パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パーツ交換・分解作業】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「パーツ交換・分解作業」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
パーツ交換・分解作業 のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






DVDドライブが壊れた時に交換して修理するには?
パソコンに内蔵されている、ディスクメディアの読み取り用のパーツである
「DVDドライブ装置」(またはCD/BDドライブ)がある時故障してどうしても動かなくなり、
新しいドライブ装置に交換して修理するにはどうすればいい?という疑問について。

DVDドライブ

内蔵型DVDドライブの製品一覧

・ASUSTek(エイスース):Windows10対応 M-DISC対応 SATA接続 DRW-24D5MT
・Pioneer(パイオニア):BD-R 16倍速書込 S-ATA接続 BD/DVD/CDライター BDR-209BK2
・LITEON(ライトオン):内蔵型DVDドライブ LITEON IHAS324-17 IHAS324-17
・Panasonic(パナソニック):DVDスーパーマルチドライブ UJ-870
・I-O DATA(アイオーデータ):内蔵型DVDドライブ DVR-S24ET3K



パーツの取り外し


こちらの一例では、デスクトップパソコン本体から壊れたDVDドライブまたはBDドライブを
換装して修理をする手順の一例を解説いたします。

まず実際に交換作業に入る前に、ドライブ装置のイジェクトボタンを押してみたり、
トレイからディスクがつっかえていたら抜き出す、デバイスマネージャーでデバイスドライバ
を一度削除してみる、といった対処を一通り行ってみます。

それでも直らなかったら、まず新しいDVD/BDドライブの製品を購入するか、
古くて使っていない壊れたパソコンなどから故障していないDVDドライブを取り外します。

最初にパソコンケースからすべてのコードを取り外して、
左右と正面の蓋を固定ネジを外して取り外します。

正面を覆うカバーは固定レバーを一つずつ外さなければならない物もあります。
パーツ交換・分解作業 | 光学ドライブ
ノートパソコンのハードディスクを交換して修理するには?
据え置き型のデスクトップパソコンはケースが大型でスペースも幅があり、
カバーの蓋も取り外ししやすく、ハードディスクなどのパーツも取り出しやすくできています。

ですが持ち運び型のノートブック型のパソコンの方はサイズが小さく、内部のスペースが狭く
パーツが取り出しにくくなっている構造で作られたケースの製品もあります。

そんな際に、ある日ハードディスクドライブが物理障害で故障してしまい、
新品の交換による修理作業が必要になった時に、自身でドライブベイからHDDの取り出しを
行う場合にどういった事を注意して工程を進める必要がある?という疑問について。

ノートパソコンのHDD

主なノートPCのメーカー製品一覧



・東芝:PB25324JSMB dynabook Satellite B253/J Celeron1037/15.6型HD液晶 4GB HDD 500GB
・NEC:Versapro Windows7 Professional 32bit Corei3 2GB 320GB DVDスーパーマルチ Bluetooth
・富士通:FMVA0600MP LIFEBOOK A553/HX Celron 1000M 2G 500G Sマルチ Win7Pro WLAN
・SHARP:PC-XG50H/Win7搭載/リカバリCD・OFFICE付き DVD再生OK
・HP:Pavilion F7Q56PA ABJ クアッドコアAMD A6-5200 4GB 1TB USB3.0 HDMI Radeon HD 8670M
・パナソニック:Lets note CF-T8 / Windows 7 Core2Duo 2GBメモリ 160GBHDD
・APPLE:MacBook 2.26GHz 13.3インチ 250GB MC207J/A
・日本エイサー:E1-570-F34D/K Corei3-3217U 4GB 500GB Sマルチ 15.6 Win8.1(64bit)
・エイスース:X200MA NB WHITE X200MA-KXWHITE ASUSTek Win8.1 64bit 11.6inch Celeron



まず、ノートパソコンの電源をオフにしてACアダプターやUSBケーブル、マウスなど
すべてのコードをポートから外します。

Acerの「ASPISE」など標準的なモニターサイズのノートパソコンの場合、
ハードディスクドライブやメモリ、ネットワークカードといった一部のパーツを
交換しやすいように、専用の取り外し用の蓋の下に収納されている製品も多いです。
パーツ交換・分解作業 | パソコン修理
ノートパソコンの内蔵無線LANカードを交換修理するには?
主にノートパソコンなどのパーソナルコンピューターでネットワークへの無線アクセスをして
ウェブブラウザでインターネットを閲覧したり、メールで通信をする際に必要になる装置、

無線LANカード」(wireless LAN card/インターネットカード/内蔵無線LANワイヤレスカード)、
または「NIC」(Network Interface Card/ネットワークインターフェースカード) が故障した時に、
新品に交換して修理する際にはどのような手順で行えばいい?という疑問について。

