NAS、レコーダーなどの製品は
こちらの停電時バックアップ用の差込口を使用してください。

差込口の数が足りなかったり、ACアダプターを使っていて
コンセント同時の幅が狭くて差し込めない時は、
延長ケーブルなどを使って接続します。

また、UPSからコンピューター本体の電源コンセントのプラグか
コードの突っ張りなどで引っこ抜けてしまうと機器が止まってしまうので、
機材の配置にも十分に気を配ってください。
バッテリー・アダプター | コンピュータ関連
落雷でパソコンが破壊されるのを防ぐ装置とは?
台風や夕立、嵐が来て外で激しく雷が鳴っている時、
遠くで落雷している様子を窓からでも確認できるような場合、
パソコンや電化製品の電源ケーブルをコンセントに差していると少し危険です。

自宅・自社付近で落雷があって、稀にその周辺地域に過剰電流が流れて
電源コンセントを伝ってコンピューターの中身がショートしたり焼き焦げて、
物理的に電子機器の回路が破壊されてしまう恐れがあります。

内蔵のバッテリーで起動中のノートパソコンやiPad、iPhoneなどは大丈夫ですが、
他の電化製品をはたとえ使わずに電源を切っていても、
電源コンセントに差し込まれているだけでも過剰電流が流れる危険があります。

落雷による破壊を防ぐ一番確実で簡単な方法は、雷が収まるまで電源を切って
ケーブルをコンセントから外しておく事です。

雷ガード機能付きOAタップ


ただ、その間も仕事の作業やインターネット上でのミーティングの予定があって
コンピューターの起動を急に中断させる事が出来ない場合もまた多いですね。
いちいち全ての電源コンセントを抜いていくのも少し面倒、との事もあります。

そこで予め、パソコンショップや家電量販店などで販売されている、
『雷ガード機能付きOAタップ(ACアダプタ)』に付け替えておく手段があります。
普通のコンセントと違い、雷サージガード機能付いたOAタップを使う事で、
落雷の影響で一時的に跳ね上がる電圧を、指定された制限電圧400Vに抑えられます。

建物に雷が直撃でもしない限りは大体は専用の落雷対策製品で防げます。
バッテリー・アダプター |
ACアダプターから電気が通らなくなる故障の原因は?
ACアダプター(エーシー・アダプタ)とは、AC=交流電源を直流電源(DC)に
変更して電圧を変換し、小型の電化製品などに電力を供給するための
電源装置です。

コンセントの差込口と電気製品とを繋げるコードと変圧器・整流器などの
回路で構成されており、主にノートパソコンやスピーカー、電話機、
デジタルカメラ、ポータブルオーディオプレーヤー等に使われています。

プラグの断線による損傷


ACアダプターが破損する理由の多くに、まず、コードや付け根部分の
折れ曲がりによる断線の原因が挙げられます。

電化製品の取り扱い説明書にもよく書かれているのですが、
電源コードやアダプターは強く曲げすぎると中身の線が折れたり切れてしまい
DCプラグなどが壊れてしまう事もあります。

また、差込口に小さなごみや埃が詰まったり、水濡れして錆びやカビが
付着すると、電気が通らなくなるばかりか、万が一の漏電や火災のおそれもあり
危険ですので、暫く使っていないACアダプターは一応確認して、埃を
除去して軽く掃除を行うと良いでしょう。
バッテリー・アダプター |
落雷の時にパソコンの電源を付けると危険?
外の天気が大分荒れていて雷が鳴り響いている時に、
パソコンをはじめとする電化製品の電源を付けていたり
コンセントを差したままにすると実は危険、という事をご存知でしょうか?

雷が近くに落ちると、当たり一帯の電線に落雷のエネルギーが伝わり、
電源コンセントに接続していた家電製品にも電源コードを伝わって
急激に強い電圧がかかって内部のパーツが破壊されるおそれがあるためです。

近くに雷が落ちてテレビや冷蔵庫が壊れた、という話を
聞いた事がある人も多いかと思われます。

デスクトップパソコンの場合、電源ユニットにまず被害が起こりやすく、
電源を付けていない状態でも焼き焦げてしまう場合があります。
(ノートパソコンは内蔵バッテリーで起動させていれば大丈夫でしょう。)

電源ユニットだけならまだ被害は少ないのですが、
パソコンを起動させていた場合はハードディスクやマザーボードにまで
強烈な電流が回り、中身が徹底的に破壊されてしまう可能性すらあります。

ハードディスクドライブやUSB記憶装置にダメージが発生すると
保存データまでが物理的に失われてしまうおそれがあるため、特に危険です。
バッテリー・アダプター |
停電で電源が止まる緊急事態を防ぐには?
電源コードから電力を供給しているデスクトップ型パソコンや
プリンター・モニター・サーバといったコンピューター機器は、
急に停電が起きて電力が絶たれると同時に、即座に止まってしまいます。

台風や落雷、洪水、雹、強風、建造物の倒壊などの災害で停電になった場合や
家の家電製品の電気を使いすぎてブレーカーが落ちてしまう場合など、
特に夏から秋にかけての電気を多く使う期間は電化製品の取り扱いに要注意です。

ノートパソコン用電源コード

電源が落ちて上書き前のデータが消えてしまうばかりか、
電圧の負荷と急停止による衝撃でパソコン機器が故障するおそれさえあります。
特にディスク・アクセス(disk access)での内容読み書き中に電気の供給が
止まってしまうと、データや HDDが壊れてしまう可能性も低くはありません。

停電対策


まず、家の電力のブレーカーがすぐに落ちて停電してしまう場合は、
電力会社に電話をしてアンペア(A)を上げてもらう事で改善もできます。

ただし契約変更のできない賃貸のアパートやマンションにお住まいの場合には、
電力を特によく使う冷蔵庫やエアコンの設定温度を変更したり、
余分な電気をどこかで使っていないかを室内全体で見直してみましょう。
バッテリー・アダプター |
デスクトップ型パソコンが停電で電源切れした時は?
デスクトップ型パソコンの数少ないデメリットの一つに、落雷や台風・洪水などによる
突然の停電(電力の供給ストップ)により強制終了してしまうという難点があります。

ノートパソコンでしたら搭載されたバッテリーにより電源コードからの電力が急に
途絶えてもまだしばらくは起動が保てるのですが、デスクトップは電源コードが
抜けてしまったり停電で電気が止まったした瞬間に強制終了されてしまい、
上書きしていないデータの損失やシステム損壊のトラブルに繋がります。

自家発電機や無停電電源装置-UPSなどの予備対策をしていれば停電が起きても
一応は安心できます。しかしすぐにデータを上書き・バックアップ保存しておき、
停電が回復するまではパソコンを閉じて電源コードも抜いておきましょう。

コンセントを指したままにすると落雷の影響や復旧した直後の高電圧がかかり
電源ユニットやマザーボードが焼き焦げて深刻な故障を招いてしまう怖れがあります。
バッテリー・アダプター |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-25.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.