パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【メモリ容量の解消】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「メモリ容量の解消」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








ノートパソコンのメモリを交換して修理
ノートパソコン(ノートブック型コンピューター:notebook size personal computer)の
内部ケースに搭載されている、CPUの高速アクセスを実現するためのパーツである
メインメモリ」(memory/RAM/主記憶装置/一次記憶装置)が故障してしまい、

本体のケース内部からメモリモジュール(memory module)のパーツを取り外して
新品に交換するには、どのような手順で作業を行えばいい?という疑問について。

メモリモジュール

主なメモリモジュールの製品一覧


・[ELECOM] (エレコム) :増設メモリ DDR3-1333-N/PC3-10600 EV1333-N2GA/RO 2GB
・[Transcend] (トランセンド) :PC3-12800(DDR3-1600) JM1600KSN-4G 4GB
・[Komputerbay] DDR2 667MHz PC2-5300 1GBX2 DUAL 200pin SODIMM デュアル 1GB
・[RamMax] :DDR2 667 PC5300 RM-SD667-D DUAL 200pin DDR-SO-DIMM DIMM デュアル 1GB
・[シー・エフ・デー販売] :200pin PC2-6400(DDR2-800) DDR2 D2N800CQ-2GLZJ 2GB
・[BUFFALO] (バッファロー ) :PC3-10600(DDR3-1333) D3N1333-4G/E 4GB
・[UMAX] :UMAX SO-DIMM DDR3-1333 Castor SoDDR3-4G-1333 4GB
・[シリコンパワー] :204Pin SO-DIMM DDR3-1600(PC3-12800) SP016GBSTU160N22 8GB×2枚組



まず、パソコンのオペレーティングシステムがまだ立ち上がって開けるようでしたら、
(例としてWindows8.1の場合)コントロールパネルの管理ツールにある
「Windows メモリ診断」を開きます。

「今すぐ再起動して、問題の有無を確認する(推奨)」を選択して不具合のチェックをします。

Windows メモリ診断

パソコンを立ち上げる時にマザーボードの機能で「ピー、ピー、ピー、」といった音の
ビープ音が鳴っている時も、同じくメモリが故障している、と判断できます。

電源がオフになっているノートパソコン本体を製品の箱に同梱されている
取扱説明書やトラブルシューティングのマニュアルガイド、オンラインサポートなどを参照に
PCケース内のどの部分にどういった形状のメモリが内蔵されているかを調べます。
メモリ容量の解消 | PCパーツ
Windows8.1でパソコンのメモリを診断するには?
Microsoftの新しいオペレーティングシステム「Windows 8」「Windows 8.1」
搭載したパソコンを普段から使っていくうちに、
ある時、読み込みなどの調子がおかしくなってしまった場合について。

そこで原因判明のため、内部に搭載している重要なパーツの一つである
半導体を利用した一時記憶装置の「メモリ」(memory)に
特に何か問題がないか調べたい、という場合について。

メモリ

まず、Windows8やWindow8.1も、これまでのウィンドウズと同じように
メモリ診断」の機能がしっかりと標準で搭載されています。

このシステムを使用するにはまず、パソコンで今開いているすべての
書きかけのファイルを保存して、各ウィンドウを閉じます。

スタート画面かデスクトップ画面から「コントロールパネル」を開きます。

「表示方法:大きいアイコン」にして、一覧の「管理ツール」を開きます。

Windows メモリ診断」を開くと
コンピューターにメモリの問題があるか確認します」というバルーンが出ます。

「今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)」を選ぶと、
ウィンドウズが一度シャットダウンして、
再起動とメモリの検査の作業が自動的に始まります。

Windows メモリ診断
メモリ容量の解消 | PCパーツ
家庭向けPCのメインメモリを16GBに拡張
近年の家庭向けのパソコンはパーツ・OSともに、
ハイスピード化・大容量化、低価格化が急速に進んでいます。

例えばWindows 7 Home Premium(ウィンドウズセブン・ホームプレミアム)の
64bit版OSは現在、メインメモリを最大16GBまで対応できるため、
それまでの最大4GBのPCと比べてはるかに高性能に進化しています。

実際に16GBのメモリを搭載すると、例としてこの写真のようにマザーボードに4GBのメモリを
4枚搭載する形か、または8GBのモリを2枚搭載する形になります。

4GB×メモリ搭載

今現在の使い方によっては、あまりグラフィック画像や大容量のプログラムなどを
取り扱わなければ4GBくらいで十分な場合も多いのですが、近い将来に容量を使う
アプリケーションなどを取り扱う予定があれば、16GBのメモリに換装するのも良いでしょう。
メモリ容量の解消 |
メモリを最大容量まで増設して搭載
パソコン内部のマザーボードに装着されている一時記憶装置の
「メモリ」(memory・ストレージ)は、容量の大きさによって
コンピューターの処理速度が決まる一つの要素でもあります。

