パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ネットワーク】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「ネットワーク」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
ネットワーク のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






Wi-Fiのサービスがネットに繋がらない時の原因と解決方法は?
無線LANでネットワークに接続できるパソコンやモバイル端末を持って
「Wi-Fi」(ワイファイ/Wireless Fidelity)のサービスがある
空港や駅、新幹線、公共機関などのアクセスポイントで通信機能を使う際に、
なぜかアクセスできずにインターネットが繋がらない、という時の主な原因と解決方法について。

エアポート

ユーザーIDとパスワードが必要。

まず、例えば「空港」(エアポート/airport)などのロビーでノートパソコンを開いて使用する時、
内蔵/外付けの無線LANカードの機能からネットワーク回線を検知してそのまま直接接続できて
使える場合と、ウェブブラウザでネットを開くのにログイン(サインイン)の動作と
個別に発行してもらうユーザーIDとパスワードがいる場合があります。

Wi-Fiのインターネットサービスを提供されている施設にも場所によっては、
フロントのどこかにあるWi-Fi専用の提供カウンターなどで
一度受付の方で簡単な手続きを行うのが必要な事もあります。

運転免許証かパスポートなどを提示したら用紙に必要事項を書いて、それから1時間制限などの
決まりの中で使える、ログインのためのユーザー名とパスワードが書いた紙をもらえます。

そしてもう一度ノートパソコンからネットで提供された回線にアクセスして
ウェブブラウザを開き、必要事項の入力画面にパスワードなどを入力します。

同意事項の画面にもチェックを入れて、そこでサインインして使用ができます。

なお、空港のように大きな施設だと検知できるネットワーク回線の数も多く、
間違えて違うISP(インターネットサービスプロバイダ―)の名称を選択してしまい
アクセスしても繋がらない、というミスもよくあります。

回線を選ぶ際には名前を間違えてしまわれないように注意してください。


電波の届きにくいフロントにいる。

同じく空港や駅のように広い施設だと、一定区間おきに配置されている
Wi-Fiサービスのアクセスポイントから離れすぎていて
たまに電波が届かずにつながらない、というケースもあります。

その場合にはアクセスポイントの場所を受付の人に訊いて、
その場所の付近にある空いた座席に座ってネットを開いてみましょう。
ネットワーク | Wi-fi
ウェブサービスが突然使用できない問題が発生した時に修復するには?
インターネット上で会員登録(ユーザー登録)や有償サービスの契約をして
電子メールやクラウド、通信販売、動画視聴サービス、コンテンツの投稿、
ホームページのレンタルサーバー、ブログ、SNS、お役立ち機能、

といった様々なウェブサービスを日々使っていくと、

ある時、突然使用上のエラーが発生して正常に閲覧や処理ができなくなったり、
ログイン画面にアクセスできなくなる、というトラブルが稀に起こります。

そんな時の原因の把握のために、よくある事例と修復方法について、順に記載していきます。


新着メールが受信されない

インターネットのポータルサイトで提供されている電子メールのサービスも、受信/送信できる量に
限度が設定されて、その容量いっぱいになると新しくメールが受信されない事があります。

そうなると重要なメールが届かなくなって、業務上や買い物などでの
大事な報告メールが受信ボックスに届かなくなってしまいます。

なので、容量の重いファイルの添付メールから順に削除して、以前の古いファイルも消去して
ゴミ箱を空にして、空き容量の分を回復させていきましょう。


ウェブ機能のアップデートをしたらシステムがおかしくなった

WordPressなどの場合、定期的に配信される[アップデート]を施すと
自分で書き換えたPHPファイルなどの一部のデータの内容が
自動的に最新版へのアップデートで一緒に書き換えられる事があります。

そうなるとまた一からそのPHPの組み立て直しや、
状態のチェックと目視によるページの点検が必要な場合があります。

最新バージョンへのアップデートが毎回行われる領域のフォルダは、
一部を親子ディレクトリに分割するなど特別な設定を施しておくと、
自身で設定したPHPファイルの状態もそのまま書き換わらず引き継がれます。