内蔵無線LANワイヤレスカード

[主な内蔵無線LANワイヤレスカードの製品の一覧]

・Broadcom社(ブロードコム):BCM943228HMB 802.11a/b/g/n WIFI+Bluetooth 4.0
・Broadcom:BCM943224HMS Dell Wireless 1520 PCIe Half-Mini 802.11a/b/g/n対応
・Intel(インテル):Intel WiFi Link 5300 (533ANHMW)450Mbps 802.11a/b/g/n
・Intel:デュアルバンド 高速Wi-Fi通信Band Wireless-802.11 最大リング867 Mbps+ Bluetooth4.0
・HP+汎用:BCM94313HMGB BCM4313 WiFi+20702 Bluetooth 4.0 無線LANカード SPS:657325-001



まず、(Windowsの場合)コントロールパネルでデバイスマネージャーを開き、
「ネットワークアダプター」の項目でデバイスの名前にエラーマークなどが付いていないか確認します。

問題が発生していたら右クリックで「ドライバーソフトウェアを更新」を実行するか、
またはデバイスを「削除」してパソコンを再起動します。

それでも元に戻らずインターネットにアクセスできずに無線LANカードが故障していると思われたら、
新品の無線LANカードを一枚購入して、内蔵されている方のパーツと交換する修理作業を始めます。
パーツ交換・分解作業 | 無線LAN
デスクトップパソコンのパーツ分解の注意点
デスクトップ型パソコンのケースの中に収納されているそれぞれのパーツを
自分で取り外して分解し、内部の掃除や部品交換、増設を行う時の主な注意点について。

まず、デスクトップパソコンの内蔵パーツを全部この写真のように取り外す際、
中身の部品はほぼ全てプラスのドライバー一本で、順に螺子を取って外す事ができます。

分解したパソコン本体

(上の写真は交換・増設の分の部品なども含めて少し余分にパーツを並べています。)

再度組み立て直す時にコネクタの配置を間違えず機材を傷つけなければ、
分解や再構築はそれほど難しくなく作業できます。

最初は電源ケーブルやUSBケーブルなど全てのコードを外して、電気を完全に遮断します。

室内の日光や熱気、冷気の当たらない平らな床の位置に清潔なシートなどを敷いて、
その上にパソコン本体を置いて、まずはカバーの蓋をドライバーで外します。

螺子をたくさん外す事になるのでどの位置にどの螺子を使っているかをメモして
きっちりと配置分けをしましょう。

パソコンケースは大きいほど空くスペースに余裕があるので部品の取り外しが簡単で、
また他のパーツの拡張も行いやすくなります。

しかし逆に小さいケースだと、電源ユニットやハードディスク、CPUファンなどの
どれか一つの部品を取り外す時に他の部品に引っかかってしまい、
その部品を先に取り外さなければ別のパーツが取れない事もあります。
パーツ交換・分解作業 |
ヒューマンエラーの防止対策とは?
ヒューマンエラー [human error] とは人間が不可抗力で行ってしまう
ミステイク(失敗)という意味です。

コンピューター上でしたら、入力操作ミスや業務上の過失などがこれに当てはまります。


コンピューター分野での主なミス


・キーボードやマウスからパソコンに送った入力指示を間違えてしまう。
・電源の切り方を間違えてしまい、その影響で起動が出来なくなる。
・コンピューターウイルスのチェックを長時間忘れて、拡大感染させてしまう。
・ノートパソコンを硬い地面や水の中に落として故障させてしまう。
・CD/DVD/BD/MOなどのディスクメディアに傷を付けてしまう。
・アプリケーションソフトウェアを同時に使いすぎてフリーズが発生してしまう。
・間違えてデータファイルを削除/上書きしてしまう。
・インターネットや電子メールで間違ったテキスト文章を送信してしまう。
・自作パソコンの組み立てや部品交換のマニュアル手順を間違えてしまう。
・買い物の時に誤って違う機材を購入してしまう。
・ネットワーク上でのクライアント先に迷惑をかけてしまう。
・運営しているサーバやワークステーションの管理体制が不十分で問題が起きる。

ヒューマンエラーは災害と同じく突然予期せずに起こるものなのですが、事前にしっかりと
適切な防止対策を行い、同じ失敗をしないように心がけて、また、もしミスが出た場合でも
すぐにフォローできるように準備を整えておくことで被害を最小限に抑えることが出来ます。
パーツ交換・分解作業 |
故障しているジャンク品のパソコン機器も買取ってもらえる?
パソコン機材の中古買取販売店は今や誰でも耳にしているほど有名な
市場で、コンピューター社会の現在では高い需要と供給があります。

古くなって買い換えるため使わなくなったPCやプリンター、ディスプレイなどの各種製品やそれらの
周辺機器は中古店などの買取り受付カウンターに持って行って、ほぼ即日すぐに査定をしてもらえます。


壊れたコンピューター製品の査定


そこで、まだ問題なく使えるマシンだけではなく、故障して動かなくなった
いわゆる、ジャンク品のパソコンやその他のジャンクパーツも
見合ったお値段で引き取ってもらえるサービスもある事をご存知でしょうか?

