パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

突然のパソコン故障やハードウェア・コンピューターなどのPC関連製品の破損アクシデント。そんな障害発生時の解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。また電源の起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、OA機器製品や各種機材・パーツを購入する選び方など様々な知識を紹介しています。
新着エントリー
Windowsパソコンの不具合を診断するには?
電源ユニットを交換して修理するには?
DVDドライブが壊れた時に交換して修理するには?









各ページリストの一覧

各分類別:コンテンツページへの目次ページの一覧です。

PC機材の故障の原因と
アクシデントの解決方法一覧
pc


パソコンのメーカー製品やパーツ、周辺機器などの機材で起こる不具合や故障の原因と修理方法をまとめたページです。
Windowsで発生する問題を
直す手順の一覧
Win


Microsoftのオペレーティングシステム「Windowsファミリー」で起きた破損や起動障害を直す手順の一覧リストです。
トラブルシューティングの
手法の参照リスト
不具合の画面


OSやハードウェア上で起こりうる様々な不調に対するトラブルシューティングの対処法を記載した目次ページです。
アプリケーションエラーの
解消方法一覧
システムエラー


コンピューターで使用するソフトウェアの起動中に起こるエラーやフリーズなどの不調を解決する対応策の参照欄です。
コンピューター製品を
安全に保護する使い方
コンピューター


電子機器の製品を長持ちさせるために清掃や整備して安全に使っていく技法について記載した項目のページです。
日本全国各地の
パソコン修理サービス
PC修理センター一覧


日本全国の各都道府県の地域別にまとめた、パソコントラブルのサポート業者を紹介する一覧リストのページです。

概要事項の解説】  
当サイトの概要の説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
お問い合わせメールなどの要綱について。









コンテンツの案内事項
当ホームページでは、パソコンをはじめとするコンピューターで起こるトラブルの原因、
故障したパーツを機材の内部の分解で交換して修理する方法、
破損したオペレーティングシステムなどを修復する手順について、解説しています。

また、マウスやキーボード、プリンターなどの周辺機器(外部デバイス)で
よく起こりうる不調を解消するための手法や、
アクシデントが起こりにくく安全に使用できるための取り扱い方なども紹介しています。

パソコンの分解


【主なQ&A】


パソコンが故障する原因を判別するには?

まず、Windowsの起動中に動作の遅延が出た時は、
「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」でタスクマネージャーを開くと
どのアプリケーションにどのくらいメモリやCPU、ディスクの容量を使用しているか確認できます。

パーセンテージを占めているアプリケーションがある時は、そちらを一旦閉じてみてください。

ハードディスクの空き領域が圧迫されていたら、不要なファイルやユーティリティーを削除したり、
ディスククリーンアップやディスクデフラグ、レジストリクリーナーなどで定期的に整理を行います。

※スペックが低めの古いパーツやシステムが使われているコンピューターは
 より問題が改善された近年の製品より故障率(failure rate)が高い傾向があります。


ブルースクリーン画面が表示された時は、「エラーコード」(STOPコード)の番号で
どのような問題が発生しているかを判別する事ができます。

コンピューターが立ち上がらないような故障が起きた時には、
電源を入れた時に「ビープ音」(エラー発生の警告音)が鳴って、
どのようなタイミングで音が鳴るかによって症状を把握する事ができます。

また、電子機器の本体のどこかにある「アクセスランプ」が
どのように点灯・点滅しているかによって、取扱説明書などを参考に、
エラーや破損の状態をチェックしていく事もできます。


液晶モニターなど外部の接続機器やリムーバブルディスクが反応しない時は
例えばウィンドウズの場合はコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開いて、
その周辺機器の名称が表示されていて、エラーマークが付いていないかどうかを確認します。

また、別のパソコンを一台以上お持ちでしたら、
試しにそちらの方に接続して、正常に機能しているかどうか確かめてみる手法も有効です。



オペレーティングシステムに障害が出たらどうすれば元に戻せる?

