パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【リカバリー・初期化】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「リカバリー・初期化」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








リカバリーディスクのCDを紛失した時は?
WindowsなどのOSのパソコンでシステムが破損して動かなくなった時に、
「[リカバリーディスク](システム修復ディスク)を使えば直せると聞いたけど、
そのディスクというのがどこにも見当たらない…もしかして紛失した?」


といった思わぬトラブルに遭われてしまった場合の疑問について。

リカバリーディスク

まず、リカバリーディスク(recovery disc)は
パソコン本体の電源を入れてCD/DVDドライブに挿入すると、
回復プログラムが立ち上がってOSの修復を始める事ができます。

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)を導入した
メーカー製のパソコンには、購入した時にリカバリーディスクのCDが
箱に同梱されている製品と、同梱されていない製品とがあります。

まずは購入したパソコンが入っていたカバーの箱に入っていた、
同梱されている取扱説明書と付属のディスクの一式を出して確認してください。

必ずしも再セットアップに使う専用のCD-ROMなどが入っているとは限りませんので、
最初に封入されている備品の一覧が書かれた用紙や説明書がありましたら、
そちらを先に読み直してディスクが付属されているかチェックしてください。

※古いパソコンの場合だとCD-ROMやフロッピーディスク(FD)が
5枚組~6枚組になっていて、実際に使う時には
一枚ずつドライブのトレイから交換しながら進めていく、という物もあります。


リカバリCDがあるはずなのになぜか見当たらない場合は、
間違えて捨ててしまった、というケースはあまりないかと思うのですが、
もしすぐに見つからなかったら、やはり箱の中をもう一度見てみましょう。

段ボールの隙間や説明書の間などに挟まっている場合もよくあります。

または一度すべて箱から取り出していて本棚や机の引き出し、押し入れなど、
ディスクや書籍の収納場所にまとめて入れていないか、探してみましょう。

よくあるミスとして、ディスクを他のパソコンのものと混ぜてしまって
どれがそのPC用の物なのかわかりにくくなってしまう事があります。

特にWindowsの起動ディスクをそのままOSの修復用に使う際、
複数の同じWindowsのパソコン本体を購入して所持されている場合は、
見た目がほぼ全く同じリカバリCDのディスクは間違えないように注意して、
シールやバーコードのナンバーなどの箇所を見て判別してください。


もしそのPCには同梱されていなかった場合、もしくは紛失してしまった場合は、
企業のメーカーと製品によっては、
有償でリカバリディスクを送付してもらえるサービスも実施されています。

一度パソコンメーカーのインフォメーションセンター(カスタマーサポート)に
電話をして問い合わせて、再セットアップのためのディスクが入っていない、
または紛失してしまったため新しく送付をしてもらえるか、訊かれてみてください。
リカバリー・初期化 | リカバリー
OSを初期化するPC修理作業とは?
パソコンのOS((Operating System:オペレーティングシステム)に
コンピューターウイルスの感染やレジストリの肥大化、ファイルシステムの破損
といった深刻なトラブルが発生してしまい、OSのデスクトップ画面が
どのようにしても開けなくなった場合について。

セーフ・モードや前回起動時の構成などの指示や、
回復コンソール、上書きインストールといった修復オプションの作業をしても
直らない時は、かなり重大な論理障害が発生している可能性が高いです。

その際には最終手段である、OSの初期化(フォーマット・リカバリー)で
PCの修理を行う必要が出てくる場合もあります。
パソコンの初期化には、主に二通りの作業パターンがあります。

起動ディスクから再インストール


まずは一番多いパターンの初期化方法として、パソコン購入時に付いている
WindowsインストールDVDなどのOS起動ディスクをDVDドライブに挿入します。

そして解説の手順に従い、OSのリカバリーインストール(再セットアップ)をして
PC出荷時と同じ時の状態に戻す初期化作業を行います。
これで大抵のファイルシステム破損のトラブルは修復する事ができます。

