パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

突然のパソコン故障やハードウェア・コンピューターなどのPC関連製品の破損アクシデント。そんな障害発生時の解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。また電源の起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、OA機器製品や各種機材・パーツを購入する選び方など様々な知識を紹介しています。
新着エントリー
破損したRAIDの筐体は分解して修理できる?
外付けHDDのストレージが故障した時に交換修理するには?
ノートPCを分解して壊れた部品を換装して修理するには?







各ページリストの一覧

各分類別:コンテンツページへの目次ページの一覧です。

PC機材の故障の原因と
アクシデントの解決方法一覧
pc


パソコンのメーカー製品やパーツ、周辺機器などの機材で起こる不具合や故障の原因と修理方法をまとめたページです。
Windowsで発生する問題を
直す手順の一覧
Win


Microsoftのオペレーティングシステム「Windowsファミリー」で起きた破損や起動障害を直す手順の一覧リストです。
トラブルシューティングの
手法の参照リスト
不具合の画面


OSやハードウェア上で起こりうる様々な不調に対するトラブルシューティングの対処法を記載した目次ページです。
アプリケーションエラーの
解消方法一覧
システムエラー


コンピューターで使用するソフトウェアの起動中に起こるエラーやフリーズなどの不調を解決する対応策の参照欄です。
コンピューター製品を
安全に保護する使い方
コンピューター


電子機器の製品を長持ちさせるために清掃や整備して安全に使っていく技法について記載した項目のページです。
日本全国各地の
パソコン修理サービス
PC修理センター一覧


日本全国の各都道府県の地域別にまとめた、パソコントラブルのサポート業者を紹介する一覧リストのページです。

概要事項の解説】  
当サイトの概要の説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
お問い合わせメールなどの要綱について。








コンテンツの案内事項
当ホームページでは、パソコンをはじめとするコンピューターで起こるトラブルの原因、
故障したパーツを機材の内部の分解で交換して修理する方法、
破損したオペレーティングシステムなどを修復する手順などについて、解説しています。

また、マウスやキーボード、プリンターなどの周辺機器(外部デバイス)で
よく起こりうる不調を解消するための手法や、
アクシデントが起こりにくく安全に使用できるための取り扱い方なども紹介しています。

パソコンの分解

【主なQ&A】

パソコンが故障する原因を判別するには?

まず、Windowsの起動中に動作の遅延が出た時は、
「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」でタスクマネージャーを開くと
どのアプリケーションにどのくらいメモリやCPU、ディスクの容量を使用しているか確認できます。

パーセンテージを占めているアプリケーションがある時は、そちらを一旦閉じてみてください。

ハードディスクの空き領域が圧迫されていたら、不要なファイルやユーティリティーを削除したり、
ディスククリーンアップやディスクデフラグ、レジストリクリーナーなどで定期的に整理を行います。

※スペックが低めの古いパーツやシステムが使われているコンピューターは
より問題が改善された近年の製品より故障率(failure rate)が高い傾向があります。

ブルースクリーン画面が表示された時は、「エラーコード」(STOPコード)の番号で
どのような問題が発生しているかを判別することができます。

コンピューターが立ち上がらないような故障が起きた時には、
電源を入れた時に「ビープ音」(エラー発生の警告音)が鳴って、
どのようなタイミングで音が鳴るかによって症状を把握することができます。

また、電子機器の本体のどこかにある「アクセスランプ」が
どのように点灯・点滅しているかによって、取扱説明書などを参考に、
エラーや破損の状態をチェックしていくこともできます。

液晶モニターなど外部の接続機器やリムーバブルディスクが反応しない時は
例えばウィンドウズの場合はコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開いて、
その周辺機器の名称が表示されていて、エラーマークが付いていないかどうかを確認します。

また、別のパソコンを一台以上お持ちでしたら、
試しにそちらの方に接続して、正常に機能しているかどうか確かめてみる手法も有効です。


オペレーティングシステムに障害が出たらどうすれば元に戻せる?

