パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【マザーボード】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「マザーボード」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
マザーボード のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






マザーボードが故障した時の症状と対処の仕方は?
パソコンの基盤であるマザーボード(メインボード)はご存知、PC内部に収納されている
パーツの中でも大きな部品で、外見通りとても複雑に見えて、他の部品とコードで絡まるように
繋がっているため、もし取り外しや交換修理を行うとなるとやはり一苦労になります。

そのため、パソコンの調子がおかしくなって自分で何とか直したい、という場合、まずどの部分が
どう破損しているかを、難しくとも見極めてから直す作業に取り掛かることが重点となります。

WindowsなどOSのロゴマークまできちんと表示されている時や、最初のBIOSロゴ画面、
拡張オプションメニューがちゃんと開く場合は、OSかハードディスクの方にシステム的または
物理的な問題が発生しているだけで、他のパーツに影響が出ている可能性はやや低いです。

電源を付けても何も映らなかったり、「ピッピッピッ」といった警告のビープ音
鳴っている場合は、マザーボードが故障している可能性があります。

ただしどちらかといえば電源ユニットが壊れているパターンの方が多く、
またビープ音が違う場合はCPUが破損していたり、メモリやビデオカードが
ちゃんと差さっていなくて読み込みの不具合が出ている場合があります。

ユーザー個人で故障した部分を見るには、マザーボード、ハードディスクドライブ、
CPU、メモリ、電源ユニット、モジュール(DIMM、RIMM)と、それぞれのパーツの
予備を持っている事がほぼ必須で、それらを一つずつ付け替えて、どの機材に
問題の症状があるかを順にチェックする手法が最も分かりやすいです。
マザーボード |
マザーボードの取り付け・配線接続作業の注意点
マザー・ボード(mother board)はCPUや電源ユニット、メモリ、グラフィックボード、
モジュール、ハードディスクなどの部品を総括して接続するプリント基板です。

最も他のパーツと繋ぎ合わせるのが多い部品であるため、パソコン内部の交換修理や増設、
自作組み立てパソコンの製作などPCの部品接続・取り付け作業の際に取り扱いが多くなります。

パソコンの組み立てや換装作業の中でも最も難しいといえるのはやはり、
他の部品よりもずっと複雑な配線接続作業を行うマザーボードの設置ですね。

例えば自作組立のプライムパソコンを組み立てる際、マザーボードを取り付けする時には、
大体最初にネジで固定して設置して、残りの部品を付けていきます。

またすでに完成しているパソコン本体から一番下のマザーボードだけを抜き取って交換する際、
PCケースの大きさが小さいものだと少し作業が大変な事もあります。
マザーボード |
マザーボードが故障した時に交換・修理するには?
パソコンの電子回路基板であるマザーボード【Motherboard】はご存知、
メインボード(Macではロジックボード)とも呼ばれる、内部パーツの一つです。

マザーボードは電源ユニット・内蔵ハードディスク・メモリ・CPU・CD/DVDドライブなどの
他パーツと接続セットでパソコンのケース内にありますので
普通にPCを使用していましたら負荷を受けやすいHDDと違いそう簡単には壊れません。

しかしマザーボードが突然壊れてしまういくつかの例外もあります。


Motherboard損傷の一例


まず、デスクトップパソコンでは少ないのですが、ノートパソコンはよく持込で外出時に移動して
使用している場合、硬い地面にカバー無しで落としてしまったり壁にぶつけてしまうと、
衝撃で電源が止まったり中身の部品が外れてしまう可能性があります。

またノートパソコンが雨や飲料水にかぶってしまった場合、
最悪、即座にショートしてしまい、電源ユニットやHDDともにマザーボードが
焼き焦げて再起不能になってしまうおそれもあります。

他に日光の直射や高温・低音、強い電磁波なども天敵なのですが、特に水気にはご注意ください。
マザーボード |
マザーボードが故障している状態はパソコン上で判別できる?
FUJITSU UH55/JでOSはWindowsのパソコンをアップグレードにしたところ、起動時に
電源ボタンを押すと3秒ほどランプが点灯して消灯、5秒ほどして勝手に点灯→起動するようになり、
このときは50%の確率で上記の問題が起こらずに起動、

スリープ機能で停止させてもディスプレイを開けたときに勝手にシャットダウンして、
シャットダウン後の起動と同じ高速スタートができない状態になり、
Windows8.1のままで回復をかけてみてもCドライブが正常に回復せずメッセージが出ていて、
そのままリカバリをかけたところその後から起動が正常にできなくなり、

ずFUJITSUのロゴまで行くのに3分程度かかり、一度点灯した電源ランプ&通電ランプ&
ドライブランプが消灯→点灯して起動の状態はそのまま継続、

その後一度ロゴが消えて、再度ロゴが出たときにやっと読み込み中の回転マークが
ロゴ下に出てWin8が立ち上がり、起動にかかるトータル所要時間は10~15分程度で、
時々は電源ランプの消灯→点灯の繰り返して起動できないこともあり、
一度電源ボタン長押し、2分ほどすれば起動できることもあり、

試してみたものとしては、もう一度リカバリ→変化なし、 内部バッテリーの放電→変化なし、
メモリの確認→どちらのメモリ1つはずしても起動するが同じ状態、
BIOSのアップデート→何度やっても途中でシャットダウン後正常にアップデートできず、
PC内蔵診断ツール→CPU、メモリ、ディスプレイ、ハードディスクに異常なし、

後は、起動した後は特に問題なく機能やネットが使えて、
しかし更新のアップデートなどで再起動をかけた際に画面は真っ暗になり、
起動ボタン&通電ランプ&ドライブランプなどは点灯したままで再起動、

更新は正常に行われて、完全に起動しない、または起動が止まるわけではないので、
原因がわからず、これはマザーボードの故障?どうすれば判別ができる?
というユーザー様からのご質問について。

まず、マザーボードの不具合が原因でおかしくなることはやはり多いです。

原因のチェックを一通り試して最後に基板の破損だとわかったこともあります。

例えば電解コンデンサなどに物理的な問題が出ていたりすると、
一般個人では問題の箇所を判別したり修理するのが難しくなりますので、
専門のパソコン修理サービスにて作業の代行をしてもらわれることもおすすめします。
マザーボード |
マザーボードを修理交換するには?
お手持ちのパソコン内に搭載されているマザーボード(MotherBoard)が

・長年の稼動による老朽化で不調をきたし始めてしまった、
・塵や埃、水分の侵入で障害が起きてしまった、
・自作パソコンのパーツ組み換えの際に基盤や差込口に傷をしまった、
・落雷のショートにより焼き焦げが起きてしまった、

といった故障に遭われてしまった際にはどうすれば良い?という疑問について。

まず、マザーボード(メインボード)はPCを動かす上で最も重要で必要不可欠な電子基盤ですが、
あくまでパーツの一つであり故障してもパソコンそのものが壊れてしまうというわけではなく、
別のマザーボードに交換することでPCの修復ができます。

組立パソコンの場合はいつでも自在に修理交換ができるのですが、
市販のメーカー販売店で完成品としてのパソコンを購入された場合は
年間の契約保証サービス期間内でしたらメーカー先での修理交換を申し込まれてみましょう。

過去に一度でも自分でケースを開いて分解していたり、もし失敗してしまうと、
保証サポートが有償でしか受けられなくなることがありますのでご注意ください。
マザーボード |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-23.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.