パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【SSD・フラッシュメモリ】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。






ページ案内
こちらは「SSD・フラッシュメモリ」の分類にあたる見出し記事の一覧のページです。
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容は新旧ともに定期的に更新しています。








WindowsのSSDをMacパソコンで読み込みするには?
Microsoft(マイクロソフト社)から提供・販売されているオペレーティングシステム
『Windows』(ウィンドウズ)をインストールしているパソコンで
メインのプライマリパーティション、もしくはセカンダリパーティションとして
ドライブベイに内蔵して使っていた『SSD』(ソリッドステートドライブ)が、

ある時パソコン本体のどこかのパーツの故障やOSのファイルシステムの破損などで
一時的にアクセスできなくなり使用できなくなった場合、一旦別のパソコンから
SSDの中身のデータを開くにはどうすればいい?という疑問について。

ソリッドステートドライブ

もし故障していないWindowsのパソコンを別に一台お持ちであれば、
そちらのPCケース内の空いたドライブベイに増設するか、
外付けSSDケースなどのカートリッジに移し替える事で読み込めます。

(※ですがSSDにインストールしていたOSを Cドライブとして起動する事は
 原則として禁止されていて、また開けない事も多いので、
 あくまで補助ディレクトリのDドライブやEドライブとして開きます。)

しかし他にWindowsパソコンをお持ちでなくて、かなりMac OS Xの
Mac ProやiMac、Mac mini、MacBook Pro/Airを所有されている場合は、
本体修理完了までの間、そちらに接続して中身のディレクトリを開く事も可能です。


※こちらの一例ではWindows8.1のBTOデスクトップパソコン(TSUKUMO製のeX.computer)から
 内蔵のCドライブとして搭載している2.5インチサイズでSATA方式のSSDを
 PCケースのドライブベイから取り外して、Mac OS Xのインストールされた
 Macbook Airのパソコンに外付けSSDとして接続して読み込む手順を解説いたします。
SSD・フラッシュメモリ | SSD
OSをインストールしたSSDがBIOSで読み込まれない時は?
今まで使っていたパソコンの速度をもっと速くする方法の一つに、

OSをインストールして起動させているハードディスクドライブを
メモリディスクの「SSD」(ソリッドステートドライブ)に交換する方法があります。

SSDの増設

フラッシュメモリの記憶媒体が組み込まれているSSDは、
HDDにあるヘッドなどの機器でディスクを読み込まない仕組みで
シーク・タイムやサーチ・タイムが無いので、
非常に高速な読み書き速度で、さらに壊れにくいのが大きなメリットです。

そのためSSDをプライマリ・ハードディスクの代わりとして
Windowsなどのオペレーティングシステムをインストールして使っている
ユーザーも近年、大変多くなっています。

ですが稀に、いくつかの原因で、BIOSで優先して読み込まれずに
OSが起動できない、というトラブルが起こる場合があります。

その主な原因と、その解決方法について書いていきます。


まず、SSDは今現在だと数十B~数百GBと、HDDよりも容量が低く、
値段も高額であるため、パソコンに組み込んで使うには、
セカンダリとして前に使っていたハードディスクを増設して
組み込んで容量を底上げするのが便利です。(デスクトップPCの場合。)

ですが2台以上のデータ記憶装置をドライブベイに組み込んで使う場合、
その両方にオペレーティングシステムがインストールされていると、
BIOSなどの設定次第ではプライマリではなくセカンダリのドライブが
優先して読み込まれる場合があります。

前のハードディスクの方のOSを今後特に使う予定がなければ、
そのままアンインストールして削除してから使い直しても良いでしょう。

Windows7やWindows XP、Ubuntuなど他のOSとデュアルブートで使用する際は、
パソコンを起動した時にBIOSのタイトルロゴ画面が出た時に
DeleteキーかF2キーを数回押してBIOS設定画面を開きます。