まず、アプリケーションが面での操作がフリーズしたら、
一度右上の「×マーク」などでウィンドウを閉じて、その後もう一度開き直します。

オペレーティングシステムそのものがハングアップして完全に入力が効かなくなった時は、
大抵のトラブルであればOSを一度閉じて再起動(リスタート)させるとそのまま開けるか、
「Windowsを通常起動する」といった選択項目を入力して、元の状態に戻ります。

電源をリセットして再び起動してもまだ直らない場合は「セーフモード」や「システムの復元」、
「スタートアップ修復」といった機能で回復が出来るかどうか試してみてください。

それでもWindowsが立ち上がらない時は、ハードディスクの内容がバックアップしてある
『リカバリーディスク』(recovery Disk/イメージディスク)を事前に作成していれば、
そちらをDVDドライブのトレイに挿入して、回復プログラムを立ち上げます。

または本体のパッケージに同梱されている起動ディスクを
CD/DVDドライブに挿入してリカバリーの作業を試みてください。

※メーカー製品の場合はカスタマイズされた専用のリカバリーディスクを取り寄せて
そちらを使うことになるケースもあります。


壊れたパーツを交換して修理するには?

パソコンのパーツはどこかひとつが故障してしまうと、
仕組みの全体が機能しなくなって動かなくなることが多いです。

ですが、破損した部品をケースの中から取り外して、
新しく正常に動くものに交換することでまた使えるようになります。

デスクトップパソコンの場合は主にハードディスクドライブをはじめ、
メモリ、CPU、ファン、マザーボード、インターフェースカード、電源ユニット
といった部品が破損することが多く、これらは多くの場合一般個人でも交換できます。

基本的にはまず、PCケースのコネクタからすべてのケーブルを外して、
プラスドライバーで固定螺子を外して蓋を取り外します。

そして該当するパーツの位置を探して、固定螺子やシール、止め具を外して、
マザーボードなどのコネクタや内線のケーブルから外して丁寧に取り出します。

デスクトップ機のハードディスクやSSD、メモリなどの製品は
コネクタ(差し込み口)や配線も少ないのである程度簡単に取り替えができます。

※2.5インチサイズのハードディスクやSSDなど、ドライブベイとサイズが合わない製品を代わりに
取り付ける場合は「HDD変換マウンター」といった別の部品を購入する必要が出ることもあります。

新しい部品を買い直す前に、先に一度パソコンのケースを開いて、
どのような構造になっているか、念のため目視で確認をされてみてください。

注意として、メーカー製のパソコン本体の場合、一回でも内部をこじ開けたり
パーツを取り外したりすると、長期保障のサポートの対象外になって
以降は有償での修理サービスしか受けられなくなる場合があるのでご了解ください。

ノートブック型コンピューター(notebook size personal computer)の場合は、製品によって
パーツの換装がある程度簡単なものとやや難しい構造になっているものがあります。

例えば小型や薄型の形状をしたノートパソコンだとプラスドライバーで螺子を回せず、
トルクスドライバーやペンタローブドライバーなどで外す特殊な固定螺子が
カバーやパーツの止め具に使われている場合もあります。(AppleのMacBook Airなど。)

ですが、初心者の方でご自身ではパーツの分解が難しそうな時や、
どこのシステムや部品が壊れているかよくわからない、という際にはあまり無理をされず、
専門のパソコン修理サービス業者に注文して
即日診断や出張訪問など便利なサービスを受けて、直してもらわれることもおすすめします。

破損したRAIDの筐体は分解して修理できる?
パソコンなどの予備のデータ記憶装置として外部でUSBケーブルでの接続で読み込みして使用する、
ハードディスクが複数収納されている「RAID」(レイド)のケースまたはパソコンを日々お使いの際に、
ある時、ケースの内部パーツが破損したり老朽化するなどで故障して動かなくなってしまった場合、
分解をして修理することはできる?という疑問について。

RAIDの筐体

RAIDコントローラの製品一覧

・スターテック:2x M.2 NGFF SSD RAIDコントローラカード SATA 3.0 2ポート搭載 PEXM2SAT3422
・アダプテックジャパン:Unified Serial RAIDコントローラ Single 2270000-R ASR-6405
・XCSOURCE:3ポート SATA&IDE PCIコントローラ RAIDカードアダプタ VIA6421チップセット AC388
・LSIロジック:MegaRAID 9265 8i 8ポートSAS RAIDコントローラ lsi00278
・SilverStone:ASMedia 1062Rコントローラ搭載PCIe Gen2 x2拡張カード