まず、アプリケーションが面での操作がフリーズしたら、
一度右上の「×マーク」などでウィンドウを閉じて、その後もう一度開き直します。

オペレーティングシステムそのものがハングアップして完全に入力が効かなくなった時は、
大抵のトラブルであればOSを一度閉じて再起動(リスタート)させるとそのまま開けるか、
「Windowsを通常起動する」といった選択項目を入力して、元の状態に戻ります。

電源をリセットして再び起動してもまだ直らない場合は、
「セーフモード」や「システムの復元」、「スタートアップ修復」といった機能で
回復が出来るかどうか試してみてください。


それでもWindowsが立ち上がらない時は、ハードディスクの内容がバックアップしてある
『リカバリーディスク』(recovery Disk/イメージディスク)を事前に作成していれば、
そちらをDVDドライブのトレイに挿入して、回復プログラムを立ち上げます。

または本体のパッケージに同梱されている起動ディスクを
CD/DVDドライブに挿入してリカバリーの作業をを試みてください。

※メーカー製品の場合はカスタマイズされた専用のリカバリーディスクを取り寄せて
 そちらを使う事になるケースもあります。



壊れたパーツを交換して修理するには?

パソコンのパーツはどこかひとつが故障してしまうと、
仕組みの全体が機能しなくなって動かなくなる事が多いです。

ですが、破損した部品をケースの中から取り外して、
新しく正常に動くものに交換する事でまた使えるようになります。

デスクトップパソコンの場合は主にハードディスクドライブをはじめ、
メモリ、CPU、ファン、マザーボード、インターフェースカード、電源ユニット
といった部品が破損する事が多く、これらは多くの場合一般個人でも交換できます。


基本的にはまず、PCケースのコネクタからすべてのケーブルを外して、
プラスドライバーで固定螺子を外して蓋を取り外します。

そして該当するパーツの位置を探して、固定螺子やシール、止め具を外して、
マザーボードなどのコネクタや内線のケーブルから外して丁寧に取り出します。

デスクトップ機のハードディスクやSSD、メモリなどの製品は
コネクタ(差し込み口)や配線も少ないのである程度簡単に取り替えができます。

 ※2.5インチサイズのハードディスクやSSDなど、
 ドライブベイとサイズが合わない製品を代わりに取り付ける場合は
 「HDD変換マウンター」といった別の部品を購入する必要が出る事もあります。
 
 新しい部品を買い直す前に、先に一度パソコンのケースを開いて、
 どのような構造になっているか、念のため目視で確認をされてみてください。

 注意として、メーカー製のパソコン本体の場合、一回でも内部をこじ開けたり
パーツを取り外したりすると、長期保障のサポートの対象外になって
以降は有償での修理サービスしか受けられなくなる場合があるのでご了解ください。


ノートブック型コンピューター(notebook size personal computer)の場合は、
製品によってパーツの換装がある程度簡単なものと
やや難しい構造になっているものがあります。

例えば小型や薄型の形状をしたノートパソコンだとプラスドライバーで螺子を回せず、
トルクスドライバーやペンタローブドライバーなどで外す特殊な固定螺子が
カバーやパーツの止め具に使われている場合もあります。(AppleのMacBook Airなど。)

ですが、初心者の方でご自身ではパーツの分解が難しそうな時や、
どこのシステムや部品が壊れているかよくわからない、という際にはあまり無理をされず、
全国の各地にあります専門の「パソコン修理サービス業者」に注文して
即日診断や出張訪問など便利なサービスを受けて、直してもらわれる事もおすすめします。

Windowsパソコンの不具合を診断するには?
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムを
インストールしたパソコン本体を使っているうちに細かいエラーなどの不具合が出てきたら、
どうやって不具合の問題を確認していくことができる?という疑問について。


※こちらの一例では、Windows 10の場合での操作方法について解説いたします。

信頼性モニターの表示


Windows 10には、「信頼性モニター」という機能が標準で搭載されていまして、
このツールを開くと過去しばらくのエラー発生といった経緯がグラフ表示で確認できます。

