パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ソフトウェアの問題】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「ソフトウェアの問題」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
ソフトウェアの問題 のカテゴリー






ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。






小さいソフトウェアでもインストールを繰り返しすぎると遅くなる?
今、インターネットでは生活に役立つ、家計簿や会計などの計算ソフトから、
エラーチェック、データの引っ越し、ウイルス対策、ファイルの圧縮解凍ツールまで、
非常に様々な「ソフトウェア」があります。

電気店や通信販売サイトで販売している有償の市販ソフトだけでなく、
インターネットの様々なサイトから入手できるユーティリティーも数多く出ています。

特に、容量が数百KB~数十MBくらいの低い、軽い祖父とぇあが多いので
いつでも気軽に沢山のソフトのフォルダをインストールしてセットアップができます。

これらのソフトは容量が小さいものなら一個一個はほとんど変わらないのですが
勢いでほとんど使わないものや使うかわからないソフトを何百個と大量に
インストールしてプログラムをセットアップしていくと、やや違ってきます。

簡単に書きますと、ソフトウェアを一個パソコンに加えるたびに
「レジストリ」という格納データベースが書き換えられて、
ハードディスクの中身も変わって容量も少し増えて複雑化していきます。

そして製作元の違ういろいろなユーティリティーが数百個と入っていくと、
必要のないプログラムも増えて、中には常駐稼動の自動的なツールも何個か
動いていき、一つ一つのツールを読み込むのに時間がかかって負荷が出始めます。

また、あまりない使い方なのですが、同じソフトウェアをフォルダごとコピーして、
コンピュータの中で何十回かコピーペーストや削除を繰り返していくと、
だんだんパソコンの読み込み速度が鈍くなっていくことがあります。

削除したフォルダはごみ箱にいくのですが、ごみ箱を空にして再起動しても、
インターネットが急になかなか開けなくなったりと、感覚の差が明らかに
出る場合があり、かなり重く負担のある操作をしていた、という事がわかります。
ソフトウェアの問題 |
Windowsアップグレード後にソフトが動作しない時は?
お持ちのパソコンに入っているOS:Windows XPやVista、2000を
新しくWindows7(ウィンドウズセブン)や8,、0にアップグレードさせることで、
オペレーティングシステムの性能やサービスが向上していきます。

ただ、OSのバージョンアップ後でたまに、それまでに使っていたアプリケーションソフト
新しいWindowsでは使えなかったり、ファイルシステムにまで不具合を起こしてしまう場合があります。


新OSに対応されていない旧プログラムによる障害


今までに使用していたソフトウェアが動作しない場合、古いプログラムが新しく出たOSの
使用環境に対応がされずに不具合が生じている可能性が高いです。

例えばWindows10やWindowsServer2008(Macintoshの場合はMac OS X)に
動作環境が対応されたアップデート版がソフトウェアの開発元メーカーから
発売されていれば、そちらの新バージョンに切り替える必要があります。

そのアプリケーションソフトのウェブサイトやPCショップの店頭を見て、
バージョンアップ版のプログラムが配布されていたり、
特別乗換優待版の専用パッケージが発売されていたら、そちらで入手が出来ます。

シェアウェアソフトのバージョンアップにはシリアルコードや
オンライン登録のアカウントなどが必要なことが多いため、これらの
記載されたパッケージやメモは捨てずにきちんと取っておきましょう。
ソフトウェアの問題 |
CD書き込みウィザードを完了できません、と表示されたら?
ウィンドウズのパソコンで内蔵または外付けのCD/DVD/BDドライブに挿入した
書き込み用ディスクメディアにデータファイルを保存する作業中、
途中で『CD 書き込みウィザードを完了できません』という
エラーウィンドウが出現して、中断されてしまう場合はどうすればいい?という疑問について。

まず、主に考えられる原因としまして、コピーするファイルを他のアプリケーションプログラムで
同時に使用している状態だった場合や、別のソフトウェアやブラウザをいくつか同時に起動中で
CPUやメモリの処理能力を超過してしまった場合などがあります。