そして、ドライブ起動の最優先順位をSSDにするように
ドライブ機器のアイコンをスライドさせて保存するか
ブートメニューでSSDの名称を選択肢して、終了します。
SSD・フラッシュメモリ | SSD
SSDの容量不足をハードディスクの増設で解決
パソコンなどのコンピュータ機器でデータの二次記憶装置として
ハードディスクドライブのかわりに搭載して使用できる
『SSD』(ソリッドステートドライブ・Solid State Drive)は、
読み込み速度の高速さと壊れにくい頑丈さが主な利点です。

SSD本体

また、2.5インチサイズのハードディスクとほぼ同じ大きさなので、
ノートパソコンに搭載したり、3.5インチ変換マウンタに取り付けて
デスクトップパソコンのドライブベイに差し込んで使う事も可能です。

しかしSSDの欠点として、まだデータ記憶装置としてはまだ容量が少なく、
現段階では値段が高額なのに反して
60GB、120GB、180GB、240GB~、とハードディスクに比べてだいぶ低めです。

(最近では数万円で1TBほどの容量を持つ製品も登場しています。)


近年の大容量を必要とするアプリケーションソフトを
数多くインストールしていくと、数十GB~240GBくらいの容量では
すぐにいっぱいになって圧迫されてしまう事もあります。

また、SSDのCドライブ(ローカルディスクC:)だけでは
写真や動画といった重いファイルを数多く保存するのが少し難しく、
その都度、容量を節約しながら使用していかなければなりません。

そこで一つの解決手段として、今までにハードディスクを一台でも使っていたら、
その装置をデスクトップパソコンのケースの中の空いたドライブベイに増設して、
DドライブやEドライブとして使っていく方法があります。

(※ノートパソコンの場合はサイズが小型でドライブベイに空きがないのが
 ほとんどなので、外付けHDDをUSBケーブルで接続するか、
 LANDISKやLINKSTATIONなどのNAS製品で無線LANでアクセスして、
 その都度、データをバックアップする形で活用していく必要が出てきます。)
SSD・フラッシュメモリ | PCパーツ
SSDをノートパソコンに換装して起動
SSDをハードディスクドライブのかわりに搭載しているパソコンが
ある時、何かのトラブルで故障してしまい、緊急なのでSSDのOSを
別のパソコン本体から起動するにはどうすればいい?という疑問について。

Intel SSD

まず、SSD(ソリッドステートドライブ)はHDDより丈夫で壊れにくい装置です。

SSDの中にインストールしたオペレーティングシステムが破損した時以外は、
マザーボードや電源ユニット、メモリなど別の部品が故障している事が多いです。

パソコンが急に動かなくなってしまったため、
一旦SSDを別のデスクトップパソコンに移し替えて起動したい、という際には、
2台のフタを開けてドライブベイからドライブベイに入れ替えるだけで簡単です。

(SATA方式とIDE方式の違いでケーブルを付け加える必要が出る時もあります。)


またパソコンのCドライブ用などに使用するメモリディスクであるSSDは
2.5インチサイズのハードディスクドライブと同じくらいの大きさです。

デスクトップ型PCとノートブック型PCを一台ずつお持ちの場合は、
そのままノートパソコンでHDDを収納するコネクタのスペースに
はめ込んで使う事が出来ます。

※Windows7やWindows8など新しいOSが入っているSSDの場合は、
 メモリやCPU、マザーボードなどパーツの動作環境が
 一定以上の基準を満たしている必要があります。


こちらの一例では、デスクトップパソコンに内蔵していたIntel製のSSDを
Acer製でSATA方式のHDDを搭載するノートパソコンに、
2.5インチサイズのハードディスクと交換して起動させる手順を解説いたします。

(※AppleのMacbook Airなど一部のモバイル・コンピューターは
普通の方法ではケースのフタを開けにくいため換装が難しいマシンもあります。)
SSD・フラッシュメモリ | SSD
USBフラッシュメモリーがデバイスで認識しない?
USBフラッシュメモリ(Universal Serial Bus frash memory)は
現在のパソコン用外部記憶装置の主流とも言える、人気のメディア媒体です。