コントロールパネルを開き、右上の検索枠に「信頼性」と入力します。

「セキュリティとメンテナンス」の項目にある「信頼性の履歴の表示」を押します。

信頼性モニターが表示されて、過去に日別または週別に起こったエラーが一覧に表示されます。

信頼性モニター

赤い×マークのある日を選択すると、
「Windowsが正しく終了されませんでした」
「Windowsの動作が停止しました」
「予期しないシャットダウン」
「(アプリケーションやエクスプローラーの)動作が停止しました」
「ハードウェア エラー」

という履歴が表示されます。

黄色い三角マークは、
「アプリケーションの再構成に失敗しました」
といったメッセージが表示されます。

青いマークは、
「Windows Updateに成功しました」
「アプリケーションの再構成に成功しました」
「アプリケーションのインストールに成功しました」
「ドライバーのインストールに成功しました」

といったメッセージが表示されます。

「信頼性の詳細を表示」の各項目にある「解決策の確認」を開くと、問題レポートの
解決策が開ける場合もあります。

また「技術的な詳細の表示」を開くと、その問題の詳しい内容が開けます。
PCの故障・エラー診断 | Windows10
電源ユニットを交換して修理するには?
デスクトップパソコンの「電源ユニット」(power supply unit/パワーサプライユニット)が
過負荷や製品の寿命などで故障して電源が入らずに動かなくなった時、
新しい電源装置に交換して修理するにはどうすればいい?という疑問について。

電源ユニット

主な電源ユニットの製品一覧

・ANTEC(アンテック):80PLUS BRONZE認証電源 ANTEC NeoECO 550Wモデル NE550C2014
・SilverStone:Strider Essential 電源 500W SST-ST50F-ES
・オウルテック:80PLUS HASWELL対応 ATX電源ユニット FSP RAIDERシリーズ 750W RA-750S
・玄人志向:STANDARDシリーズ 80 PLUS 600W ATX電源 KRPW-L5-600W/80+
・ENERMAX:ブロンズ 電源 1000W Triathlor ECO ETL1000EWT-M
・CORSAIR:HX750i 80PLUS PLATINUM 750W PC 電源ユニット PS546 CP-9020072-JP
・CoolerMaster:80PLUS GOLD認証 650W電源ユニットV650 Semi-Modular RS650-AMAAG1-JP



まず、新品を購入する前に、現在お使いのデスクトップパソコンに内蔵されている
電源ユニット措置のワット数を確認して、基本的にはその数値以上のワット数の製品を購入します。

パソコンケースの蓋を外して、電源ユニットのそれぞれのコードが
どのコネクタに差し込まれているか、デジタルカメラやメモにて記録します。
電源ユニットが壊れた | パソコン分解
DVDドライブが壊れた時に交換して修理するには?
パソコンに内蔵されている、ディスクメディアの読み取り用のパーツである
「DVDドライブ装置」(またはCD/BDドライブ)がある時故障してどうしても動かなくなり、
新しいドライブ装置に交換して修理するにはどうすればいい?という疑問について。

DVDドライブ

内蔵型DVDドライブの製品一覧

・ASUSTek(エイスース):Windows10対応 M-DISC対応 SATA接続 DRW-24D5MT
・Pioneer(パイオニア):BD-R 16倍速書込 S-ATA接続 BD/DVD/CDライター BDR-209BK2
・LITEON(ライトオン):内蔵型DVDドライブ LITEON IHAS324-17 IHAS324-17
・Panasonic(パナソニック):DVDスーパーマルチドライブ UJ-870
・I-O DATA(アイオーデータ):内蔵型DVDドライブ DVR-S24ET3K



パーツの取り外し


こちらの一例では、デスクトップパソコン本体から壊れたDVDドライブまたはBDドライブを
換装して修理をする手順の一例を解説いたします。

まず実際に交換作業に入る前に、ドライブ装置のイジェクトボタンを押してみたり、
トレイからディスクがつっかえていたら抜き出す、
デバイスマネージャーでデバイスドライバを一度削除してみる、といった対処を
一通り行ってみます。