パソコン一台に搭載できるメモリには「最大容量」という限度があるのですが、
この容量の規定値以内ならどれだけ大きな数値でも大丈夫です。

容量が大きいほどコンピューターの処理速度も速くなって快適に使用できます。

各PCで現在搭載しているメモリの容量をチェックするには、スタートメニューの
「コンピューター」(マイ コンピュータ)を右クリックしてプロパティを開くと、
実装メモリ(RAM)の項目に数値が表示されます。

パソコンを購入した時よりもこの数値が低ければ、その差し引き分だけ
メモリを交換したり増設をして増やす事が可能です。
メモリ容量の解消 |
ページングファイルの作成を無効に設定するには?
パソコンにGBの大容量のメモリを複数搭載していて、メモリ不足のエラーが起こる
問題がないようにスペックを上げている時は、よほど重いアプリケーションの
ソフトをいくつも使用でもしていなければ、ほぼ問題なくスムーズに使えます。

そうしたら今度は、ハードディスクドライブの一部に作られている
一時的なメモリ領域「スワップファイル」(スワップ領域・ページングファイル)を
無効に設定しておくと、コンピューターを最適化してより速く動かせるようになります。

まずはスタートからコントロールパネルを開き、パフォーマンスとメンテンスを
クリックして、「システム」のアイコンを選びます。

次に『システムのプロパティ』画面の「詳細設定」のタブを開き、
「パフォーマンス」の項目にある「設定」を押します。

パフォーマンスオプションの画面で「詳細設定」のタブを押し、
仮想メモリの項目にある「変更」ボタンをクリックします。

「仮想メモリ」の画面が開いたら、「ページングファイルなし」の項目に
チェックを入れて、設定⇒OKのボタンを押して、最後に前の画面で
もう一回「OK」を押して完了です。
メモリ容量の解消 |
キャッシュメモリに不具合の問題が発生した時は?
パソコンの中には、一時的な記録用装置であるメインメモリのほかに
もう一種類、キャッシュメモリ(Cache memory)という、装置同士の
データの受け渡しをより高速化するための装置が組み込まれています。

主にメイン・メモリ(1次記憶装置)とCPU(中央演算処理装置)の間に
設置される装置を指します。

CPUから位置が1番近くにあるものを1次キャッシュ(プライマリ・L1)、
2番目に近いものを2次キャッシュ(セカンダリ・L2)と呼びます。

パーツの世代によってマザーボードに取り付けられていたり、
CPUに直接内蔵されて配置されていたりします。

PCに指示を送ったときの動作をスムーズかつ高速で実行するために
必要な部品なのですが、他のパーツ同様、L1/L2キャッシュも
やはり使っていくうちに破損などの不具合が発生する場合もあります。

例として、例えばMacのPowerbook(パワーブック)のノートPCで突然
内蔵メモリのテストでキャッシュ用メモリに問題が見つかりました。
コンピュータをお求めの販売店にお問い合わせ下さい。


といったエラー警告メッセージが出てきたりする事もあります。

まずは部品の状態確認のために、検査プログラム(Check program)の
アプリケーションソフトを何か一つダウンロード・インストールして、
ハードウェア同士が正しく動いているか検査して確認をしてみましょう。

ベンチマークのツールで一度、マシンのスピードをテストして、
スコアが大幅に下がっていないか測定し直されてみるのも良いでしょう。
メモリ容量の解消 |
メモリ不足のエラーとは?
メモリ【memory】は直訳すると「記憶」の意味を指し、
パソコン用語としては主に、マザーボードに1枚~2枚取り付ける
一時的なデータ保存装置の「メイン・メモリ」を指します。

コンピューターで処理したデーターを拡張子ファイルとして
ハードディスクドライブやSSD、USBフラッシュメモリ等に名前を付けて
保存する前に、一時的に記録して保持しておく機能を担っています。

メモリで記憶されているデーターはアプリケーションのウィンドウや
PCの電源を閉じると自動的に初期化されて消えてしまうため、
その前にプログラムファイルにして保存する必要があります。

しかし、たまに容量の大きなファイルやシステムを動かす時、
「メモリ不足のエラー」でプログラムがそれ以上働かなくなって
止まってしまうトラブルが起こる場合があります。

この原因は主に、メモリの容量不足のためか、使用している
アプリケーションで消費するデーターが大きすぎるためです。

現在のパソコンのメモリはネットブックのようにスペックの
低いものでも1GB(ギガバイト)、高性能なものでしたら
4GB以上のメモリが標準で搭載されています。

しかし数年前くらいか、それ以前に発売されたパソコンは
256MBや512MBと現在のアプリケーションのスペックを支えるには
不足しがちでメモリのエラーがよく出てしまう場合もあります。
メモリ容量の解消 |
Windows XP/Vista/7は視覚効果でも容量を使う?
Microsoft Windows OS(マイクロソフト ウィンドウズ)の
現在での主なバージョンであるXP・Vista・7は
それまでの98や2000等の旧バージョンと違い、
画面のデザインに綺麗な視覚効果が数多く施されています。