現在多くの専門店にて、部品の破損しているPCもお値段の付く引き取りが実施されていまして、
しかも持ち込みだけでなく全国各地対象での配送サポートを備えられている店舗もあります。

買い取り受付の専門用語
査定
ジャンク品の売却を請け負ってもらえるか否か、またその金額を製品の使い込み状態や性能、型番から調査して見積りしてもらう事。
出張買取
ご自宅や自社内にスタッフの方に来てもらい、大型車やトラックで運んで引き取ってもらえるサービス。出張できる範囲は大体が一定の区画内で定められています。
リサイクル処分
お値段の付かなかったコンピューター機器を、かわりにリサイクルで引き取ってもらえるサービス。精密機器にはレアメタルなども含まれているため現在、廃品回収は需要も高い市場です。
データ完全削除
ハード・ディスクなどの記憶装置に残されたデータを痕跡ごと抹消してもらう事。依頼される時は保証書も発行してもらいましょう。
専門店
普通のパソコン販売店では請け負ってもらえない所も多いのですが、IT機器の一般化が進んだ近年では買取りを実施されている店舗も数多くあります。

パーツ交換・分解作業 |
BTOパソコンは部品を分解して直しても大丈夫?
BTOパソコンは『Build to Order・ビルドトゥオーダーパソコン』の略で、
主にマシンの購入前に部品の性能を販売店のスタッフにカスタマイズを
してもらい、自分の好みのスペックに仕上げてもらえるPCです。

CPUやメモリなどの主要なパーツを組み替えるだけでなく、ビデオカードやサウンドカード、
FDDやDVDドライブの有無なども指定できるメリットがあり、その分安価で購入する事も可能です。

BTOパソコンの販売メーカー
  • ドスパラ:dospara
  • ストーム:Storm
  • クレバリー:clevery
  • マウスコンピューター:MouseComputer
  • フェイス:Faith
  • パソコン工房:pc-koubou
  • ツクモ:TSUKUMO
  • フロンティア:FRONTIER


通信販売からの注文による購入


近年では、東京都千代田区秋葉原といった都内の電気街店舗まで赴かずとも
インターネットから通信販売で、申し込みページでカスタマイズする部品を
項目欄より選択して、一週間ほどでの配送期間を目安に購入できます。

BTOパソコンは店舗で組み立ててもらえる自作パソコン、というタイプで、
部品の交換や増設もそれほど難しくはありません。

中身のハードディスクドライブが故障したのであたらしいく換装したい、という場合はケースを外して、
取り外しのマニュアルの手順に従いながら行う方法で交換できるでしょう。

メモリやCPUも特に難しくはないのですが、ただ、マシンによっては
やや独特の取り付け方をされている場合もたまにあるかと思われますので
どのようにマザーボードに接続されているかを作業前に一応確認しましょう。
パーツ交換・分解作業 |
パソコンを分解して修理する時に気を付けることは?
パーソナルコンピューターは基本的にどのマシンも、以下のような
決められた部品をコードでつなげる形で構成された機械です。

主な内部パーツ
  • ハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)
  • マザーボード(Motherboard)
  • 電源回路
  • ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)
  • ビデオカード(video card)
  • サウンドカード(sound card)
  • CPU(中央演算処理装置)
  • PCケース
  • 電源コンセント
  • 冷却ファン

更にノートブック型にはディスプレイ画面やキーボード、バッテリー、タッチパッド・スピーカーなどが
一体化して構成されています。

パソコンがハードウェアの障害で故障した時は、この部品のうちのどれかが物理的に
破損しているためで、大抵は壊れたパーツだけを取り替えればパソコンを直すことができます。

部品そのものはたとえプロの業者でも、製作技術に特化した専門家でもなければ
修理できないため、ほとんどはPC本体を分解して交換する形で直します。

パーツを取り外して付け替えるだけの作業でしたら個人でも十分に可能で、特に据え置き型の
デスクトップパソコンは他の小型のコンピューターに比べて比較的、楽に作業ができます。


パーツの取り外し前の注意


ですが、購入したパソコンのメーカーで受けられる1年~5年間の保証期限
まだ残っている場合、自分でケースを分解すると、後でメーカーサポートへの修理の注文が
必要になった場合に有償でしか保障を受けられなくなることがあります。

時間に余裕がある時や予備のマシンを持っている場合でしたら、なるべくは
自分で取り外しを行われるよりも、カスタマーサポートにお問い合わせをして
直してもらわれた方が安全です。