状態の確認


まず、RAIDケースのどの部分にどのようなエラーや故障が発生しているかを、各製品の取扱説明書、
またはメーカーのホームページで確認して、点灯・点滅しているランプの色などを調べてみます。

長く使っていると、冷却ファンの周りに埃やゴミが溜まり、正常に排熱ができなくなって
筐体が過熱しやすくなるため、だいぶ汚れが出ていたら、クリーニング用のペーパーや綿棒で掃除します。

プロペラの部分は、ドライバーを使ってRAIDケースを空けて、汚れを取り除きます。

ACアダプターやUSBケーブルが折れたりプラグが割れて破損している、と思われる場合は、
メーカー先に問い合わせて、新しいACアダプターやUSBケーブルを取り寄せて交換します。

USBケーブルの場合は、市販でプラグの形の合う製品でも代用はできます。
RAID構成の変更 | ストレージ
外付けHDDのストレージが故障した時に交換修理するには?
パソコンやデジタルカメラなどの電子機器で作成・保存している個人用のデジタルデータを
保管したりファイルのバックアップ用に使用する外付けハードディスクケースの内部にある
ストレージ(ディスク)が故障してしまった場合、新品に交換して修理するにはどうすればいい?
という疑問について。

外付けHDDを分解

外部ハードディスク製品の一覧


・東芝(TOSHIBA):USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TB CANVIO BASICS HD-AC10TK
・I-O DATA(アイ・オー・データ機器):USB3.0/2.0対応 外付ハードディスク 2TB HDCL-UT2.0KB
・BUFFALO(バッファロー):ターボPC EX2 USB3.0用 外付けHDD 1TB HD-LB1.0TU3-BKC
・WD(WESTERNDIGITAL):ポータブルHDD 1TB USB3.0 Elements Portable WDBUZG0010BBK-JESN
・シリコンパワー:2.5インチ ポータブルHDD 1TB USB3.0/2.0対応 Armor A80 SP010TBPHDA80S3B
・ロジテック:省電力&静音仕様モデル USB 2.0 外付けハードディスク 2TB LHD-EN2000U2W
・LaCie(ラシー):2.5インチポータブルHDD USB3.0 500GB rikiki Mac対応 LCH-RK005U3
・Transcend(トランセンドジャパン):USB3.0 ポータブルHDD StoreJet2.5 2TB TS2TSJ25H3B



まず、お使いの外付けHDDケースが、もともとハードディスクが収納されていないケース単品で
販売されている製品の場合は、ディスクの取り出しが簡単な蓋が付いているものが多く、
蓋を開いてすぐに新品のストレージに交換することができます。

よくわからない時は、製品の取扱説明書に沿って換装を行います。

またRAIDやNASの多くの製品も同じく、HDDの交換用の蓋が付いています。

ですが、最初からカートリッジにハードディスクが収納されている製品は
簡単に交換ができる構造になっていない場合が多く、ケースを分解する必要が出ることになります。
ハードディスクドライブ | HDDについて
ノートPCを分解して壊れた部品を換装して修理するには?
お使いのノートパソコン(notebook PC)の内部のどこかのパーツの回路が
物理的に故障してしまい、部品を交換しなければ直らない状態の場合、
具体的にどのようにして分解と換装の作業を実践していけばいい?という疑問について。

ノートパソコンの分解

まず、ノートPCの筐体はデスクトップパソコンよりもずっと小型で、
パーツ同士もだいぶ密着していてスペースない構造で配置されているため、
デスクトップパソコンのケースに比べるとやや分解作業が難しくなりやすいです。