USBコネクタにメモリーカードを差込み接続して、ファイルやフォルダ等の
電子データをパソコンから書き込んでバックアップや移動のために保存するのが
USBフラッシュデバイスの規格の、主な使い方です。

また最大容量も大きく、高いものでは32GBや64GB、128GB、256GBの製品もあります。

PCを立ち上げてデスクトップ画面が起動した後にUSBコネクタに挿入すれば
接続音が鳴り、普通はそのまま自動認識されて『リムーバブル ディスク(E;)』
とバルーンが出てきますので、そのアイコン一覧の下ある黄色いマークの
「フォルダを開いてファイルを表示する」をダブルクリックすると開けます。

ですが稀に、USBポートに端子を差し込んでも何も表示されなかったり、
USBデバイスが認識されません』というエラーメッセージが表示されて
マイコンピュータでも認識しない状態が出る場合があります。

そんな時はまず、すぐにUSBメモリを抜かず、デバイスマネージャの状態を
確認してみましょう。

Windowsのモニタ画面左下のスタートメニューからコントロールパネルを開き、
システム→ハードウェア→デバイスマネージャ、と進みます。

そこで表示されたデバイス機器の一覧に、黄色い「!」「?」「×」マークが
付いているものや、「不明なデバイス」と書かれているものがあったら、
これらを選択して削除します。

そしてフラッシュメモリを『安全なハードウェアの取り外し』で一度抜き、
端子やコネクタ部分にゴミや埃が付いていないかを確認して、
今度は別のUSBポートに差し込んで、もう一度認識をさせてみましょう。
SSD・フラッシュメモリ |
USBメモリの故障を修理するには?
現在で最も普及しているデータ補助記憶装置の一つである
USBメモリ』(ユーエスビー・フラッシュメモリーカード:flash memory)を
使用している時に急に読み込めなくなり、機器が故障した?と思われる場合について。

USBフラッシュメモリはデスクトップパソコン本体の前面や後部、
またはノートパソコンの側面やUSB2.0カードリーダーなどのコネクタに差し込んで
使うメモリーカードです。

普通は特に専用アプリケーションのインストールも必要なく、
ただカードをUSBポートに挿入するだけでコンピューターのデバイスに
自動的に新しいハードウェアとして自動的に検出されて、
USBメモリに保存してあるファイルを読み込む事が出来ます。

しかしカード媒体やコネクタ部分が外部からの衝撃や異物の混入などの原因で
故障が起きていると、デバイスマネージャに認識されず使えない事もあります。

USBフラッシュメモリの損傷事例
  • ポケットに入れていたら押し潰してしまった。
  • 足で踏みつけてしまい割れた。
  • USBコネクタに差し込み中、引っ掛けて先端を折ってしまった
  • 洗面器や水溜りの中に入って水没した
  • 高電圧がかかりショートした。
  • 大雨や飛沫がかかって水濡れした。
  • 数ヶ月、数年使っていないうちに何故かデバイス認識されなくなった。
  • 土や埃、ごみが詰まって読み込めなくなった。
  • 数千回、数万回と書き込んでいくうちに製品の寿命が来た。

SSD・フラッシュメモリ |
SSDのエラーチェックを行う手順
「SSD」(solid state drive:ソリッドステートドライブ
 またはflash storage:フラッシュストレージ)は、
パソコンをはじめとするコンピューターに使われる二次記憶装置です。

ハードディスクと同じく大容量のデータを保存するドライブ装置で、
HDDより速いスピードで読み込みできて、耐熱性も高く衝撃などにも強く、
頑丈で壊れにくい、といった様々な利点があります。