なので、一定期間おきにアップデートしたファイルには必ず対策をしておいてください。


新しいファイルのアップロードができない

FTPソフトから新しくファイルが急にアップロードができなくなったら、
まずそのサービスの容量がいっぱいになっていないか確認します。

ディスク使用量は最大で1GB、5GB、10GB、50GB、100GB、という具合に
ほとんどのサービスでは容量の制限が設定されています。

この数値に達すると新しくファイルがFTPやアップローダーからアップロードできなくなります。

ディスク使用量

そこでプランを変更して追加分の料金を支払って拡張子して使用するか、
使わないファイルを一括削除して容量を軽減して空き領域を増やします。

または、レンタルサーバーのデータベースやファイルマネージャーが
一時的にダウンしている事もあるので、その時は回復するまで待機します。
ネットワーク | インターネットサービス
海外のホテルでインターネットを利用する時に必要なことは?
日本からノートパソコンやスマートフォンを持って飛行機や船舶を使い
海外の国々に旅行やスポーツ、転勤、出張、ロングステイなどで渡航し、
現地で宿泊するホテルやコンドミニアムでインターネットを利用する予定の時、
出発の前にいくつか確認しておく必要がある注意点もあります。


ノートパソコンを持っていく場合


まずは海外の滞在先ホテルでネットを使う際に持参が必要な物について。

  • ノートPC本体
  • 電源アダプター・コード
  • マウス
  • 変圧器
  • 変換プラグ
  • LANケーブル

上記のうち、アメリカ合衆国など電源コンセントの形が日本とほぼ同じ国は
変換プラグを持っていかなくても大丈夫な地域もあります。
またLANケーブルもホテルのルームに用意されているなら持参の必要はありません。

スーツケースや鞄に入れて持ち運ぶの時にかかるダメージから守るため、
必ず衝撃を吸収するカバーやビジネスバッグに入れて持ち運びましょう。

次に、日本国内から旅行会社の経由や個人の申し込みでホテルの予約をする時、
宿泊する予定のリゾートホテルやコンドミニアムにインターネットの接続環境が
サービスとして用意されているかどうかを必ず確認しましょう。

旅行代理店の窓口でもらえるパンフレットや説明書に、インターネットサービスの
アイコンに有りのマークが付いているかどうかでも判別できます。
ただ、ネットが使えるといっても国や宿泊地によって様々な使用方法があります。

・ホテルの各室内にLANケーブル(有線)での接続環境があるかどうか、
・無線LANカードがないと使えない、ワイヤレスのサービスであるか、
・そこでのネット接続は別に料金がかかる有料のサービスか、
・有料の場合、何百MB、または何時間、何日おきにいくらかかるサービスか、
・各部屋にはなく、フロントにおいてあるパソコン機材のみでのサービスか、

など、様々なパターンがありますので、現地に実際に行ったら何らかの理由で
自分の持参したノートPCでは使えない、というトラブルがないように、
なるべく予約の確認の時にネット環境について細かく訊いておかれる事を推奨します。
ネットワーク |
インターネット接続中に回線が途切れる原因と修復方法は?
LANケーブルを繋げたデスクトップパソコンや、無線LANカードを差し込んだ
ノートパソコンやネットブックでインターネットに接続して使っている時に、
時々なぜか回線が途切れてネットワークの接続が切断されるトラブルの原因と修復方法について。

これにはネットの環境や設定、コンピューターの種類によって様々な原因があるのですが、
それまで接続できていたのにいきなり回線が途絶えて完全に途中でインターネットが切れることが
多い場合は、コンピューターの部品や周辺機器、電波状況に問題が出ている場合が多いです。

たとえばプロバイダーの会社からレンタルしたモデムを長いこと使っているうちに
機械の老朽化で調子が悪くなってきたり、無線LANカード(ネットワークカード)が
持ち歩きの繰り返して傷んでくると、製品の寿命で不調が出てきます。

また、ルーターとLANポートとの相性が良くないために起こる事もあります。
こういった場合はプロバイダー関に連絡して、新品に交換をしてもらいましょう。

パソコンの内部パーツのマザーボードなどを交換すると、たまに内部に静電気が
溜まりやすくなる事があり、PCを起動させているうちに途中でLANコネクタで
静電気の蓄積によりローカルエリア接続が途切れてしまう場合があります。