ですが、すぐに直したい場合や、保証期間が過ぎている場合でしたら
ご自身でケースを外して、ハードディスクドライブなど故障していると
思われる部品を本体から外す方法も十分に使えます。

その際、ホコリっぽい室内やあまり綺麗でない床の上で換装作業をすると
マザーボードやコード/コネクタの接続面に異物が付いて破損の原因になるおそれがあります。

まずは分解修理の前に部屋内を掃除して、またシートを下に敷いたり、
空気清浄機でゴミや埃をある程度除去されると良いでしょう。
パーツ交換・分解作業 |
ハードディスクが壊れたら修理と交換のどちらが良い?
パソコンやRAID、サーバ、外付けHDD、NASなどの電子機器に記録装置として組み込まれている
ハードディスクドライブ(HDD)が壊れてしまい、動かなくなったり変な音がするようになり
不安定な状態になったときは、修理の依頼と新品の交換のどちらが良い?という疑問について。

まず、ハードディスクが壊れるパターンには、物理的に中身の仕組みが
故障する場合と、OS(システム)が論理的に不具合をきたす場合があります。

システムファイルが破損しただけでしたらOSをリカバリーして初期化したり、
上書きインストールやスタートアップ修復ツールといった再セットアップ作業で直すことも可能です。

パソコン関連以外で使われるHDDは専門業者の方に直してもらいましょう。

しかし中身のヘッド部分がディスクに吸着したり、モーター軸がずれてパーツがおかしくなってしまう
場合は、自分自身で分解しても直せないだけでなく、かえって損傷を悪化させてしまいますので、
パソコン修理センターに持っていく必要があります。
パーツ交換・分解作業 |
内蔵のCD/DVDドライブ故障の交換修理を行うには?
CD/DVD-R/RW±RAM/ROMやBD-R/REディスクの再生・読み出し・書き込み動作を
パソコンで行うための内蔵のドライブ装置「CDドライブ」または「DVDドライブ」「BDドライブ」が
正常に起動できなくなったり、ディスクを回せずにPCにも認識されていない故障が
発生した時にはどうすれば交換して修理できる?という疑問について。

まず、ディスクが取り出せなくなった時は、正面にある小さい穴の開いた
イジェクトボタン(開閉ボタン)を押したり、針などで蓋の奥にあるバネが
引っかかっていたりしないか、動かしてみます。

CD/DVD/BDドライブは外付けの周辺機器でしたら、買い替えをすればよいので
もちろん簡単に交換が可能です。

しかし、パソコンにデフォルトで搭載されている内蔵ドライブの場合は、
一度PCケースを空けて、ネジを外して、コードをマザーボードから取り外し、
そして新しいドライブと交換する作業を行う必要があります。
パーツ交換・分解作業 |
パソコンや周辺パーツを買い取りしてもらうには?
新しく買い換えてから使わなくなった旧型の古いパソコンや、
完全に故障してしまったPC本体またはプリンターなどの周辺パーツ。

これらのデジタル・OA機器を廃棄する時には他の燃えないごみや粗大ゴミ、資源ごみとは別に、
家電リサイクル法に従い、有料で回収業者の方に引き取ってもらわなければなりません。

しかしまだ使えるハードウェアや、パーツの一部が壊れただけのPCは
まだまだ使用方法がありますので予備パソコンとして取っておいたり、
自分で分解して使える部品だけ残しておく、という使い道もあります。

しかし他にも中古品の取扱店にて買い取りをしてもらう方法もあります。

パソコンをはじめとするコンピューター製品や周辺機器、ユーティリティーは
大手の電気店メーカーの買い取り窓口にて、持込や郵送にて査定を行ってもらい、
中古製品としてそこそこの値段で買い取ってもらえます。
パーツ交換・分解作業 |
パソコンやサーバの電磁波をカットする対策
電磁波(でんじは)とは、コンピューターなどの電子機器や家電製品から
電場と磁場の変化により微弱に発生している波動の事を指します。

デスクトップパソコンやノートパソコン、サーバー、ネットワークドライブ、周辺機器などの
電気を通して動かす機械からは常に微弱ながら電磁波(電場・磁場)が放出されていて、
そして人体にも触れている可能性があります。

液晶モニタやキーボード、マウスなどの装置も、USBポートから繋げて
電気が通っている状態の時は同じように電磁波が発生しています。

しかし現代では電子機器を使わないと仕事にならないことも多く、
生活の必需品になっているので、使わないわけにもいかないですね。

そこで、電磁波の人体への影響が少しだとしても気になるのである程度は
カットできるようにしたい、という方のために、電磁波対策のグッズが各社から販売されています。
パーツ交換・分解作業 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-20.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.