パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ウイルス・スパイウェア】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「ウイルス・スパイウェア」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
ウイルス・スパイウェア のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






ウィルス添付の迷惑メールを見分けてパソコンを守るには?
プロバイダサービスの電子メールやポータルサイトのEメールサービスを
使っているとどうしても遭遇する危険があるのが、悪質なコンピューターウィルスが
ファイル添付やHTMLのプログラムによって含まれた迷惑メールですね。

近年、Eメールでは高度なセキュリティシステムによって、あらかじめ
悪質なウイルスやスパイウェアの入った危険なメールは受信フォルダに入る前に
除去され、また比較的有害でないものも「迷惑メール」フォルダに振り分けられます。

ただ、全てのEメールサービスでセキュリティが万全に整っているとは限らず、
ある程度は注意して受信箱のメールを見分けながら確認してパソコン守る必要もあります。

Outlook Expressなどのソフトウェアで見る、パソコン上の電子メールは
プロバイダ側のウイルス対策サービスのほかに、PCにインストールしているアンチウイルスソフトを
常にアップデートしながら正しくMAILのスキャン・除去をして使っていく必要があります。

ウイルス対策機能のバージョンが古いままだと新種の有害ファームウェアを
検知できない可能性があるためです。
ウイルス・スパイウェア |
メール本文を開いて見ただけで感染するウィルスとは?
コンピューターウィルスが感染してしまう経路は主にインターネットのスパムページや
Eメールの添付ファイル、プログラムのインストールやセキュリティホールから
侵入するファームウェア、そして電子メールに仕組まれているタイプなどです。

メールのコンピューターウィルスといいますと、まず添付されたファイルを開いてしまうと
感染してしまうパターンが浮かぶ人が多いかと思います。

ですがそれだけではなく、中にはメールを開いて本文を見ただけで
うつってしまうタイプのスパムメールも存在します。

普通のテキスト形式の受信メール本文を開いただけならほとんどは問題のないケースなのですが、
リッチテキスト形式(インターネットのページと同じHTML形式)で作成されている
ページを開くと感染してしまう物が存在します。


プレビューウィンドウによる表示


その受信メールの本文を直接開かなくても、プレビューウィンドウの機能が有効になっていて、
うっかりOutlook Expressなどのソフトで受信して開いてしまっただけでも感染するおそれがあります。

有害なマクロウィルスやトロイの木馬とまではいかずとも、
悪質なスパイウェアが入ってくる可能性もありますのでやはり要注意です。

Eメールのサービスでしたらそういったウイルスプログラムが含まれた悪質なメールは、
ほとんどフィルターによるセキュリティ機能で弾かれるか、
迷惑メールフォルダの方に自動で振り分けられて受信されます。

しかしそれでも100%とは限らず、中にはフィルターや自動振り分けを
かいくぐって受信メールフォルダに来てしまうこともありえます。
ウイルス・スパイウェア |
ネットブックに使うコンピューターウイルス対策ソフト
ネットブック(NetBook:ミニノートパソコン)は従来ノートブックPCよりも
低価格化・小型化をコンセプトにしたパーソナルコンピューターで、
DVDドライブなどのパーツが無いかわりに安価で購入できるお手軽なパソコンです。

その一方で、OSは一部機能が制限されたWindows7スターターエディション、
CPUは最近のデスクトップパソコンより性能の低めなIntel Atom(インテル・アトム)、
メインメモリの容量は1GB(ギガバイト)、ハードディスクの容量は100GB、
と、スペック的には近年のPCとしては低めに設定されています。

その中でCPU使用量やCドライブの容量などをやりくりする必要があるため、
特に、容量を使い負荷もかけやすいセキュリティソフトの選択は大事です。

Asus(アスース)のEee PCのように、最初からWindows7スターターのOSに
『ウイルスバスター』の30日間のお試し版等のソフトがインストールされていて、
そのアプリケーションをそのままライセンス購入して使用される場合も多いです。

ですが『ノートンアンチウイルス』や『ウイルスバスタークラウド』、『ウイルスセキュリティZERO』
といったメジャーな市販のアプリケーションソフトは保護機能が充実しているかわりに
数百MB(メガバイト)の使用領域が必要になり、
またCPUやメモリの消費量もあらゆるユーティリティの中で最も大きくなります。

もちろんネットブックでも普通に使えるのですが、インターネットのウェブブラウザなど
他のアプリケーションの読み込み動作が極端に遅くなる傾向も出てきます。

そのため、ネットブックの使い方としては、あまり複雑かつ容量を使う
使用法をなるべく控えて、それらの作業はデスクトップパソコンの方で行いましょう。
ウイルス・スパイウェア |
パソコンがウイルスに感染した時の対処方法とは?
コンピューターウイルスはインターネットを閲覧中に突然不明なページで出現したり、
迷惑メールや悪質なソフトウェアプログラムに含まれていたりと感染するパターンは様々です。