これを解消するには一度シャットダウンして電源コードとLANケーブルを
コネクタから抜いて、電源ボタンを数回空押しして静電気を抜き、
もう一度電源スイッチを起動するとインターネット接続が切れる状態が元に戻ります。
ネットワーク |
インターネットトラブルの問題解決方法
21世紀に入った現在、日本中、世界中でインターネットが普及し、
社会にとっても個人の生活にも必要不可欠なものになりつつあります。

しかし一方ではソフトウェア的、社会的、消費生活的なトラブルが
日々、世界中で数多く発生し、その種類もウェブサイトや業種、
コンピューターの使い方によって無数のアクシデントの事例が存在します。

これらインターネットトラブルの問題解決方法はそれぞれの状況によってやはり最適な対処法が
異なるため、一概にこの手法が良い、とも言い切れない部分があるのが一つの難点でもあります。

ですが、基本的なインターネットトラブル防止の手段と、問題解決に向けて知っておくべき知識や
心構えを覚えておかれると、いざという時にも迅速に対処できるようになります。
ネットワーク |
ネット上でスパム攻撃を受けた時パソコン本体は大丈夫?
インターネット上で運営しているホームページやブログ、掲示板に荒らしの書き込みが来ていたり、
電子メールの受信箱に迷惑メールと見られるメッセージが大量に届いているなどのスパムを
被ってしまった時、今使っているパソコン本体までには影響しない?という問題について。

『スパム』(SPAM・すぱむ)とは荒らしをはじめとする迷惑行為の意味で、迷惑メールや中傷コメント、
非一般向け的な書き込み、ウェブサイト内容の無断転載コピーや著作権侵害、ハッキングなど
非常に種類の多い荒らし行為の例が存在します。

実際にスパムで受ける被害は、精神的な不快感から直接的に金銭にまで及ぶ損害まで
大小があり、その時の状況や人それぞれによって変わっていくのですが、
その大部分はインターネット上のみで受けるものが占めています。

ウェブログのコメントフォームやBBSに不快な文章が書かれていても、ほとんどの場合、
現在ネットに繋がっているパソコン本体にまで影響を受ける事はありません。

荒らし行為には取り合わず、すぐに削除して投稿禁止ワードやIPアドレスの設定
といった措置を取られればひとまずは大部分がストップできます。

しかし、何らかの拡張子ファイルが添付されていた場合は要注意です。
ネットワーク |
ファイアウォールを有効無効に設定してネットを見るには?
インターネットでホームページを巡回している最中に
特定のウェブページがウイルス対策ソフトの機能に弾かれて見れない、
という、ネットの通信トラブルがたびたび起きる場合について。

一部のサイトの閲覧ができないこの状態は、ウイルス対策ソフト等に
搭載されているファイアウォール(Firewall・ファイヤーウォール・防火壁)という、
ネットワークを安全に使用できるように危険の疑いがあるウェブページ等を
開く前に遮断して管理するソフトウェア機能がはたらいているためです。

トレンドマイクロ・ウイルスバスター【Trend Micro Internet Security】や
ノートン・インターネットセキュリティ【Norton Internet Security】をはじめ
セキュリティソフトや、Windows Vistaの標準機能で設定できます。

ファイアーウォールはアンチウイルスソフトと同じく、コンピューターでインターネットを
見るために必須の機能なのですが、たまに、有害でない安全な一部のページや、多少曖昧な
内容のウェブページとネットプログラムまで通信の遮断をしてしまう場合があります。

ウェブブラウザから直前のページを見て、なんとなく危険そうな感じのするページは見ないほうが
良い場合が多いところですが、少し前まで普通に見れていたのに急にファイアウォールに
カットされてしまった場合は、有効な状態から無効に切り替えて大体の場合は開くことができます。


ファイアーウォールを無効にする手順


まずスタートメニューからコントロールパネルを開き、セキュリティ⇒[Windows ファイアウォール]で
有効(推奨)】から【無効(推奨されません)】に切り替えてOKを押して、
解除することができます。