また、今までハードディスクに溜めていたファイルの容量やレジストリも
初期化されますので、パソコン本体を買った時と同じく、しばらくは
スムーズにコンピューターを動かせます。
リカバリー・初期化 |
セーフモードで起動できない時のパソコン回復手段
パソコンを起動した時にWindowsのOSが画面が立ち上がらず、
普段のデスクトップのモードが表示されず使えなくなってしまった場合、
一度再起動して最初のロゴ画面の時にF8キーなどの指定キーを押して
Windows拡張オプションメニューを立ち上げて起動するのが一つの対策手段です。

ですが、エラーや破損の状態次第では、「前回正常起動時の構成」や
「セーフモード」でもPCの回復が上手くいかない事もあります。

まず、発生することの多いトラブルの原因の一つとして、
BIOSでの指定が変わってしまっている事です。

例えばCDやDVDディスク、フロッピーディスク、USBフラッシュメモリを
内蔵ドライブ装置やUSBポートに差し込んだままパソコンを閉じた場合、
パソコンの電源を付けた際にハードディスクドライブではなく、
ディスクやメモリーカードが優先して読み込まれてしまう事があります。

何か記憶メディアを差したままでないか確認して、もしあった場合は
全て取り外しましょう。

ただ、USBコネクタやドライブ装置から取り出した後もそのまま
設定が変わらない事もありますので、その時は各パソコンの
操作マニュアルに従ってBIOSを購入前の状態に初期化しましょう。

次に、オペレーティングシステムが破損している原因が考えられます。

アプリケーション・ソフトウェアをインストールしすぎたり、
Windowsの大事なプログラムを間違えて消してしまった場合、
ワーム型のコンピューターウイルスやトロイの木馬が感染している場合、
などOSに異常が出てしまう理由は数多くあります。

基本的な対処方法として、起動の時にWindows起動ディスクを挿入して、
操作手順に従い回復コンソールや上書きインストール、再セットアップ
といった修復作業を行われてみて下さい。
リカバリー・初期化 |
システム障害は自動再開して回復するパターンもある?
障害回復(しょうがいかいふく)=Recovery-リカバリーとは、
ハードウェアないし、ソフトウェア的な事故で止まったシステムを
復活させるための作業のことです。

データベースを更新した時点で記録していた時点の検査点の
以降から先を無効にして再開させるロールバック(後退復帰)と、
検査点からのログファイルも含めて前進させて回復させる場合の
ロールフォワード(前進復帰)の2種類があります。

ですが、パソコンのOSやアプリケーションソフトなどが停止した場合、
壊れてしまって元に戻らない状況になっている、とも限りません。

プログラムの実行指示の直後に、準備動作中で初期化処理をこなしているため
一時的にフリーズのような形でマウスやキーボードからの入力を
受け付けないタイムラグが出るパターンもあります。

自動再開(じどうさいかい)=auto restart(アウト・リスタート)という、
一定時間を置いて再びシステム・プログラムが自動的に元に戻り再開
される場合も多く、フリーズ(ハングアップ)からの回復や再起動が
行われて、通常のステータスに修復されます。

そのため、少しの間アプリケーションやパソコンが止まっている時でも、
すぐに閉じたりはせずに何分かの間は待機して様子を見てみましょう。
リカバリー・初期化 |
同じ動作を繰り返すループのエラーを直すには?
デスクトップのショートカットキーをマウスポインタで何度も
同じ項目やアイコンを連続で押してしまったり、
パソコンの処理速度が追いつかないうちにキーボードのキーを
勢いで打ち込みすぎると同じ動作が勝手にループして繰り返される事があります。

スピーカーから同じエラー音がずっと何度も連続で鳴り響いたり、
同じエラーの警告メッセージダイアログが次々と画面上に重なって
ひたすら同じリアクションを繰り返すように表示されてしまう場合、

またインターネット・エクスプローラーのネット画面が勝手に
どんどん切り替りを起こしてしまう場合など、

同じリアクションが無限にループ的に繰り返されてこちらからの操作が
受け付けなくなるエラーが起きたら、フリーズ(ハングアップ)と同じく
パソコン操作ができなくなる場合が多いです。