しかし、製品の筐体によっては、まず、一部のパーツでしたら交換が容易にできるように
配置されているものもあります。

分解作業の前には、内部にホコリやゴミが入るのを防ぐため、室内を先に掃除して、
また作業用のシートを敷いて、工具の汚れも取っておかれることをおすすめします。

たとえばノートPC本体のケースの裏側に、ハードディスクドライブの取り外しができる
蓋が設置されている製品もあります。

ハードディスクは消耗品とも言われていて故障が起きやすい補助記憶装置であることと、
最大容量の向上のためなどで換装をする機会が比較的多いパーツであるため、
交換修理をしやすいようにつくられているノートパソコンも多いです。

また、メインメモリやインターネットカード、バッテリーも同様に、取り出し用の蓋が
設置されていて、そちらを開けてすぐ上の位置からネジや固定シールを外して
ノートパソコン本体から簡単に換装できるようになっている製品もあります。
ノートパソコン | パソコン分解
新しいウィンドウズでデバイスが認識しない時に修復するには?
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで
OSを新しくアップグレードしたり、新しOSのパソコンに買い替えた時に、
外付けのUSB機器などを接続したら、前のOSの時は接続できていたのに
今度はなぜかデバイスが認識しない場合に問題を修復する方法は?というご質問について。

たとえば、Windows Vistaのパソコンで使える内蔵/外付けDVDドライブを
Windows8.1のパソコンにつないだところ、エクスプローラーに表示はされるものの、
データー用DVDを入れるとデータが開けない、という場合は、
まず一度、コントロールパネルのデバイスマネージャーを開きます。

「ポータブルデバイス」または「DVD/CD-ROM ドライブ」などそれぞれの機器の項目にある
デバイスの名称を選択して、右クリック→「デバイスのアンインストール」と進みます。

アンインストール

これで、デバイスドライバにエラーが発生していた時はこれを修復できます。

コネクタをパソコンから取り外して、OSを再起動してから、もう一度接続してみてください。

また、何回かつなげ直しているうちに、あるいは別のUSBポートにつなげてみたら
デバイスが認識して再生される、ということもあります。
Windows OS | デバイスドライバ
パソコンの電源ボタンがオレンジ色に点灯している時に修理するには?
デスクトップパソコンやノートパソコンを起動しようとしたら、電源ボタンまたは電源ランプが
オレンジ色に光っていて正常に立ち上がらない場合の原因と修理の方法は?という疑問について。

まず、ランプの色は、各メーカーごとのコンピューターのの設定によって、
どの症状が起きた時に何色に点灯・点滅するかが異なる場合があります。

製品を購入した時に付属されている取扱説明書、またはヘルプ、メーカーのホームページなどで
問題の事例に当てはまる原因と修理の方法を確認します。

電源ユニット

NEC VALUESTARの場合


一つの例としまして、NEC(日本電気)のVALUESTAR(バリュースター)のパソコン本体で
ディスプレイを使用している際に、電源を入れても画面が真っ黒になり、
そこで2、3回コードなどをすべて付け直してスイッチを入れたら、やはり電源は付くものの、

結局どうやっても真っ黒のままで、なお電源ボタンはオレンジ色に点灯している場合、
何が原因でどうしたら修理できる?というご質問について。

ボタンがオレンジ色に光っている時、通常はスタンバイモード(待機状態)ですが、
お使いのNEC VALUESTARのパソコンを購入してから大分時間が過ぎている場合、
マザーボードやグラフィックボードなどの基盤が故障している可能性が高いです。

モニターが正常にPCに認識されていない、というケースも考えられます。

別のパソコン本体、または液晶モニターをお持ちでしたら、試しにそちらでも画面が映るか
付け替えてみると、パソコンとディスプレイのどちらに異常があるかが判別できます。

なお、NECのバリュースターのパソコンで電源ボタンが白色の点滅になる場合は、
ハードディスクドライブの故障が多くの原因で、もしカリカリと普段と違う音が鳴っている場合は要注意です。

BIOS画面まで映ってそこから先が真っ黒なままでしたら、HDDの交換修理が必要になるかもしれません。

電源ボタンを押して完全に何の表示もされない場合は別のパーツが破損している可能性も考えられます。
電源ユニットが壊れた | DELLのパソコン
キーボードが効かない時にパソコン側の故障を修理する方法とは?
パソコンを使っている際に、キーボード(keyboard)の入力が正常に効かなくなってしまった場合、
キーボード自体の故障ではなく、パソコン側でインストールされているオペレーティングシステムや
デバイスドライバに問題が発生していたり、ほかのパーツに故障が起きているケースもあります。

