パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【自作で組み立て製作】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「自作で組み立て製作」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
自作で組み立て製作 のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






自作パソコン組み立て時の破損トラブルを解消するには?
自作の組み立てパソコンを製作する際にはなかなかストレートに起動ができず、
正常に稼動しないトラブルが頻繁に起こりえまして、特に初心者の方の場合は
マニュアル通りにやったようでもどこかで接続ミスやパーツの破損を起こしてしまう
ケースが非常に多いので、一つ一つの手順を間違えずに行う必要があります。

精密機器がケースに覆われているハードディスクドライブや電源ユニット・CD/DVDドライブあたりは
比較的扱いやすいのですが、パーツや差込口がむき出し状態になっているマザーボードや
メモリの取り扱いにはある程度気をつけて配置を行われてください。

うっかりCPUやファン・メモリ、マザーボードの装着時にプラグが
曲がったリ折れてしまうともう使用できなくなってしまいます。

管理ツールを開いて、「Windowsメモリ診断」を選択して診断を掛けたら、
PCが再起動して、無事に立ち上がって完全に直る見込みがあります。

メモリの方に問題が発生していた場合は、気づかずわかりづらいこともあります。
自作で組み立て製作 |
自作PCのケースを選ぶには?
据置型デスクトップパソコン、またはノートパソコンを自分で部品を組み立てて
作成する自作パソコンを製作するには、CPUやハードディスクドライブ、
電源ユニットやマザーボード、ファン、メインメモリ、PCカードなど
一通りのパーツと、そしてPCケースが必要になります。

実はケースがなくてもパソコン自体は稼動できるのですが、精密機器に埃やごみ、
湿気などが付着して故障を招いたり、指に触れて感電してしまうおそれを
防ぐためにも、部品のカバーとなるケースは必ず購入して組み込みましょう。

ケースには大型サイズから小型サイズまで様々な異なる大きさ、
またアルミやプラスチック、透明アクリル、などの素材、色や形状にも数多くの
タイプがありますので、お好みに合わせて決めてみるのも良いと思います。
自作で組み立て製作 |
BTO PCに故障やパーツ不良が起きた時に修理するには?
BTOパソコン (よBuild to Order)は通常のPCショップや電器店の店頭に並ぶ
すでに完成されているパソコンと少し違うコンピューター製品です。

購入の前に自分で内部の各部品、すなわちCPU、マザーボード、メモリ、サウンドカード、
グラフィックカード等を選択して、店舗の方で組み立ててもらい発注してもらえる、自作PCに
近い製品なのでスペックを高いものにしたり、使用方法に合わせて作ってもらうことができます。

でも普通に市販されているパソコンと違い壊れやすい?という心配はほぼありません。

BTOもしっかりとしたパーツで構成され、点検もされているデジタル製品ですので、
保管や取り扱いさえしっかりと管理していれば何年も長く使うことができます。

保証期間は通常一年間、また有償の長期契約で3年間に設定できるサービスもあります。

BTO(ビーティーオー)パソコンは主に東京都千代田区秋葉原等にあります専門店:
フェイス・マウスコンピューター・クレバリー・ストームといった店舗または
インターネットからの通信販売にて注文して出荷され、自宅に郵送で届けられます。

しかし最初は稀にパーツの接続不良が出てしまっていたり、
出荷時の衝撃による影響で動作に不備が起きているケースもあるかと思われます。
自作で組み立て製作 |
中古でパソコンを安く購入するコツは?
パソコン環境の機材・用品の一式をいざ新しく一通り揃えるとなると、
まずデスクトップパソコン本体、液晶ディスプレイ(モニター)、
キーボードにマウス、そしてインターネット回線がやはり最低限必要になります。

パソコン本体

更にデジタル環境をより良くしていくには、
より性能の高いレーザーマウスや市販のキーボード、外部のデータ記憶メディア、
プリンター(複合機)、スピーカーなど様々な機材を買い揃える事になります。

またコンピューターウイルスの対策ソフトウェアや、オフィススイートなど、
その他の必須かつ便利なアプリケーションを購入する必要も出てきます。

上記のような製品の全てのハードウェア・ソフトウェアを揃えて予算を総計すると、
少なくとも10万円~20万円くらいは予算が掛かって出費もそれなりにかさみやすいです。

なのでできれば少しでも値段の安いところで購入したい、という方のために、
安さでおすすめな中古商品の販売店で購入できる「リユース」(Reuse) の機材を
購入するメリットや注意ポイントについて、紹介していきます。


電子機器の中古商品のチェック


近年では中古パソコンの販売・買取の流通も非常に大きくなっていまして、
数多くのパソコン販売ショップでも中古のコンピューター製品が取り扱われています。

主に全国各地の都市圏などのスポットで開かれたショップの店頭と、インターネットの
ホームページや電話などの媒体から商品を注文できる通信販売の大きく二通りの買い方があります。

どちらで購入されるのがお得なのかは、交通費や郵送料などの要素もあって
お住まいの地域や環境によってもやや変わってきます。

例えば関東地方、特に東京都の近郊にお住まいの方、ご在勤の方でしたら、
東京都千代田区秋葉原駅の周辺地区(外神田)の
「電気街中央通り」などにある店舗が特におすすめです。

TSUKUMO(ツクモ)、Faith(フェイス)、mousecomputer(マウスコンピューター)といった
BTOパソコンを取り扱われている店舗も多く建ってます。

「電気街」と呼ばれる地区の店舗はパソコンや周辺機器、
またそれらのモジュール (Module)にあたるパーツ、工具などの機材の単品・お得セットなどが
価格競争で安く入手しやすく、中古商品やジャンクパーツの品ぞろえも大変豊富です。

他の地域の店頭よりもパソコン本体そのものの値段もひときわ安い傾向で、
さらに期間限定、その日限りでの特別価格サービスも頻繁に実施されています。

サービス期間中で普通に買うよりも安く購入できる事も多いです。

専門の電気店の他にも街のリサイクルショップで再使用のパソコンや電気用品が
店頭に置いてあったり、買取を受け付けている所も多いです。

また店舗での売買だけでなく、通信販売と郵送で中古商品の購入や
買取の受付のサービスを実施されている店も数多くあります。

通販でのショッピングでもよく臨時で激安サービスが行われており、
豊富な商品の項目を見て良い品をチェックしていくことができます。
自作で組み立て製作 | 中古パソコン
自作組み立てパソコンを製作する事のメリットとは?
通常の完成された市販のPC本体に比べての、自作パソコンのメリットとは一体どういったもの?
という際、まず組み立てパソコンを作るには個別にPCを構成するパーツを揃える必要があります。

・ケース ・マザーボード ・電源ユニット ・メモリ ・CPU ・ハードディスクドライブ
・DVD/CD-ROM ・ビデオカード ・ケーブル ・サウンドカード ・マウス 等。

これらを全て自分の使いたい用途に合わせて自由にメーカーや性能、容量の
具合など、あらゆる組み合わせで作ることが出来るのが魅力です。

部品の性能に詳しければ詳しいほど、少ない予算で高い性能を持つ
パーソナルコンピューターに仕上げる事もできます。

また、どこか一つの部品が故障したらそのパーツのみを交換する事で
修理費用やメーカー製のPCに出てしまうお預かり期間などが省けます。
自作で組み立て製作 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-16.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.