それでも直らなかったら、まず新しいDVD/BDドライブの製品を購入するか、
古くて使っていない壊れたパソコンなどから故障していないDVDドライブを取り外します。

最初にパソコンケースからすべてのコードを取り外して、
左右と正面の蓋を固定ネジを外して取り外します。

正面を覆うカバーは固定レバーを一つずつ外さなければならない物もあります。
パーツ交換・分解作業 | 光学ドライブ
ウィンドウズの更新後にプリンターが印刷できない場合は?
Micosoft Windowsのオペレーティングシステムをインストールして使用しているパソコンでは
OSのプログラムが定期的に、手動か自動でアップデートされていきます。

そんな中である日、ウィンドウズのアップデートによる更新での再起動の後に、
プリンターを使用する際に、入力が伝わらず動かなくなって印刷できなくなった、
という場合にはどうすれば元通りにできる?という疑問について。

主なプリンターの製品一覧


・Canon(キャノン): プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG3630 BK ブラック
・EPSON(エプソン): インクジェット複合機 Colorio PX-045A
・brother(ブラザー工業):A4 インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J562N 両面印刷/無線LAN
・HP(ヒューレット・パッカード):インクジェット複合機 ENVY4504 A9T89A#ABJ
・CASIO(カシオ):ディスクタイトルプリンター CW-E60



まず、「デフォルト プリンタ が存在しません」といったエラーメッセージが出てくる時は、
「コントロールパネル」の「デバイスマネージャー」を開きます。

「プリンター」の項目にある製品の名称を選択して、右クリックをして「削除」を選択します。

プリンターのデバイス

パソコンを再起動するとデバイスドライバ―ソフトウェアがインストールし直されます。

ウィンドウズの更新の際にデバイスドライバ―の関連で問題が出ていた場合は
これで以前のように印刷ができるようになります。
プリンター・複合機 | プリンタ
パソコンの修理対応の保証期間が切れた後で直すには?
メーカー製のパソコン(BTO PCを含む)を普通にコンピューターショップや電気店、通信販売などで
購入する際には、基本的にメーカーか店舗での修理対応保証のサポートサービスが付帯しています。

このサービスは、必ずしも最も古いコンピューターすべての製品が現在でも修理の受付を
常に行なっているわけではなく、いつの間にかサポートが終了していたらどのような理由で、
またそのあとはどのようにすればいい?という疑問について。

ノートパソコンの内部

パソコンのメーカー製品の一例


・富士通(Fujitsu):D5260 新Core 2 Duo 2.83GHz メモリ4GB HDD 160GB
・Dell(デル):デスクトップパソコン Inspiron 3250 Core i5モデル 17Q12 8GB 1TB Windwos10
・Asus(エイスース):デスクトップパソコン All-in-One PC ET2231IUK ET2231IUK-I34005U
・Acer(日本エイサー):デスクトップパソコン Revo M1601-H12N 2G 32GB Windows10
・NEC:Mate MB-A MY30D B-A Core i3-540 メモリ2GB HDD160GB Windows7 Professional 32bit
・Panasonic(パナソニック):Let's note(レッツノート) N10 CF-N10EWHDS
・Apple(アップル):iMac 21.5インチ MK142J/A 高性能Intel Corei5 1.6GHz 8GB 1TB
・東芝(TOSHIBA):Dynabook Satellite PB35RNAD4R3AD81 Windows7 Pro 32/64Bit Celeron 4GB
・HP(ヒューレット・パッカード):pro6000 Windows7pro(64bit) Core2Duo2.93GHz メモリ2G
・マウスコンピューター:NM-I76081G95X-ZN Windows 10 i7 6700 8GB(DDR3) 1TB GTX950



パソコンの製品の発売後に10年以上、とある程度の年月が過ぎると、より高い性能のパーツや
搭載されたオペレーティングシステムのバージョンアップなどによって、
同じメーカーからも新製品が次々と登場します。

そのため以前の型番の製品は次第にスペック不足で自然と需要も下がっていき、
最終的には生産終了などの理由につき、
メーカーでのサポートもそれに伴ってOSと同じく数年後あたりに終了していくことがあります。