そんな時には、どのような箇所を修理してみればよい?というご質問について。

まず、キーボードで特定のキーが勝手に入力されてしまい、
キーボードの問題かと思い掃除をしたり、キーボードを変えたりしても同じ症状が起こる場合は、
ウィンドウズのパソコンの場合はコントロールパネルのデバイスマネージャーを開きます。

キーボードの項目にありますデバイス名に何かのエラーマークが表示されていましたら、
名称を選択して、右クリック→「デバイスのアンインストール」(削除)を実行します。

キーボードのアンインストール

デスクトップパソコンの場合はUSBポートなどからキーボードのコネクタを取り外します。

マウスかタッチパッド、ペンタブレットでパソコンを再起動します。

再びキーボードを接続して操作してみて、正常に入力できるかどうかを確認します。

それでも操作が効かない場合は、次に、コントロールパネルの「回復」を開き、
「システムの復元」を開きます。

もしキーボードが効かなくなる前の日付でパソコンの状態の「復元ポイント」が
ありましたら、そちらを選択して、コンピューターを以前の状態に巻き戻します。
キーボード操作 | キーボード
ノートパソコンがフリーズして動作が重くなった時に修理するには?
ノートパソコンを外出中などに使っている時にフリーズが起こってしまったため
電源ボタンの長押して強制シャットダウンしたら、その後、パソコンの動作が
遅くなってしまい、この場合はどのように修理すればいい?というご質問について。

こちらの一例では、dynabook(ダイナブック)B351/20DMでExcelの使用中に、
文字の入力でフリーズしてしまい、その後、強制終了したら、
立ち上げなどの動作がかなり重くなってしまった場合についての事例にて解説いたします。

まずは基本的な修理方法としまして、一度Excelを一度アンインストールして、
購入時に同梱されているディスクからインストールのし直しを行なってみます。

パソコンのWindowsの動作全体が遅くなっている場合には、「システムの復元」の
機能を有効にしていれば、フリーズする前の時間帯に作られた「復元ポイント」を選んで、
前の状態に回復することで元に戻せる見込みがあります。

復元ポイント

またはディスククリーンアップやディスクデフラグ、コマンドプロンプトでの「chkdsk」、
レジストリ修復ツールなどを使ってOSを軽くされてみてください。

Excelをアンイストールして、インストールし直したとき、応答無しのアプリケーションが、
まだまだあり、HDDのリカバリーをしてもまだ直らない場合は、
Cドライブの動作不良などHDDの不調という可能性もあります。
フリーズの対処 | ノートPC
Windowsパソコンでセキュリティ警告が出た時の直し方は?
使っているWindowsパソコンで、以下のようなエラーメッセージが出てきてしまい、

「セキュリティ警告 警告:この内容の認証は確認されていないため、信頼できません。
問題は次に表示:署名証明書からルートへ証明書のチェーンを作成できません。
”Adobe Flash Player”は~に署名されて次から配布されています。
インストールして実行しますか?Adobe Systems Incorporated
(青字でクリックできるようになっている)はい(Y) いいえ(N) 詳細情報(M):」


「はい」を選択しても「いいえ」を選択しても、警告が消えるのみで結果は変わらず、
次に同じページに行くとまた同じ現象が起きてしまい、フラッシュプレイヤーが必要だと
思われる箇所が空白になって、左上に何かのマークみたいなものが付いている。

青字をクリックして証明書のインストールをすると「正しくインポートされました。」と出て、
次にこのページに行くとまたこの警告文が出てきて、何日か前にツール→インターネットオプション
→コンテンツ→証明書で、「信頼されたルート証明機関」の中で有効期限が切れたものを
削除したのが原因かと思い、こういった場合の直し方は?というご質問について。

Adobe Flash Player

上記のインターネット上のセキュリティ警告は、新しいソフトウェアをウェブから
インストールして保存するため、「もしかするとパソコン(OS)に
何かのエラーが発生したり読み込みが不安定になるかもしれない」という表示です。