パソコンはたまにCPUの性能やメモリの容量が低いために処理速度
越えてしまい、一時的に動作が遅くなる事があります。

その時はまだキーボードやマウスから出した指示を処理中なのですが、
この間を待ちきれずに連続で同じ動作を打ち込んでしまうと
全て実行するようにOSが認識して、ここでループエラーが発生し
ひたすら同一画面の連続展開といった繰り返しが起こりえます。

こうなってしまうと一定時間待っても動作が止まらず、そのまま
長時間放置するとシステムの破損やCPU・HDDの負荷にも繋がります。
リカバリー・初期化 |
回復コンソールでウィンドウズXPを修復するには?
Windows XP-OSのシステムファイルが壊れてしまい、
パソコンの電源ボタンを押してから起動がしなくなった時は、

Windows XP CD-ROM (ウィンドウズのインストールディスク)に
搭載されているツール:【回復コンソール】を使用してシステムの復活を
行う方法があります。

セーフモード画面でも直らなかった場合は、再セットアップ(初期化)を
される前に一度試みてみましょう。
リカバリー・初期化 |
ハードディスクドライブを誤ってフォーマットした時は?
PC内蔵のHDDやポータブルハードディスクドライブのパーティションを、
バックアップやリストア作業と間違えてクイックフォーマットしてしまい、

それまでのデータが読み込めなくなった場合、
どうすれば元に戻せるのか?という疑問について。

まず、一見するとそれまでの記録ファイルやシステム設定を
全部消してしまっていたのように見えるのですが、

フォーマットした直後の状態でしたらまだ、削除しました、
という認識を与えただけの状態で
まだパーテーションのデータそのものが消えたわけではありません。
リカバリー・初期化 |
青い画面メッセージに切り替わる症状を回復する手順
パソコンの操作中にいきなり画面が青一色の背景と白文字に
切り替わってしまい、ウィンドウズが止まってしまう症状が
発生して困ってしまわれた時について。

システムがビジー状態です、と警告が出た場合


まず、システムがビジー状態か、不安定になっています。
という表示が出たときは、ややパソコンが論理的に危険な状態になっています。

Enterキー(エンターキーのボタン)を押せばWindowsに戻る事もあるのですが、
何も変わらなければ表示されている白文字のテキストに従い、

しばらく待って様子を見るか、次にキーボードの『Ctrl+Alt+Delキー
(コントロールキー・オルタネートキー・デリートキー)を押して
一旦コンピュータを閉じてから再起動されてみて下さい。

この場合、それまで展開していたアプリケーションプログラムの
テキストや作成ファイルは、自動バックアップ機能の付いていないものは
残念ながら全て前回保存時の状態に戻ってしまいます。
リカバリー・初期化 |
MBR マスターブートレコードを修復するには?
ハードディスクドライブの先頭セクタである領域:Master Boot Record
(MBR・マスターブートレコード)はOS起動に必要なパーティション等が格納
されているため、これがシステム障害で破損するとOS画面が開かなくなります。

容量は500バイトほどの微小なファイルですが、最初の読み込みに必要である
重要な部分ですので、もし破損してしまうと動かなくなってしまいます。

しかしこの障害はWindows OSのCD-ROM(シーディー・ロム)から
回復コンソールを起動させる事で修復させる方法が使えます。

まず起動ディスクを挿入して回復コンソールを起動し、[fixmbr]と入力し、
Enterキー(エンターキー)を押す⇒「新しいMBRを書き込みますか?」の項目で
Yキーを押し、もう一度Enterキーを押して、
ブートレコードを新しく作り直す事ができます。
リカバリー・初期化 |
ブルースクリーン画面の発生トラブルとは?
Windowsパソコンの起動中に急にプログラムシステムが停止してしまい、
青一色と白い英文のみの画面が表示されて操作不能になる症状を
ブルースクリーン(ブルーバック・青画面・ BlueScreen)と言うのですが、
この状態はPCのシステムトラブルの中でも特に危険な状態に当たります。