またはウイルスバスターやノートンアンチウイルス等の管理画面でファイヤーウォールを
有効/無効に切り替えたり、セキュリティレベルを高・中・低・最小限、と調節することで変更もできます。

インターネット使用中に頻繁に色々なページがブロックされてしまう場合は
高から中に、中から低に、と詳細設定をするのも一つのテクニックです。
ネットワーク |
ランタイムエラー発生とPC故障の違いとは?
IE(Internet Explorer)のウェブブラウザ強制終了をはじめとしてたびたび起こる
ランタイムエラー【runtime error】はアプリケーションソフトウェアのプログラム実行中に、
メモリやCPUの処理能力を超過してし待った時にたびたび起こりえます。

そして容量やスペック低いパソコンであるほどランタイムエラーの発生率が高くなってしまい、
お使いのパソコン本体が故障しているのでは、と思われる場合もあることでしょう。

しかし、あくまで性能が低いためにランタイムエラーが発生しやすい、というだけで、
ハードウェア自体に異常があるわけではなく、
CPUやHDD、メモリの負担を減らす事で改善する事もできます。

パソコンをある程度使っているとソフトウェアやプログラムのインストールを実行するたびに
新しいファイルや機能が増えていき、中にはウイルス対策ソフトの常時稼動型プログラムを
含め、常にCPUやメモリを一部消費しているプログラムもあります。

こうしたプログラムの機能を必要最低減に抑えて稼動を停止させたり、不要になったソフトは
アンインストールで削除しておくと大分OSは軽量化、高速化できるようになります。
ネットワーク |
ネットワークケーブルが接続されていません。 とは?
ウィンドウズ画面右下項目のインジケータ部分に、ローカルエリア接続の項目で
【ネットワークケーブルが接続されていません。】という警告メッセージが表示された時は、
インターネットの接続が切れてネットワーク信号が失われているいる状態で、
そのままではウェブブラウザや電子メールを使うことができません。

まず、LANケーブルが外れていないか、または正常にPCのLANポートに
しっかりと入っているかどうかを確認してみましょう。

LANケーブルがしっかりと繋がっていてもインターネットが繋がらない時は
一度モデムとパソコンの電源を切ってしばらく待ってからもう一度起動し直してみてください。

またネットワークデバイスの方の電源がちゃんと付いていて
正常に起動しているかどうかも確認してみましょう。
ネットワーク |
作成したウェブページがネットで表示できない原因とは?
インターネットにはホームページやウェブログ・掲示板・検索エンジン・リンク集
といった様々なウェブページがあります。

その多くはHTMLソースで構成されたプログラムファイルをファイルマネージャに
アップロードする事でネットワーク上に表示・閲覧する事ができます。

しかしレンタルサーバー元(ホスティングサービス)のスペースに
送信する手順やHTMLの文法が少し違うだけでも、正常に表示できなくなる事が
ありますので、できる限り正確にテキストの作成を行う必要もあります。


HTMLソースの文章構成


まず、通常のホームページやブログのテンプレートは、以下のような形で構成されています。

HTML(HyperText Markup Language)のソース
<html>
<head>~</head>(メタタグ領域)
<body>~</body>(本文・表示コンテンツの領域)
</html>


ページ自体はアップロード出来ているけど表示が真っ白になっていたり
デザインや文字が変な形で表示されている場合は、
HTMLソースのタグかCSSのテキストを書き間違えている可能性が高いです。

少し面倒ですが文章の隅から隅まで、一度修正チェックを行ってみましょう。

更に別に、CSS(Cascading Style Sheets-カスケーディング・スタイルシート)の
テキストファイルを作る事でデザインや色・背景などをカスタマイズできます。