そのため、一応この警告機能は表示されるようにした方が安全です。

証明書の変更は基本的に大丈夫ですが、気になるようでしたら
ブラウザを一度アンインストールして、もう一度インストールし直してみてください。
InternetExplorer | インターネット
HDDが壊れる寸前の状態でパソコンの修復はできる?
パソコンを付けたときにWindowsのローディング画面から先に進まないので強制終了したら、
黒の画面に「Windowsを通常起動する」「Windowsの問題を修復する」と出て、

ブルーの画面のスタートアップ修復では「正常に完了しました」→「完了」ボタンをクリックして
画面がWindowsのロード画面へ戻り、いつまでたっても先に進まないので強制終了→電源を付ける
→再びスタートアップ修復が始まる→これの繰り返し、そしてスタートアップ修復での
「見つかった根本的な原因」は「ディスクのシステムボリュームが壊れています。」と表示、

そこでHDDが物理的に壊れ始めていたようなので、新たにHDDを購入し、
換装を試みたところ、HDDの取り外しがうまくかず、本来ハードドライブタブが
付いているはずの部分(HDDの端の方)がネジで固定されており、タブらしきものは
中央についていて、試しにネジを緩めてみたら、逆側も固定されているらしく、

また壊れかけたHDDにchkdsk(ファイルシステムの修復・スタートアップ修復の完了時の
「診断および修復の詳細」の項目)はしない方がいい」と出て、バックアップも取っていないので、
ハードディスクが壊れる寸前と思われる際、パソコンを修復できる方法はある?というご質問について。

ウブンツ

Windowsがどうしても回復できずにもう一度立ち上げられない場合、別のOSである
Linuxの「Knoppix」や「Ubuntu」がインストールされたCD/DVDディスクを入手して、
PC起動時にDVDドライブに挿入して、そちらで起動されてみる復旧の方法があります。

パソコンを開いて最初に出てくるロゴマークが出たときにDELキー(マザーボードによって異なる)を
押してBIOS設定画面を開き、DVDドライブを優先して読み込ませるように設定します。
ハードディスクドライブ | ハードウェア
ウィンドウズが強制終了と再起動を繰り返す状態を修理するには?
シャットダウンと再起動についてのユーザー様からのご質問と回答です。

ウィンドウズのパソコンが何の前触れもなく勝手に強制終了したり、再起動したりして、
その後電源を入れ直しても正常に起動せず、最初のWindowsのロゴが出る画面で
フリーズしてしまい、その後 正常に起動できるようになり、しかしまた同じ症状が出て、
またセーフモードでも直らない、と繰り返す場合は、何が原因?というご質問について。

まず、症状が発生する前の数日間あたりで、何かインストールをしたり、
アップデートしたプログラムなどはあったかどうかを確認されてみてください。

最新のウイルス対策ソフトのアップデート版など、重いソフトウェアが入っていたりすると
スペックによっては動作環境が満たされずに強制終了と再起動を繰り返す状態などの
システム異常が出てしまうことがあります。

PCのトラブルはソフトウェアのインストールで起こるものも非常に多いため、
最近何かプログラムを加えられた場合は一度アンインストールで消去されてみてください。

アンインストール

また、Cドライブ内の空き領域がほとんど埋まっているなど容量的な問題も考えられますので、
マイコンピュータ画面から、保存されているプログラムを一度チェックします。

他に考えられる原因として、USBメモリーカードなどをUSBポートに差し込んだまま
電源を入れると正常に起動できなくなることが多いので、
一度マウスとキーボード以外全部の周辺機器を外されてから起動されてみてください。

ウィンドウズのパソコンを起動しようとすると黒い画面に
「次のファイルが存在しないか、または壊れているためWindowsを起動できませんでした。」
と出る時の修理をするには、WindowsのOSのバージョンによって少し対処法も違うのですが、

付属の起動用のCD/DVD-ROMをDVDドライブのトレイに入れて、
青色のセットアップ画面でRキーを押して「回復コンソール」を開きます。
強制終了・シャットダウン | Windows

URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.