書き込み専用のCD-R、DVD-R、BD-Rは、データの保存に一回失敗するともう書き換えができなくなり、
容量が埋まると使えなくなりますので、その際には別のCDディスクをを用意するか、
CD/DVD-RWやDVD-RAM、BD-REなど、他の種類のディスクメディアを用意して、
再度ファイルの書き込み作業を行います。
ソフトウェアの問題 |
システムは深刻なエラーから回復しました。と表示されたら?
前回Windowsを起動していた最中にアプリケーションプログラムに
何らかのエラーが発生して強制終了やハングアップが起こってしまい、
ウィンドウズを強制的に再起動させた時やソフトの画面を閉じた場合などに、

【Microsoft Windows(読み:マイクロソフト ウィンドウズ)
システムは深刻なエラーから回復しました。』
このエラーのログが作成されました。この問題をMicrosoftに報告してください。

というダイアログが表示される事があります。


ウェブサービスサポートへの問題の送信


ここではマイクロソフトのウェブサービスサポートの方に問題の状況を【送信する】【送信しない】
の二択が表示されるのですが、基本的に特に送信を行わなくても大丈夫なので、
どちらを選んでも構いません。

エラーメッセージのダイアログボックスは選択ボタンを押してデスクトップの表示が解除されます。
ソフトウェアの問題 |
Excel・Wordのテキストデータ自動保存設定オプションとは?
Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)やMicrosoft Word(マイクロソフト・ワード)
といったマイクロソフト製のOffice suite(オフィススイート)の
ワープロソフト(文章作成・計算ツール)には、

もしも途中でソフトウェアが、何らかのエラーや電源のストップで止まってしまい、
せっかく作った文章が上書き前に消えてしまうトラブルを防止するために、
数分おきにワークシートのデータの【自動保存】を行ってくれるオプションが搭載されています。

まずはExcelないしWord・Accessなどの使用しているアプリケーションを開いてみます。

起動画面上のメニューバーにある【ツール】⇒【オプション】を開いてみてください。

二列目の項目にあります「自動保存」を選択すると、
何分おきにどのフォルダに保存するかの設定画面が現れます。

ここで細かい設定ができますので、自分の用途に合うようカスタマイズを行い
「自動保存を行う」にチェックを入れて、「OK」を押して完了です。
ソフトウェアの問題 |
ユーティリティーソフトはハードディスク以外で使えない?
パソコンの便利な機能を増やして拡張して、操作性能を向上させていくための、
ユーティリティーソフト(アプリケーションプログラム)は、今や全世界で山のように存在し、
HDDの空き容量内でしたらいくらでもインストール・セットアップして使うことができます。

その際の注意点としまして、ユーティリティソフトは基本的に、パソコンの二次記憶装置
Cドライブ(ハードディスク/SSD)にインストールして使用する
アプリケーションツール、という仕組みになります。

そのため、HDDの空き容量の節約のためにUSBメモリやSDカード、外付けハードディスク
といった外部のデータ記憶メディアにプログラムを保存して使おうとすると、ソフトウェアが
正常に動作しないものが多いため、お薦めはできません。

外付けの補助記憶メディアで開けるプログラムもあるのですが、
外部接続ドライブやデータ記憶メディアが傷みやすく、ファイルも壊れやすいので、
やはり内蔵HDDか外付けHDDにセットアップして作ったフォルダーにしっかりと
アプリケーションプログラムを保存するようにしましょう。
ソフトウェアの問題 |
ワープロ(ワードプロセッサ)の故障の修理はできる?
ワードプロセッサ(Word processor)にはパソコンで作成するソフトウェアと、
ワープロ機能がROMで搭載された文章作成専用機の二種類の製品があります。

PCやプリンターの普及・低価格化とともにワープロ専用機の需要は薄れ、
現在は製造は終了されているのですが、今までで慣れ親しまれた方の需要や、
PCの動作を覚える事に比べての簡単さにより、まだ中古製品の市場を中心に
需要は現在も続いています。