しかし現段階ではハードディスクより容量が低め、という欠点もあり、
何TBものデータを取り扱うような作業を行うには向きにくい面もあります。

他の二次記憶装置と同じく「書き込み回数の限度」という
製品としての寿命はあるのですが、普通は少なくとも数年は使い続けられます。

しかし、容量が埋まりすぎていたり、様々なアプリケーションを
パソコンに詰め込みすぎたりして無理な使い方をしていくほど
SSDにもエラーや故障の箇所が発生してしまうおそれもあります。

なので定期的に「SSDのエラーチェック」を行っていくと安心です。
SSD・フラッシュメモリ |
Flash SSD フラッシュドライブのメリットとは?
最近よく名称が出てくる『SSD』ってどういう製品?という疑問について。

Flash SSD(フラッシュ・エスエスディー)とは[ Flash Solid State Drive ]の略称で
ソリッドステートドライブ、フラッシュメモリドライブ、シリコンディスク、メモリディスク
と、現在では様々な名称で呼ばれています。

具体的にはハードディスクドライブと同じ大容量記憶装置で、
磁気ディスクを使用するHDDに対してSSDは半導体メモリを使用しています。

ハードディスクがUSBメモリーカードのようになった新しい記憶媒体であり、
SSDはまず、HDDよりも故障やエラーが起こりにくいという利点があります。

磁気ディスクは長く使っているとヘッド吸着障害(ヘッドクラッシュ)という破損を
起こしやすい難点がありまして、パソコンの故障といえばHDDの障害が
かなりの割合を占めています。

しかしFlashSSDは磁気ディスクやヘッド、モーター、アーム等を使用しないため
これらの心配はなく、また読み込みにかかる時間も短縮できるためより
スムーズにパソコン作業を行えるという強みもあります。

消費する電力も削減できまして稼動音もHDDより低音であり、
熱暴走も起こりにくく、しかも高温や低音の環境に対する耐性も高くなっています。
SSD・フラッシュメモリ |
USBフラッシュメモリが破損してしまったら?
データファイルの持ち運びに便利な小型の記憶装置として普及している
USBフラッシュメモリ(Universal serial bus flash memory card)。

現在ではわずか数cmのカードで最大のものでしたら数十GBものファイルの
書き込み保存が可能なので大変活用の幅が広がってします。

しかしながら持ち運びができる一方で、移動中に強い衝撃を受けて割れてしまったり
高温、低音、湿気にさらされてしまう、水をかぶってしまう、あるいは
間違えて消去やフォーマットをしてしまった、という良きせぬアクシデントに
見舞われてしまう可能性もあります。

強い圧迫や水没による損壊が起きてしまうと、USBポートやカードリーダーに
接続した時に読み込みができずにデバイスマネージャーに認識できなくなってしまう
事が多く、こうした場合は修理も難しくなってしまいます。
SSD・フラッシュメモリ |
SDメモリーカードのデータを復元するには?
SDカードとは、主に携帯電話やデジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤーを
はじめとする持ち運び可能な小型の電子機器に使われている補助記憶装置です。

MOやCD-R、DVD-Rのように大きめのサイズではなく、USBメモリよりもさらに
小さい、小型のチップのような形状のメディアであり、持ち運びにも大変便利です。
主にSD Memory Card(SDメモリーカード)とminiSDカード、microSDカードの
三種類があります。

携帯電話のカメラ機能やデジカメで取った写真画像、ダウンロードした音楽ファイル
などをパソコンのローカルディスク内に移し変えて保存する事が主な用途なのですが、
もしもその作業中にコピー・移動と間違えて削除してしまったり、
同名のファイルと上書きした場合はどうすれば直せるのか?という疑問について。

まず、SDカード内部のファイルはご存知、USBポートからデバイスに認識させる事が
できますので、ファイナルデータ8.0や完全復元プロなどのデータ復旧ソフトを
用いて読み込ませて、修復を行う事ができます。

無料ソフトだとUSBの外部メディアまで対応できないものも多いため、
購入またはダウンロードの前には用途をご確認下さい。
SSD・フラッシュメモリ |



URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/blog-category-1.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.