マウスポインタの影やタスクバーのボタン、各種メニュー画面など、
OSインストール時の初期状態では大変綺麗に映って見えるのが特徴です。

ただ、これらのビジュアル一つ一つの色彩やアニメーション効果も
表示させるのに実はパソコンの容量を使用しています。

購入直後であまりソフトをインストールしていない状態でしたら
まだ十分に処理速度が速いため特に気にはならないくらいなのですが、

様々なソフトやファイルが入っていくうちに次第に動作は重く、遅く
調子が悪くなっていく事も多いです。

Windowsがなかなか速く動作しない、という場合は
不要なアプリケーションプログラムやファイルを削除していく事で
少しずつ軽くなり、スピードも元に戻っていきます。

しかしそれでも中々十分に速くならない時、
Windows XP/Vista/7にふんだんに使われている視覚効果を無効にする事で、
その分の動作を軽くしていく方法もあります。
メモリ容量の解消 |
仮想メモリ最小値が低すぎるエラーとは?
インストールしたアプリケーションソフトウェアを使用しようとしたら、
【仮想メモリ最小値が低すぎます】というウィンドウメッセージが表示されて、
起動ができなかったり、途中で止まってしまうケースがあります。

この原因は主メモリの方の容量が不足しているために
ハードディスクドライブの一部で仮想的にメモリ領域を使おうと
システムが試みたところ、HDDの空き容量が少ないために
使える領域(仮想メモリの最小値)が不足している為です。

まずはインターネットや他のアプリケーションソフトを閉じて、
使用するプログラムを絞ってメモリを軽くしてみましょう。

また、起動ドライブの空き領域が残り少なくなっていたら
不要なファイルやインストールプログラムを削除されてみてください。
メモリ容量の解消 |
ソフトウェアを同時に沢山起動するほど障害が起きやすい?
パソコンに入っているプログラムソフトにはIEやFirefoxなどのウェブブラウザから
ウイルス対策ソフトウェアなど、容量が大きくメモリを多く使うアプリケーションが
いくつもあります。常駐セキュリティソフトは随時稼動状態にあります。

インターネットを開いた時もそれなりにメモリを使用するため、新しいウインドウを
いくつも開いたり、またソフトウェアの最新アップデート作業中などには
特にPCの動作が重くなりがちです。

メインメモリの容量を大きいものに交換したり、増設する事で動作遅延や
エラー・フリーズなどの障害は起こりにくくなります。

しかし古いPCやノートパソコンにはメモリの上限が決まっていて、
それ以上はメモリの大きさを増やせないようにもなっています。
メモリ容量の解消 |
PC本体のメモリを増設・交換する時の手順と注意ポイント
パソコン本体の内蔵メモリ(外付けのUSBメモリースティックではなく、
内蔵されている方のメモリの事です)には
128MB・256MB・512MB・1GB・2GB・3GB・4GBと、メモリによって種類が
違うのですが、近年のパソコンやアプリケーションソフトウェアはとにかく
スペックが高く容量が必要になるものが多い重要なパーツです。

また仕事などではスムーズな動作による効率も求められますので、
128~512ギガバイトくらいのメモリだとスペック不足になってしまう事もあります。

現在は4GBくらいがわりと標準で、それ未満のメモリよりも大変読み込み速度や
許容量が大きいので、現在のPC速度に不自由さを感じられるようでしたら、
交換・増設をされてみるのもよいと思います。

メモリの交換・増設の作業自体は他のパーツの取り外しに比べると
わりと簡単にできます。

まずは本体の電源と接続されているコードを抜いてPCケース(蓋)を開けます。
説明書がありましたらそちらに従って下さい。

するとマザーボードのスロットにメモリが取り付けられていますので、
ストッパーを外して取り出します。
差込口は二つありますので、2個まで増設する事が可能です。

ただし、マザーボードやハードディスク、CPUの性能と合わず、高い容量の
メモリーが生かせない構成の場合はバランスをよく考えてから交換されるべきです。

メモリスロットに取り付ける際には、わりとピンが固いのでやや強く
押さえつけて両脇のピンを留めます。差込の向きも間違えないよう、
最初に設置されていた向きを参照に取り付けて下さい。
メモリ容量の解消 |
メモリの容量が低いと読み込み遅延が起きやすくなる?
パソコンに内蔵されているパーツのひとつ、メモリ(memory)とは、例えば
コピーペーストの時など、一時的に仮想メモリとして情報を記憶しておくための
装置です。(※USBメモリーカードとは違います)

DIMM(デスクトップ用メモリー)については256MB、512MB、1GB、2GB、4GB、と
容量によって種類の違いがあり、この数値が大きいほどより早く、スムーズに
大容量のデータを処理できたりと効率的にパソコン作業が行えます。

現在のメモリの容量はコントロールパネル→システムにて確認する事ができます。

しかし逆に容量が少ないメモリの場合は最新ソフトウェアの動作環境の基準値に
満たずにプログラムの起動に支障が出てしまったり、データの書き込みエラーや
読み込みの遅延など、軽度~重度のトラブルが起こってしまう事も多くなります。

CG画像

上の画像のように、コンピューターグラフィックや写真の編集や作成に
携わる作業を行われる時には特にメモリの容量を使います。
メモリ容量の解消 |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-17.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.