しかしサーバーのディレクトリのスペースにアップロードした後で
ページ自体が表示できず、『HTTP 404 未検出 ページが見つかりません

といった白地と文字のみの画面が出てしまう時は、URLアドレスの文字が
間違っているか、アップロードができていない可能性があります。

URLが正しいかどうか、またファイルマネージャに作成したページが
送信できているかどうかを確認されてみてください。
ネットワーク |
イントラネットもインターネット同様にセキュリティ対策が必要?
今まで会社内ではプリンターの共有化など小規模のネットワーク構築が多かったのですが、
近年でのインターネットの普及に伴い、会社全体のパソコン・本社・支社・子会社・傘下企業・他社
との共同作業等で独自のネットワーク:『イントラネット』(Intranet)の構築が一般的になりました。

また、さらに規模の大きなアウターネット(エクストラネット)など、
小規模なインターネットの構築とも言えるネットワークシステムもあります。

イントラネットは企業機密や膨大なデータを保護するために、インターネットから
切り離されたネットワーク空間を使用する事で、外部からのハッキングや
クラッキング・コンピューターウイルスやスパイウェアの侵入・社員の操作ミス
によるデータの流出、といったトラブルを防止するのに非常に優れたシステムです。

しかしセキュリティ対策をイントラネットという場所での作業環境のみで
済ませるだけでは完全にオンライン的なアクシデントを防ぐ事はできません。
ネットワーク |
WEBのページやプログラムが壊れて表示されない時に復旧するには?
インターネットで閲覧できるウェブページやネット上のプログラムサービスを自分で
作成・運営・管理していくには、HTML(HyperText Markup Language)のウェブページや
PHP: Hypertext Preprocessor、CGI(Common Gateway Interface)のソースコードなど
プログラムファイルを作成して、ウェブサーバー上のファイルマネージャーに
アップロードすることで行うことができます。

しかしウェブページが正常に表示されなくなったり、検索エンジンシステムや入力フォームなどの
ツールが動かなくなってしまうトラブルは、特に自身で一から作成されるプログラムの場合、
割とよく発生してしまいます。

WEB上のページやプログラムが壊れて表示されない時は、どうすれば復旧できる?という疑問について。

プログラミングはかなり専門の知識が必要で、正確に作ったはずでも例えば『;』と『:』の文字を
一つ間違えただけでもぜんぜん違う意味としてコンピューターは読み取ってしまいます。
ネットワーク |
LANポートが反応せずネットワークに接続できない時に回復するには?
少し前までインターネットを使えていて、LANケーブルを抜き差しした覚えもなく、
なぜかLANポートが光らなくなり反応せず、ネットワークの接続ができなくなった、という場合や、

またLANケーブルをつなげていないのに、ランプが点灯したままで、
ドライバーの再インストールやBIOS設定・リセットなどをしても変わらない、という場合は、
どのような原因の可能性があり、どのような方法で接続を回復できる?というご質問について。

まず、新品のノートパソコンを買い、ネットに接続しようとしたところ、
LANポートが光らず、接続できない状態で、他のパソコンでは接続できている、という時は、
新品のノートパソコンでも、LANコネクタ付近で静電気が溜まっている場合があります。

静電気の帯電をなくすには、電源ケーブルを抜いて、電源ボタンをカチカチと
数回ほど空押ししてみると、回復する可能性があります。

次に、起動ボタンを押されてみて、それでも開かない時は、
一つの理由としてたまたま電波の場所が良くない、ということも考えられます。

ノートパソコンの場合でしたら、外でWi-Fiなどのサービスを使ってそちらでは繋がるかどうか
試して、パソコンとネットワーク環境のどちらに問題があるかチェックしてみることもできます。
ネットワーク |
ネットやプログラムのランタイムエラーを修復するには?
インターネットやアプリケーションの閲覧中などに強制終了といった形で起こりうる
ランタイムエラー(runtime error)はプログラム実行中に突然発生します。

またウェブページのツールを使用中にも、HPサーバープログラムやシステムの
整備が不十分であるために動作が先に進まない、処理を完了できないなどの
エラーが生じる場合もあり、高い頻度で起こるとかなり不便なものです。