しかしPCソフトウェアの方でしたらシステムエラーが起こっても再インストールなどで
すぐに修復できるのですが、専用機で動作不良が起こってしまうと、
すでにメーカーでの保証期間サービス等は終了しているため、
修理できるサービスが徐々に少なくなっていき、また高額になってしまう難点もあります。
ソフトウェアの問題 |
レジストリエディタでデータをバックアップするには?
マイクロソフト・ウィンドウズのパソコンに搭載されているハードディスクドライブの
記憶領域である「レジストリ」[Registry]とは、OSの基本的な設定のデータベースです。

このレジストリのデータをバックアップすることで、今後、新しいパソコンへの
データ引越しや、HDDが壊れた場合に別のHDDへレジストリの復旧作業を楽に行うことができます。

Windowsのオペレーティングシステムには『レジストリエディタ』という専用の
アプリケーションツールが用意されていますので、これを使用することでバックアップができます。

まずスタートメニュー⇒『ファイル名を指定して実行』のボックスに「regedit」と入力
⇒OKを押すとレジストリエディタが起動します。
ソフトウェアの問題 |
消えたデータファイルの復活ソフトウェアとは?
パソコンのマイコンピュータ [ローカルディスクや外付けのリムーバブルメディア]の内部に
保存してある拡張子ファイルやフォルダ・プログラムといったデータを誤って削除してしまったり、
ゴミ箱ツールからうっかり必要なファイルまで消去してしまった時、また同名ファイルの上書きや
外部接続ディスクのフォーマットで重要なデータが消えてしまった時に復活させる方法について。

PCやアプリケーションに搭載されている『システムの復元』 『ファイル履歴』といった
リカバリー機能で元に戻せなかった場合でも、データ復活ソフトウェア
(データ復旧プログラムツール)で復元できる事をご存知でしょうか?

ほぼすべてのファイルフォーマットは一度記憶メディアから消去してしまっても
まだデータの書かれていた痕跡は残っていますので、この痕跡部分から
専用のシステムにて自分で元通りに修復させる事もできます。
ソフトウェアの問題 |
プログラムのアプリケーションエラーを解消するには?
PCにインストールしたアプリケーションソフトウェアのプログラムを起動して使用している最中に、
突然エラーが発生してデータセーブの前に中断してしまったり、読み込みが急に
遅くなったと思ったらWindowsごとシャットダウンしてしまった、
という困った障害が頻繁に起こってしまう場合の解消方法について。


ソフトウェアの使いすぎを直す手法


パソコンを長く使っていくほどマイコンピュータにインストールしたソフトウェアの数は
次第に増えていき、ウイルスセキュリティソフトをはじめ、常駐型のプログラムも稼動しているため
いくつかのプロセスにメモリやCPUの処理能力が追いつかずにダウンする場合が多いです。

そのため、ひとまずは不要なソフトウェアをアンインストールしてCドライブの空き領域を減らしたり、
アンチウイルスプログラムの機能を制限する、またディスククリーンアップやディスクデフラグで
HDD全体を整理・圧縮する、という具合に、ドライブの重さを解消させる作業をしてみましょう。
ソフトウェアの問題 |
プログラムのアンインストールができない状態から修復するには?
パソコンのマイ・コンピュータに新しくインストールして加えてみた
アプリケーションソフトウェア(プログラム・ツール・ユーティリティ等)が思ったより
ツールとして使えなかったり、なんらかのバグが生じた場合、あるいはHDDの
空き容量が埋まってきたため軽くするためにプログラムを消去して修復したい、という時には、

コントロールパネルの『プログラムの追加と削除』またはソフトウェアに同梱されている
アンインストーラーの機能によってアンインストールをする事ができます。

マイコンピュータからファイルやフォルダを直接削除するやり方だと、コンピュータのシステムや
他のプログラムに支障が出る可能性もあるため、なるべくはアンインストールで行うのが
良いのですが、たまにエラー画面が表示されてUninstallが完了できない、ということがあります。