また、購入後の保証サービスも通常での有効期間は1年~、長期の延長サービスで5年~、ほどで、
その時期が来ると無効になり、そこから先はメーカーでも有償での修理対応になります。 


製造メーカー先の会社での製品の生産終了などに伴うサポート切れの後では
一部の例外を除いて、そのパソコン本体やパーツが故障した時の修理の注文もできなくなります。

そのため それを機に、より性能の高い新しいパソコン本体に買い替えをする、
というケースも、各ユーザーによって多いです。
パソコン修理とは? | 問題と解決
パソコンが閉じない時に強制終了を行なうには?
パソコンでの作業中に、アプリケーションの処理が遅延して停止ししたり、
エラーの発生により動作処理が中断されて、そのまま操作を受け付けなくなってしまい、
アプリケーションソフトだけでなくウィンドウズ自体がフリーズしたり、
シャットダウンの操作をしてもいつまでもOSが終了しない時はどうすればいい?という疑問について。

(こちらの一例では、Windows10(ウィンドウズ・テン)のパソコンの場合での例で記述いたします。)

まず、しばらくのあいだ時間を置くと、
動作処理が終わり正常に戻るかもしれないので待機をしてみます。

まだある程度マウスやキーボードで操作ができるようであれば、
Ctrlキー+Altキー+Deleteキーでタスクマネージャー画面を開きます。

タスクマネージャー

動作中のアプリケーションを選択して「タスクの終了」で順に閉じていきます。

これで、メモリやCPUの負担が減って、正常に動作が回復する可能性が高いです。
強制終了・シャットダウン | Windows
「○○は応答していません」とエラーが表示された時の対処方法は?
Windowsパソコンで開いているアプリケーションソフトが急に反応しなくなり、
~は応答していません プログラムを再起動したり閉じたりすると、情報が失われる可能性があります
とエラー画面が表示された時にはどうすれば元に戻る?という疑問について。

応答していません

まず、このエラーは一時的にアプリケーションの動作が止まっている状態である印で、
メモリの容量不足やCPUの処理能力不足によって起こりやすくなります。

重いアプリケーションを起動している時や、複数のユーティリティー、またはファイルを
同時に開いている時に処理能力に時間がかかり、一時的にユーザーからの
キーボードやマウスの指示にコンピューターが応答しきれない状態です。

アプリケーションそのものが終了しているわけではなく作業は継続されているため、
プログラムの応答を待ちます」を選択します。

多くの場合にはしばらく何も入力をせずに待機していると、
入力のすべての処理が完了して元に戻ります。

この間にキーボードやマウスをうかつに連打などをしてしまうと重い作業が重ねがけされて
かえってエラーからの回復が遅れてしまったり、誤動作につながってしまうおそれもありますので、
うっかりキーを押しすぎないようにご注意ください。

ほかの同時に開いているアプリケーションを閉じると、
リソースが回復してすぐに元に戻る場合もあります。
フリーズの対処 | Windows 全般
Windows10の障害をトラブルシューティングで回復
Microsoft(マイクロソフト社)より提供・販売されています最新のオペレーティングシステム
Microsoft Windows 10』(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)をお使いの際に、
ある時システムの調子に不具合が出てエラーが発生したり動作が遅くなりやすくなったりした場合、
Windowsの標準機能ではどうすれば障害の回復ができる?という疑問について。

ウィンドウズ10のソフトウェア製品


・Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ/オンラインコード)
・Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ/オンラインコード)



まず、ウィンドウズ10の画面がなんとか開ける場合には、「スタート」にある「設定」を開きます。

再起動

「更新とセキュリティ」を選択し、「回復」のメニューにある
「今すぐ再起動する」を押すと、パソコンが再起動に入ります。

(※「以前のビルドに戻す」の項目の「開始する」を選択して押すと、
 コンピュータプログラムのビルド( build)に問題のあった場合には
 以前の状態に戻ることで障害の直る見込みがあります。)
ウィンドウズ 7/8/10 | Windows10
Windows10のパソコンの故障を修理するには?
Microsoft Windowsのオペレーティングシステムの2015年の最新バージョンである
Windows 10』(ウィンドウズ・テン)を、それまでのWindows 7や8/8.1から
アップグレードしてお使いの際、