Windows XPやVistaのOSパソコンではあまり起こらないのですが、
スペックの低いPC本体やME以前のOSを使用している場合、
細かいエラーの積み重ねやレジストリの欠如・システムの負荷といった
障害が原因でブルーバックの状態が起こりえます。
リカバリー・初期化 |
システムの復元機能は使用しすぎない方が良い?
マイコンピュータのCドライブ(ローカルディスク・HDD)に保存していた
拡張子ファイルやダウンロードしたアプリケーションソフトウェアのプログラムを
誤って消去・上書きしてしまった時や
システムの一部が破損して正常にPCが作動しなくなっった時のために、

Windows OSのパソコンには、いざという時のための『システムの復元』という
修復機能が搭載されています。
モニタ左下の「スタートメニュー」から「コントロールパネル」→「システム」→
「システムの復元」→「OK」と、いつでも簡単に使用できるツールです。

しかしこの作業はハードディスクドライブ全領域のデータを数日前のものに
上書きするような方法でHDDにも負担がかかりやすく、
エラーが発生する可能性もあるため、あまり頻繁には使用されない事をお薦めします。

一つのプログラムファイルを復旧させたいために使用し、今度は前回の
復元ポイントから現在までに記憶していた他のデータまでもが以前の状態に
戻ってしまい消えてしまう、というミスが発生する事もあるため、なるべくは
ファイナルデータ2008などのデータ復元ソフトから個別に修復されていく方が
安全、かつ確実な方法です。
リカバリー・初期化 |
Windows Vistaのシステムを修復するディスクを作成
Microsoftのオペレーティングシステム
Windows Vista」(ウィンドウズ・ビスタ)をインストールしてある
パソコンを動かして使っていくうちに、
ある時突然システムに不具合が起こってしまうトラブルが発生する可能性もあります。

アプリケーションのエラーでOSが一部、正常に機能しなくなったり、
レジストリの破損やコンピューターウイルスの感染、
Cドライブの容量の超過、互換性の問題、といった数多くの原因により
システムが一部壊れてしまうおそれも出てきます。


ですが、事前にこれらの想定外のハプニングを見越して、
Windows Vistaの上位バージョンには現在のイメージのバックアップを取る
「Complete PC バックアップ」(バックアップと復元センター)という、
Windows 7の「システム修復ディスク」と似た機能が標準で備わっています。

※「Complete PC バックアップ」の機能はWindows Vistaの
 「Business」(ビジネス)、Enterprise(エンタープライズ)、
 「Ultimate」(アルティメット)の上位エディションでのみ使用可能です。
 
 「Home Basic」(ホームベーシック)と「Home Premium」(ホームプレミアム)
 では搭載されていませんので、一般ユーザーの方はご注意ください。

(※文章内で内容の間違いと説明文の不足があったため修正と追記をしました。
  大変失礼いたしました。)
リカバリー・初期化 |
システムの復元から再起動してWindowsを修復する手順
Windows-OSパソコンのトラブルシューティングを行うために標準で搭載されている
プログラム:『システムの復元』というツールがあるのをご存知でしょうか?

・うっかりHDD内の必要なファイルやフォルダ、プログラムを消してしまった
・PCを正常に使うために必要なシステムファイルを削除・してしまった
・うっかり同名のファイル名で大事なデータを上書きしてしまった
・アップデートしてみたら障害が発生したので前の状態に戻したい
・突然Windows画面表示以降の操作がおかしくなった

こういったアクシデントが起きてしまった場合には、『システムの復元』を
使って少し前の状態に戻す復旧作業を行う事ができます。

まずはウインドウズ画面の左下:『スタートメニュー』を開き、
『すべてのプログラム』→『アクセサリ』→『システム ツール』とマウスポイントを
進め、『システムの復元』 を押すと新しい画面が開きます。

ここで『システムの復元の開始』という設定画面が出てきますので、
『コンピュータを以前の状態に復元する』→『次へ』→以前の構成の確認をして
『OK』をクリックすると回復作業が開始されます。

修復システムの作業が終わるとコンピュータが再起動され
無事に元の状態に戻ります。
リカバリー・初期化 |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-11.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.