しかし、市販で優秀な機能を多数備えたセキュリティ対策ソフトウェアをインストールして、
随時PC全体を監視する機能をオンにしていれば、ほとんどの場合は有害ファームウェアが
侵入してきた瞬間に感知して、警告画面が表示されるためすぐに発見する事が出来ます。


ウィルスの隔離・駆除


ノートアンチウイルスやトレンドマイクロウイルスバスターなど、大手の製品で
最新アップデート版に頻繁に更新されているアプリケーションプログラムを使われるのが理想的です。

ワーム型ウイルスをはじめとする有害ファームに感染したらまず、赤い警告メッセージが表示されます。

この段階では隔離・駆除がまだ出来ていないため、すぐに手動でソフトウェアを起動し、
コンピュータ全体のウイルススキャンを実行しましょう。

早い段階でしたら1~10個くらいの感染で済みますのでOS(読み:オペレーティングシステム)
にも影響は特になく、検出・消去さえ実行できれば被害はほぼありません。
ウイルス・スパイウェア |
ネット経由の踏み台による、なりすまし被害とは?
インターネットの世界にはワーム型ウィルスやスパイウェア・ボット・ハッキング・フィッシング詐欺など
危険が数多く潜んでいますので、セキュリティ対策は絶対必須と言えます。

有名なのがコンピューターウイルス感染によるシステムやデータの破壊、
個人情報の流出といった被害が挙げられます。

しかし他にも、不正なアクセスで侵入されて、ご自身のパソコンが
加害者にされる【踏み台】という、なりすまし的な被害をご存知でしょうか?


自分のPCが加害者にされる危険


ネットワークは日本国内のみならず世界中に広がっている分、どこの場所にどのような目的で
コンピューターが使われているか、その用途は様々なのですが、中には不正な目的で
パソコンやオンラインシステムを使う悪質なユーザーも存在します。
ウイルス・スパイウェア |
ウイルス対策ソフトウェアが使用できない時の解決方法は?
PC環境を悪質なユーザーや有害プログラムから守るためには、コンピューターウイルスの
対策ソフトウェアをインストールして常時監視機能をONにされておく事が必須です。

しかしノートンやウイルスバスターなど性能の高いセキュリティソフトは容量が大きく、
メモリも多く使用するため、CPU(読み:シーピーユー)やマザーボードの性能が
低いパソコン本体に導入するとシステム全体の動作速度が極端に遅くなったり
フリーズが頻繁に起こるなど、非常に不快な状態で作業しなければならない場合もあります。

PC本体のパーツをより性能の良いものに交換するか、
新しい本体を購入するのが一番の解決方法です。

しかし。時間的・金銭的・技術的な面などですぐに環境を変えられそうにない場合は
通販サイトや店頭のソフトウェアコーナーで、動作が軽く、使用する容量も少ない
セキュリティソフトだけでも、必ず一つインストールしておくようにしましょう。
ウイルス・スパイウェア |
安全なサイトと危険なサイトをPCに判別させるには?
インターネット上で閲覧できるホームページやブログ・掲示板・入力フォームといった
あらゆるウェブサイトはすべてが安全ではなく、中には開いた途端に悪質な
コンピューターウイルスやスパイウェアに自動的に感染してしまうような危険なサイトもあります。

また違法サイトや成人向け・反倫理的な内容のHPなど、一般の方が見るのに
不適切なページや、あまりおすすめできないような有料サイト等も非常に数多くありますので、
迂闊に怪しいページには入らないように注意する必要があります。

しかし有害ファームウェアの仕組まれたページ等は人の目では非常にわかりづらい点があり、
またウイルス対策を十分にしていなければ
危険なページであることにすら気づかずに何度も来てしまう可能性もあります。
ウイルス・スパイウェア |
コンピュータウイルスの感染はスキャンしないと気づきにくい?
使用されているパソコンのシステムにコンピューターウイルスが感染して
ローカルディスクの全体に増殖・蔓延してしまうといずれOSや各ユーティリティーの
動作に支障が出てくるのですが、一個や二個侵入されてすぐにプログラムが
おかしくなるわけではなく、大抵はある程度感染して増える事で異常が発生します。

他のコンピュータへの蔓延のトラブル


大量に増殖してもシステム自体は正常に動いてなかなか気づかない場合も多く、
他にトロイの木馬など、さらに発見が困難なタイプのファームウェアも存在します。

マクロ・ウィルス(macro virus)などはソフトウェアの
マクロ機能に寄生して増殖したりと特殊なタイプも数多くあります。

ウイルスが感染していることに気づかないと、インターネットや電子メールにアップロードした
添付ファイルやUSBフラッシュメモリ・MO・外付けHDDにコピーしたデータの中に感染したファイルが
紛れ込んでいた場合、そちらの媒体にもウイルスが増殖してしまい、下手をすれば共有パソコンや
サーバ、会社内のPCにまで蔓延してしまうおそれもあります。
ウイルス・スパイウェア |
スパイウェア対策のスキャン・駆除ソフトウェアは必須!
インターネットの色々なサイトを閲覧したり、ソフトやプログラムファイルをインストールしていると、
スパイウェアという類のプログラムが混じってパソコンに侵入してしまうことがあります。