ウェブブラウザのウインドウなどを多く展開しすぎたり、長時間パソコンを起動しているうちに
CPUやメモリに負荷がかかってしまうなどの原因があります。

ランタイムエラーが起きると展開していたプログラムの一つ、または全ての
ウインドウが強制的に閉じてしまい、データやファイルが上書き前に消えて
思わぬ時間と労力の損失を被ってしまうケースも多いため、なるべく
発生しないようにPC環境を見直されてみることが大切です。
ネットワーク |
Mozilla Firefox(ファイアフォックス)のエラーを修復するには?
Mozilla Foundation(モジラ・ファウンデーション)より開発・配布されているWWWブラウザの
Mozilla Firefox(モジラ ファイアフォックス/ファイヤーフォックス)とは、
Google Chrome(グーグル・クローム)やIE(Internet Explorer)と同じく
インターネットの閲覧に使用するためのウェブブラウザです。

Firefoxを閲覧中、急に画面が正常に見れなくなったり、止まりやすくなる、といった
エラーが発生し始めたら、どうすれば修復できる?という疑問について。

まず、Firefoxの表示速度が遅い場合はHDDの空き領域やメモリの容量または搭載量が
低いためや、CPUの性能が低いために起きている問題、というケースもあります。

タスクマネージャーの画面で、各機能でどれだけの使用量になっているか、
またメモリやCPU、ハードディスクはどれだけ容量が圧迫されているかを確認します。

次に、Firefoxはアンインストールをしても履歴などのデータはまだパソコンに残ったままで、
もう一度インターネットからインストールをして、すぐ気軽に使い直すことができます。

なので、もしエラーが頻繁に発生したら、最新版に再度インストール・セットアップを
し直されてみるか、PC修理サポート店にて診断をしてもらわれることを推奨します。
ネットワーク |
「インターネット アクセスなし」で繋がらない時に接続するには?
インターネットはご存知、現在は日本全国、そして世界的に幅広く普及しています。

しかしネットを使う際に、接続できないアクシデントが起きる事もあります。

パソコンからインターネットに接続しようと試みた時に、
デスクトップ右下のタスクバーの[ネットワーク]アイコンに
インターネット アクセスなし」と表示されて繋がらない、という疑問について。

まず、有線の光ケーブル等で接続しているデスクトップパソコンにはあまりないトラブルなのですが、
ノートパソコンを無線LANで接続してインターネットを使う場合によく起こりうるアクシデントです。

無線LANルーターを購入してプロバイダに契約して使う際には、
決められた専用のID(PIN)とパスワードを書き込む項目が出てきます。

最初にネットに接続する時は、そこに入力をしてください。
ネットワーク |
インターネットが遅い原因と速くする方法の一覧
パソコンにインターネット回線を接続してネットにアクセスする際に
ページを開いて移動したり、読み込みをする速度が遅い、というトラブルに
誰でも何度か遭遇してしまった事があるかと思われます。

インターネットが遅い原因には様々なケースがあるのですが、
具体的に今、何が理由で読み込みのスピードが落ちているのかがわからない、
という時のために、それぞれの主な原因について一覧にして解説iいたします。


① [契約しているプロバイダのインターネット回線が遅い]

現在、契約しているインターネットの回線が
光ファイバーか、CAケーブルか、ADSLか、モバイルによる無線LANか。

またそれぞれのサービスプランやモデム、ルーターなどの要素によって
回線のスピードはそれなりに違ってきます。

プランを一度見直して、もし全体的に速度が遅めのコースだったら、
今の設定プランの変更の申請を行ってみて下さい。

② [お使いの無線LANの速度が遅い]

年々インターネットの速度は速くなって向上してきているのですが、遠くの施設や滞在地で
無線LANサービスを一時的にお使いの場合、自宅や自社のケーブルに比べて
回線が遅い、ということもよくあります。

③ [電波が一時的に繋がりにくい場所にいる]

Wi-Fiなどの無線LANからアクセスしてインターネットを閲覧している際に、時々電波状況の乱れで
一時的に接続が遅くなったり、もしくはネット回線が途切れて繋がらなくなる事があります。

場所を移動したり、しばらく待ってから再度接続してみたり、またはルーターから直接
LANケーブルを繋げてパソコンに通してみると速くなり繋がりやすくなる場合も多いです。
ネットワーク |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-14.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.