急に何かのシステムエラーや、パーツの故障が発生して故障した時は、
どうすればパソコンを修理できる?という疑問について。

Windows 10

Windows10が搭載されたパソコン製品の一覧リスト



・Dell:ノートパソコン Inspiron 14 3000シリーズ 16Q31 Windows10/14インチ
・ASUS:ノートパソコン EeeBook X205TA-DBLUE10 Windows10 11.6インチワイド/ダークブルー
・マウスコンピューター:2in1 タブレット ノートパソコン Windows10 Office付 8.9インチ
・HP:15.6 型 ノート パソコン Windows 10 A4-5000 4GB 500GB DVDスーパーマルチドライブ
・Acer:2in1 タブレット Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF Windows 10 10.1インチ



まず、デスクトップ画面が開けるようであれば、コントロールパネルを開いてみます。

「回復」のメニューでは、Windows10にアップグレードしたあと、
「システムの復元」の機能がリセットされて自動的に無効になっていますのでご注意ください。
Windows OS | Windows10
コンピューターの起動時に雑音が鳴る原因と修理方法は?
パソコンやファイルサーバ、RAIDケース、プリンター、ドライブ装置などをはじめとする
コンピューター機器を日々お使いの際に、起動している時に次第にマシンから
雑音が鳴り出してきて不快を感じたり、処理速度が遅れたりエラーが多発するようになったため、
異音が響いてくる主な原因と、その修理などによる解決の方法は?という疑問について。

ファンの異物の除去


[主なパーツ・周辺機器の製品の一覧]

・オウルテック:80PLUS SILVER取得 ATX電源ユニット FSP RAIDERシリーズ 750W RA-750S
・iBUFFALO:スピーカー USB接続 コンセント不要 1W ブラック BSSP01UBK
・AREA:ジーノ2世 ギガビットLANカード PCIexpress x1接続 ロープロファイル対応 SD-PEGLAN-S2
・WD:内蔵HDD Blue 1TB 2.5inch SATA6.0G 5400rpm 8MBキャッシュ WD10JPVX
・Bose:SoundLink Mini II ポータブルワイヤレススピーカー Bluetooth対応カーボン SLinkMini II CBN
・GELID:静音ファン Silent 120mm ハイドロダイナミックベアリング採用静音FAN Silent12GELID Silent12
・ENERMAX:PCケースファン TBサイレンス 12cm UCTB12
・BUFFALO:TeraStation RAID6対応 Read.65MB/s 2.0TB TS-XH2.0TL/R6
・アイ・オー・データ機器:ミラーリング対応LAN接続型ハードディスク LANDISK 2TB HDL2-AH2.0



まず、例えばLANカードなど新しく購入して増設する形でパーツを取り付けた時に雑音が鳴り始めたら、
新しいデバイス装置の初期不良などが考えられます。

または、接続に不良が出ているおそれもあります。
状態を確認して再度、同じコネクタにつけ直すか、または別のコネクタに差し替えてみます。

作業の後でパソコンを配置し直した際に、本体の下に何かが挟まっていたり、
筐体が壁や別の機器に触れて当たっていると、駆動による振動で音が鳴る事があるので、
周囲を見渡して、隙間を確保するように設置し直します。

ノートパソコンの場合は、Macbook Airなど近年の性能の高いパソコンではほとんど無音なのですが、
少し前の古いノートパソコンではハードディスクやファンの駆動音がやや大きく響く場合もあります。

なお、ノートPCやモバイル端末を持ち歩いている最中に、いつの間にかスピーカー機能の音が
起動時にボタンの押し間違えや圧迫によって最大音量になっていないかどうか確かめてみてください。
動作環境のチェック | 初心者のために・・・


URL:http://pasokonpcsyuuri.blog57.fc2.com/
Copyright (C) 2008-2016 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.