スパイウェアは全てが有害なものではなく、特に影響のないものが多いのですが悪質なものは、
PC内部のデータやユーザーの個人情報などを勝手に製作者の方へ
送ってしまう危険なものまでありますので対策は必ず必要になります。

ユーザー名やクッキー・パスワード・メールアドレス・使用履歴・暗証番号などの
重要なデータを外部の悪質な業者に知られて悪用されないためには、

ノートンアンチウイルスやトレンドマイクロ・ウイルスバスターなどの
高性能な有償のセキュリティソフトウェアをインストールして、
常時パソコン内部の監視システムを稼動させるのが一番安全性の高い対策方法です。
ウイルス・スパイウェア |
有害なPCウィルスプログラムを除去するには?
インターネットには開いた途端にウィルスプログラムがPC内部に
感染するトラップの仕組まれている有害サイトや、明けた途端に同じく伝染する
迷惑メールなど恐ろしいトラブルに遭う可能性があります。

ウイルスソフトをインストールしていなかった場合は感染した事にすら気づけずに
ずっと、蔓延作用がほったらかし状態になってしまい、ねずみ算式にパソコン中の
システムやデータ、プログラムが破壊されてしまう深刻な事態に陥ってしまいます。


セキュリティ対策の必要


共有パソコンが感染してしまったり、ネットにアップロードしたファイルが
ウイルスプログラムに感染していた場合には他のユーザーの方々にまで
多大な迷惑を掛けてしまうおそれもあるため、PCのセキュリティ対策はある意味、
すべてのネットユーザーの共通したマナーであり義務であるとも言えます。

トレンドマイクロ・ウイルスバスターなど優秀なセキュリティソフトを稼動させていれば、
大半のウイルスを弾いてくれる上に有害サイトの警告機能も備わっていて、更にもし
感染してしまってもすぐに侵入を検知して通知画面を表示してくれるシステムが備わっています。

ウィルスプログラムが侵入してしまった時はまず、すぐに感染してしまったページを閉じて、
念のために他のウェブプラウザ画面やアプリケーションソフトウェアプログラムなど、
現在展開している全ての画面を閉じてください。
(できたら感染したウェブページのコピーを控えておきましょう。)

そしてすぐにウイルスバスターやノートン・アンチウイルスなどの
セキュリティソフトの有害ウイルス・ファームウェア検索でパソコン全体を巡回されてください。

(ソフトをインストールしていない場合はすぐにセットアップしてPC内に組み込みましょう。)
ウイルス・スパイウェア |
コンピューターウイルスに感染してしまう原因と対策法は?
皆さんはコンピューターウィルス(パソコンウイルス)に感染されて、
一部のファイルやプログラムシステムが破壊されてしまった経験は今までにありますでしょうか?

おそらく大半の方にその被害の経験があるかと思われます。
インターネット上ではそれほどまでにあちこちでウイルスや有害ファームウェアが潜んでいますので、
実はネットとは十分な対策をしなければ危険な仮想空間でもあります。

コンピューターウイルスの障害に遭ってしまう大半の要因はインターネット上にあります。

・[ページを開いた瞬間にウイルスに遭遇してしまうページが存在する]
おそらく感染の半分以上はこれが原因でしょう。筆者も今までに何回もこれを受けてきました。

・[開くとウイルスにかかるプログラムの悪意な迷惑メールを開いてしまった]
これもうっかりすると遭遇してしまうアクシデントですね。変なメールが届いてたら要注意です。

・[ウイルスやトロイの木馬プログラムが仕込まれたソフト・ツールなどを
インストールしてしまった
]
これはあまり遭遇しないと思うのですが、危険なサイトからのものには気をつけるようにしましょう。
ウイルス・スパイウェア |
新型PCウイルスの感染を防ぐには?
PCウイルスに感染されてしまい、インターネット上でページを開いたらいきなり
コンピューターウイルス対策ソフトから『感染しました』という警告が出て、
コンピューターウィルス」(computer virus)に侵入された場合、
他にもうっかり不明なメールを開いてしまった時に遭遇した場合、などは稀に起こり得ます。

ですが、しっかりと優秀なアンチウィルスソフトウェアをパソコンにインストールして常時
最新の状態にして監視体制に設定しておけば、大抵は侵入されたその場で警告画面が出てきます。

そしてコンピューター上に広がる前にすぐ隔離して駆除すれば
システムやプログラムを破壊されたり書き換えられたりせずに済み、破損を防ぐことができます。

しかし、PCウィルスのソフトは単にインストールして
入れておくだけでは十分に安全とは言えないのでご注意ください。
ウイルス・スパイウェア |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-15.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.