まず、よくあるパターンとして、削除したいプログラムソフトが
現在使用中だったり、他のシステムと併用されて使われている状態で
これを抹消すると別のプログラムが使えなくなる、という原因が考えられます。

まずは現在開いているウェブブラウザや他、稼動しているソフトウェアの
画面を全て閉じてみて下さい。またディスプレイの右下インジケータにプログラムの
アイコンが表示されていましたら、右クリックで終了させてみて下さい。

『プログラムの追加と削除』で表示される各項目には今までにインストールした
アプリケーションの他に、OSなどのシステムを動かす上で大事なプログラムも一緒に表示されます。

なのでこれらを消去してしまうとパソコンのシステムに異常が出てしまうので、
中には削除ができない、もしくは警告のメッセージが出てくる項目もあります。
ソフトウェアの問題 |
ワード(Office Word)のファイルを回復するには?
マイクロソフト社より開発・配布されている、文書作成アプリケーションソフトウェア
『Microsoft Office Word』 (マイクロソフト・オフィス・ワード)とはExcelと同じく
MicrosoftOfficeシリーズの代表となる、最も普及されている文章生成ツールです。

作成テキスト文章の修復機能


ワードにはエクセルと同様に多数の便利なテキスト生成のための機能が搭載されています。

またヘルプ(トラブルシューティング)の機能も大変優れていますので、
誤ってせっかく作成していた文章を消してしまったり何かのアクシデントで
白紙に戻ってしまっても、まだ回復の操作を行う事で元に戻す事ができます。

作業中のちょっとしたミスでしたらすぐに画面上メニューの[編集]にある
元に戻す(アンドゥ)機能を使えば一回~数回前のアクションの状態に戻す事ができます。

『元に戻す』は一度プログラムを閉じてしまうと仮メモリの保存履歴も消えてしまうので
誤操作や上書き時のミスにご注意下さい。

次に、間違えて文書を上書きしてしまったりシートを白紙状態にして
元に戻せなくなってしまった時は、メニュー→ツール→破損したテキストの修復
という機能(このプログラムを使うにはインストールCDが必要)、

あるいはヘルプ→MicrosoftWordヘルプとアクセスして表示される検索ボックスに「修復」、
または「回復」と検索すると、『トラブルシューティング:ファイルの回復』や
『ドキュメントの回復』など、いくつかのお役立ち機能についての案内と操作手順が
表示されますので、これらの指示に沿って復元作業を行われてみてください。
ソフトウェアの問題 |
Excel エクセルのワークシートを復元させるには?
電子計算ソフトウェアとして世界中で普及して愛用されている、マイクロソフト社の
Microsoft Office Excel(マイクロソフト・オフィス・エクセル)を操作中に、
誤ってワークシートのテキストデータを消してしまったときに復元するには?という疑問について。

まず、エクセルの拡張子ファイルは他のプログラムのファイル形式と同じくマイコンピュータの
フォルダに保存ができまして名称は「.xls」または「.xlsx」となります。

プロパティ画面では『Microsoft Excel ワークシート』、『Microsoft Excel CSV ファイル』という
名前で表示されます。

このファイルをエクスプローラーから誤って削除した時は、多くの場合、ゴミ箱フォルダーに
移行されていますので、そちらを確認します。

エクセルは数万~数十万もの行数で膨大な量のデータを一挙に計算できる
大変優れた性能を持つため現在もほとんどの様々な業種で活用されています。

その分、誤ってワークシートに入力していたテキストや数式を削除してしまったり
ファイルそのものを上書き・消去してしまい膨大な管理データを失ってしまう
トラブルも多いのですが、いくつかの復元方法もあります。

まず基本操作として、シート内の文章や計算式などをとっさに消してしまった時は
『編集→元に戻す(アンドゥ)』の機能を押して、ある程度の回数までなら
仮保存データをさかのぼって元に戻す事ができます。

一度そのシートを×アイコンなどで閉じてしまうと『元に戻す』では
復元できませんのでくれぐれもご注意下さい。
ソフトウェアの問題 |

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-12.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.